旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

タグ:デリー生活 ( 671 ) タグの人気記事

私のベランダ菜園

ずっとブログを読んでいて下さっている方々には
有名(?)な我が家のポメロちゃん(ザボン)。
種から育てた箱入りっ子たちが、ベランダの
プランターですくすく育っています。
葉っぱも香り高いので、コブミカンの代用に
使えないかと、今度タイ料理で実験するつもり。笑
c0338191_23531863.jpg
そうしてこれもおなじみ、アウランガーバードから
空路連れて帰ってきたカリーパッタ。デリーでも
簡単に手に入るのになぜわざわざアウランガーバードから
運んできたのかって?しかも空港のセキュリティーで
さんざん笑われましたとも。友人夫婦がわざわざ
庭から収穫してくれたので、ありがたく連れて帰って
来たんですよぅ。
c0338191_23535221.jpg
そしてそして。苗を5株10ルピーで買って
プランターに植えておいたら、二株は氷雨で
やられ、残り3株がまぁ茂ること茂ること。
ここ1か月ほど、外側から収穫してはサラダや
サンドウィッチなどに活躍しているレタスちゃん。
c0338191_23560514.jpg
そして、春になり勢いが盛り返したトゥルシーさま
日本語で神目箒(カミメボウキ)、英語でホーリーバジル
サンスクリット語でトゥルシーと言う名の聖なる植物です。
c0338191_23593377.jpg
ヒンドゥー教徒、特にヴィシュヌ神を信ずる人々には
祭礼にも用いる大切なもの。家の中心部にこういう
専用の鉢に入れて植えるべきものなんですけどね。
c0338191_00011918.jpg
シソ科のトゥルシーは、アーユルヴェーダでも
数千年にわたり使われて来たんです。
抽出物はアーユルヴェーダの治療薬として、風邪、
頭痛、胃の症状、炎症、心臓病、様々の中毒、
そしてマラリアにも用いられるんだそう。
ハーブティーとして、粉末のままで、生の葉で、
ギーと混ぜてなど、伝統的に色々な方法で使われています。

我が家でも風邪で喉の調子が悪いときなど、
トゥルシーの葉っぱと黒コショウ粒とグル(黒砂糖)を
煮だした抽出液を飲んだりしていますよ。

というわけで、春まっ盛りな今、我が家の
ベランダ菜園も青々と茂っているのです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-17 00:10 | 青蓮日記 | Comments(0)

久々にストロベリーファームへ

お客様続きだし、野菜サラダをモシャモシャ食べたい!と
久々にストロベリーファーム(Tej Farmが正式名称)へ
行って来ました。まだまだストロベリーは沢山ありました。
色とりどりの可愛いミニトマトも。

いつも彼女と一緒に畑を歩いて、世間話しながら
収穫してもらいます。これはルッコラ部門。
c0338191_00253797.jpg
ちょっと前から「スナップえんどう」がほしくて
探していたんですが、ここにあった~~!
これをさっと塩ゆですると、チラシ寿司の彩やら
茶わん蒸しも見栄えが良くなるんですよね。
↓↓グリーンピース畑。
c0338191_00265940.jpg
一番嬉しかったのは、ずっと食べたかったフェンネルの
根元があったこと!(写真左上)これを薄くスライスして
かんきつ類と和えると、美味しいんですよ~
(って、フェンネルはちょっと癖があるので好き嫌いが
はっきりするかも。グレープフルーツとかザボンとの
相性が抜群です。ドレッシングはシンプルに、オリーブオイルと
酢と蜂蜜、塩、コショウで。)
c0338191_00320810.jpg
ミニトマトはどれも(緑も黄色も)甘くて
美味しかったです。先週氷雨に見舞われたりしたので
収穫に影響あったかもな~と思ったけれど、
大丈夫みたいでした。

暑くなったら葉物が品薄になるので、今のうちに
せっせと青物を食べておかねば~、そして
美味しいジューシーな人参もそろそろ終わりだから
冷凍の準備をしなくては~
・・・と日本だと全く必要ないような生活の知恵(?)が
ぐるぐる頭の中を駆け巡るのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-03-16 00:37 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

おもてなしの食卓・インド家庭料理編

1月からのインド料理レッスン、初級の部Aが
本日修了。毎回参加者の皆さんと、お料理を
作って、食べて、喋って。今日のお題は
パーラク・パニール(ほうれん草とインドカッテージチーズの
カレー)とアールー・キ・サブジー(ジャガイモカレー)。
そのほかにチキンカレーやサラダなど。
c0338191_01173464.jpg
私のこだわり、と言われればそれまでですが
お皿に取り分けたときの「いろどり」も考えて
レッスンメニューを組んでいます。和食器も使って
テーブルマットとのコーディネートにもこだわって。
ほうれん草ももうすぐ季節が終わっちゃうからね~
今のうちにせっせと食べておかねば。

というわけで、先日お客様がいらした時にも
パーラク・パニールが登場しました。写真に写っているのは
奥左からダール・マッカニ―(バターをたっぷり使った
インド小豆のカレー)、その右はバェンガン・カ・バルター
(丸ナスと玉ねぎとトマトのカレー)、
中央左手はサンバル(南インド風スープカレー、右手下の
イドゥリーという米粉を発酵させて蒸したパンとともに)
中央右手はいんげんと炒り卵のカレー、右下が
パーラク・パニールです。
c0338191_01201629.jpg
そのほかにも、付け合わせのマカロニサラダやら
サンバル(南インドスープカレー)とイドゥリー(蒸しパン)
とともに食べるココナツチャトニーや、ガンパウダー(激辛唐辛子)
手前の薄緑色のは辛さをマイルドにするダヒー(ヨーグルト)、
一番奥に見えてるのはチキンビリヤーニーです。
c0338191_01242084.jpg
お客様のときには大体こんな感じで、これはランチですが
夕食の場合には前菜としてチキン・マラーイー・ティッカやら
タンドゥーリ・チキンやら、マトン・カバーブやらで始まり
メインのカレーにお肉やエビのものが1~2品加わる感じ。

こんな感じで本帰国したあとも、インド料理で
お友達やご親戚をおもてなしできるように、と
レッスン内容を組んでいます。・・・とはいえ
暑さに弱い私なので、酷暑期はすたこらさっさと日本に
一時帰国しますから、次のレッスン開始は雨季になって
ちょっと暑さがやわらいで、凌ぎやすくなってから。笑

そうそう、食べ物ついでに最近一番びっくりしたのは
日本からのお土産でいただいたこれ。今まで見たことも
買ったこともなかったけど、インスタントみそ汁の具に
「殻つき」のアサリ貝がレトルトになってる!!

c0338191_01322389.jpg
そういえばアサリなんてすっかりご無沙汰だなぁと
有難くいただきました。春の味!
ホーリーを過ぎてもまだ肌寒くて、朝晩はフリースを
着ていますが、来週は本格的に暑くなる予報が出ています。
皆様、体調管理を万全に。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-03-15 01:38 | 食文化 | Comments(0)

会員制クラブ文化:IICとDGC

会員制クラブの前身であるフラタ二ティーとか
ドイツの兄弟団などはすでに中世からありましたが
それが近代風の「会員制クラブ」として確立したのは
17世紀だと言われます。特に産業革命以降は
女性も参加できる会員制クラブが増え、イギリスの
植民地であったインドでも、駐留イギリス人のための
有名なクラブが各地にできました。
(デリー・ジムカーナー・クラブの過去記事はこちら

いつも何らかのイベントでホールに行くことがある
インディア・インターナショナル・センター(IIC)も
会員制で、宿泊施設もあり、会員と宿泊客だけが
利用できるダイニングホールやラウンジがあります。
c0338191_00550326.jpg
IICは天皇陛下が皇太子時代1960年のご訪問時に
定礎式にご臨席なさったとのことで、平成25年11月の
ご来印の際にもお立ち寄りになりました。

前出のデリー・ジムカーナー・クラブと並んで
会員になるには50年待ち、と言われている由緒ある
ゴルフクラブが「デリー・ゴルフ・クラブ(DGC)」
敷地内にはいくつもの遺跡があるんです。
c0338191_00584957.jpg
一番有名なのはシャー・アラム2世のご母堂のお墓で
ラール・バングラーと呼ばれる遺跡が。
こちらは1780年建造ですが他のも大体同年代の建物ばかり。
c0338191_01122061.jpg

c0338191_00591790.jpg
フェアウェイはこんな感じで、芝生も緑、孔雀もいて
木々の緑も沢山なので、大気汚染のひどいデリーにあって
ここだけ空気が澄んでいる感じ。
c0338191_01020626.jpg
遺跡の前にはプールもあります。丁度プールを掃除して、
水をはっているところでした。
底にあるのはDGCのシンボルマーク。
ここにもラール・バングラーが描かれています。
c0338191_01131132.jpg
メインダイニングの他、バーと軽食ラウンジがあって
どこも何を食べてもはずれなし。しかも安い。
(しつこいようですが、お金持ちは
お金使わなくて良いようにできてるのね。)
c0338191_01084970.jpg
雨上がりで緑が更に綺麗だったDCG、
デリーの要人たちをここやジムカーナーでよく見かけます。
デリーの社交界の片鱗を垣間見れる場所なのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-14 01:13 | 青蓮日記 | Comments(0)

Happy Holi 2017

ホーリーを過ぎると一気に夏になる・・・と言われる
デリーですが、今年は2~3日前にヒマーラヤで
雪が降り、デリーでも春雨&雹の降る日があったので
気温がなかなか上がらず。
これでホーリーの水かけやったら風邪ひきそう。

一部の地方では3月12日にすでに色粉かけの
ホーリーが行われていますが、デリーでは
12日夜がホーリーカ・ダハンと呼ばれる
悪魔を焼き尽くす「焚き火」の日。
13日朝にプージャー(お祈りの儀式)をしてから
外に繰り出し、色粉・色水かけが始まり
14時ごろには終わります。
インドのお祭りの中で一番苦手なホーリー。

なので14時過ぎまで引きこもります。
色のおまつり、ホーリー気分を楽しむために
色とりどりのお花を活けて、玄関に飾り。
c0338191_01472015.jpg
ホーリー当日はバルコニーに干してる洗濯物に
色水や色粉をかけられても文句言えないので、
洗濯はすべて前日のうちに済ませました~。
(オットや息子が着ているものまで剥ぎ取って(!)
盛大に洗濯、お天気が良かったのでよく乾いて
気持ち良かった!!)
なんせ先週はアテンドで家事がおろそかになり
それでなくとも洗濯物がたまりまくっていたので。汗

ボリウッド映画にもホーリーのシーンが沢山出てきます。
これ、好きな歌だけどもう6年も前のだった~

रंगों की हो भरमार,
ढेर सारी खुशियों सेभरा हो आपका संसार,
यही दुआ है भगवानसे हमारी हर बार.

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-03-13 02:03 | インドの祝祭日 | Comments(0)

飲食・サービス業の見本市

デリーの見本市会場、プラガティー・マイダーンで
3月6日から6日間開催されていた
AAHAR :The International Food & Hospitality Fairへ
行って来ました。外食産業、ホテル業界にかかわる
すべての材料、機械機器、箱ものやらウェイターさんの
制服に至るまで、すべてが展示されています。
こんな感じのホールが全部で8つ。
c0338191_01234466.jpg
カップケーキ用の紙カップ、お弁当用の
プラ容器など、な~~~んでもあります。
デコレーションケーキ用のメレンゲで作ったお人形やら
シュガーフラワーなど、なんだインドにもあるじゃん。
c0338191_01235841.jpg
業者さん用なので、ブースには見本だけが置いてあって
最低ロットが5000個とか。あははは
即売しているものもあったので、マフィン型やら
計量スプーンやら粉篩いなどを買ってきましたが
小売価格よりずいぶん安かったですよ。

パッケージ専門店も。可愛い箱とか作ってもらえるけど
これまた最低500個~1000個。
c0338191_01292247.jpg
ちょっと欲しいかも、と思ったのは
この特大お弁当箱。ケータリング業者が
カレーを運ぶときに使うらしいです。
左端のはパーティー会場などで使われる
噴霧式の扇風機。気化熱でちょっと涼しくなるもの。
c0338191_01311287.jpg
なんと~~、こんなでっかいお鍋専門店があって
ホテルやレストランだけでなく、
グルドワーラー(スィク教のお寺)のキッチンでも
需要があるんだと。なるほどね~
c0338191_01341958.jpg
ちょっと冷やかし(!)のつもりで行ったら
時間が全然足りなくなって、おまけに最終日だったので
お片付けモードに入ってるブースも多く、来年は
初日に行くぞ~~!と思ったのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-12 01:40 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

その国で手に入るものを活かす

3月6日からアテンドしていた草月流の
デモンストレーションが大好評のうちに終わりました。
ITC Mauryaホテルのロビーに活けられた中作も
紅白の大振りの椰子の葉や、特大花器に活けられた
ダイナミックなお花たちが見事なスケールで、目を惹きました。
c0338191_02204891.jpg
実はこれ、骨組みを作るのが大変だったんです~
3メートル、2メートル、1メートルの長さの角材を
それぞれ8本ずつ、紅白に塗り分けていたものを
組み上げていくんですが、インパクトドリルがないので
いちいち大工さんのドリルで穴をあけ、そこに
スクリューねじをとめて行く・・・という手作業で。
c0338191_02233061.jpg
ようやく組みあがったのがこれ。広い車寄せのある
ファームハウスで作業させてもらったのでできましたが
あんたの家でやれって言われても無理だわ~
c0338191_02235248.jpg
これにでっかい椰子の葉をくっつけていくのは
ワイヤー留めで。おかげでワイヤー扱いが
ずいぶん上達しました。

メインテーマは紅白、草月流デリー支部創立50周年
そして日印友好協力年、日印友好60周年を記念する
寿ぎの色使い、でしたが、折しもインドは
カラフルな「ホーリー祭」の時期、というのもあって
そこからインスピレーションを得た作品もあり
色使いが綺麗なデモンストレーションでした。
c0338191_02293056.jpg
インドで豊富に手に入るヘリコニアを使ったアレンジも。
メビウスの輪のようにかかっているベージュの素材は
椰子の皮を晒したもの。赤い羽根に見えるのは
乾燥させて赤に色付けしたフェニックスの葉。
c0338191_20332136.jpg
その国で手に入る材料で、あなただけのいけばなを
楽しんでください、みんながハッピーになるような
いけばなを、との澤田先生のお言葉が印象に残りました。

ほんとそうね。インドでは生け花はできない、
欲しいと思う花材がないもの・・・・
なんていうのは言い訳で
Anyone can enjoy Sogetsu Ikebana anytime,
anywhere, using any material.
が草月のモットーなのでした。

皆さん、インドでいけばな、できるんですよ。
4月から新年度の会員登録(1年間有効)開始です.
草月のいけばなに興味がある方はぜひご参加ください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-11 02:42 | 芸術・文化 | Comments(0)

ありとあらゆる移動手段で

ワタクシのケータイ画面の最終ページ。
c0338191_01182544.jpg
Taxi for sure に Olacabs に Uber
そしてDRIKU と、いざという時のための
移動手段が集めてあります。

というのも私のドライバーさんは、去年お気に入りの
若くてハンサムで可愛がっていた彼が辞めてから
とりあえず、で一度引退したおじいさんドライバーを
週5日で雇ってあるんです。
ドライバー歴は長いものの、もう新しいことが
覚えられないみたいで、グルガーオンに行くと絶対
しっかりナビゲーションしないと行き過ぎる、
ずいぶん先まで行かないとUターンできない、の繰り返し。
千香子先生のおやつ新報レッスンやさっちゃん先生の
es-breadパンレッスンに行くのも、何度も行ってるのに
覚えられない。夜間の運転は怖くて任せられない

大事なお客様がいらして、夜のおでかけがあった日は
DRIKUでドライバーだけ雇って、うちの車で
安全安心に行って帰ってきましたよ。なんだかな~

先日は仕事の下見のためにヤムナ川むこうに
行こうと思って車を発進してから行先を伝えたら、
「マダム、そこは行ったことないからわからない」って。
c0338191_01260632.jpg
さっさとOlaを呼んで、1000ルピーほどでサクっと
仕事済ませて戻ってきましたよ。

今日も終わりの時間が読めない仕事だったので
行きだけ送ってもらって、さっさと会社に戻って
待機してもらい、私は帰路Olaで戻ってきました。
Ola車内にタッチパネルがあって、ちょっとした
動画や音楽を楽しめるようになってるんですが、
そこに”Hi Blue Lotus, here's some entertainment
for your ride."って名前が出て来て、上の方には
あと何分で目的地に着くかが表示されるように。
c0338191_01321367.jpg
いずれにしてもドライバーさんは3月末までの
契約になっていたので、もうこれからは
DRIKUとOlaで良いかなぁ、と思っているところ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-03-09 01:42 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

孔雀の求愛ダンス

今年度しめくくり、草月流デリー支部の3月月例会は
タイから澤田光游先生をお迎えして、ITC Mauryaで
草月いけばなのデモンストレーション。
日印友好交流年の記念イベントとして認定されたので
草月流デリー支部も張り切って皆様をお迎えします。
≪3月10日 10:30より 
ITC Maurya Hotel (Chaitya) にて。≫

今日はデモンストレーション用花材調達のため
南デリーのファームハウスへ。
こ~~んなフィッシュテールパームの花芽があったり
c0338191_01262891.jpg
こ~~んな背の高いブーゲンビリアやら
本当に枝ものがよりどりみどりな、
生け花をする人にとっては垂涎ものの環境にある
ファームハウス。
c0338191_01293504.jpg
そこで今日は一日外での作業で、ホテルの
ロビーに飾る中作のドリル、釘うちやら
ワイヤー留めをしておりました。

すご~~く背の高いコットンツリーがあって、家主が
「朝晩はここに寝泊りする孔雀が十羽くらい来るのよ」
・・・って話をしていたら、夕方になって、キタ~~!

まじめに求愛ダンスしている雄を後目(?)にメスは
あんまり興味なさそうで、ふられました。笑

いや~~いいもの見せてもらったわ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-03-08 01:39 | インドの摩訶不思議 | Comments(1)

ホーリー祭の由来

今年もやってまいりました~色かけ祭り、ホーリー祭。
これを境に夏へと突入するデリー・・・とは言っても
朝晩心地よい涼しさ、というか肌寒さなのでまだまだ
フリースも出しておかねば油断禁物な気候ではあります。

まずは前夜(12日夜)、ホーリーカを燃やし尽くす
焚き火をたくんです。
c0338191_00212852.jpg
ホーリー祭当日(今年は13日)にはこういう色粉を
顔などにぬりたくってお祝いするんですが
ホーリーの日には「白」い服を着るのが慣わしで、
まぁ、カラフルに染まるわけですよ。

でもね 私、ツラの皮は厚い(!)ですが皮膚が弱いので
この粉を直に塗られるとブツブツ発疹が・・・・・
なので、最近は米粉と混ぜて、マイルドカラーにしたものを
家族でちょちょいと付け合う程度で、あとはお祭りが収まる
午後14時ごろまではワタクシ、完璧に引きこもります。
(↓↓花びらを粉にして作ったオーガニック色粉)
c0338191_00290962.jpg
それでなくともこのお祭りの前から、ローカルマーケットに
出かけると屋上から水風船が飛んできたり、
ご近所でもいきなり子どもたちから水風船投げられたりするので、
一番苦手 というか 嫌い なお祭り。

ホーリー祭りの由来もいろいろあるんですが
代表的なお話はこちら。
『むか~しむかし。ある所に、自分の息子が
ヴィシュヌ神に
傾倒し、熱心に参拝することをねたみ、
息子を殺害しようとたくらんだ
傲慢な王様がおりました。
息子のプララダを殺そうと、色んな手を使っても
失敗ばかりで、とうとう自分の妹、ホーリーカを
刺客としてさしむけました。
このホーリーカは火中に身を投じても決して
焼け死ぬことのない、魔女だったんですって。
ホーリーカは王子プララダを招いて、共に火の中に
座ったところが、な~んとプララダは火にあぶられても
火傷ひとつせず、ホーリーカは焼け死んでしまったそう。
「ホーリー」はこの話に基づき、満月の夜に大きな大きな
焚き火を焚いて、悪を追い払うのです。』


幸いご近所ではあんまり過激な色を塗ったりする
人はいないんですが、場所によっては牛糞が
飛んできたり石を投げられたり、しばらく落ちない
メタリック系の色粉を顔中に塗りたくられたり
という地域もあるんです~ やだやだ~。
c0338191_00280811.jpg
ホーリーパーティを企画している団体もあって、
入場券を買って参加するんです。おやつと飲み物つき。
こういう企画ものはたいていファームハウス等でやるので、
プールがありまして。色粉を思い切ってつけられた挙句、
プールに落とされるというあんまり嬉しくない
シチュエーションが待っている。 やだやだ~

今年はホーリー時期に国外脱出を企てていたんですが
よく考えたら息子の学年末試験のまっただ中。
というわけで、今年はがっつり家の片づけに精出そうと
思います。
グルガーオンのマンション群では、住人のみが参加できる
ホーリーパーティーが催されているので、インドらしい
お祭りに参加してみたい方は体験しやすいですね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-03-07 00:36 | インドの祝祭日 | Comments(0)

最新の記事

インストラクター修行中よ
at 2017-04-29 01:21
夏の結婚式・その2「メヘンデ..
at 2017-04-28 01:04
5月11日に会いましょう
at 2017-04-27 02:47
車の売買のこと、排気ガス規制..
at 2017-04-26 01:46
一時帰国前の冷凍・冷蔵庫一掃..
at 2017-04-25 00:57
パンランチ
at 2017-04-24 01:58
夏の結婚式・その1「婚約式」
at 2017-04-23 01:30
23日はデリー市局の選挙です
at 2017-04-22 04:02
自分の身を守る その3 女性..
at 2017-04-21 02:15
インド頭脳の流出
at 2017-04-20 00:33

最新のコメント

青蓮さん、たとえなにがあ..
by Lunta at 07:36
> chipkhanaち..
by neelkamal at 00:28
長老と直接お話ができる機..
by chipkhana at 05:55
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:37
22,23日がドライデー..
by サントーシー at 00:10
ビンテージ仲間!!うれし..
by ジャスミン at 21:04
> ジャスミンさん♡♡ ..
by neelkamal at 16:04
はじめてコメントします。..
by ジャスミン at 11:30
> filmingind..
by neelkamal at 17:04
> Luntaさん わ..
by neelkamal at 17:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング