旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

タグ:インド生活 ( 10 ) タグの人気記事

インド生活スタートアップ講座でした!

今日は朝から、日本人会ボランティアグループ主催の
「インド生活スタートアップ講座」のお手伝いに
行って来ました!
入口入ってすぐから、あれこれ試食コーナーあり。
c0338191_01581255.jpg
ボランティアグループの長年の経験をもとに
各コーナーがとてもわかりやすく展示されていました。
あの、カボチャみたいな模様のものが、メロンで
しかもこんなにおいしいんだ~ ってのが実食できたり
紅茶やコーヒーも試飲できたり、アラーハーバードの
農業組合のお米で握ったおにぎりがあったり、
無農薬レモンのレモンジュースがあったり、
支援施設で作っているスパイス詰め合わせセットがあったり
・・・と盛りだくさん。

こんな野菜や果物が手に入るんですよ~っていう
紹介コーナー―もありましたよ。
c0338191_01575811.jpg
私は主に、インド独特の野菜や果物を
どんな風に使ったらいいかという説明やら
インド料理に使うお道具を、どこのマーケットで
買ったら良いかという話やら、お道具をそれぞれ
ヒンディー語で何と呼ぶのかという話などを
させていただき、あっと言う間の2時間半でした。
(↓おすすめ雑貨コーナー)
c0338191_01582147.jpg
今回初めてお目にかかる方がほとんどで
ブログ読んでます!とお声をかけていただけて
とっても嬉しかったです。
例の、布巾やプレースマットとして使える
インドコットンは、Nalliというサーリー屋さんで
手に入りますよ。↑↑グーグル先生で検索して
行ってみてくださいね。

まだまだインド独特の野菜の調理方法とか
いっぱい語りたかった~!

インドで手に入る化粧品なども、こうやって
実物を展示してありました。
c0338191_01580357.jpg
で、一番のおすすめは、参加者に渡されたバッグに
入っていた、ボランティアグループ版の
「インド生活買い物ガイド」ですよ!
c0338191_01582768.jpg
細かい写真つきで、これがあればインド生活を
はじめるにあたり、何をどこで調達できるのか
アレとコレはどう違うのか、など基本情報が
全て網羅されています。しかもこの購入価格で
15食分の支援ができるという、一石二鳥な(?)本。

デリーNCR生活のおともに、ぜひ一冊。
(ハッピーハンターさん、大和屋さんなどでも
購入可能です。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-05-12 02:15 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

定点観測、子供の絵

息子が赤ちゃんの頃〜プレイスクールに
通い出すまでは、一時帰国の期間も一気に
3ヶ月とか帰ってた時期がありました。

2歳半くらいで人の顔がちゃんと描けるように
なったので、広告の裏に描いたのを実家で
ちっちゃな額に入れたのが発端でしたが
「バァバ」の顔、第一弾。ウーパールーパーっぽい。
c0338191_00213841.jpg
その半年後には人間らしくなり
c0338191_00010312.jpg
更に1年半経つと
えっ!? ってくらい人間の形になりました。
母は杖を使っていて、右足に装具をつけていますが
それもちゃーんと見てたのね。
更に笑えるのは、鼻の横の黒子までちゃんとあること。ww
c0338191_00163321.jpg
次の年には、椅子に座った姿が描けるように。
6歳になったばかりの時でした。
c0338191_00151497.jpg
7歳になった年の一時帰国では、自分とばぁばの
ツーショット。ホークス戦を観に行った時の
写真を元に描いたもの。
c0338191_00153288.jpg
7歳での劇的な進化は、ばぁばの鼻の穴が
目立たなくなった→→息子の視線が上がってきた、
ってことですよね。

思いつきだったとは言え、
こうして子供の成長が感じられるものを
残しておけて良かった。
乳幼児子育て中のママたち、ぜひお試しを。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓↓お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2015-07-23 00:41 | インド教育事情&子育て | Comments(0)

モンスーン期の果物

モンスーンはじめのこの時期にしか見かけない
道端の屋台で売ってる果物で、
こんなのを目にしたことがありませんか??

c0338191_00080553.jpg
ん????
黒オリーブかな? ぶどうかな?
葡萄にしては、一粒一粒ばらしてあるし、変だよね~

・・・って、私もはじめて見たときには思いました。

これ、「ジャームン」という果物で、この時期の名物。
ジャームンを見かけるようになると、あぁ、デリーも
モンスーンの時期だなぁと実感します。

かなりの大木に、鈴なりのジャームンの実、
田舎では子供たちが木登りがてら口にする、そんな
素朴なものだったんです。
c0338191_00084631.jpg
が、昨今 健康に良い といろんな新聞や雑誌でも
取り上げられ、お値段もそれなりに。
お味は渋・甘・すっぱい・エグい・・・とちょっと不思議ですが
まぁ、薬効があると思えばありがたい。

市場に出ている大粒のは、綺麗に箱に並べられ
いかにも高級果物よろしく売られています。
c0338191_00082237.jpg
薬効は
*糖尿病の血糖値を下げる
*鉄分が多く含まれ、血を綺麗にする
*ビタミンA,ビタミンC豊富で目や肌のためにも良い
*消化を助ける
*ニキビやオイリー肌を整える役目がある
・・・・などが主なもの。

食べると舌が紫色になって、あぁ、これ
アントシアニンとかポリフェノールとかいっぱい含まれていそうだ
と調べてみたら、どっちもちゃんと成分に入っていました。

インド人は塩をまぶして食べたりするんですが
私は大粒のを、そのまま食べてます。

試してみる???

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします

今日の鼻歌 
♪ ぶどうじゃないのよ ジャームンは~ はっは~♪
♪ シブイと言ってるじゃないの ほっほ~♪♪

[PR]
by neelkamal | 2015-07-10 00:28 | 食文化 | Comments(2)

旅するインドの「色」

週末旅で目にしたインドの色に溢れる風景を。

めっちゃ目をひいたデコトラ(デコレーションされたトラック)
クリシュナ・テント・ハウスというパーティなどの
テント、テーブルなどの設営をする業者のトラック。可愛いわ~
c0338191_11022974.jpg
布やさんに新たに到着していたブロックプリント柄。
牛のが気になる~。でも服にするには勇気がいるし
何つくる??買わずに戻ってきたけど、やっぱり
気になるわ~
c0338191_11023411.jpg
夕食を食べに行ったホテルの夕景。
薄暮のときって、幻想的な写真が撮れるよね。とっても綺麗でした
c0338191_11024432.jpg
友人宅の窓。この色つきガラスが可愛い。
ホテルの窓にもブルーのが入っていました。
このガラスも欲しい。でも、我が家の窓には合わないし
何にする???窓のグリル模様もなんか可愛い。
c0338191_11025358.jpg
伝統柄のブロックプリント。右手のは「クローブ」の模様で
この模様は「花嫁のガーグラー」になくてはならないものだったそう。
自然の染料を使ったものは年々少なくなってきているので
ここに写っているようなものを見つけたら、
布好きなアナタは「買い」ですよ。博物館ピースですから。
c0338191_11034109.jpg
らくだを連れて歩いていたラバリ族の女性
彼らの服の色あわせは本当に綺麗。
二の腕にびっしりはめられた腕輪も、手首の腕輪も
足首の銀の飾りも独特です。履いているのはらくだ革の靴。
c0338191_11033189.jpg
カラフル旅のしめくくりは
雨上がりに見えた虹。寺院の尖塔のてっぺんから
伸びたように見えるインドラダヌーシュ
:ヒンディー語で「インドラ神の弓」 (इन्द्रधनुष)
c0338191_11231031.jpg

さぁ、旅モードを抜け出して、
試験勉強モードに入ろう・・・・かな??

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします


[PR]
by neelkamal | 2015-03-03 11:20 | 旅行 | Comments(4)

はじめてのおつかい「サーリー編」

先日「クラフトミュージアム見学のための事前講習」と
「実地見学会」にご参加いただいた方々にはご案内しましたが
私が大好きなサーリーのひとつに「ジャムダニー」という
すくい縫いで模様を織り込んだものがあるんです。

この技術はベンガル地方で受け継がれ、作り続けられて
いるのですが、優秀な職人さんたちは印パ分離の際に
パキスタン側、ダッカ周辺に移り住んだと言われます。
それで、この手法で織り上げられたサーリーを
ダッカイ(ダッカの)ジャムダニーと呼ぶ場合があります。
中でも伝統的な模様はWaveと称されるもの。
ネットでも販売されていますが、やっぱり本場ベンガル地方に
いいもの、掘り出し物がある~!

バッチリのタイミングで夫がコルカタに出張に。

ドーレミ~♪ファーソー♪ラシードー♪
ベイビ~♪ゴーアヘッドォ♪

まちがえないように、スマホに見本画像を送りつけ(!!)
「白地に白の織りが入ったの しか いらないから」と
メッセージもつけて。
c0338191_00383565.jpg
早速コルカタのお店からLINEで画像が送ってきました。
「良さげなのを2つ見つけたけど、どっちが良い?」って。
どっちもに決まってるじゃーん。
c0338191_00385332.jpg
しょげないでよ♪ベイべー♪ ・・・・・って
「はじめてのおつかい」の音楽が、脳内リフレインしています。笑

さ、これで夏のちょっとしたお呼ばれには
ジャムダニーサーリーで行けるわぁ。
サーリーは用尺6メートルあるから、これをもとに
洋服に作り変えたって良い訳だし。楽しみがまたひとつ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(今後コルカタ出張が入るご主人様方に、「ジャムダニーサーリーを
買ってきてくれ」・・・という奥様方からの指令が飛んでも
私の責任ではございませんことよ。ぶふふ)

[PR]
by neelkamal | 2015-02-18 00:50 | インドファッション | Comments(2)

インドの布が好きなあなたへ

インドは布・手仕事の宝庫で、昔から世界中の人々を
魅了してきました。調べ始めるとキリがない・・・・・
というほど、文献や資料が沢山あり、ネットでも
ある程度のことは情報収集が可能です。
ただ、やはり現地に出向いて実際の作業工程を
見ることで、ストンと腑に落ちることが多いんですけどね。

インドのテキスタイルやクラフトについて、体系的に
学べるカルチャー教室みたいなのはありませんか
とよく尋ねられるんですが、残念ながら短期でとれる
コースがないんですよね。

私がバイブルのように大事にしているのは、インドの
布リサーチの先駆者である、岩立広子さんのこの本。
日本語・英語の併記で写真も満載、インド各地の
布やクラフトについて網羅されています。
c0338191_01111526.jpg
インドの人々の暮らしと直結した布文化。
バンダニーと呼ばれる絞り染めは
ラージャスターンやグジャラートで今も、職人によって
作り続けられている貴重な文化です。
その起源と発展などについては、この本も
参考に勉強しました。
c0338191_01113069.jpg
アーンドラ・プラデーシュ州の海辺の村、マチリパトナムや
ラージャスターン州のジャイプル界隈で作られている
「ブロック・プリンティング」も、ヴィンテージものは
本当にいい色、いい柄のものが多いんですよね。

インドの布(それだけでなく、世界各国の布も
紹介されていますが)を日本の着物と合わせて
「帯」として使う事例を沢山紹介しているこの本。
c0338191_01115054.jpg
暇さえあればこの本を眺めて、「あ、これは
あそこのアンティーク布屋さんにあった柄だ」
などと一人でブツブツ言いながら、ウットリしています。

他にも英語の本で、グーグル先生に
「books indian textile」で聞いてみると
山ほど検索結果が出てきますよ。

Welcome to the world of Indian textiles!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
<にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村br>
[PR]
by neelkamal | 2015-02-13 01:26 | インドの布・手仕事 | Comments(2)

モノクロームのインド

5日連続でその日に撮影した写真を
モノクロ(白黒)でフェイスブックにアップする・・・・という
チャレンジが中央アジアに住む友人から回って来て
楽しみながらデリー界隈の写真を毎日一枚載せておりました。

これがなかなかどうして
普段は色に溢れているインドの意外な一面を見たようで
ついでにあと5枚ほどブログに載せようかと。

まずはベンガル州、コルカタから車で3時間ほど北上した
ちっちゃな村で、チャルカー(糸車)を使っている
味のあるおじいさん。職人!!って感じでした。
このおじいさんが作っている糸かせが、あの
「ポンポンショール」にも使われているんですよ~
c0338191_01304937.jpg
ヴァラナシ、ガンガー(ガンジス川)の朝。
ガンジス遊覧のツアーボートは夜も開けきらぬ早朝に船着場から出発して
久美子の家の先でUターンし、ガンガーで日の出を拝んで
マカルニカ・ガートのあたりで下船し、
下町を徒歩で歩いて観光バスに戻るのです。
c0338191_01303571.jpg
ウダイプルから車で1時間半ほどジョードプル側に登った
小高い丘にある、ジャイナ教の聖地「ラナクプル」の寺院。
その彫刻は一見に値します。
三半規管の弱い私には、アップダウンの道中がきつかったけど。
c0338191_01304096.jpg
ジャイプルはハワ・マハル近くの商店街の裏通り
ちょうど素敵な構えの家から味のあるオジサンが
二人出てきたので写真を撮ろうと構えたら、
真ん前をのっそり牛が横切る・・・・・・あぁ、インド。
c0338191_01442367.jpg
花頭窓が綺麗なラージャスターンのホテルの窓辺
こういうコーナーが家にもあるといいなぁ・・・
とブツブツ言ってたら
「生まれ変わったらマハーラージャーのヨメになんなさい」
と言われますた。(笑)
c0338191_01303011.jpg
そんなこんなで(どんな?)
土日はジャイプルに行ってきます。
日曜日はガッツリ仕事なんだけどね。
みなさまも、素敵な週末を!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-12-06 01:50 | 青蓮日記 | Comments(0)

フレンチスクールのメーラー

過ごしやすい気候のこの時期、デリー界隈では
毎週末「メーラー」と呼ばれるバザーが開催されています。
29日(土)にはフランス人学校(リセ・フランセーズ)の
French Charity Fêteが。

混み出す前にさっさと巡回(?)し、先にランチお持ち帰り用の
バゲットサンドを買って、キッシュでコーヒータイム。
そのあと見残したところをチェック。

今年はインドの外交政策のあおりを喰らい(?)
アメリカンスクールの大々的なメーラーがなかったので
ことさらフランス人学校のメーラーとドイツ・メーラーに
みんなの期待が高まっているもよう。

すっごく新鮮な野菜が目を引いたAltitude Storeの
ブースでコーヒーや陶器のチャーイカップ(サロジニで
買うより安かった。(*´∀`*))、虫よけバームを。
c0338191_01490646.jpg
MESHという団体の作っている刺繍製品や
ペーパーマッシュのツリーオーナメントを買い。
(手前のブースで100ルピー以上で売られていたものが
ここは45ルピーでお買い得だった)
c0338191_01485639.jpg
とっても可愛いホーローびきのグラスセットや
お盆などがあるTitania Tentのお店を冷かし
(ちょっと高いので買えない・・・・・)

パーティーのときに携帯電話などが余裕で入る
巾着バッグを買い。
c0338191_01490147.jpg
引き上げるころには、食べ物コーナーは長蛇の列
来場者も増え、ゆっくり品定めできない感じの混みようでした。
服飾関係はすべて冬物という事もあって、ちょっとお値段高め。
メリディアンホテルの宝石屋さんや、デーヴァナガリー文字で
オリジナルアクセサリーを作ってくれるGenesisも出店してました。

来週末のドイツメーラーも行きたいところだけど
出張でデリーにいないので、残念無念。
ソーセージ(ブラートヴュルスト)のコーナーもあるし
ワイン即売もあるし、ツリーオーナメントの店もあるし
おすすめですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-11-30 02:17 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

あの日を忘れない(2008年11月26日)

今から6年前の11月26日、ムンバイでテロが起こりました。
ちょうど日帰りでムンバイでの仕事を頼まれたものの
なんとなく胸騒ぎがして、お断りした矢先のこと。
その前の週に泊まったタージマハルパレスホテルの4階が
テロのターゲットとなったので、あと一週間ずれていたら
・・・・と思うと生きた心地がせず、忘れられない惨事でした。

その8日後にタージホテルズが出した一面の新聞メッセージが
今も心に残っています。当時のブログ記事からの転載ですが
ぜひご紹介したいと思います。

ニュアンスを崩したくないので、まずは原文のままご紹介します。
c0338191_01583440.jpg

I HAVE HELD MY GROUND
AS HUMAN HISTORY HAS UNFOLDED IN ITS TIMELESS
PROCESSION OF LAUGHTER AND TEARS
COURAGE AND COWARDIS,GOOD AND EVIL.

I WILL PREVAIL.


The attack on the Taj last week was an assault on the spirit
of India. But, like our country, we will never give in.

Now that the smoke has cleared, a different fire is burning
within us: to resurrect the Taj in all its brilliance.

We pay homage to the men and women who were
with us through our darkest hour-gusets at the hotel, the
staff of the Taj, security forces, people who displayed
extraordinary courage, selflessly helping others. Many
sacrificed their lives.

We will reopen soon. Like India, the Taj will stand tall
for years to come.



「わたしは苦難のときを
持ちこたえてみせた

笑いさんざめく人々の声
悲しみにあけくれるときを乗り越え
勇気を与えられたことも 
くじけそうになったことも
良い時期も 悪い時期も 
すべてが人類の歴史に刻まれてきたように
わたしの屋根の下で繰り広げられた
ひとびとの「とき」を守り続けるため

崩れ落ちずに
頭をあげて立っていた。

これからだって 
わたしは 決して 負けはしない」

先週のタージマハルホテルでのテロは
インドの魂を揺さぶる惨劇だった。
私たちの国、インドと同じように
タージは決してなにものにも屈服しない。

惨事の煙は消えたけれど、わたしたちの心には
新たな炎が熱く燃えている
あの輝きを甦らせてみせる と。

あの暗黒のときに わたしたちとともにあった
多くの宿泊客の皆様、タージの職員たち
セキュリティ隊員たち、そして我が身を省みず
救出作業にあたった沢山の方々に
あらためて感謝し、敬意を表したい。

また、多くのお客様を迎える日がすぐに来ることを誓って。
わたしたちの国 インドと同じように
タージホテルも頭(こうべ)を高くあげて すすむのだ。

(かなり意訳です:by青蓮)

ホテルの営業はすぐに再開されましたが、
ダメージを受けた部分の完全リノベーションが終わり
ホテルが2010年8月に「リオープン」したときの新聞告知がまた泣けました。
タージの財産は「人」
・・・つまり「タージ魂を持った、従業員」。
それを表すように、全従業員が制服姿でタージマハルパレスのシンボルである旧舘の螺旋階段に全員集合した写真。
c0338191_02093156.jpg
こういう会社で働いてみたいなぁ、と思います。
生まれ変わったらタージの採用試験を受けよう。

今日も、応援クリック ポチっと↓↓お願いします。




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-11-27 02:13 | 青蓮日記 | Comments(0)

Food Hallで買うもの

ヴァサントクンジのアンビエンスモールにBig Bazaarが
あった頃には、ここだけで野菜・果物から生活雑貨まで
すべて揃うし、車寄せもあるので動きやすくてよく利用していました。
が、アンビエンスモールからビッグバザールが撤退し、
マスードプルの店にはよほどのことがない限り、近くと言えど
いかなくなってしまいました。

かわりに南デリーのスーパーで買いやすいところと言えば
ヴァサントロークのLe MarcheやModern Bazaar。
一度DLF PromnadeのFood Hallで、ブルーベリーの値段に
ぶったまげてからは、「ここは高い」って刷り込みされて
なんとなく入りにくいところになっていたんです。

が、お菓子作り、インド料理作りに欠かせない「豆類」や
「砂糖」類がなかなか品揃えが良いので、最近また
DLFプロムナードに行ったついでにちょっとのぞいてみています。

このところのお気に入り、行ったら必ず買うのはこれ。
c0338191_02375989.jpg
フードホールオリジナルのピザベースです。
ハーブがたっぷり入って2枚で60ルピー。
他のインドの市販のパンより高いですが、ちょっと小腹が
空いたときや、お弁当用のピザを作るときに重宝しています。
ピザベースの上に写っているのは、Fun Foodという
ローカルメーカー製のパスタ&ピザソース。
一本冷蔵庫に常備しておくと、なかなか使い勝手が良いです。

カーブリー・チャナという白い大粒のチャナ豆や
ジャンムー・ラージマーという「餡子」が作れる豆や
ムーングダールなど、オーガニックものも置いてあるので
助かっています。
あとはFlanders Diaryのチーズ類もここで買えますよ。

でもまぁ、相変わらず野菜や果物は目玉が飛び出るほど
高いので、よ~~く値段を確認してから買わないと。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします

[PR]
by neelkamal | 2014-11-20 02:47 | インドもの・これは使える! | Comments(0)

最新の記事

AWAメーラー無事修了
at 2017-11-20 00:03
見逃せないイベント、あと二つ追加
at 2017-11-19 00:08
日曜日、アメリカンスクールで。
at 2017-11-18 01:49
大気汚染の原因のひとつ、「野..
at 2017-11-16 01:08
マヨラー大満足
at 2017-11-13 00:04
大気汚染対策、迷走中
at 2017-11-12 01:24
車両番号による交通規制、はじ..
at 2017-11-10 01:54
大気汚染のためデリー内の学校..
at 2017-11-09 00:16
やばい白い喉イタイ
at 2017-11-08 00:55
空気清浄効果、ささやかな試み
at 2017-11-07 00:30

最新のコメント

> Ellieさん 今..
by neelkamal at 23:30
>N.Y.さま コメン..
by neelkamal at 23:29
> 852さん Gee..
by neelkamal at 23:25
デリーの大気汚染 TVの..
by Ellie at 14:37
> 鍵コメMさま コメ..
by neelkamal at 23:44
> Mさん これから魚..
by neelkamal at 23:35
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:33
Toddy Shop、何..
by M at 16:52
おおっ、Dosaも作っち..
by Cecile at 11:02
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:45

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング