旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:インドファッション( 25 )

花嫁の「赤」

今週に入って一気に「冬」の様相を呈してきたデリー。
つまり!!結婚式シーズンに突入です。
つい最近結婚したボリウッド(&ハリウッド)女優の
プリヤンカー・チョープラーの花嫁衣裳も綺麗でしたね~
c0338191_00062443.jpg
左の白いウェディングドレスはラルフ・ローレン
右のレヘンガー(ロングスカート・丈の短いブラウス・
ヴェールの三点セットのインドの花嫁衣裳)は
サビャサチー・ムカルジーのデザイン。赤が綺麗ですね~

今季はじめに一番話題をさらったのは、何と言っても
ボリウッド女優、ディーピカー・パドゥコーンと
男優ランヴィール・スィンの豪華結婚式と
披露宴の数々でした。インドの有名デザイナーの
夢の競演、みたいでしたよね。ほんとに絵になるな~
というシーンが多かったですが、最後のコレ↓↓
ランヴィールが着たマニーシュ・アローラーのデザインの
シェールワーニ―(男性の立て襟インドジャケット)は
度肝をぬきました。
c0338191_00083518.jpg
今季の結婚式招待状が届く時期になり、よく
日本人の皆さんから「何を着て行ったら良いですか?」
と尋ねられます。女性はサーリーで行くのが一番ですが
要は「カジュアルすぎて浮かない」ようにすること。
「花嫁さんより目立たない」ようにすること。
・・・・というわけで、特にヒンドゥー教では
赤は花嫁の色、とされるので赤い服や赤いサーリーは
避けたほうが無難です。

赤といってもそのお宅によっていろんな指定のシェードが
あるんです。プリヤンカーやディーピカーみたいに
真っ赤、なお宅もあれば、ぐっと濃い・小豆色に近い
「マルーン」と呼ばれる赤もあります。↓↓
c0338191_00130546.jpeg
オレンジに近いのもあるし、朱赤や
ピーチがかったローズピンク↓↓もあります。
c0338191_00133649.jpeg
最近は海外でのデスティネーション・ウェディングも
増えましたから、必ずしも赤でなくて花嫁本人の
チョイスで色味が抑えられたりしている場合もあります。
クリケット選手、ヴィラ―ト・コーリーと
去年結婚したボリウッド女優、アヌーシカ・シャルマーは
可愛いピンクでした。
c0338191_00151369.jpeg
また、地色はベージュで刺繍に赤をふんだんに使った
こんなレヘンガーもあります。この赤のシェードは
「柘榴の赤」と呼ばれる色。ちょっとピンクがかった
渋めの赤。
c0338191_00161943.jpeg
・・・・ということで、赤やローズピンクなどの
パッと人目を惹く色は、ゲスト側は避けます。
赤を着ているのは花嫁と、新郎新婦の関係者くらいかな。

逆に北インドの結婚式で避けたほうが良い色は「白」
お葬式のときに親族が白い服を着るので、縁起が
良くないと避けられます。
でも、南インドでは白にゴールドの縁取りがある
サーリーは正装だし、ゴールド刺繍が入っていたら
おめでたい席でもOK、という場合もあります。
c0338191_00210198.jpg
件のディーピカーのレセプションでは、
アブージャー二ー&サンディープ・コースラーという
繊細なチカン刺繍をふんだんに使うことで有名な
デザイナーたちによる、白ベースの豪華レヘンガーと
シェールワニーで登場。↑↑↑
 
もうひとつ、インドの結婚式で避けたほうが良いのは
「黒」。あわせやすくて日本人の顔立ち・髪の色に
馴染むので楽なんですが、シンプルすぎる黒は
これまた「縁起が悪い」とされます。
黒を選ぶなら、思い切って派手な刺繍があるのや
グラデーション+キラキラビーズがついたのが
おすすめです。

要するに「寿ぎ」の気持ちが表せて、周りに馴染む
(つまりみんな派手なので、それなりに派手に)
パーティー服が良いってことです。女性は「首元」の
アクセサリーも忘れないでね。ゴールドチェーンだけでも
良いので、必ずネックレスをつけて行ってくださいませ。

皆さんからのリクエストがあったので
そのうち「サーリー着付け」の会を開催しますね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


by neelkamal | 2018-12-08 00:41 | インドファッション | Comments(0)

今季流行のサーリー

インドの伝統衣装、サーリーにもTPOがあり
カクテルパーティーなどにはビーズキラキラの
シフォンなどが映え、格式ある会の場合には
断然シルク+ゴールドブロケード、
女性ばかりのランチ会などだとカーディーなど
・・・・とそれぞれにアクセサリーや靴とともに
使い分けします。

今年も結婚式シーズンが始まりましたが、たいてい
その時期の先陣を切って結婚するボリウッドスターの
結婚衣装や、ゲストたちの着ているものが
ファッショントレンドを左右することが多いです。

たとえば。2016年は宮廷風が流行し、大振りの
テンプルジュエリー(神様が象られ、宝石が
ついている金のアクセサリー)がはやりました。
去年はクリケットのスーパースター、
ヴィラ―ト・コーリーとボリウッド女優
アヌーシカ・シャルマーの結婚式がパステルカラー主体だったので
パステルカラーの衣装がはやり、
デスティネーションウェディングが増えた年。

今年は。言わずと知れたビッグカップル
「ランヴィール・スィンとディーピカー・パードゥコーン」
彼らの結婚式や披露宴で着たもののコピーが
あっという間に巷にあふれると思います。
何せみんな血眼(!?)になって、彼らのデザイナーを
割り出そうとしてましたからね。

イタリア、コモ湖畔で行われた結婚式はコンカニ―式。
c0338191_00003838.jpg
衣装のデザイナーはサビャサーチー・ムカルジーと
言われていましたが、この結婚式サーリーに関しては
ディーピカーのお母さんがバンガロールのサ―リー屋さんで
購入し、サビャサーチーがスタイリングしたんだそう。
ランヴィールの衣装はサビャサーチーデザイン。

バンガロールでの披露宴で二人が着たのはこんなの。
c0338191_00014445.jpg
これでゴールドのサーリーが流行るよね。
ランヴィールが着ている黒字に総刺繍のシェールワーニ―は
ローヒト・バルのデザイン。

バンガロールでの披露宴での家族写真もカッコいいのよ。
4人の服全部、ローヒト・バルのデザインなんだって。
c0338191_00053271.jpg
今季の結婚式は上質なシルクブロケードのサーリーを
着ている人が多いです。日曜日に行ったお式では
これだけ女性がいて、1人を除いて全員シルクだった。
金糸が入った豪華な織りのもので、それぞれの出身地の
名産品だったりします。
c0338191_00072124.jpg
メヘンディーランチのときには、パンジャービースーツが
多かったですよ。座ってメヘンディー描いてもらったり
踊ったりするからね、動きやすいほうが楽だし。
今年流行の膝から下がフレヤーになったパンツも
見かけました。(密かに「カーニバルパンツ」と呼んでいる)
c0338191_00100223.jpg
リングセレモニー(婚約式)のカクテルパーティーは
「シルバー&ダイヤモンド」っていうドレスコードが
あったので、皆さんこんな感じ。カクテルパーティーには
ロングドレスっぽく見える、シフォン素材などが人気です。
c0338191_00112168.jpg
シルクブロケードのサーリー、いつの時代も
流行り廃りなく使えるので、一枚持っていても
良いと思います。レディーメードにせずに、
着こなしのバリエーションが楽しめるように
一枚布のままで買うことをおすすめします。
私はシルクブロケードのサーリーで帯も作ったよ。

は~~、布の話でついついチカラが入って
長くなっちゃった。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


by neelkamal | 2018-11-24 00:16 | インドファッション | Comments(2)

ニッチな見本市

マスタージー(縫製職人の責任者、パターンカッティングも
できるし縫製技術もピカイチ)が、新しいマシーンが
あと一台欲しい、と言うので さて現状はどうなっているのか
と工業用ミシンなどの見本市に行ってきました。
c0338191_00360774.jpg
GTEってGarment Technology Expoの略
ニッチ、と書きましたがインドの主要産業のひとつと
なっている服飾産業。
すごい機械がいっぱい作られているんです。
国内のものもあるし、C国からの輸入品も沢山。

私が実物を見たかったのは、JUKIのロックミシンと
工業用ミシンだったので、他はすっ飛ばしてまず
JUKIのブースへ。職人さんたちの実演もあり、
バンガロールにいらっしゃる日本人駐在員の方とも
お目にかかりました。
c0338191_00392439.jpg
他社で、すっごいコンピューター制御の刺繍マシンなど
あって、あのほら、「カシミール手刺繍ショール」として
売られているのも機械でばんばん刺繍できちゃうのね。
c0338191_00410851.jpg
停電や変圧の多いインド、繊細な制御システムだと
すぐに故障するんじゃないかしらと思ったり。
ブラザーのブースもありました。
c0338191_00433761.jpg
会場の入口からパビリオンまでの特設会場は、全部
C国企業で埋め尽くされていて、JUKIのブースのある
パビリオンAも入口付近はC国企業だらけ。
ニッポン、がんばれ。

他にもスパンデックスを縫うミシンやら
スニーカーの伸縮生地を編む機械やら、
一気に襟ぐりの刺繍が12枚同時進行できる大きな機械やら
色々興味津々で見て回りました。
c0338191_00464728.jpg
これだけ服飾産業が盛んな国、輸出用衣料品を
大量生産している国だもの、探せばどんな材料だって
どんな機械だってあるのね、と感心しました

次にこのフェアグラウンドに行くのは2月の
アートフェアかなぁ。興味がある方はお声掛けください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


by neelkamal | 2018-01-21 00:56 | インドファッション | Comments(0)

サーリーの仕立てにも流行り廃りがある。

先日ピンクX赤ボーダーのサーリーの
フォール(裾除け。サーリーの布の落ち感を出すためと
足さばきを良くするために、裾部分に別布を縫いつけます)
の仕上げとブラウスを超特急で縫ってもらったついでに

去年の結婚式でもらって、一年近く放置していた
ヴァ―ラーナスィーのシルクサーリーも
仕上げてもらいました。
ブラウスはブラなしで着られるように、パッドを
つけてもらっています。その分背中を
ぐぐっと開けてもらいました。肩が落ちてきたら
いけないので、サポートストリングもつけて。
普通はこの紐の先にラトカン、というキラキラの飾りを
つけてもらうんですが、全体のデザインに合わせて
テーラーさんがラトカンも手作りでつけてくれましたよ
c0338191_23185627.jpg
カップの位置がちょっとインド。
(インドの彫刻とかで見るように、丸くて盛り上がってる
インド女性のかたち・・・ってことですよ。(笑))

ちなみにサーリーを買ったら、実際に着る前に
1)フォール(裾よけ)をつけてもらう
2)ブラウスを作る
3)ペチコート(できればコットンがおすすめ)を作る
という段取りが必要です。

裾よけ(フォール)の昨今のトレンドは、サーリーの
色にあわせてキラキラ系で、更に「パイピング」を
裾にプラスするのが流行っています。
こんな感じの仕上げ。手間がかかってますよね~
なんせパイピングも市販品じゃなくて、手作りですから。
c0338191_23231147.jpg
さらに、肩にかけて下がる部分(パッルーと呼びます)の
裏側にも裾よけと同じ布で縁取りしてあります。
つまり、パッルーが翻ったときに、このアクセントカラーが
ちらりと見える、ってわけ。フォール(裾除け)部分も
歩くたびにチラッと見えるようになってます。
c0338191_23252443.jpg
ちょっとしたことだけど、こうしてサーリーの
仕立てにも流行があるわけで。
たとえば今までに着ていたサーリーでも、フォールだけ
つけかえてアクセントカラーでパイピングをつけてもらうと
新たな一着によみがえる、ということ。

こういうシルクのサーリーは昼夜いずれのパーティーでも
OKです。夜のカクテルパーティーだと、ビーズ刺繍
キラキラのシフォンのサーリーとかが映えるし
サーリーにもTPOがありますから、布地選びや
着付け方など、その場に合った着こなしを。
コットン地のブロックプリントやらイカットなど
カジュアル系サーリーは昼間のランチ会などに。

そして、できれば「ワンタッチサーリー」ではなくて
一枚布の状態で買っておかれるのをおすすめします。
そのほうがいろ~~んな着付けが楽しめますよ。

あ、そうそう。着付けの前に「合わせるパーティー靴」
を履いてから着付けしてくださいね。じゃないと
着丈が短くなってカッコ悪いから。

というわけで、流行のサーリーの仕立て、の話でした!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

by neelkamal | 2017-10-13 00:17 | インドファッション | Comments(0)

戦利品のショールだよ

金曜日午後、時間ができたので
さっさとメトロでアフージャーサンズの
セールに行って来ようと思ったら、夫が
「土曜日に一緒に行くからあわてるな」と申しまして。
流行る心をぐっと抑えたというのに当日案の定
仕事が入って何時に終わるかわからない、と。

ブンむくれて(!)ふて寝していたら、夕方になって
帰ってきて、さぁ行くぞ~と言うので、はりきって
セールに突入して来ました。
戦利品はこれ。
c0338191_02483078.jpg
あれ、こないだ持ってたやつとどこがどう違うの?と
思ったアナタ!よ~く見てくださいよ、こないだのは
これですよ。
c0338191_02492583.jpg
ほらぁ、微妙に色味も柄も違うでしょう!!
どちらも一応パシュミナなので、織が入っていても軽いです。
どれも30~40%引きになってますから、お買い得。

刺繍じゃなくて織りのものにこだわるには訳があって
ど~~うしても欲しい、手織の最高級「カニ・ショール」
ってのがあるんですよ。模様を色糸で織り込んでいくもので
18世紀~19世紀初頭のヨーロッパ絵画などにも
沢山登場します。
こちら↓↓が博物館ピースのアンティークもの
c0338191_02532446.jpg
下↓↓のはそれ↑↑と同じような柄をまとった
ヨーロッパの女性の肖像画、1811年の作です。
c0338191_02541658.jpg
ショール全面に織模様が入っているもので、
たまたま織職人さんがアフージャーサンズに
商品納入に来ていて、オーナーさんが
仕入用カニショールを一点ずつチェックしていました。
最低1枚1ラック(17万円くらい)はするものだから
・・・と冷やかし半分お値段を尋ねてみたら、大判ので
2ラック(34万円)だって。ぐぐぐぐぐ・・・・
それは無理なので、機械織りので我慢したってわけ。

一時帰国のお土産用にも買いました~
c0338191_02594971.jpg
お土産用だからお値段はナイショ。ふふふ

c0338191_03012349.jpg
↑↑これは去年のセールで買ったもの。
刺繍ものには目もくれず、せっせと織りのものを
買い集めています。って、身は一つなんだけどね


今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑↑カーリー女神だと一気に5枚ショール羽織れますよよよ


by neelkamal | 2017-01-29 03:06 | インドファッション | Comments(0)

セール始まったよ~! (自由部門)

先日クラフトミュージアム見学の事前勉強会で
インドの布のお話をして、ショールの話のついでに
Ahujasonsのセールが始まったらお知らせします
(ワシはサクラか??)って言ってたんですが
もうはじまってました~!!
c0338191_00452279.jpg
なぜか日本人の間では「オージャソン」と言う名で
通ってますが、それじゃインド人には通じません。
アフージャーさんの息子の店、って意味ですから
アフージャーサンズ」って言わないと
わかってもらえないと思います。
(あ、ここまで大文字にしなくても良かったですかね。笑)

お店はデリー界隈に4か所あります。
ホームページでご確認ください。
予定では一応日曜日までとなってましたが、
尋ねたら期間延長してやる、と言ってました。

セール中はこんな感じで、群がるインド人マダムを
かきわけてショールの山にたどり着き、狙ったものを
ピューッと引っ張る。
c0338191_01463151.jpg
欲しいものを他のマダムが握っていたら、
その人が諦めて手放すのを待って、
ピューっと欲しいものを引っ張って、
一度握ったら放さない、ですよ。笑笑

高いショールを買いに来てるインド人マダムはなぜか
ご主人も同伴。お金を出すのはご主人だから??ww

ブランドアンバサダーはパタウディーのナワーブ
(ムスリムの藩王のことをナワーブと呼びます)
映画俳優でもあるサイフ・アリー・カーンと
そのご母堂、女優シャルミラー・タゴール。
c0338191_00493739.jpg
年度末も近く、送別会やらなにやらで忙しいのに
セールも始まってしまう!
グッドアースだって例年なら2月10日すぎからの
セールなのに、今年は前倒しで始まるとの噂。
焦るわ~~

第一回プラチナブロガーコンテスト

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

by neelkamal | 2017-01-28 00:52 | インドファッション | Comments(0)

チューリヤーン(バングル)

先日、はじめてのサーリーを購入した友人と
ブラウスやらペチコートを作りに行った、って
話をしましたが、先日はアクセサリーと靴を
買いにいきました。

・・・と言っても、たぶん日本に本帰国したら
サーリーは着ないだろうし、アクセサリーも
イミテーションでいいから、ラジパトナガルへ。
こんな感じでキラキラのアクセサリーセットが
飾られています。左端に移っているのは
おでこに垂らす飾り(ぶっちゃけ日本人には
あまり似合う人がいない。ww)
c0338191_02442380.jpg
左手の棚にも上部にも「チューリヤーン」がいっぱい。
チューリヤーン、って「バングル:腕輪」のことですが
サーリーやパンジャービースーツに合わせて、好みの
色や材質でセットを作ってもらいます。片手に
最低でも12本くらいジャラジャラつけるの。

花嫁さん用のチューリーヤーンは赤、と決まっていて
間に白いのが数本混じります。結婚式当日、
花嫁のチューリヤーンをつける時には、
お坊さんのプージャー(儀式)があって
こうやって牛乳に浸し、お祈りして清めるんです。
c0338191_02211608.jpg
それをいよいよつける時には、花嫁になる女性は
チューリヤーンを見てはいけないことになっていて
ドゥパタ―(ストール)で顔を覆ってから、
一族の女性に装着(?)してもらうんです。
c0338191_02225725.jpg
そのあと、お式までは白いハンカチなどで
見えないようにチューリヤーンを覆い、
いよいよ花嫁衣裳着付けとメイクアップが終わってから
やっと巻いていた布を取って儀式に挑むわけ。
c0338191_02242371.jpg
この赤いチューリヤーンは新婚さんの間は
取ってはいけない事になっていて、お宅にもよりますが
1か月とか、40日とかはつけたまま。
で、赤い色が取れたり剥げたりしてると、昔は
「あら~、あそこのお宅は新婚の花嫁さんに
水仕事とかさせてんのよ。色が剥げてるもん。
お姑さん意地悪そうだもんねぇ」とか
ご近所の奥さんたちの噂のもとになったりしてたわけですよ。
まぁ、「新婚さんの間は家事をしなくて良いように」
という計らいもあったんでしょうね。

で、その友人たちと一緒に行ったアクセサリーショップで
オーダー品のパッキングしてるとこに遭遇。
花嫁さん用のチューリヤーンだけど、なんと新郎新婦の
名前と写真がセッティングされてるやつ。
やだ~~。こっぱずかしくてこんなのつけていられない。
c0338191_02444102.jpg
いろんな面白いしきたりがまだまだ残るインド。
インドの結婚式ビジネス、廃貨問題もなんのその
今季もガンガン派手に進行中でございます。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



by neelkamal | 2016-12-10 02:33 | インドファッション | Comments(2)

はじめてのサーリー

はじめてサーリーを誂える友人と一緒に
いきつけのテーラーさんへ。
サーリーは二人とも、私が「これ絶対似合う!」って
見立てたもの。

サーリーはお店で買った状態では完全ではないんです。
買ったあとに何をするか、というと。

1)フォール(裾よけ)をつける
裾裁きが良いように、また布の落ち感が出るように
裾10センチくらいのところに別布を縫いつけます。
c0338191_00391292.jpg
ローカルマーケットなどでミシンを出して営業している
テーラーさんの所には、こんな感じでどんな色の
サーリーにも対応できる、フォール用の布が準備してあります。
c0338191_00392133.jpg
2)ブラウスを誂える
サーリーの布そのものの端っこに、ブラウスピースが
織り込んである場合もありますが、ない場合には
布にあわせてブラウスを作ります。
c0338191_00405729.jpg
たとえばこれ↑↑はブラウスピースがついている場合

ブラウスピースがない場合にはお好みで
こんな風にレース地を使う場合には裏地もいりますね。
c0338191_00410207.jpg
で、ブラウスも胸元のデザインやら
背中はどこまで開けるのか、前ホックにするか
脇ジッパーにするのか、袖の長さは?・・・・などなど
テーラーさんから矢継ぎ早に質問されるので、
あらかじめ「こんなの」というイメージ写真などを
持っておくと良いと思います。↓↓背中ホックのブラウス
c0338191_00433735.jpg
なんと、なんでもオーダーできるインド
たとえばテーラーさんに先に布を持ち込み
製図してもらって、刺繍してほしい位置を決めて
ビーズ刺繍やさんに好みの刺繍デザインをオーダーする
・・・なんてこともできます。

3)ペチコートを誂える
おすすめは、ずれない、結び目がほどけにくい
「コットン」製のペチコート。着用するときには
ペチコートの結びをぎゅ~~~っと固く締めないと
サーリーの重みで緩んで着くずれの原因になりますから
ペチコート選び、大事なんですよ。
既製品のお店もあるので、ウェストサイズと
靴を履いた状態でのウェストから床までの長さが
わかれば、これもローカルマーケットで各色売ってます。

そして、オーダー天国インド、色がなくたって
そのへんの染色屋さんを教えてくれるので、
サーリーと同じ色にあっと言う間に染めてくれるんです。
4)パッルー(肩にかける布端の一番綺麗な部分)に
細かい刺繍やビーズなどがついている場合には
更にその部分にネット地をつけてもらいます。
(裏糸にアクセサリーなどが引っかかるのを防ぐため)

と、こうしてやっとサーリーが綺麗に着られるように
準備が整うわけです。
レディーメードの簡単ワンタッチサーリーもありますが
私はやっぱり着付けのバリエーションを考え
一枚布のサーリーをおすすめします。着付けで
ずいぶん雰囲気が変わるしね。

というわけで、「はじめてのサーリー」編でした!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



by neelkamal | 2016-11-17 01:03 | インドファッション | Comments(0)

花嫁の母の衣装

本日からはじまった旧高額紙幣の交換、
どの金融機関も長蛇の列ではありましたが、
概ねスムースに交換が行われたようです。
2000ルピーの新札と、100ルピーがとりあえず渡されたそう。
銀行によってはお札が足りなくなって交換できなかった所も
あったそうですが、まぁ平穏に初日が終わった感じ。

旧高額紙幣のニュースに押しやられて、
結婚式の話が後回しになってましたが・・・
(今日会った友人から「早く結婚式記事の
続きを読みたい」と言われまして。笑)

母親代理としてお役目を授かった今回の結婚式。
全ての行事に見合うように、
思いっきり派手なインド服を買って来なさい、と
花嫁の父からお達しがあり、私がセレクトしたのは
金色に淡いグリーンとゴールドのスパンコール刺繍がある
レヘンガー(ロングスカート、丈の短いブラウスと
ショールの三点がセットになったインド服。主に
独身女性が着用しますが、寿ぎの場では誰が着てもOK)
c0338191_01121756.jpg
日本人感覚だと思いっきり派手だと思ったんですが
関係者一同から満場一致で却下されました。
地味だって。あ~~~~れ~~~~~???
花嫁より目立っちゃいかんでしょう・・・と
思ったんだけど、どうやらそれは気にしなくて良いらしい。
え~~、せっかく買ってブラウスも誂えてもらったのに
どうすんの、これ?って聞いたら「他の誰かの
結婚式にでも着て行けば?」だってさぁ。

婚約式には着物で、とリクエストされていたので
これどうかなぁ、おめでたい模様なんだけど、と
見せてみました。
c0338191_01142714.jpg
これも下地が白っぽくて地味だって
却下されました。あ~~~れ~~~??
「花嫁の母(役)はもっと張り切って派手にしなくちゃ」って。

スイッチ切り替えて、選んだ着物はこれ。
茄子紺に派手な模様入り。姐さん、出陣ですぜ。
参列者に他に日本人がいなかったから大目に見て。笑
c0338191_01165220.jpg
翌日のメヘンディーナイトは「パンジャービー」の
母スタイル、って言われていたので、最近はやりの
レヘンガー(ロングスカート)にアチカンという
コートみたいな長いジャケットを重ね着したインド服。
オープニングで踊るから、って袖は取ってもらったんですが、
この夜はノースリーブじゃちょっと寒かった。
c0338191_01221243.jpg
そして、結婚式の日は黒っぽい金襴緞子地のレヘンガー。
花婿行列を式場の入口で迎える大役なので、
いくら派手でも良いって言われました。
↓↓白馬にまたがった花婿と、親戚一行が
踊りながら入口まで移動するのを待つ花嫁側。
真ん中にいるのが私です。腹まわりが太いのは見逃して。
c0338191_01364276.jpg
いくつになってもキラキラ綺麗な洋服を着られるのは
楽しいわね~、と満喫した日々でした。

ちなみに花嫁・花婿ともに海外企業に勤めていて
海外経験もあることから、こってこての
インド風はメヘンディーナイトのみで、
リングセレモニーも結婚式当日の会場デコレーションも、
ソフトトーンで今風でしたよ。婚約式でのオシャレな二人。
c0338191_00341289.jpg
フォトグラファーも会場や双方家族が頼んだ人に加え
ウェディングフォト専門の女性フォトグラファーが
一人いて、この写真は彼女の作品です。

少しずつ、インドの結婚式事情も変わってきているなぁ
・・・と感じた貴重な経験でした。
忘れないうちにいつ、何が必要かメモしておかなくちゃ
(って、次に役立つのはいつ???)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
by neelkamal | 2016-11-11 00:45 | インドファッション | Comments(2)

惜しい。男性用インド服

結婚式シーズンを前に、我が家の男性陣の
フォーマルウェアを買っておこうか、と思いまして。
(私のはすでに2着新調、あと一着パェターニー買う。)
息子は日本でネイビーのスーツを買い、あわせて
シャツやネクタイも揃えたし、去年は
シェールワニー(↓↓)も買ったし。
c0338191_00311780.jpg
・・・と思っていたら、どうやら友達うちで
最近は「ネールージャケット」にカッターとパンツを
合わせるのがはやっているらしく、それを買ってくれと。
c0338191_00312860.jpg
↑これはリテーシュ・デーシュムクという俳優さんで、
ワタシは彼がネールージャケットが似合う男の
代表格だと思っているんだけど、
クルターと合わせるんじゃなくて
細身のカッターシャツの腕をまくって着るのが
おしゃれなんだと息子がノタマウ。

参考までに検索しときましょっかね~ 
と思ってIndian Men's Attireって打ってみたら
こんなのが出てきた。
c0338191_00400785.jpg
そのインディアンじゃないってば。

他にも見てみたら、こんなのも。
c0338191_00312430.jpg
モデルさんは可愛いけど、これ日本人が着たら
キョンシーみたいだってば。

男性用のインド式フォーマルウェア、胸板が薄いので
服に着られないようにするのは、まだちょっと難しい
ティーンエージャーなのでありました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。

by neelkamal | 2016-09-28 00:43 | インドファッション | Comments(2)

最新の記事

ペイペイに続きOYOも
at 2019-02-19 00:18
つぼった贈り物
at 2019-02-18 00:07
インド料理に使う鍋
at 2019-02-17 00:36
クラフトミュージアムで買ったもの
at 2019-02-16 01:37
マリーアントワネットの木綿服
at 2019-02-15 01:27
ちっちゃなお客様
at 2019-02-14 00:52
下見に行って沼にはまる
at 2019-02-13 00:33
春の花でいけばなのお稽古
at 2019-02-12 00:48
写真家・三井昌志さん講演会@..
at 2019-02-11 00:30
ニザーム(ハイダラーバードの..
at 2019-02-10 00:04

最新のコメント

> Mikkieさん ..
by neelkamal at 00:15
お久しぶりです! もの..
by Mikkie at 10:57
S.S.さま。 お子さ..
by neelkamal at 23:50
Y.S.さま いずれも..
by neelkamal at 23:40
Yさん、お申込みをお受け..
by neelkamal at 00:46
Jさま、メールにて詳細お..
by neelkamal at 00:47
Yさま、ありがとうござい..
by neelkamal at 00:46
Kさま、お待ちいたしてお..
by neelkamal at 00:46
> ちくわぶさん ふふ..
by neelkamal at 00:24
先日初サリーを買ったので..
by ちくわぶ at 02:57

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング