旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:インドの祝祭日( 89 )

九夜祭(ナヴラートリー)の九つの色≪2018年版≫

今年は10月10日から祭礼の期間となり、
ヒンドゥー教徒は「菜食」の期間に入ります。
いくつかお祭りが重なっているので、ややこしいんですが。
これらのお祭りは、ヒンドゥー教のカレンダーで
「アシュヴィン月」の、新月がだんだんと満ちる10日間に
あたります。

ナヴ・ラートリー(九夜祭)が10日から18日まで。

これは毎日異なる9人の女神様にお祈りを捧げるお祭り。
(参考過去記事はコチラ
地域性もあり、グジャラート州ではこの期間に
ダンディヤ・ダンスという日本のバチのような
スティックを使ったダンスを踊るんです。スティックを
振り回して踊る様は、ドゥルガー女神がマヒーシャ(悪魔)を
やっつける様子を表しているんだそう。
(関連記事:9人の女神に捧げる生け花

②10日目の夜にフィナーレを迎えるのがダシャハラー

こちらはラーマーヤナにちなんで、ラーマ王子が
王位継承争いで故国を追われ、シータ妃と弟の
ラクシュマンとともに14年間の放浪の旅に出て
ランカーの王様だったラーヴナ(ラーヴァン)と戦い、
勝利を収めるまでの物語(ラームリ‐ラー劇)を毎日夕方少しずつ
村の広場や公民館などで上演していくんです。
最終日にラーヴナとクンバカルナ、ヴィヴィ―シュナの
三兄弟の張りぼて像がラーマ王子の放った火矢で
燃え落ちるのがフィナーレ。
デリー各地でこのフィナーレに使われる悪魔三兄弟の
張りぼて作りがたけなわ。(有名なタタルプル村。
こんなのが道端にいっぱい並んでたら、ギョっとしますよね↓↓)
c0338191_00511518.jpg
(↓↓ラールキラー前のラーム・リーラーグラウンド。
縁日のような屋台も一杯出て、一番盛り上がる大規模な
ラーム・リ―ラー劇会場です)
c0338191_00491520.jpg
同時期、ベンガル州やオリッサ州などではドゥルガー女神を
おまつりする③「ドゥルガープージャー」も
行われます。デリーだとベンガル州出身者が多い
チットランジャン・パークに沢山のドゥルガー女神の
臨時のお社(パンダル)ができ、毎夕そぞろ歩きがてら
各パンダルのドゥルガー像を見学して巡り、
会場近辺で外食して帰る・・・って人が多いです。

さて、9日間のお祭りですが、それぞれに「色」が
決まっています。それも毎年変わるんです。
女性はその日の色のサーリーを身につけて、お祈りをし
食事、神様へのお供えもその色にちなんだものを
作ります。

今年の色は
一日目 ロイヤルブルー
二日目 黄色
三日目 
四日目 グレー
五日目 オレンジ
六日目 
七日目 
八日目 スカイブルー
九日目 ピンク

そしてですね。この「今年の色」にまんまと乗せられて(!)
思わずサーリーを買ってしまいそうな広告を
うまいことサーリー屋さんがこの時期にぶつけてくるわけ。
c0338191_00145301.jpg
私の好きなサーリー屋さん、Nalliの広告ですが
女神様のイラストと色の持つ意味を合わせて
毎日小出しに波状攻撃(!)して女性の心を鷲掴み!

そうそう、この期間ヒンドゥー教徒は「菜食」なんですよ。

どうやらモンスーンも終わったらしいし
本格的にお祭りシーズンに突入ですね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-10-08 00:22 | インドの祝祭日 | Comments(0)

ムハッラム:イスラーム教の追悼の日

今年のムハッラム(ヤウム・アル・アシュラー:
ムハッラム月の10番目の日、の意)は9月21日。

ムハッラムとはイスラムの教祖ムハンマド(マホメッド)の
後継者争いで命を落としたモハメッドの孫・
三番目の導師とされるイマーム・フセインの追悼の日。
追悼という意味から、フセインを正統後継者と仰ぐ
シーア派は黒装束に身を固めます。
インドではシーア派の拠点都市、ラクノウーで
大掛かりにムハッラムのお祈りが行われます。
特にシーア派のムスリムは胸や身体を叩きながら
涙を流してモハメッドの孫フセイン・イブン・アリが
「カルバラの戦い」で亡くなったことを悲しむ日なのです。

カルバラ<現イラクの地方>で相対した敵は
ウマイド朝カリフ=太守のヤズィド1世の大軍で、
勇敢に戦ったフセインは家族や側近ともども
殉死してしまったのです。
この日はユダヤ教徒にとっては「モーゼがエジプトから
逃れて紅海をわたった日」でもあるそうで、
また同じムスリムでもスンニー派の人々は
断食をする人もいるのだとか。

また、この日はイスラム暦の一年の始まりの日。
太陰暦で祝祭日を決定するムスリム暦にあっては
移動祭日になります。
単純に「イスラムのお祭り」としか紹介されていないと、
お祝い事かと思ってしまうけれど、ムハッラムのように
「追悼祭」もあるから要注意。
断食あけのイードや山羊を犠牲に捧げるイードの日には
「イード・ムバラク・ホ」=イードおめでとう、なんて
声をかけあいますがこのムハッラム期間は追悼ですから、
「ムバラク(おめでとう)」とは言えないってこと。

今年はムスリム暦1439年目。この新しい年明けに
戦いや争いをすることは避けるべきとされていて、
紛争地帯でも休戦となることがあります。

お子さんが現地校に通っている場合には、21日は
休校、となるかもしれませんね。またお手伝いさんや
運転手さんがムスリムの場合には、この日はお休みが
欲しい、と言う可能性も。

ムハッラムが何の日なのか、知っておくと
スムースに対処できて良いと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-09-19 01:01 | インドの祝祭日 | Comments(0)

ラクシャー・バンダン(ラーキーのお祭り)

今度の日曜日、8月26日は姉妹が兄弟の健康・長寿を祈り
加護をお願いするおまつり、ラーキー。
女性は着飾って兄弟やいとこの家を訪れ、ラーキーを巻く
プージャー(お祈りの儀式)をして、お返しに
お菓子やお小遣いをもらう、というお祭りです。

ラーキーはヒンドゥー教のお祭りで、姉妹が
兄弟(または兄同然の男性や弟)の右手首に
ラーキーと呼ばれる紐を巻いて、自分のことを
守ってくれるように頼む行事。(子供用↓↓には
アニメキャラクターつきのものなどもあり、
大人用はホンモノの金銀入ったものもあります。)
c0338191_00584045.jpg
お祭りの由来はいくつかありますが、代表的なのは以下の二つ。
1)インドラ(帝釈天)は、アスラ(悪魔)に敗れ、
自分の国を取られてしまいます。
彼の師であるブリハスパティの教えにより、インドラの妻
シャチーは、来るべき戦いでの勝利を祈念して
インドラの手首に紐を結び付け、おかげで勝利をおさめ
これがラクシャー・バンダンの由来となったそう。
2)マハーバーラタ戦記の中で、シシュパーラの死後、
クリシュナは指から血を流したまま取り残された。
パーンダヴァの妻ドラウパディーは、絹のサリーを破き、
止血のためにクリシュナの手首に結びつけた。
これがラクシャー(保護)バンダン(結ぶ)祭の由縁。
(クリシュナ神のシンボル、孔雀の羽根がついた
ラーキー紐が売ってるのは2)の由来と繋がってるのね)
c0338191_01092280.jpg
男性はラーキーのお返しに姉妹に「お小遣い」や
「貴金属」や「サーリー」、お菓子などを贈ることに
なっています。
移動祭日なので、毎年多少の日にちのずれはありますが
大体8月に入ると、こんな感じでラーキー売り場ができます。
c0338191_00585943.jpg
兄弟だけでなく、従兄弟にもラーキーを結びますが
ラーキーを結んだ男女は兄弟関係となり、
恋愛の対象外になるので、好きな女の子から
ラーキーを結ばれてしまうと、それは
「あなたのことは兄弟同然に好きだけど、恋愛感情はないわ」
と宣言されたということ。がびーん・・・・

家族の絆を確かめる行事でもありますから、両親の家に
兄弟姉妹が全員大集合して、朝のプージャー(お参り)を
してからそれぞれがラーキーを巻き、お返しをし
・・・・・と結構な一大行事なのです。

大家族では女性がオシャレして集まり、嫁いだ先からも
兄弟にラーキーを結ぶために実家に帰省します。
(昔はこのお祭りを口実に、実家に帰ることが
できる、女性にとっては息抜きの日だったのかも。)
遠方に住んでいる場合には、ラーキーの日に
間に合うように、ラーキー紐を郵送したりも。
c0338191_01005133.jpg
あ、そうそう。先日尋ねられたので改めてご案内ですが
ドライバーさんや門番さんにお世話になっているから、と
ラーキーを結んだりはしませんよー。
いきなり馴れ馴れしくなられたら困るでしょ。
それから!ご主人様にも決してラーキーを
結んではいけませんよ。夫婦じゃなくて
兄弟関係になっちゃいますよ。

お母さんが息子にラーキーを結ぶのと
娘がお父さんにラーキーを結ぶのはOKです。
(パパは娘にお返しギフトを準備しなくては。)
インドのお祭り、郷に入っては郷に従えで
体験してみてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2018-08-24 01:07 | インドの祝祭日 | Comments(0)

インド独立記念日2018

1947年8月15日、インドは植民地支配から
独立を果たしました。毎年8月15日は
国民の祝日・・・・というわけで、グーグルの
トップ画像もこんな↓↓インドを象徴するデザインでした。
c0338191_23504488.jpg
独立記念日はお手伝いさんもドライバーさんも休みだし
ゆっくり寝られるかな~ と思いきや、息子が
「高校の音楽イベントに審査員として呼ばれているから
7時45分までに行かなきゃ。8時から国旗掲揚と
独立記念日式典に参加するから」とノタマウ。

ま、おかげでライブでモーディー首相の演説や
式典を観られました。
ラールキラー(デリー城)から群衆に挨拶する
モーディー首相。ちなみにヒンディー語ですが
演説全文書き起こしはコチラで。
c0338191_23505745.jpg
モーディー首相、とても演説がうまいので
思わず惹きつけられます。内容がイマイチわからなくとも
わかりやすいヒンディー語なので、あぁ、今
カシミール問題やインド北東部の問題を話しているな とか
ふむふむ、なんだか健康に関する新たなスキームを
発表したんだな、とか なんとなく理解できます。
何せ、ジェスチャーが大きくて言葉に抑揚もあって魅せられる。

演説後は正面の人文字で頑張った子供たちの中へ
入って行き、もみくちゃになってましたが、
国民に近い政治家、有言実行の人なんですよね。
今日発表したばかりのスキームも、早速9月25日に
施行されるそう。
c0338191_23505391.jpg
さて、朝から出身高校に出かけていった息子。
いつも大学に行くようなTシャツに短パンで
出かけようとして、私からもオットからも
ダメ出しされ、長ズボンに襟付きポロシャツに
着替えさせられたのでした。独立記念日式典に
カジュアルすぎる格好はダメやろ~。

学校から記念品もらって帰ってきましたよ。
中身はこんなの。
c0338191_00084425.jpg
マハートマー・ガーンディーの365日日々のお言葉
ミッタルティーのマサーラーティー。

日本は終戦記念日でしたね。
そして母の初盆、送り火の代わりにレモングラスの
線香を炊き、キャンドルを灯して見送りました。
母はきっと、我が家の愛犬ジャッキーに案内されて
デリーにも遊びに来てくれてたと思う。合掌

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-08-16 00:17 | インドの祝祭日 | Comments(1)

7月27日(金)はグル・プールニマー

インドはヒンドゥーの太陰暦に則って
移動祭日が多い・・・というお話をしましたが
今年のグル・プールニマー(師に感謝する日)は
7月27日、金曜日になります。
c0338191_01402336.jpg
夏、アーシャダー月の満月の日に
ヒンドゥー教徒、仏教徒が人生の「師」に
お参りし、教えを乞う日となっています。
人生の機微、生きる知恵を教えてくれた先生
進むべき道を示してくれた恩師への感謝を
捧げる日なんですが、広義で「先生」全般に
御礼をする日ともなっているので

インド古典舞踊を習っている人はその先生に
声楽をならっていたらじきじきの先生に
お届け物をして、御礼をのべ、をして
祝福を授けてもらうことになっています。

接足礼はヒンディー語で「チャラナ・スパルシュ」
と呼ばれ、両手で年長者や先生の足先を触って押し頂き
お返しに頭を触って祝福を受ける動作です。
インド人年長者の心を一発で溶かす威力のあるしぐさ。
c0338191_01402731.jpg
師=「グル」はサンスクリット語で
二つの語から成っており、グ=「暗闇、無知」
ル=暗闇を取り除くもの、を意味します。
普通は敬称のジー(さん、にあたる)をつけて
グルジーと呼びます。

はっ!私もいけばなの先生たちに
何か持って行かなくては。
はっ!!!そういえば今週お宅に呼ばれていて
軽く「その日は忙しいので行けません」と言ったけど
あれはグル・プルニマーのお誘いだったんだ!あわわ

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-07-26 01:46 | インドの祝祭日 | Comments(3)

インドのお祭りカレンダー(モンスーン~秋まで)

雨季に入り、今年も「オレンジ軍団」の
季節がやってきます。オレンジ軍団とは
シヴァ神巡礼の人々で、聖なるガンジス川の
水を運ぶ「カンワール」と呼ばれる人々。
詳しくこちらの過去記事をどうぞ。

今年は7月28日からが本番で、8月4日ごろ
デリーを通過する巡礼者の数が増え、
シヴ・ラートリー(シヴァ神の夜)の
8月9日まで渋滞個所が増えると思われます。
(特にNH24沿いは注意。NH8沿いでも
接待所ができ、徒歩巡礼者保護のため歩道が
ロープで区切られる箇所が増えます)

さて、カンワールが終わるといよいよ
お祭りシーズンに入るなぁ・・・・と実感します。
c0338191_02072310.jpg
デリー界隈を中心とした北インドのおまつり一覧ですが
ご参考までに。南インドのOnamとかベンガル地方の
ドゥルガープージャの詳細は入ってないので
ご了承くださいませ。

8月15日(水) 独立記念日
8月17日(金) パールスィー(拝火教)の新年
9月3日 (月) ジャナマーシュタミー
        (クリシュナ神生誕祭)
9月5日(水) Teacher's Day
9月13日(木) ガネーシャ・チャトゥルティー
9月21日(金) ムハッラム(フセイン殉教追悼の日)
10月2日(火) ガーンディー・ジャヤンティー
(建国の父・ガーンディー生誕祭)
10月19日(金) ダシャハラー(九夜祭)
(同じ時期にベンガル州ではドゥルガープージャ)
10月24日(水) ヴァルミキー生誕祭
10月27日(土) カルワーチャウト
        (ヒンドゥー教徒女性の断食日)
11月7日(水)  ディーワーリー
c0338191_00110593.jpg
・・・と主なものだけでこれだけ。
太字部分は官公庁・学校などの公休日です。
下線のある部分をクリックすると、過去記事と
リンクしていますので、それぞれのお祭りの
詳細を知りたい方はどうぞ。

これらの祝祭日は固定祭日の独立記念日と
ガーンディー・ジャヤンティーを除いて
「移動祭日」で、インド太陰暦に従って
毎年日にちが変わりますのでご注意ください。

お子さんが現地校に通っている・・・という
場合には、それぞれのお祭りにちなんだ
行事がてんこ盛り。ある日突然「明日は
〇〇〇のお祝いだからオレンジの服で登園」とか
「〇〇劇をしますから、〇〇姫の恰好で」とか
言われる可能性があるので、心の準備を。
Friendship Dayには腕輪の交換をしますし
Teacher's Dayには先生にお花をプレゼント
する子が多いです。

というわけで、俄然お祭りだらけになる季節。
お祭りにあわせたセールやメーラー(バザー)も
増えますから、何かとワクワクしますね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-07-25 00:19 | インドの祝祭日 | Comments(0)

ラマダーン(ムスリムの断食)明けはもうすぐ

先月から続いているムスリムの断食月ラマダーン。
他の国では新月が目視で確認できたので
6月15日にイード・アル・フィトル(断食明け大祭)を
お祝いするようですが

インドでは、本日は月を目視確認できなかったため
一日遅れて6月16日(土曜日)がイードになると
発表されました。
(・・・ってかね、このところPM10の数値が
999を振り切ってて、更にPM2.5も相変わらず
500前後なので、月も見えにくいのかな)

私も気になってSkyViewってアプリで確認してたんですが
見えませんでしたね~。

14日がChand Raatと呼ばれる「月を目視する夜」で
19時12分からデリーはジャマ―・マスジッドの
シャヒー・イマーム(最高指導者)がスタンバイ
していたそうですが、残念ながら20時25分になっても
月は見えず、最終的に21時10分に「デリーの断食明けは
6月16日」と正式発表になったのでした。
(ケーララ州では新月が目視できたため、15日がイード。)

ムスリムの祝祭日やまつりごとは全て
「ヒジュラ歴」で決まり、その暦は
実際の新月を目視確認できてから、ひと月が
始まる・・・・とされているので、行事日程も
月の目視ができないと、多少ずれたりします。
(ヒジュラとは「聖遷」の意味で、マホメットが
メッカからメディナに遷都した年をはじめとする暦。)
c0338191_01024972.jpg
うちの外回りをお掃除してくれる人はムスリムなので
デリーでのお祭りの日付は彼に確認するのが確実。
二人いるお手伝いさんは、一人がクリスチャンで
もう一人がヒンドゥー教徒なので、それぞれが
お休みをとる時期が異なります。

というわけで、第9の月:ラマダーンは明日までで
第10の月:シャッワールが明後日から始まります。

すべてのムスリム・ムスリマの友人たちへ。
Eid Mubarak
c0338191_01042899.jpg
今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2018-06-15 01:07 | インドの祝祭日 | Comments(0)

ホーリー間近

このところ一気に春めいてきた(というか
日中は半そででもOKな陽気の)デリー。
それもそのはず、もうすぐホーリー祭ですもんねぇ。
これを境に夏へと突入するデリー・・
今年のホーリー祭は3月2日が色かけ。

まずは前夜(1日夜)、ホーリーカを燃やし尽くす
焚き火をたくんです。
ホーリー祭当日(今年は13日)にはこういう色粉↓↓を
顔などにぬりたくってお祝いするんですがホーリーの日には
「白」い服を着るのが慣わし。
c0338191_01221793.jpg
私、ツラの皮は厚い(!)ですが皮膚が弱いので
この粉を直に塗られるとブツブツ発疹が・・・・・

最近はもっぱらオーガニックの色粉を使って
プージャー(お祈りの儀式)のあと、家族でちょちょいと
付け合う程度で、あとはお祭りが収まる午後14時ごろまで
完璧に引きこもっています。
(↓↓Organic Indiaという有名ブランドが出している
オーガニック色粉)
c0338191_01235686.jpg
お祭りの前から、ローカルマーケットに出かけると
屋上から水風船が飛んできたり、ご近所でも
いきなり子どもたちから水風船投げられたりするので、
一番苦手 というか 嫌い なお祭り。

ホーリー祭りの由来もいろいろあるんですが
代表的なお話はこちら。
『むか~しむかし。ある所に、自分の息子が
ヴィシュヌ神に傾倒し、熱心に参拝することをねたみ、
息子を殺害しようとたくらんだ傲慢な王様がおりました。
息子のプララダを殺そうと、色んな手を使っても
失敗ばかりで、とうとう自分の妹、ホーリーカを
刺客としてさしむけました。このホーリーカは
火中に身を投じても決して焼け死ぬことのない、
魔女だったんですって。
ホーリーカは王子プララダを招いて、共に火の中に
座ったところが、な~んとプララダは火にあぶられても
火傷ひとつせず、ホーリーカは焼け死んでしまったそう。
「ホーリー」はこの話に基づき、満月の夜に
大きな大きな焚き火を焚いて、悪を追い払うのです。』

幸いご近所ではあんまり過激な色を塗ったりする人は
いないんですが、場所によっては牛糞が飛んできたり
石を投げられたり、しばらく落ちないメタリック系の
色粉を顔中に塗りたくられたりという地域もあるんです~ 
やだやだ~。

ホーリーパーティを企画している団体もあって、
入場券を買って参加するんです。おやつと飲み物つき。
こういう企画ものはたいていファームハウス等でやるので、
プールがありまして。色粉を思い切ってつけられた挙句、
プールに落とされるというあんまり嬉しくない
シチュエーションが待っている。 やだやだ~

グルガーオンのマンション群では、住人のみが参加できる
ホーリーパーティーが催されているので、
インドらしいお祭りに参加してみたい方は体験しやすいですね。
ちなみにホーリー祭りに参戦するときに欠かせないのは
水鉄砲(ピチカーリーといいます)
c0338191_01275448.jpg
こんなのはまだ序の口で、背中に水たっぷり背負って
戦える(?)のも売ってますから。
ってかこれ、版権的にどうなの。笑
c0338191_01283811.jpg
じわじわと、酷暑期が近づいてきています。
暑いのにてんで弱い私、今から戦々恐々。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2018-02-23 01:31 | インドの祝祭日 | Comments(0)

シヴァ神大祭

日本はバレンタインデーに向けて、最後の追い込み中?。

インドのヒンドゥー教徒にとってはこの時期、
13日の夜から14日にかけてが「シヴァ神大祭」に
あたるので、準備に取り掛かっています。
(太陰暦に則って日にちが決まるので、毎年
プージャー:お祈りの儀式 の日時がかわります)
c0338191_00093184.jpg
実はシヴァ神にささげる夜のお参り(シヴァ・ラートリー)
は毎月あって、中でも年に一度、特に大々的に
行われるのが13日夜から、14日にかけての
マハー(偉大な)シヴァ(シヴァ神の)ラートリー(夜)と
称されているのです。
c0338191_00094734.jpg
マハー・シヴァ・ラートリーの言い伝えにはいくつか
説があり、1)シヴァ神がこの世を守るために毒を
飲み干した夜 2)シヴァ神が宇宙のダンスを踊る夜
3)シヴァ神とパールヴァティー女神が結婚した夜
というのが代表的。

どんちゃん騒ぎしてお祝いする・・・・と言うよりは
静かに内省し、シヴァ神を讃える人
断食をし、シヴァ神に捧げるお経を唱えて一日を過ごす人
夜通し起きて、お寺に詣でる人 
ヨーガをし、冥想する人 と様々です。
(↓↓シヴァ神の持ち物、三叉の檄に似ていることから
シヴァ神大祭のプージャーに使われるベールの木の葉)
c0338191_00092765.jpg
プージャー(お祈りの儀式)も正式には夜の間に
4回捧げるのが良いとされ、シヴァ神の信者たちは
自宅にお坊さんを招いて親族一同が集まって
決まった時間にプージャーをする、という人も。

今日うちに遊びに来たインド人マダムも、「明日は
シヴァラートリーだから、家でプージャーするの
あなたもいらっしゃい」って言ってましたが
夜更かし苦手な私には、夜を徹してのお祈りには
参加できそうにありません。
どんなことやってるのか、見てみたい気もする。

なんせ最近、寝る前の楽しみがオリンピックの
ハイライトシーンやフィギュアスケートを観ることなもんで
結局夜更かししてるんだけどね

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2018-02-13 00:09 | インドの祝祭日 | Comments(0)

2月、3月 デリー界隈の祝祭日

もう1月も終わりますね。デリーの冬もあとちょっと。
2月は北インドの結婚式シーズンも最終追い込み(?)で
吉祥日が二日あります。まずは11日(日)、そして26日(月)
いずれも「お日柄がよろしい」とされるので
結婚式の招待がこの日に集中します(特にヒンドゥー教徒)

そして、シヴァ神大祭(マハー・シヴァラートリー)が
2月13日(火)。この日は断食をするヒンドゥー教徒も
多く、また夜はシヴァ神を祀るお寺に詣でたりもします。
シヴァ神を本尊とするお寺は大混雑する日。NH8沿いの
大きなシヴァ神の像があるところも、大賑わいです。
(シヴァ・ラートリーの過去記事はコチラ
c0338191_01044498.jpg
3月頭には「色かけ祭り」、ホーリー。
3月1日がチョーティー・ホーリーと呼ばれる前哨戦
2日がホーリー本番です。ほんとに太陰暦って
よく出来てて、ホーリーのころはまだ肌寒いのに
お祭りが終わるとあっという間に暑くなりますよ。
(ホーリー祭の由来はココで)

春の九夜祭(ナヴ・ラートリー)の始まりは
3月18日。この日からヒンドゥー教徒は菜食期間。
25日はラーム・ナーヴミーでラーマ神の誕生日を
祝い、26日が九夜祭の最終日。
(去年のナヴ・ラートリー記事はコチラ
c0338191_01043997.jpg
3月31日はハヌマーン神の生誕日です。
学校が休みになるのは稀ですが(春休み中でもあるし)
ハヌマーンが祀られたお寺に詣で、断食をする人も。

というわけで、お子さんが現地校に通っている場合は
ホーリーの前に「カラフルな服で登園」とか
ナヴ・ラートリーのお参りをするので
クルターパジャーマーでとか、
前日に通達が来ることがあるので、備えを万全に。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2018-01-31 01:07 | インドの祝祭日 | Comments(0)

最新の記事

野菜卸売市場へ
at 2018-10-15 00:31
大気汚染と対峙
at 2018-10-14 01:02
揚げたてサモーサー!!
at 2018-10-13 00:55
ブラインドスクールのメーラー..
at 2018-10-12 00:51
話題のモール、話題のカフェへ
at 2018-10-11 03:09
モフモフ成分補充、仕事の合間に。
at 2018-10-10 00:26
インドで草月流いけばな・10月編
at 2018-10-09 02:54
九夜祭(ナヴラートリー)の九..
at 2018-10-08 00:22
エイプリル・コーネル、秋のセ..
at 2018-10-07 00:30
Hadippa(イェーイ!)..
at 2018-10-05 01:04

最新のコメント

Sugar Apple ..
by Ellie at 21:45
我が家にも同サイズのがあ..
by 猫ママ at 16:51
> 猫ママさん お~す..
by neelkamal at 01:02
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 01:01
カリーリーフ、売ってない..
by サントーシー at 23:42
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 01:01
スーパー30、以前こちら..
by 猫ママ at 20:23
バスの中ではライフル持っ..
by サントーシー at 17:31
> パークプレイスでお目..
by neelkamal at 18:49
> 蘆沙さん うははは..
by neelkamal at 18:48

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング