旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

es-breadドーナツの会!!

今日は久々にさっちゃん先生のパン教室へ。
アドバンスコースまで修了した人対象の
「お楽しみ会」企画で”ドーナツの会”。

なんと2時間で11人で10種類のドーナツを
作りましたよ~~。すごいわ。110個+α
c0338191_00214252.jpg
ちゃっちゃと準備して、順番に生地を捏ねたり
成形したり揚げたり・・・流石はコース修了者揃い
要領よく分担してドーナツ作りができました。

出来上がったドーナツが並んだところ。
c0338191_00242124.jpg
フレンチクル―ラーの間にマンゴーを挟んだり
アンドーナツやらイチゴミルク味やら、
さっちゃん先生のアイディアの泉が湧き出る湧き出る。

マンゴーアイシングをぬってスマイル柄を
各自仕上げる・・・・ってのもあり、私は毎年
食べたくて仕方ないミスドのハロウィンドーナツを
思い浮かべつつ、一人先生の言いつけを破って(!?)
パンプキン柄を描く。w
(おるよね~、こういう、ちょこっといらん事する生徒。)
c0338191_00281286.jpg
キャラメルアーモンドとシナモンシュガーのを
試食して、あとは全部お持ち帰り。
息子と一緒に美味しくいただきました。

月に2~3回「ドーナツ食べたい病」が
襲いくる私。イーストドーナツを自分で
作ってみたことはあったけど(↓↓自習分)
c0338191_00304346.jpg
ちゃんと作り方のコツを教わって、色々と
腑に落ちたのでした。また作ろうっと。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

↑↑↑昔作ったハロウィンクッキー。



[PR]
# by neelkamal | 2018-09-21 00:34 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

切ったり蒔いたり忙しい時期

インド料理レッスンで使うカレーリーフ
(カリーパッテ)、アウランガーバードの
友人宅からヒョロヒョロの赤ちゃん苗を
貰ってきたのが、2年目にしてようやく茂るように
なりました。(アウランガーバードの空港の
セキュリティーで「デリーにはカリーパッテが
ないのか?」と笑われたシロモノ。)
でも、背丈ばっかりが伸びて横に枝が張る気配が
ないので、思い切って剪定。
c0338191_00110960.jpg
切った部分ももったいないので、挿し木にチャレンジ。
増えたら・・・・と捕らぬ狸の皮算用中。w
c0338191_00115713.jpg
そろそろ葉物の種も蒔こうと、ほうれん草の種を
蒔いたら4日目でここまで出てきました。
c0338191_00130096.jpg
他にもダニアー(コリアンダー)やパプリカ、
水菜にルッコラを蒔いて順調に芽が出たので
大きな鉢に植え替えようと思っているところ。

そして。今年2月にいけばなのデモンストレーションで
使った紫のドラセナ(ドラセナ・パープル・コンパクタ)
c0338191_00160521.jpg
短い茎を土に挿しておいたら30センチほどに育ったので
8月のいけばなワークショップで刈り込んで使い
それから3週間弱でまた新芽がすくすくと。
c0338191_00163560.jpg
というわけで、「食べられるもの」と
「いけばなに使えるもの」優先の我が家の
バルコニーガーデン。

今日も「うちの紫蘇」をたっぷり使った巻きずしを
メヘンディーレッスンにご参加の生徒さんと一緒に
食べましたよ~。
ないものは作る、でゲームステージが上がる
インド暮らし。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
# by neelkamal | 2018-09-20 00:22 | インドの自然・植物 | Comments(0)

ムハッラム:イスラーム教の追悼の日

今年のムハッラム(ヤウム・アル・アシュラー:
ムハッラム月の10番目の日、の意)は9月21日。

ムハッラムとはイスラムの教祖ムハンマド(マホメッド)の
後継者争いで命を落としたモハメッドの孫・
三番目の導師とされるイマーム・フセインの追悼の日。
追悼という意味から、フセインを正統後継者と仰ぐ
シーア派は黒装束に身を固めます。
インドではシーア派の拠点都市、ラクノウーで
大掛かりにムハッラムのお祈りが行われます。
特にシーア派のムスリムは胸や身体を叩きながら
涙を流してモハメッドの孫フセイン・イブン・アリが
「カルバラの戦い」で亡くなったことを悲しむ日なのです。

カルバラ<現イラクの地方>で相対した敵は
ウマイド朝カリフ=太守のヤズィド1世の大軍で、
勇敢に戦ったフセインは家族や側近ともども
殉死してしまったのです。
この日はユダヤ教徒にとっては「モーゼがエジプトから
逃れて紅海をわたった日」でもあるそうで、
また同じムスリムでもスンニー派の人々は
断食をする人もいるのだとか。

また、この日はイスラム暦の一年の始まりの日。
太陰暦で祝祭日を決定するムスリム暦にあっては
移動祭日になります。
単純に「イスラムのお祭り」としか紹介されていないと、
お祝い事かと思ってしまうけれど、ムハッラムのように
「追悼祭」もあるから要注意。
断食あけのイードや山羊を犠牲に捧げるイードの日には
「イード・ムバラク・ホ」=イードおめでとう、なんて
声をかけあいますがこのムハッラム期間は追悼ですから、
「ムバラク(おめでとう)」とは言えないってこと。

今年はムスリム暦1439年目。この新しい年明けに
戦いや争いをすることは避けるべきとされていて、
紛争地帯でも休戦となることがあります。

お子さんが現地校に通っている場合には、21日は
休校、となるかもしれませんね。またお手伝いさんや
運転手さんがムスリムの場合には、この日はお休みが
欲しい、と言う可能性も。

ムハッラムが何の日なのか、知っておくと
スムースに対処できて良いと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2018-09-19 01:01 | インドの祝祭日 | Comments(0)

自分のために買ったもの

先日のジャイプルは仕事で行ったので、
お買い物はできないかも・・・・・とか言いつつ
ちょこちょこと合間を見つけてあれこれ物色。

ランチがてら必ず立ち寄るアノーキーの本店。
ここに行ったら他のものには目もくれず、まずは
一番奥のラックへ直行します。ここにね~
前シーズンのものとか、サイズが大きすぎたり
小さすぎたりするものとか、ちょっとした
プリントのズレがあるナプキンとか、掘り出し物が
あるんですよ。

今回もちょうど探していたクッションカバーが35%オフに。
両面使えるので雰囲気も変わって良いでしょ。
教室のダイニングテーブルの椅子用に、8枚あるだけ全部
買占めて来ました。
c0338191_23191241.jpg
こちらは4枚しかなかったけど、全部買占め。
表と裏の柄の表情が違って、可愛いですよね。
一時帰国のお土産にするから、お値段は非公表。
c0338191_23190398.jpg
それから、ブロックプリントのお店で気になる柄を
ふたつ、これもあるだけ全部買占め。
男の子用のクルター(インドの前立てつきスタンドカラーシャツ)
作ったら可愛いだろうな~と思って。
c0338191_23162340.jpg
そして。もうひとつ。ホワイトのカットワークの
ベッドカバーを買ったんですけどね。日本のとある
ネットショップで18,000円で売られているのを
見つけて、びっくり!!!
もう一回言うけど、びっくり!!! 10倍。

いや~~、まだまだインドの手仕事は
じっくり探せばお買い得なものだらけだわ、と思いました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2018-09-18 00:02 | インド雑貨 | Comments(0)

インドのかけら。

最近撮った写真の中から、このままお蔵入りさせるのは
忍びないものをいくつか。

①インドで花婿用の礼服に合わせる靴。エアーインディアの
マハーラージャー君が履いてるような、つま先がクルルンと
巻きあがった靴たち。これだけあると迷うわ~。
c0338191_01044561.jpg
この花婿の靴。靴を脱いで
結婚の儀に向かうわけですが、その間に
花嫁側の姉妹たちが「靴を隠す」というのが
お決まりのゲームになっていて、式が終わっても
靴がないから花婿はなかなか家に帰れない・・・・・
靴を返してもらうにはなにがしかのお小遣いを
渡さなくてはならないんです。
昔はこれが花婿さんと、姉妹となる女性たちとの最初の
やりとりの機会でもあったわけ。

②ネットでぐんぐん売上を伸ばしている布屋さんの
倉庫。ジャイプルの郊外にあり、インド国中から
集めた布やインド服、ショールなどを発送しています。
c0338191_01083286.jpg
これだけ綺麗に整理整頓されているところは
珍しい。働いている人たちも、若者が多く、
シャキシャキしてました。
かなり無理難題を押し付けたけれど
感じよく対応してくれて、注文した翌日には
グルガーオンのわが社の工場に布が届きました。

③家具工場の椅子部門。
c0338191_01115627.jpg
インドらしい模様、色使い、刺繍や織の布が張られた
椅子たち。この刺繍で地色はこの色で・・・と
注文すると作ってくれます。輸出用なので最低ロットが
決まっているんですけどね。素敵なのがいっぱいありました。


④レストランの鏡
c0338191_01311433.jpg
向かい合わせの鏡の中に鏡が映り込んで
不思議な空間が。

明日は休日、と思っていたら(敬老の日)
インドは通常運転、息子の大学もいつも通りでした。
アブナイあぶない。朝寝坊するところだった。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2018-09-17 01:27 | 青蓮日記 | Comments(0)

ガルタージー寺院群で大野君を思う

ジャイプル中心地から約10キロ、
オベロイ・ラージヴィラスに向かう途中
シソーディアの古都を左折すると、有名な
ヒンドゥー教の巡礼地、ガルタージー寺院群があります。

15世紀にここでガールヴという聖者が修業し
悟りを得た、とのことで16世紀になってジャイプルの
マハーラージャーが寺院を築いたんだそう。

アラーヴァリー丘陵地帯の谷間を利用して
色々な神様を祀る寺院が建てられ、谷間を流れる
湧き水を利用して「沐浴池」が数か所作られています。
c0338191_23410577.jpg
観光客の姿は少なく(ドイツ人、フランス人が
観光バスで来ていましたが)、ラージャスターン各地から
巡礼に来た人のほうが目立ちます。
なんでもここで沐浴すると、先祖供養にもなるし
赦しも得られるんだと。
c0338191_23411174.jpg
谷間を利用して作られているので、前門と裏門とがあり
(どちらが前でどちらが裏なのか定かではありませんが)
シソーディア側、車がないとたどり着けないような
場所から、お寺を巡りながら階段を登っていくと
メインのガルタージー・テンプルが↑↑↑あり、
沐浴池が数か所あります。

そのまま山道に作られた参道≪階段≫をたどると、
丘の上に出て、ジャイプルの街を一望できるんです。
(または街に近いガルタ門側から歩くと、丘の上に出て
それからガルタージーテンプル側に降りていくか。)

ね、この場所、どこかで観た覚えがありませんか??

嵐の大野くんが出てた、コレ。
c0338191_23461734.jpg
まさにこの寺院群でロケが行われたんですよね。
(こんなに色が綺麗じゃないけど)

メインのガルタージー寺院の全景は
エンドロールでも出てきました。ピンクで
囲んだ部分はCG合成ですけど。
c0338191_23462164.jpg
怪物くんが事件にまきこまれ、解決のために
「カレーの国」に行く、というお話。
松岡くんも川島海荷ちゃんも出てたし、
ドラキュラ役で八嶋智人さんとか、
ヴィシャール:上川隆也さん、
サニル:北村一樹さん、と濃い顔系の方々も。

嵐好きな方々にはロケ地巡礼(?)の対象場所に
なるんじゃないかしら。
ちょっとした山登りになるので、歩きやすい靴で
サルが山ほどいるから高崎山よろしく
「サルと目をあわせない、食べ物持たない
ポケットに手をつっこまない」などなど対策を。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2018-09-16 00:04 | 青蓮日記 | Comments(0)

孔雀のレインダンスの結果。

以前、孔雀の求愛ダンスの話を書きました。
ちょうど雨季にダンスをすることから、「レインダンス」
とも呼ばれる・・・・って記事。(過去記事はこちら。)

先日泊まったジャイプルのホテルでは
チェックイン時に孔雀がお出迎えしてくれて
ちょっと嬉しかったんだけど、
早朝(朝5時ちょっと前とか)から孔雀が
けたたましく雄叫びをあげ、ひゃ~~~!と
びっくりして飛び起きたりも。
孔雀って見た目の美しさと相反して、鳴き声は
すごくワイルド。

ホテルではセキセイインコも山ほど飼われていて
それがまた鳥小屋で朝から陽が沈むまで姦しい。
そんな中、朝ごはんに向かう途中で綺麗な
ピーコックを激写!孔雀のオスは本当に綺麗ですよね。
c0338191_00355017.jpg
そしたら、メス(ピーヘン)発見。しかも雛つれてる!
と思ったら、雛たちは茂みの中に隠れてしまいました。
子育て中のお母さん、子供を守るのに真剣なので
つかず離れず知らんぷり、のふりをしつつ観察。
c0338191_00361804.jpg
見てないふりしていたら、雛つれてすたこらさっさと
歩いて行きました。
c0338191_00373311.jpg
ちゃんと自分が盾になって雛を守りつつ
歩く孔雀ママ。
c0338191_00374143.jpg
この人は大丈夫、と思ってくれたのか
かなり接近しても逃げませんでした。
c0338191_00391869.jpg
それにしても。孔雀のオスはブルー、グリーンが
鮮やかで綺麗なのに、メスは茶系で地味。
頭の王冠(?とさか?)もメスにはないのかと
思っていたら、ちゃんとあるのね。

雨季にせっせとレインダンスして求愛し
愛の結晶が生まれるのがこの時期なんだ~~
孔雀の赤ちゃん(雛)、初めて見たわ
と、日々観察に精を出したのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2018-09-15 00:46 | 生き物万歳 | Comments(0)

ジャイプルから戻りました

小雨模様のデリーを出て、ジャイプルに着いたら
やはり霧雨のような雨が。
ラージャスターン州でもたっぷり雨が降ったようで
いつもはげ山(!)なエリアが緑が茂って綺麗でした。
アンベール城のお庭も、今まで見た中で一番
緑が綺麗だったかも。
c0338191_23450977.jpg
雨季に特によく見かける孔雀が、ホテルの庭にも
いっぱいいて、早朝から賑やかでしたよ。
c0338191_23451790.jpg
色々と雑貨の買いつけにいらしたクライアントのお伴で
日中はずっと走り回っていましたが、夜はゆったりと
こんな素敵なレストランでお食事。
お気に入りのBar Palladio、イタリア各地のお料理が
楽しめます。何せ内装がツボ。
c0338191_23482717.jpg
泊まったのはNarain Niwas Palace
こじんまりとした宮殿ホテルです。
何が便利って、ここの敷地内にジャイプルで
有名なブティック、セレクトショップやらレストランが
全て固まっているってこと。今回は外回りばかりで
ゆっくり買い物する時間がなかったですが
↑↑Bar Palladioもホテルの敷地内にあります。
c0338191_23585479.jpg
Narain Niwas Palaceはカーノーターという
ジャイプル近郊の街を収めていたタークル(領主)の
所有で、領主のジャイプルでの居城だった場所が、
現在ホテルになっています。サービスは昔ながらで
20年前のインドを思い起こさせられる感じですが
立地、インスタ映えの点ではばっちり。

昨日からジャイプルでも青空が見え始め、
ようやくモンスーンも終わりかなぁ、と思える
日々が巡ってきました。朝晩はずいぶん
凌ぎやすいしね。

さ、明日からお仕事モード全開に戻らねば。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2018-09-14 00:06 | 青蓮日記 | Comments(0)

リティック・ローシャン、スーパー30の先生になる

Super30(スーパーサーティ)を知っていますか?
来年封切りになる映画↓↓で取り上げられる
題材なので要点をご紹介しますね。話題作になること
間違いなしなので・・・・
c0338191_00023318.jpg

Super30は、2002年にビハール州・パトナで
始まった教育プログラム。母体の正式名称は
「Ramanujan School of Mathematics
ラーマヌージャン・数学学院」で、
アーナンド・クマールという数学者が運営しています。
c0338191_23584792.jpg
アーナンド・クマールさんは子供時代から
算数が得意で、その数学的センス・才能は
大学の先生も舌を巻くほどだったといいます。

彼自身、パトナ科学大学を卒業後、イギリスの
ケンブリッジ大学への入学を認められますが、
経済的理由で断念せざるを得ず、更に
郵便局員であった父親を亡くし一家の大黒柱として
働くことを余儀なくされます。

郵便局員の跡を継ぐこともできたのですが、彼は
「経済的に恵まれず勉学をあきらめざるを得ない」
子供たちのための数学学院を作ろうと思い立ちます。
自分のような苦渋を味わう学生をひとりでも減らすために。

スーパー30に選ばれる学生は、
人力車の車夫の子供・チャーイワーラーの子供
道端の木の下で営業する床屋の子供、
小作人の子供などで、優秀で勉学を続けたいけれど、
経済的に恵まれない学生たち。学費が払えないどころか、
日々の食事にも事欠くような学生を集め、
無料で授業をし・宿泊場所と食事を提供することから
始まったスーパー30プログラム。

開設当初、資金はクマールさん自らが裕福な家庭の
子供たちの家庭教師をして工面したり、母親が作る
パーパル(インド料理店などで出る香辛料入りの
パリパリ薄焼き煎餅)の行商を手伝ったりして
稼いだと言います。

宿舎と食事の心配をしなくて良い学生は、ひたすら
勉学に打ち込みます。
クマールさんの家族全員が一丸となり、更には
ボランティアで協力してくれる優秀な先生方も集まり、
スーパー30に選ばれた学生たちは
泥水に咲く蓮の花のように、大輪の花を咲かせ始めます。

インドで最難関と言われ、世界のトップクラスの
大学にも挙げられるIIT(インド工科大学)の試験に、
初年度から30人中18人が合格。
合格率60倍の大学入試に大して、この合格率は驚異的です。
《ハーバード大学の合格率が11倍、MITは8倍、
東京大学は約3倍》

次の年には30人中22人、その後も26人、28人と
合格者が増え続け2008年から2010年までの3年間は
30人全員がIITに合格するというすごい偉業を達成します。

世界中のメディアでも取材されているスーパー30ですが
「寄付金は一切いただきません」というのがポリシー。
運営費はラーマヌージャン数学学院に通う学生の
学費でまかなわれているので、それ以上のお金は
必要ないとのこと。
トタン屋根の学び舎に通ってくる学生の総数は1000人以上。
教室に入りきれない学生は、立ったまま授業を受けています。

これに反目する分子ももちろんいるわけで、
もっと学費の高い塾から差し向けられた刺客(!)から、
クマール氏を守るため警察の護衛が常に
二人ついているとのこと。

志高く正しいことを成し遂げる人を、
羨望と嫉妬・自分の利益がらみで邪魔しようとする輩が
いるというのは、なんとも憤懣やるかたない。

このYoutube画像で、毎年の合格者の数が
増えていくところで、かなりウルウル来るのですが、
最後のヒンディー語部分・アーナンド・クマールさんの
言葉で、涙腺ぶっちぎれな私です。
(前半もビハール州なまりのかなり強い英語ですが、
彼のひたむきさが伝わる25分強のプログラムです。観てね。)

そして、このスーパー30を題材とした映画がつくられ
なんとアーナンド・クマールさん役をあのかっこいい
リティック・ローシャンが演じるというので、どんな感じに
なるんだろう、と思っていたら、すっかり村の男性風に
なっています。流石は俳優さん、どんな人にでも化けるね。
(左がリティック、右がアーナンドさんご本人)
c0338191_23562706.jpeg
封切りは来年1月25日、私の誕生日の前日
=インド共和国記念日の前日
こりゃ絶対観に行かねば。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2018-09-10 00:04 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(1)

ローカルマーケットの風景

ジャナマーシュタミー(クリシュナ神の聖誕日)が
終わり、先生の日(9月5日)が終わり
12日はイスラム歴の新年が巡ってきます。

今日はうちのスーパーお手伝いさんのPちゃんが
朝、そーっと寄って来て「バハビジー(義理の
お姉さんのこと。お兄さんの奥さんのこと。)、
チュッティー(休暇)をいただけますか」と囁く。
すっかりPちゃんをあてにしている私は
心臓がバクバク、え~~~!!何か月休むの?と
思ったら、何のこたぁない、朝のお掃除が終わったら
グルガーオン在住のご主人のところに行き、
明日の夕方帰ってくるって。んも~~~~びっくりした。

私は私でジャイプル出張を前に、あれこれ雑事を
済ませにローカルマーケットへ。
ちょうどいい味出してる時計屋さんのおじさんを
見かけたので、ずっと止まったままの
時計の電池を換えてもらいました。
c0338191_01015384.jpg
ほら~~、職人っぽいオジサンでしょ。
80ルピーでまたお気に入りの腕時計が
時を刻みはじめました。良かった良かった。

マーケットを歩いていたら、こんなところで
熟睡しているワンコが。
この隙間にぴったり収まってるなぁ。
c0338191_01034218.jpg
頭にケンカ傷なのか、泥なのかついてますが
汚れじゃなくてうっすらとまだら模様があって
琉球犬みたいな毛並み。

それにしても今日も一日2回も雨に降られ
学校から帰ってきた息子は「バスから降りたら
水たまりだった」とスニーカーぐっしょぐしょ。
洗濯ものは乾かないし~~
湿気で体力奪われるし~~~
ジャイプルはお天気がいいといいな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2018-09-09 01:16 | 青蓮日記 | Comments(0)

最新の記事

es-breadドーナツの会!!
at 2018-09-21 00:34
切ったり蒔いたり忙しい時期
at 2018-09-20 00:22
ムハッラム:イスラーム教の追..
at 2018-09-19 01:01
自分のために買ったもの
at 2018-09-18 00:02
インドのかけら。
at 2018-09-17 01:27
ガルタージー寺院群で大野君を思う
at 2018-09-16 00:04
孔雀のレインダンスの結果。
at 2018-09-15 00:46
ジャイプルから戻りました
at 2018-09-14 00:06
リティック・ローシャン、スー..
at 2018-09-10 00:04
ローカルマーケットの風景
at 2018-09-09 01:16

最新のコメント

> サントーシーさん ..
by neelkamal at 01:01
スーパー30、以前こちら..
by 猫ママ at 20:23
バスの中ではライフル持っ..
by サントーシー at 17:31
> パークプレイスでお目..
by neelkamal at 18:49
> 蘆沙さん うははは..
by neelkamal at 18:48
ブログ発見(^-^) ..
by 蘆沙 at 17:56
なぜ貴殿はインドなのでし..
by うさみ at 19:06
うわぁ~これはご飯が進む..
by 猫ママ at 13:15
> H.R.さま うわ..
by neelkamal at 02:09
返信ありがとうございます..
by らら at 09:47

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング