旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

タグ:インド結婚式 ( 11 ) タグの人気記事

夏の結婚式・完結編

花嫁側で招待されていた結婚式その2。
2週間前に行われたリング・セレモニー(婚約式)と
結婚式の間にあと2つの儀式があり、
そのうち一つは「ヴァイシュノー・デーヴィーの
女神に感謝する儀式」(パンジャービー出身者の家では
地鎮祭や棟上げなどの際にも同じ女神へのプージャー・
祈りの儀式が行われます)
もう一つはレディース・サンギ―ト&メヘンディー。

どちらも花嫁の自宅で、屋内+屋外にテントを張って
ビュッフェ形式で・・・・とわかっていたので
ぶっち しました。この時期、屋外でのプージャーだし
連日参列していたら、絶対に熱中症で寝込む自信が
あったので。なんせもう一軒、花婿側で招待されていた
結婚式一連の行事とあわせると、怒涛の2週間でした。

その一連の行事の最後、結婚式。
3時間近くかけて、州境をこえてUP州へ。
会場はこんな感じの、結婚式場。
c0338191_00484537.jpg
招待客が入るとこんな感じ。画面に写りきって
いませんが、右奥にスナックコーナーがあって
アールー・ティッキやらゴールガッパやら
ピザ、フルーツチャートなどなどとドリンク類が。
左手一帯にはディーナービュッフェがありました。
c0338191_00485033.jpg
お客様がある程度揃った頃合いに、花嫁側の家族と
親族とが総出で入口でお迎えして、花婿入場。
c0338191_00485731.jpg
取り囲んでいる女性たちは花婿の姉妹・従姉妹
おばあちゃんたちなど。細かいチカンワークの
シェールワーニ―(長いチュニック式詰襟ジャケット)と
ベビーピンクのターバン姿。

花婿登場から1時間ほどして、花嫁が入場。
花で編まれた頭上の覆いは、花嫁の兄弟や従姉妹が
四隅をかつぎ、花嫁には仲良しの友達が付き添います。
c0338191_00490408.jpg
この花嫁衣裳はパンジャービー風(北インド)。
花嫁衣裳も結婚のしきたりも、地方により
がらりと変わります。

いや~~、身内びいきって訳じゃないけど
この花嫁さん、ホントに綺麗だったの。
上品で、綺麗で、うっとり魅入ってしまいました。
c0338191_00491065.jpg
体力勝負だなぁ・・・と思っていた夏場の結婚式が
ようやくひと段落。夜遅くまでの儀式にそなえて
昼寝する→→昼間作業ができない→→家事が
滞る→→夜ふかしして家事を済ませる→→息子のお弁当作りで早起き
→→朝、息子を送り出して二度寝してしまう
・・・という無限ループから抜け出し、シャキっと日々を送らねば~~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-05-07 01:21 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

夏の結婚式・その3「結婚披露宴」

先日メヘンディーの集いに参加したご家族の
(花婿の祖母にあたる方が招待して下さった)
結婚披露宴がデリー中心部、ITC Mauryaホテルの
Kamal Mahal Hallで催されました。
色々考えた結果、暑い時期とはいえホテルの
バンケットルームでのパーティーだし、
デリーの社交界を垣間見るまたとないチャンスだし
・・・・と着物で参列しました。

20:00から、と招待状に書いてありましたが
21:00ごろ到着して丁度良い感じ。
着物に興味を示して、話しかけて下さる方も多く
はたして逆に、日本でサーリー姿の人を見かけたときに
「素敵ね」「とってもお似合いよ」「この模様は
どんな意味があるの?」「素材は何?」って
話しかけることができるだろうか・・・・って
考えてしまいました。

パーティー会場はこんな感じ。もはや花婿花嫁が
どこにいるのか遠すぎて見えない。
c0338191_00532478.jpg
結婚式はすでに前日済んでいたので、この日は
披露宴のみで、新婚カップルもじっと雛壇に
座っているのではなく会場を回遊(?)していました。

前の方の円卓は長老クラスのお姉さま方。
c0338191_00533207.jpg
ITC Mauryaといえば。沢山の有名レストランが
入っていますよね。ビュッフェもそれらのレストランが
軒並み腕をふるっていましたから、美味しかったです。
Dum PukhtとかBukharaとかTian Asian Cuisine Studioとか。
私はTianのタイグリーンカレーとパッタイがあったので
専らそれを。笑
c0338191_00534014.jpg
着物は結婚の場にあわせて、夫婦和合をあらわす
貝桶(貝合わせ)柄ので。帯は亀甲文様。
帯を結ぶのに手間取り、家を出るまでに
無駄な汗をかいてしまいました。汗
着付けのツッコミどころはいろいろあれど、
まぁ他に日本人ゲストがいかなったから、いいやね。
c0338191_00534454.jpg
いやいや、まさかインドでこんなに着物を
着ることになろうとは、予想もしてませんでしたよ。

夏の結婚式、あとひと家族分、
レディースサンギ―ト(花嫁の親族、女性の友人が
集まって歌い踊る)と結婚式が残っています。
結婚式、参列する側もほんと体力勝負。ガンバレわたし。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-05-01 01:11 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

夏の結婚式・その2「メヘンディー」花婿側

あっついですね~。もうほんと、毎日ダラダラ
たれパンダですよ。
そんな中、力を振り絞って(!)結婚式前の
イベント、メヘンディー&ランチに行ってきました。
今日のは先日のとはまた違ったご家族の、
花婿さんのママとおばあちゃんと従姉妹たちが主催の
デリー中心部の大邸宅で開かれるもの。

え~~、この暑いのにガーデンパーティーか・・・と
行ってみたら、なんといつもの車寄せの前庭が
がっつり壁でおおわれ、冷房のきいた会場になっていました!
なんでもありだな、インド。
c0338191_00332621.jpg
会場に入ったらすぐに、巾着バッグとパールのついた
キーホルダーが準備されていて(青い矢印のところ)
お好きなのをどうぞ、って。
お次はお好きなバングル(チューリヤーンと言います)を
両手にジャラジャラつけてもらって。
c0338191_00355498.jpg
会場内は音楽が流れ、女性たちが華やかに着飾って
そりゃもうきらびやか。メヘンディーの集いで
これだったら、結婚式はいったいどれだけ派手なの~!
c0338191_00360002.jpg
5人配置されたメヘンディーを描く女性たち
みんな上手でした。あれこれと無理難題を
ふっかける(!)インド人女性のリクエストに応えて、
だから大変よね。
c0338191_00330943.jpg
調度品もインテリアも素敵な、いわゆるイギリス統治時代の
重厚な邸宅で、家の中を通り抜けてお庭に出たら、
こちらにも第二会場が設定してありました。
いつもは木陰にガーデンチェアがあって、
お茶をいただいたりしているところなんです。
c0338191_00333358.jpg
インド女性が大好きなゴールガッパ(パ二プリ)やら
バッラーパープリーなどのスナックにはじまって
ミニドーサや各種カレー、食べきれないほどいっぱい。

メヘンディーを描いてもらって喜んで帰ってきましたが
私、結婚式には着物で参列するつもりなんだった。
ま、他に日本人がいないから、いいか~!
いただいたお土産を眺めてにんまり。
c0338191_00423449.jpg
でね、写真見てたらお気づきかと思うんですが
今シーズンはピーチピンクとミントグリーンを着てる人が
やたら多かったですよ。よし、ピーチカラーの着物と
ミントグリーンの帯揚げ帯締めで行くか。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-04-28 01:04 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

よりによってこんな時に

今日は独り占めしておくには勿体ないネタ共有。

よりによってこんな時に! ってことがありませんか?
私は自分の結婚式にちょっとでも綺麗になろうと
目の周りに美容液を塗ったくったら、成分にまけて
二重の目が一重になったことがあります。
それでなくとも面の皮は厚いが、お肌は弱いのに~

去年、チャンディーガル(ハリヤーナー州と
パンジャーブ州の州都がおかれている所)での
宝石業界の結婚式に招かれ、花婿側の長老から
「着物で参列して」とのリクエストがあったんですよね。
う~~わ~~~、そんなこと想定してなかったから
着物に詳しい友人にあれこれアドバイスもらって
着付けの練習にも付き合ってもらって、なんとか凌ぎ。
祖母が持たせてくれた着物が、奇しくも
インドカラー(緑・オレンジ・白)だったのでこれ幸いと。

なんせチャンディーガル(デリーから車で4時間北上)
ですから、友人はおろか、日本人にも遭遇しないし
着付けは自分でやるしかない!とすべてのお道具を
並べて、足袋を履いて、草履に足を入れたとたんに

草履の底がとれました。

よりによってこんな時に~~!!
災難なのはオット。底がとれた草履を手に見知らぬ街で
ローカルマーケットめぐりをし、Feviquick(瞬間接着剤)を
買い、靴の修理屋さんを探して小さな釘(!)で
草履の底を打ちつけてもらって帰ってきました。
ごめんよぉ~~~(↓釘打たれた草履。笑)
c0338191_00200713.jpg
この苦い経験をもとに、夏の一時帰国では
草履を新調、実家に置いていた着物も帯もインドに
持ってきましたから~。汗

そして先月のメヘンディーナイト(結婚式前日イベント)で。
右端が私です。花嫁の母役を仰せつかっていたので
ド派手なインド服。
c0338191_00195335.jpg
前日に最終確認したときに、花嫁から
「チュールレースの下のスカート部分がちょっと皺が
目立つから、アイロンしたほうがいい」って
言われてたんですよ。

ヘアメイク終わって、さぁ着替える前に
アイロンでも・・・・と思い
アイロンをあてたとたんに

ジュッ・・・・
溶けた。

ぎゃ~~~!!ぽっかりアイロン型の穴が開きました。
アイロンには溶けた布がどろどろにくっついてる~
シルクだと思ったのに、化繊だったのね~~!!き~~!!

お化粧してチョーリー(ブラウス)着て、下は
ジーンズのままで、ちくちく針仕事。
なんとかごまかし、無事お役目終了。

一人で思いだし笑いするには勿体ない、と
草履の話は友人たちに披露したら、意外とみんな
あるあるで、履いた瞬間に底がとれた経験は
あちこちから出てきました。ホッ

みんな言わないだけで
よりによってこんな時に~! って経験は
あるに違いない。ね、そこのア・ナ・タ!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村






[PR]
by neelkamal | 2016-12-13 00:33 | 青蓮日記 | Comments(0)

花嫁の母の衣装

本日からはじまった旧高額紙幣の交換、
どの金融機関も長蛇の列ではありましたが、
概ねスムースに交換が行われたようです。
2000ルピーの新札と、100ルピーがとりあえず渡されたそう。
銀行によってはお札が足りなくなって交換できなかった所も
あったそうですが、まぁ平穏に初日が終わった感じ。

旧高額紙幣のニュースに押しやられて、
結婚式の話が後回しになってましたが・・・
(今日会った友人から「早く結婚式記事の
続きを読みたい」と言われまして。笑)

母親代理としてお役目を授かった今回の結婚式。
全ての行事に見合うように、
思いっきり派手なインド服を買って来なさい、と
花嫁の父からお達しがあり、私がセレクトしたのは
金色に淡いグリーンとゴールドのスパンコール刺繍がある
レヘンガー(ロングスカート、丈の短いブラウスと
ショールの三点がセットになったインド服。主に
独身女性が着用しますが、寿ぎの場では誰が着てもOK)
c0338191_01121756.jpg
日本人感覚だと思いっきり派手だと思ったんですが
関係者一同から満場一致で却下されました。
地味だって。あ~~~~れ~~~~~???
花嫁より目立っちゃいかんでしょう・・・と
思ったんだけど、どうやらそれは気にしなくて良いらしい。
え~~、せっかく買ってブラウスも誂えてもらったのに
どうすんの、これ?って聞いたら「他の誰かの
結婚式にでも着て行けば?」だってさぁ。

婚約式には着物で、とリクエストされていたので
これどうかなぁ、おめでたい模様なんだけど、と
見せてみました。
c0338191_01142714.jpg
これも下地が白っぽくて地味だって
却下されました。あ~~~れ~~~??
「花嫁の母(役)はもっと張り切って派手にしなくちゃ」って。

スイッチ切り替えて、選んだ着物はこれ。
茄子紺に派手な模様入り。姐さん、出陣ですぜ。
参列者に他に日本人がいなかったから大目に見て。笑
c0338191_01165220.jpg
翌日のメヘンディーナイトは「パンジャービー」の
母スタイル、って言われていたので、最近はやりの
レヘンガー(ロングスカート)にアチカンという
コートみたいな長いジャケットを重ね着したインド服。
オープニングで踊るから、って袖は取ってもらったんですが、
この夜はノースリーブじゃちょっと寒かった。
c0338191_01221243.jpg
そして、結婚式の日は黒っぽい金襴緞子地のレヘンガー。
花婿行列を式場の入口で迎える大役なので、
いくら派手でも良いって言われました。
↓↓白馬にまたがった花婿と、親戚一行が
踊りながら入口まで移動するのを待つ花嫁側。
真ん中にいるのが私です。腹まわりが太いのは見逃して。
c0338191_01364276.jpg
いくつになってもキラキラ綺麗な洋服を着られるのは
楽しいわね~、と満喫した日々でした。

ちなみに花嫁・花婿ともに海外企業に勤めていて
海外経験もあることから、こってこての
インド風はメヘンディーナイトのみで、
リングセレモニーも結婚式当日の会場デコレーションも、
ソフトトーンで今風でしたよ。婚約式でのオシャレな二人。
c0338191_00341289.jpg
フォトグラファーも会場や双方家族が頼んだ人に加え
ウェディングフォト専門の女性フォトグラファーが
一人いて、この写真は彼女の作品です。

少しずつ、インドの結婚式事情も変わってきているなぁ
・・・と感じた貴重な経験でした。
忘れないうちにいつ、何が必要かメモしておかなくちゃ
(って、次に役立つのはいつ???)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-11-11 00:45 | インドファッション | Comments(2)

インド結婚式:花嫁側の儀式

・・・・・・むくり。

結婚の儀が終わって家に戻ったのは
朝の4時を回っていました。チヤタルプルの
ファームハウスから戻るときにも、あちこちで
花火が上がっていたので、沢山の花嫁さんたちが
花婿の家に向かって行ったのだと思います。
(花婿がお式の会場に登場したときと、花嫁が
婚家に連れて行かれるときに花火があがります)
ねーーーむーーーーいーーーーー。
取り急ぎ結婚の流れをダイジェスト版でお届けします。

初日はリングセレモニー。いわゆる婚約式で、
両家の親戚縁者の顔合わせとギフト交換を
兼ねています。この日は日本人らしく着物で
それもインド人ウケしそうな派手なので参列し
広いファームハウスをあちらこちら動き回ったので
草履が芝生だらけになっていました。

2日目朝は花嫁の「メヘンディー」。手足にびっしり
吉祥文様を施します。花嫁の自宅にブライダル専門の
メヘンディーワーラーが2人やってきて、細かい模様を
下描きもなしにすいすい描いていくのを
間近でうっとり眺めていました。
c0338191_01384646.jpg
これが手の表裏と足にびっしり。私の好きな
ロータス文様も入っています。
c0338191_01383712.jpg
メヘンディー・ナイト&レディース・サンギ―トは
伝統的なパンジャービーの歌を歌い、踊り
ゲスト(花嫁側)もメヘンディーワーラーに
メヘンディーを施してもらいます。
この日はとにかく「カラフル」に、会場デコレーションも
沢山のマリーゴールドを使って華やかに。
c0338191_01385649.jpg
3日目、いよいよ結婚式当日は花婿側、花嫁側
別々に「ハルディー・プージャー」が行われます。
お供え物はこんな感じで。
c0338191_01391640.jpg
このプージャーには主に花嫁の友人たちが招かれ
それぞれハルディーを練ったものを花嫁に
ぬりたくり(!)ます。アメリカから参列した
親戚が、この儀式が一番面白かったって。

夕方から花嫁はブライダルメイクアップへ。
c0338191_01463254.jpg
結婚式会場の入口はこんな感じ。
ソフトトーンでソフィスティケートされたデザインで
というのが花嫁のリクエストだったので、式場も
かなり苦労したもよう。淡いピーチカラーと
白とで統一されていました。
c0338191_01502852.jpg
最終的に両家の食事が1時近くから始まり、
(私はちゃっかり自分の食べたかった
Chinese Wok、Italian、Lebaneseの
ライブカウンターであれこれ作ってもらって
食べ終わってましたが。笑)
結婚式の儀式はファームハウス内のこんな会場で。
c0338191_01503456.jpg
ここでプージャーのあと、火の回りを
7回回って結婚の誓約をたて、晴れて二人は
夫婦となったのです。花嫁がお父さんと別れるときに
思わずもらい泣き。

朝帰りしたのって何十年ぶりだろう。
家に戻ってからもアメリカからのゲストを空港に
送りに行ったり、明日帰る人をお土産ショッピングに
連れて行ったりと、まだまだアタフタしていますが
来週にはいつもの日常が戻るかな。
(いつもの日常も落ち着きないやんけ、とつっこまないで。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2016-11-08 02:07 | 青蓮日記 | Comments(2)

三日三晩続く結婚の儀式、開始。

この週末は縁起の良い日が続くので、インドでは
今季の結婚式シーズンがいよいよ本格的に始まります。
6日、日曜日に結婚式によばれている・・・という
インド在住邦人も多いのではないでしょうか?

我が家でもパンジャービー式の結婚式の儀式参列が
いよいよ金曜日からスタートします。

初日は「サガン」と呼ばれる婚約式。
両家の顔合わせ、ギフトやお祝い金の交換が
行われる日。親族の顔合わせと指輪交換などが終わったら
カクテル&ディナーが続きます。
私は日本人らしくこの日は着物で参列。
インド人好みの派手目な着物にあわせる帯は
きものの大師匠、清野さんに選んでいただきました。
清野恵理子のきものの楽しみ帯遊び

儀式2日目の土曜日はレディース・サンギ―ト
&メヘンディーナイト。
花嫁はこの日の午前中にメヘンディーを手足にびっしり
施し、夕方からは女性側の親戚・友人を招いて
ともに歌って踊ってお祝いし、メヘンディーワーラーを
雇って参加者もメヘンディーを施してもらう日。

この日は歌って踊ることになってるんですが
もう一つの私に与えられたお題は「パンジャービースタイル」

ってことで、まずは見た目から。インド服にあわせて
髪の毛をながーい三つ編みにするために、つけ毛をば。
パランディーと呼ばれるそのつけ毛を早くから準備しておけば
良いものを、今頃になって慌てて探す始末。
ようやくなんとか希望の色の飾りのついたのを見つけました。
c0338191_02095188.jpg
おまけにパンジャービーの女性が結婚の歌を歌うときに
お決まりの鳴物が「ドールキー」と言う
小さ目の太鼓。よくあるドーラク(両面太鼓)よりも
二回りくらい小さい女性サイズになっています。
音も高めで可愛いの。
マイ・ドールキー持参で参列します。あはは
c0338191_02074811.jpg

3日目はいよいよ結婚式・・・ですが
花嫁側、花婿側はお式の前にそれぞれ別途、
儀式があるんです。女性はチューリヤーン(腕輪)を
つける儀式やら、男性はターバンを巻いてセヘラーという
顔の前に下がる飾りをつける儀式やら・・・・
そしてようやく夕方から結婚式会場へ。

連日夜中までかかると思われる儀式の数々。
はたして体力が持つのか、ちと心配。
終わったら燃え尽きてるかも。
皆様も良い週末を!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-11-04 02:21 | インドの祝祭日 | Comments(0)

インドの花婿ができあがるまで

この週末、泊りがけで豪華結婚式に参列するんですが
オットは背広があるし、私は式本体はサーリーで
披露宴は着物で参列するので良いとして
ティーンエージャーの息子の服をどうする?って
話になり。

本人が「シェールワーニー」と呼ばれるインド男性の
式服を着たいというもので、デリーっ子ご用達マーケット
カロール・バーグへ行ってきました。
メイン通りを行ったり来たり
途中でマックで腹ごしらえしたりしながら、男性用の
インド服専門のお店を数店見てみましたが、やっぱり
一番規模が大きく有名な「Manyavar」が品数が多くて
選択の幅があり、接客もきちんとしていたのでここで決定。
c0338191_01460349.jpg
通常、山ほどある吊るしの中からあれこれ試着して
デザインを決めてから採寸し、3週間ほどでオーダー品を
仕上げてもらう流れなんですが、今回は日数もないので
サイズが合いそうであまりギラギラしてないものをチョイス。
無理を言って2日で脇を詰めてもらいました。
(どうです!このトゥナイ♪ヤヤヤヤヤ♪ティア♪
の衣裳のオンパレード!!www)
c0338191_01462370.jpg
週末の店内は、今季花婿さんになる男性とその家族が
本当に山ほどいて、それぞれが一生に一度のことなので、
気合入れて試着するする!
アンタは王子様か!ってくらい、自分に酔いしれて
鏡の前から動かない人がいたりして。
自分大好きインド人の真骨頂!って感じでしたよ。
c0338191_01455565.jpg
花婿さん用のシェールワニーは大体15,000ルピーより~
デザイナーものになると、1ラック(20万円弱)以上。
それに豪華ターバンやら、ショールやら靴やらが
オプション販売。更には宗教や慣習により、模造刀も
シェールワニーと同じシェードの鞘を作ってもらったり
王様みたいなジュエリーやブローチが付属してたり。

「あなたはさっきの赤いののほうが似合ってたよ」とか
「まずヒゲを綺麗に剃ったほうが良いんじゃない」とか
「絶対そのデザイン太って見えるよ。プッチプチじゃん」とか
「あ、それは 音楽隊の人に間違われると思うよ」とか
よそんちの大切な息子さんたちに
一人で脳内突っ込み入れまくって楽しんできました。笑!

店内に花婿さん用のシルク張りのつま先がとんがった靴が
1200ルピーとかで売ってるんですが(エアインディアの
マハーラージャー君が履いてるみたいつま先クルルンなやつ)、
同じものが外の路面店で買うと300ルピーなんですよ~

補正ができたというので、受け取りに行ったついでに
マーケット内のAhujasons(アフージャーサンズ)へ。
言わずと知れた、ショールやストールの専門店で
今、セールの真っ最中なんですよね。店内は
インド人マダムでごった返しておりました。↓↓
c0338191_01463151.jpg
混雑を突破し、自分用に2枚ショールゲット!
オットはとんだ災難でしたよね
(息子のシェールワーニー買いに来て
奥さんのショールまで買わされるという。笑)
ま、でも↑↑写真見るとわかる通り、奥さんが
ショール選んで、ダンナが支払う・・・ってのは
どこのお宅でもデフォみたいだったよ。へへへ

それにしても、
こんなに沢山花婿さんが生まれるんだなぁ
・・・・とびっくりするくらいの式服専門店の
混雑っぷりでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-02-03 01:54 | Comments(0)

ギフトパッケージの中身

思いのほか暖かい日々が続いていますが
まだまだ1月13日のローリー祭までは寒いはずだし
例年26日の共和国記念日あたりは霧が出るから
油断大敵、ですね。

日本から持ち帰ったコルネ型を早く使ってみたくて
早速コルネを焼いてみました。ど~~~うしても
チョココルネが食べたかったので、チョコクリームも
お手製で。
c0338191_00583229.jpg
成形の練習が必要ですが、はじめてにしては
まぁまぁな出来。(出た!自画自賛。笑)

さて、来週末からまた結婚に佳い日取りが続くので
続々招待状が届いています。たいていは
招待状とともにインドのミターイー(お菓子)の箱が
一緒に届きますが本日届いた招待状には
詰め合わせバスケットがついてきました。
c0338191_00584829.jpg
ディワーリーのときにもお歳暮感覚でこういうのを
いただきますが、一体中身は何が入っているんだろう?
・・・・って思いませんか?

というわけで、全部出してみましたよ。
これでもか~!ってくらいにテープで貼り付けられていて
分解するの大変でしたけど。
c0338191_00585438.jpg
パスタ、オリーブ、バジルソースといった
イタリアン食材に、豆鼓(中華)、
レモングラス入りガーリックペッパーソース(タイ料理用?)
プラムジャムにチョコ菓子、オーガニックチョコにクラッカー。

こういうパックが売れてるってことは、
インド人家庭の食生活が変わってきているってことを
顕著に表していますよね。

さて、結婚式に着ていくサーリーを準備しなきゃ。
もう腹回りはこのまんまでいいや。
(って年明け10日目に早くもダイエット頓挫)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村





[PR]
by neelkamal | 2016-01-10 01:16 | 青蓮日記 | Comments(0)

結婚式シーズンもそろそろ終わり

今年もそろそろ結婚式シーズンが終わりとなる
北インド。結婚式は「寒い時期」のものなんですね~
パンジャービー地方の人々も、4月13日のべサキー祭までで
今季の結婚式は終わりなのです。

今季、特に印象に残った結婚式をご紹介しましょうね
カリンポン地方に茶園などを持ち、コルカタに
拠点を持つ事業家のお宅のお嬢さんの結婚が決まり
デリーのファームハウスでの婚約式。
ドレスコードは「黄色」でした。
オバサマ方のサングラス姿が、インド人マダムらしいね

c0338191_02474707.jpg
翌日は「レディース・サンギート」と言って、
花嫁側の親族、友人など女性だけの集い。
(といっても花嫁側のお父さんとか兄弟とか
その子供達もいるので、男性皆無というわけでは
ないんですが。)
c0338191_02480441.jpg
この日は近い親族はお揃いのフューシャピンクのサーリー。
歌と踊りでみなさん大活躍、大盛り上がりでした。
女性だけの集い・・・・・、昔はこの間に
性教育が行われたり、花嫁のたしなみが教えられたり
していたわけです。女性にはメヘンディーワーラーが
メヘンディーを描くのもこの行事の間に。

もう一組は花婿が私の友人で
ファッション撮影用のスタジオを経営したり
宣伝用の気球を手配したり、と手広く事業を展開している
若き実業家がついに独身時代に終止符を打ちまして。

↓↓ 婚約式での二人は「オレンジ」がテーマカラーでした。
彼、オレンジのシェールワニーがやたら似合ってて
ジョッパーズパンツも格好良かったです。
ファッション関係、ってだけあって
綺麗な女性、カッコいい男性がいっぱい来てて
トレンドウォッチングにもってこいでした。

c0338191_02481019.jpg
そして、同じカップルの結婚式の日。
結婚の誓いをたてて、聖なる火のまわりを
7回まわっているところです。
この写真からもわかりますが、男性は満面の笑み
なのに対して、花嫁さんは伏し目がち、ですよね
c0338191_02482399.png
一応「花嫁の目線は相手の胸元より下」
「はじらいを忘れずに」「ゲラゲラ歯を見せて笑うな」
と長老たちから言われるんですよね。
お式が終わるまでは、そのほうが親戚ウケも良いし
参列したお客様にも「初々しい、可愛い花嫁」だと
思われるわけで。
(それもだんだんと変わってきつつあるようですが)

とにかく今季は「フューシャピンクとコーラルオレンジ」が
やたらと流行った年でした。来季はどんな感じかしら、
楽しみです~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2015-02-28 03:15 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

最新の記事

来年の話をしてもいいかな
at 2017-09-27 00:18
歌舞伎でマハーバーラタ戦記
at 2017-09-26 02:12
豊漁だ~!
at 2017-09-25 00:42
週末の食生活@デリー
at 2017-09-24 01:29
デリーでお得な韓国料理と言えば
at 2017-09-23 00:11
一時帰国のお土産大量ゲット@..
at 2017-09-22 00:24
菜食期間に入ります。
at 2017-09-21 00:54
インドで「栗仕事」
at 2017-09-20 00:42
サーリー祭り、まずはここから
at 2017-09-19 00:28
日曜日の朝は
at 2017-09-18 01:29

最新のコメント

> trintrinさん..
by neelkamal at 22:57
> かいまるさん あり..
by neelkamal at 22:55
はじめまして ブログお..
by trintrin at 10:33
改めてジャッキーさんは可..
by かいまる at 10:12
> ガオガオさん 肉汁..
by neelkamal at 01:09
> Cecileさん ..
by neelkamal at 00:48
> sakuraさん ..
by neelkamal at 00:46
はじめまして。インド・ゴ..
by Cecile at 10:58
結婚記念日おめでとうござ..
by sakura at 08:30
ジャッキー君が偲ばれます..
by ガオガオ at 17:20

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項