旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

タグ:草月流 ( 20 ) タグの人気記事

いけばなデモンストレーション

草月流デリー支部、月例会でのデモストレーションが
無事終わりました。息子の大学受験が落ち着いてから
7月ごろに・・・とのんびり構えていたら、急きょ
2月末担当の人のピンチヒッターで登場。

デリー在住の友人たちも沢山応援に来てくれて
平松大使夫人にもご参加いただき、60名ほどの
参加者の前でのライブいけばな10点でした。
c0338191_01080282.jpg
2月末って、実はデリーで手に入る花材の種類が
一番豊富な時期で、ほぼ思い描いた通りの
作品が出来ました。今回のテーマは
Japan- India, Cultural Harmonyだったので
花瓶・花器は日本のものを使用
(一時帰国のたびに1~2個ずつ手持ちで運んで
デリーまで連れてきたものです。)
枝ものも花材もすべてデリーで調達しました。
事前のラフスケッチと出来上がった作品↓↓
c0338191_01153109.jpg
これは日本からせっせと運んできた生竹(総重量6キロ!)
がすっかり乾燥したので、上塗りしたものを花器にして。
立派なモンステラは友人のお庭で切らせてもらいました。
ボトルブラシも別の友人宅で。
c0338191_01174685.jpg
10点の最後は花瓶からインスパイアされてできた作品。
ダリアが今、盛りですから 色んな色味で安く手に入ります。
今回の仕入値は10本で40ルピー。一緒に花市場に行った
うちのドライバーさんが「マダム、南デリーで
1本30ルピーで売ってるものは、元値はこんなに安いのか。」
とえらくびっくりしていました。
c0338191_01212004.jpg
気楽にいけられるサイズのものばかりで
身の丈にあった作品を、理事の先生方の
アドバイスをいただきながら披露できて、
良い機会になりました。

見に来て下さった皆さんも、アシスタントを務めてくれた
Mちゃんも、ありがとうございました。
c0338191_01241483.jpg
裄が短かった母の手描き友禅をばらして作った
ロングベストが好評で、インド人マダムから
オーダーが入りました~ (笑)

さて、怒涛の日々が終わったので
ちょっと落ち着いて身辺整理(?)します。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-03-01 01:28 | 青蓮日記 | Comments(0)

犯人は・・・・コイツだ!!

草月流本部講師・細野先生のアシスタントを務めた
イベントが無事終了しました。枝もの採集から
花瓶選定から花材調達、下準備・・・と
あっと言う間の6日間でしたが、先生のお人柄の
おかげで楽しく、また学びの多い日々でした。
なんせ草月流いけばなを始めたのは高校生のころ、
母が独身時代に習った同じ先生から教わったのが
ウン十年前の話だから~。

まずは12月12日・日本大使館でのデモンストレーション。
金屏風前の迎え花をはじめ、10点。
大きな丸い厚手の葉っぱはインドらしい枝もの「チーク」。
白い菊と赤いヘリコニア以外のアレカ椰子や椰子の実なども、
すべて草月デリー支部会員のお庭で切らせてもらいました。
c0338191_23402471.jpg
水盤に椰子の実を固定するのが技の見せ所な作品。
間近に拝見し、目からウロコの技がいっぱいでした。
幅広の葉っぱはドラセナ。大小含めドラセナ類は
大活躍の葉物です。
c0338191_23435206.jpg
これら10点の作品は、翌13日にデリー日本大使館で
行われた天皇誕生日記念イベントにも各所に飾られ
訪れる方々の目を楽しませてくれたそうです。

13日は終日、新しいテキストの勉強会。
このためにムンバイやチェンナイ、バンガロールの
インド人草月メンバーもデリーに飛んできて
(あ、オマーンからの参加者もいました!)
朝10時から16時半までみっちり勉強+
技法伝授のためのデモンストレーションでした。

たとえば剣山を使わずに水盤に枝を立てるやり方とか
c0338191_23521781.jpg
緑の葉物だけで美しくいける手法
「緑を見つめる」
c0338191_23531536.jpg
勅使河原茜家元のビデオレッスンもはさみつつ
午前中5点、午後5点のデモンストレーション。
最後に木(ぼく)を組み合わせた
「木の展開とその構成」でフィナーレ。
c0338191_23583214.jpg
最後の作品に使った花材は緑と黄色が鮮やかな
「クロトン」と、サンゴのような形状がおもしろい
「青さんご」、黄色いスプレーマムとキングプロテア。

終わったとたんに何かが目に入り、いつも持っている
手ぬぐいで押さえてもなかなか良くならず、
お手洗いに走って目を洗いましたがますます痛みが
ひどくなり。右目だけが真っ赤に。
そのうちチクチクした痛みが目の中とまわりに広がり
会場から家に着くまでの45分、目がつぶれるかと
思うほどの痛みと戦いましたよ。いや、大げさでなく。
思い当たるのは何かのアレルギー。(こうみえて
面の皮は厚いけど肌が弱いので感覚でわかる。)
とりあえず目をじゃぶじゃぶ洗い、アレルギー用の
目薬をさしてお風呂でアレルゲンらしきものを
洗い流し、着ていた服も持ち物も全部洗い。

そして原因と突き止めたのは こいつ。↓↓
c0338191_00045424.jpg
もう一回言いますけど、こいつ↓↓↓。
c0338191_00052037.jpg
観葉植物で家にある~!って方もいらっしゃるかも。
アオサンゴとか、「ミルクブッシュ」とか
「ユーフォビア」とかいう名前のやつです。
その名の通り、切り口から白いミルクのような
樹液が出るんですが、これが毒性があり
粘膜につくと大変な痛みを伴うのです。

現場での作業の拍子に樹液が指先につき、それで目を
触ってしまい、おまけに机の上の葉っぱや枝を
綺麗にするのに使った手ぬぐい(多分樹液が
ついていた)で目を押さえたもんで、なおさら
酷くなったんですね。家にある抗アレルギー薬の
おかげでなんとか病院に行かずに済みましたが、
翌日のチャリティー・メーラー用のパンを焼くのに
夜から仕込み準備をしようと思っていたのに
目が開かなくて眼帯して、ふて寝しましたよ。

ミルクブッシュを置いている方、枝を切ったり
植え替えをするときなどはくれぐれもご用心を。
ま~、アレルギーの犯人がわかって良かったけど
どんだけ毒性強いの~!ミルクブッシュのばか!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-12-16 00:16 | 芸術・文化 | Comments(0)

泥棒を見て縄を綯う

毎月楽しみに参加している草月流いけばな、
デリー支部の活動ですが、今月は
「日印友好交流年」の公式行事として
草月流本部から講師をまねき、12日に日本大使館での
デモンストレーションが行われます。(事前登録要)
更に引き続き、新しいテキストの講習会が
13日終日行われる予定。花材の準備や花器の選定
会場設営などで、本部講師の大先生を
お迎えに行き、13日までフルアテンドです。

草月流創流90周年の記念Tシャツ、こういう時の
ために、と大事に取っておいたんですよ~。うふふ
c0338191_23502349.jpg
え~~~っと。
ぷっちぷち。 
頭でっかちだから首回りのリブもきつい。
うぇええええん

・・・というわけで、出番前にせっせとミシンを
出して、リフォームしましたよ。
背中を思い切って真ん中から切って、もう着ない
黒いTシャツからつぎはぎしてフレヤー仕上げに。
どうよ、可愛いじゃない。
c0338191_23531314.jpg
袖丈も思い切りよくパッツンと切ったよ。
襟ぐりもリブ部分を切り取ってロールして
まつり縫い。ほら~~、シルエットが変わって
裾広がりになってるの、わかりますか?
c0338191_23544048.jpg
先生のアシスタントを務める時は「黒い服」着用なので
どこかのタイミングでこの90周年記念Tシャツを
着て登場します。

テキストも予習しなくては~~
と、相変わらずぎりぎりになってアタフタしています。
ま~でも、いくつになっても学びの機会があるのは
有難く嬉しいことですよね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-12-08 00:02 | 青蓮日記 | Comments(0)

インドで草月いけばな

草月流いけばな、デリー支部の月例会
「お祭り」がテーマ、テーマカラー&
ドレスコード「赤」の回のデモンストレーション、
無事終わりました。
師範免状を持っているメンバーのうち8人で、
それぞれ一作いけるように、と言われた以外は
当日準備して10時までに来てねと伝えられたのみ。

日本だったら綿密に打ち合わせして、花材や花器を
すり合わせしたりするんだろうけど、ここはインド。
誰がどの順番でいけるかも会長の仰せのとおり、
へらへらして着物で参加の友人と記念写真など
撮っていたら、いきなりトップバッターでご指名が。
c0338191_01020497.jpg
基本の形で、と言われていたので
赤い花材を使って、花器には折り紙手法を使って
たての添え木どめを入れて、初心者にもわかるように
説明しながらいけました。
ドレスコードが赤なので、会場も赤い服が目立ちますね
c0338191_01015927.jpg
実は絶対に使いたいものがありました。
友人の帯(手描き友禅と紅型のリバーシブル)を
何かに加工して、と預かっていて、帯前の部分は
すでに加工したんですが、お太鼓部分の
一番目立つところにウサギと月が描かれていたんです。
これをじ~っと眺めていて、なんとか作品に
落とし込めないかと思って。
金の水引で月をあらわし、こんな感じに仕上がりました。
c0338191_01021385.jpg
本当は掛け軸みたいにしたかったんだけど、会場の壁に
鋲や釘を使えないので、やむなくキャンバスに貼り付けて
立たせる形でしのぎました。
月にウサギがいて、餅つきしている・・・という話は
インド人には面白かったようで、終わった後もあれこれ
質問されましたよ。

他の先生がたの作品はこんな感じ。
それぞれに個性があって楽しかったです。
「庭にある樹木」・・・って、家から切ってきた人が
多かったんだけど、椰子の樹やボトルブラシなどの
大木が庭にあるってどんな大邸宅なの~。
c0338191_01020838.jpg
私、作品に使った赤い実のついたウィンターベリー
(西洋ウメモドキ)の切り落とした枝を短くして
植木鉢に挿し木しましたよ。いつの日か、実がなって
いけばなに使えるようになりますように!
c0338191_01022452.jpg
11月の草月いけばなデリー支部の月例会は
13日です。ご参加希望の方は、メッセージにて
お知らせください。ベルギーからの先生をお迎えしての
デモンストレーションですよ~。ふるってご参加を!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-10-12 01:30 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

泥棒を見て縄を綯う

3日前のことです。いけばなの大先生から
「今月の月例会で師範免状持ってる人は
デモ一作お願いしてるので、あなたもね。」って
軽ーーく言われました。
「テーマカラーは赤。テーマは”お祭り”でお願いね」
・・・って。

おまけに以前から連絡が来ていて、ドレスコードも
お祭りシーズンに相応しく「赤」なんですよ。
自慢じゃないけど私、赤が似合わない(特に朱赤は
壊滅的に似合わない)ので赤い服なんてありません。
日本人会員からも同じような当惑メッセージが続々と。

以前ボランティアグループでカラーアナリストの
先生に診断してもらったときにも、朱赤・オレンジ・
サーモンピンクや茶系、モスグリーンは似合わないと
自覚していた通りの結果が出たんですよ。

クローゼットを探して見つけたのは、赤とピンクの
ボーダーつきの白いサーリー。自分で着るつもりはなく
シルクコットンで着付けしやすいから、バザーで
売れるかも・・・とアウランガーバードで買っておいたもの。
一昨日テーラーさんに駆け込んで「明日の夕方までに
仕上げてください~~!」って泣きついて作ってもらった
ブラウス。試着したら・・・・入りません。

どっひゃ~~!万事休す、手持ちの白いブラウスで
代用するかと思ったら、テーラーさんが居残り作業して
横幅を出してくれました。 とほほほほ
c0338191_01033109.jpg
で、テーマカラーの赤に合わせて花材を買わねば。
と早朝からオットに付き合ってもらって
ヤムナー川向こうの花市場へ。
ウィンターベリーやアンスリウムなどなんとか
赤い花材を手にいれました。
c0338191_01085469.jpg
構想では真っ赤なプロテアとかリュ―カデンドロンとか
使いたかったけど、輸入品でばか高かったので諦め。
ウィンターベリーも最初に聞いた店で一束15000ルピーって
言われて は?????? でしたよ。
何回聞いても”ぱんどらはざーる”(15000)、って
あんたそりゃ桁を間違っとるよ、絶対。

サーリー着ていけられるのか~~
泥棒を見て縄を綯う。
ま、インドならではな体験だから良いか~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑↑Flame of the Forest,ヒンディー名でPalash

[PR]
by neelkamal | 2017-10-11 01:12 | 青蓮日記 | Comments(0)

インド流おもてなし+草月流9月月例会

今月の草月流いけばな・デリー支部の月例会は
マレーシアから顧問の先生をお迎えしての
デモンストレーションでした。
色んな素材と花材と花器を使って、テーマに沿って
(The Flame & The Forest)あっと言うまに
8点が出来上がりました。
c0338191_00490179.jpg
マッス(塊)は予め作ってあったものの、その場で
ダイナミックにいけこんでいくその手法、
山火事のあと野山が再生していく様子が
ひとつひとつの作品に反映されていて、見ごたえが
ありましたよ~
c0338191_00490719.jpg
山火事の高熱で種子が開き、次世代に繋がる植物の話や
枯れたと思われてもいつの間にか再生する木々の話など
面白いエピソードも盛り込みながら、最後の大作も
素晴らしかったです。Star of Bethlehem(和名:ハナニラ)
も使われていたので、どこに売ってるの~?と思ったら
花市場でたまたま売ってたそうです。
c0338191_00491270.jpg
顧問の先生とアシスタント2名とがマレーシアから
来印し、彼女たちの初インド訪問だったので
準備の合間に一日はタージマハル観光も。
最終日には会員宅でお別れパーティーでした。
このお宅がデリーの中心部の大邸宅で、天井の高さも
すごいけど、シャンデリアにまぁびっくり!
c0338191_00571133.jpg
マダムのおもてなしぶり、カクテルを運んだり
おつまみを出したりする「間」が絶妙でした。
参加した方々のサーリーやパンジャービースーツや
ドレスを見るだけでもワクワクしましたよ。

ディナーはベジが7割、別途ノンべジコーナーがあって
テーブルマットもカトラリーもナプキンも、どれも
上品でオシャレでした。(↓↓ベジコーナー)
c0338191_01004228.jpg
メインテーブルはこんな感じ。写ってませんが
頭上には黒いガラスのすっごいシャンデリアが
あるんです。
c0338191_01004620.jpg
ガーデン席も含めて招待客30人くらいだったでしょうか
著書も沢山あって、ドクターでもあり、絵も描く
スーパーマダム(↑右後ろにかかっている大作も
彼女の作品です)、色々と学ばせていただかねば。
「早めのディナーパーティーだから、19時に来てね」
と言われていたので、19:15に着くように行ったら
結局ディナーが始まったのは21時近くなってからでした。
スナックでお腹一杯になるところだったよ。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-09-08 01:09 | 芸術・文化 | Comments(0)

草月流デリー支部 7月月例会

酷暑期は一か月ほどお休みだった生け花の会ですが
モンスーンの雨の恵みを受けて、木々も枝ものも
花々もイキイキとしてきたので、月例会の再開です。
モンスーンになった途端にお祭りもてんこ盛りの季節

・・・ということで、今月のお題はFestivities
デリーで手に入る枝ものや花材に加え、今回は
デモンストレーションなさった先生が、バンガロールから
運んできてくださった「椰子の若芽」やら「木に成った
大きくてはじけたマメ科の鞘を着色したもの」やら
おもしろいものが沢山。
黄緑色の葉っぱが「椰子の若芽」です。
c0338191_01021048.jpg
更に、モンスーンの時期だからこそ豊富に手に入る
水生植物(蓮やポンテデリアやオモダカなど)も
使われ、ガラス花器へのいけばなで、涼やかさを
演出していました。
c0338191_01022216.jpg
見事なアジサイもありましたが、これはオランダからの
空輸便とのこと。ホテルなどの専用花材だそうです。
道理で街の花屋さんでは見かけないですもんね。
ブルーのは前述の、着色された鞘です。
c0338191_01021600.jpg
基本に立ち返るために、基本のテキストからも
「第五応用傾真形」を先生が丁寧に説明して下さり
最後に会員が日本から持ち帰ったザクロの漂泊根を
加えてできあがり。

c0338191_01014159.jpg
こちらも蓮の葉とエキノドルスの仲間だと思うんですが
生の葉っぱ(下の緑)と枯れたものを使い、
左下にある薄紫の花は、見るからに「生姜」の仲間
だってわかりますが、なんとこれ「ウコン」の
花なんですよ。
c0338191_01020410.jpg
そのほかにも、メヘンディーに使う
ミソハギ科の枝をドライにしたものが
使われたり、今日は見ごたえがありました。
水揚げの方法とか、持ち運ぶ間に花びらが
ヨレヨレになったガーベラの再生方法とか
流石は50年以上草月を極めた先生だな~と
(インド人の先生ですよ)うっとりしました。

お迎え花もインドの花材がたっぷり使われて
お祭り気分、お祝い気分を盛り上げていました。
c0338191_01134658.jpg
デリーでいけばな、できるんですよ~
やってみたい、デモンストレーションを見てみたい方は
ご連絡お待ちしてます!!
月に一度の月例会で先生のアレンジを観るだけでも
心洗われるひとときになりますよ~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-07-21 01:18 | 芸術・文化 | Comments(2)

その国で手に入るものを活かす

3月6日からアテンドしていた草月流の
デモンストレーションが大好評のうちに終わりました。
ITC Mauryaホテルのロビーに活けられた中作も
紅白の大振りの椰子の葉や、特大花器に活けられた
ダイナミックなお花たちが見事なスケールで、目を惹きました。
c0338191_02204891.jpg
実はこれ、骨組みを作るのが大変だったんです~
3メートル、2メートル、1メートルの長さの角材を
それぞれ8本ずつ、紅白に塗り分けていたものを
組み上げていくんですが、インパクトドリルがないので
いちいち大工さんのドリルで穴をあけ、そこに
スクリューねじをとめて行く・・・という手作業で。
c0338191_02233061.jpg
ようやく組みあがったのがこれ。広い車寄せのある
ファームハウスで作業させてもらったのでできましたが
あんたの家でやれって言われても無理だわ~
c0338191_02235248.jpg
これにでっかい椰子の葉をくっつけていくのは
ワイヤー留めで。おかげでワイヤー扱いが
ずいぶん上達しました。

メインテーマは紅白、草月流デリー支部創立50周年
そして日印友好協力年、日印友好60周年を記念する
寿ぎの色使い、でしたが、折しもインドは
カラフルな「ホーリー祭」の時期、というのもあって
そこからインスピレーションを得た作品もあり
色使いが綺麗なデモンストレーションでした。
c0338191_02293056.jpg
インドで豊富に手に入るヘリコニアを使ったアレンジも。
メビウスの輪のようにかかっているベージュの素材は
椰子の皮を晒したもの。赤い羽根に見えるのは
乾燥させて赤に色付けしたフェニックスの葉。
c0338191_20332136.jpg
その国で手に入る材料で、あなただけのいけばなを
楽しんでください、みんながハッピーになるような
いけばなを、との澤田先生のお言葉が印象に残りました。

ほんとそうね。インドでは生け花はできない、
欲しいと思う花材がないもの・・・・
なんていうのは言い訳で
Anyone can enjoy Sogetsu Ikebana anytime,
anywhere, using any material.
が草月のモットーなのでした。

皆さん、インドでいけばな、できるんですよ。
4月から新年度の会員登録(1年間有効)開始です.
草月のいけばなに興味がある方はぜひご参加ください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-11 02:42 | 芸術・文化 | Comments(0)

デリー早春の色、黄色 (自由部門)

先日ITC Mauryaホテルで行われた
草月流デリー支部の月例会、テーマは
Innovation in Yellow
黄色い花材を使って、さまざまなものと組み合わせて
活ける、というデモンストレーションでした。

寒い寒いとふるえている昨今、しんしんと冷える
デリーの冬に春の兆しを知らせる色が「黄色」で
バサント・パンチュミーでおまつりするラクシュミー女神にも
黄色い花輪をかけてお祝いします。

この日はさまざまな黄色いお花が登場。
それにあわせる花器も、先生の手作りで
お庭の植物を使った興味深いものがいっぱいでした。

立ち枯れした木の根っこをぐるぐる編んで作った
オブジェにモンステラの葉とバンクシアのような
ワイルドな黄色いお花を組み合わせたもの。
c0338191_01225366.jpg
ニュ―サイランをガラス容器のまわりに巻いて
花器とし、黄色いカラーをあしらったいけばな
c0338191_01230082.jpg
冬になってすっかり葉を落とした蔓性植物で
フレームのように編んだものとガラス花器を
組み合わせて、黄色いチューリップをいけたもの。
c0338191_01230572.jpg
黄色い花がより映えるように、とこの日の
参加者のドレスコードは「紫」でした。
さすがインドマダムたち、紫の服を持ってるのね。
紫のサーリーやパンジャービー・スーツが
とっても綺麗でした。
c0338191_01310887.jpg
私は~~~。
クローゼットの中から掘り出した、昔買った
ユニ○ロの紫のパンツと、昔愛用していた
紫と紺のチェックのジャケットと、お手伝いさんに
あげようと思って袋に入れておいた紫のマフラーを
またまた引っ張り出して、行きましたよ。笑
c0338191_01340512.jpg
爪も紫にして。笑

それにしてもいつも月例会のたびに、いろんな
花材使いを見ては、道端の木々(庭師さんが切って
処分しようとしている枝とか)や草や花々が
全部何かに使えそうでキョロキョロするんですが、
今回は冬枯れの木の実やカサカサに乾いた
チークの葉っぱなども使ってあったもんで
こりゃ「下」ばっかりじゃなくて「上」も忘れず
見上げなくちゃ  と思ったのでした。

第一回プラチナブロガーコンテスト

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-01-21 01:51 | 青蓮日記 | Comments(0)

デリーで草月流生け花、1月編(自由部門)

昨年の今頃は、草月流の勅使河原茜家元が
草月流インド支部50周年記念式典で来印なさる
・・・とのことで、準備段階に入っていたなぁと
思い出します。お家元にお目にかかれたのを契機に
20年ほど生活に追われてお休みしていた草月の
生け花を再開。

毎月行われる草月流デリー支部の月例会では
師範クラスの先生方のデモンストレーションが楽しみです。
毎回新たな発見があり、同じ花器を使っていても
先生によりまったく異なる世界観が表現され、とても
興味深いんですよ。色使いや造形の面で、私に
一番しっくりくるのが草月流のいけばなです。

今年度の草月流デリー支部の活動を振り返ってみると・・・
3月には茜家元のワークショップとデモンストレーション。
ワークショップではインド人女性のいけばなに対する
熱意に圧倒されたものでした。
c0338191_00402491.jpg


5月にはデリー支部幹部の上級師範のデモンストレーション。
日本人に近い感性を持った先生で、今思うと
やっぱり素晴らしかったなぁと。
毎回60席ほどが満席になり、立ち見が出る大盛況ぶり。
c0338191_00284500.jpg

6月酷暑期はお休みで、7月にはムンバイ在住の
スイス人の先生が出張教授。墨絵のプロでもあり
アート感あふれるアレンジでした。
c0338191_00302628.jpeg
8月には日本から伊藤佑飛先生をお招きして
ワークショップとデモンストレーション。
アテンドして準備段階から見学させていただき、
実り多い日々でした。
c0338191_23341354.jpg
9月にはナヴラートリー(九夜祭)の9人の女神様を題材に、
新たに師範免状を取得した先生二人のデモ。
これもインドらしい題材でおもしろかったです。
インド神話がわかっていたら、更に楽しめるいけばなでした。
c0338191_01071017.jpg
10月11月は結婚式やらお祭りてんこ盛りで
死ぬほど忙しかったもんで・・・・

12月には「岩に花を咲かせる」魔法の手を持った
マダムのお庭での月例会。お庭も素晴らしかったし
お宅の調度品が、博物館ピースだらけでそれもすごかった。
c0338191_00455613.jpg
今月は、明日19日、ITC Mauryaにて月例会。
テーマカラーが「黄色」で
師範の先生が黄色い花材や花器を使っての
デモンストレーションをなさいます。
今回は参加者にもドレスコードがあって、黄色いアレンジを
引き立てる色、「紫」の服で参加することになっています。
インド人マダムたちがどんな紫の服で登場するか、今から
楽しみ~~

2月9日は会員宅での月例会(これまた素晴らしい大邸宅で
いまからワクワク。)

そして、今年度の活動のフィナーレを飾るのは
バンコクからお招きする日本人師範、澤田光遊先生の
デモンストレーションです。3月10日午前10:30より
ITC Mauryaのバンケット Chaityaにて。どなたでも
ご参加いただけますので、ご希望の方は
メッセージ欄またはメールなどでご連絡ください。

というわけで、え!!デリーで草月流のいけばなが
できるの!?と思われたみなさん、
なんとインドは草月の海外支部第一号、51年の歴史を
持つ古参なんですよ。
草月流、4月には創流90周年のイベントがあり
インドからも上級師範クラスの先生方、各支部の
幹部の先生型が日本に行かれます。ついて行きたいなぁ。

私はインドで草月流いけばなやっているおかげで
花材の名前を英語で覚えましたよ~~。
これは思わぬ副産物。w
興味がある方、ぜひご一緒に!!

第一回プラチナブロガーコンテスト

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-01-19 01:13 | 芸術・文化 | Comments(0)

最新の記事

毎年楽しみなDCWAバザー
at 2018-11-21 00:02
家でじっとしている日もある
at 2018-11-20 01:21
スタジオ・オープニングwit..
at 2018-11-19 01:45
イ~ンドじゃないよ~♪♪
at 2018-11-18 00:53
採ったど~!
at 2018-11-17 00:23
紅葉茶会の申込みした~!
at 2018-11-16 00:49
モンスーン・マーラーバールが好き
at 2018-11-15 01:08
チャリティー・メーラー@フレ..
at 2018-11-14 00:01
最近の収穫物
at 2018-11-13 01:09
2019年インド料理レッスン..
at 2018-11-11 00:57

最新のコメント

鍵コメK.S.さま。 ..
by neelkamal at 00:41
> 鍵コメM.H.さま ..
by neelkamal at 00:47
> Luntaさん お..
by neelkamal at 01:22
印西市、すげえ、と笑わせ..
by Lunta at 12:40
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:35
> 鍵コメK.N.さま ..
by neelkamal at 00:32
コーヒーの美味しい季節に..
by サントーシー at 01:50
Y.T.さま お問い合..
by neelkamal at 23:53
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:32
> 猫ママさん 相手役..
by neelkamal at 23:31

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング