旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

タグ:インド料理 ( 14 ) タグの人気記事

マンゴー・ターリーふたたび

インド各地にある、「ターリー(お盆の上に、いろんな種類の
カレーが入った小さなボウルが乗ってくる、インド版定食)」を
楽しめるお店 ”Rajdhani”。
ホームページを眺めているだけでも、涎がでてきそうな
おいしそうなターリー写真が載っていますが
映画:ジョーダー・アクバールの食事シーンでは、
このお店のお料理が使われたんだって。

そして!!
さっき届いたRajdhani広報担当者からのメールには
これまたうっとりするような画像が。
c0338191_00231584.jpg
夏の間(マンゴーのある間)スペシャルでやってる
「マンゴー・ターリー」ですってよ!!!!
サブジ(おかず)にも、できるだけマンゴーを使い
マンゴー・ラッスィーはもちろん
マンゴーラスマラーイーや、マンゴーシュリーカンドなどの
インドスイーツの種類も豊富。

フェイスブックにもページがあります。→→コチラ

c0338191_00241557.jpg
主要都市のお店では期間中は常時マンゴー・ターリーが
提供できるそうですが(売り切れ御免)
限定曜日を設けている店舗もあるし
地域によってはフランチャイズ展開の店もあるので
各店に確認してみてくださ~い。
c0338191_00230572.jpg
↑これ、「アーム・ラス」と呼ばれる
マンゴージュース・・・というか「ピューレ」。んまそ~~!!

あのまったりとしたマンゴーの味が脳裏をよぎる???
(とはいっても漆科ですから、出始めのころは
気を付けないとかぶれたり蕁麻疹が出る場合も。
4月後半からは大丈夫!!)

なんせ良心的な値段設定ですから、話のタネに
おすすめですよ

今日も応援クリック↓ ポチッと お願いしまっす
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-04-17 00:39 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

「おいしい」が嬉しくて。

今日はインド家庭料理レッスン日
・・・と言っても我が家で開催している
内輪の会なので、こじんまりとしたものですが。
本日のお題は「チキンビリヤーニー」と
ジャガイモとパニールのスープカレーなどなど。
c0338191_23573234.jpg
何が楽しいって、参加したみなさんが
「おいしい」って言ってくれること。
そして、「あれを家で作って、主人に褒められました~」
とか、「子供が好きなのでリピしまくってます」とか
言われると、もう有頂天。

こちらはいつも人気のアフガーニーチキンと
茄子カレーの回で。
c0338191_23572407.jpg
前回のアーター(全粒粉)を使った
サモーサーの回も、みんなでワイワイ作って
「自分の包んだのは自分で食べるべし!」とか
言いながら大笑い
c0338191_23574373.jpg
日本に本帰国してからも、お友達を招いて
楽しくインドカレーを作っていただけたら嬉しいな
・・・と紹介レッスンでは簡単にできる
ひよこ豆カレーなども作ります。
c0338191_23570651.jpg
しか~~し。
なんせ暑いのに弱いので、気候の良いときしか
開催しない、しかも友人のみ という
わがままクラスではありますが
みんなが「おいしい」って言ってくれると
張り切っちゃう。

今日のレッスンのおやつは「さつまいも餡入りの
さつまいもパン」で、大うけでした。作ってて楽しい、
食べて嬉しい可愛いパンです。
c0338191_00061797.jpg
インドで手に入る材料でできるこれ。
レシピは近日、トマトプロジェクトさんのHPにて
アップされますので見てね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-11-15 00:13 | 青蓮日記 | Comments(0)

流行の軽食@オールドデリー

ローカルマーケットの楽しみと言えば、
B級グルメの買い食いなんですが
それも冬の間だけ。(暑い時期は衛生面も鑑み
立ち食い系は避けていますが。)

オールドデリー界隈で最近やたらと流行っているのは
チッラ(チーラという表記もあり)という
ヒヨコ豆の粉(ベーサンと言います)で作った
お好み焼きっぽいもの。

正式名称は「べーサン・カ・チーラ」、
ラージャスターン地方発祥の軽食です。

簡単にできて、ローカロリーでプロテイン豊富なので
朝食やスナックタイムにぴったり。
というわけで、今日はその作り方をご紹介します~!
c0338191_01331725.jpg
材料:
べーサン 1カップ
玉ねぎみじん切り 1/4カップ分
トマトみじん切り 1/4カップ分
コリアンダーの葉っぱ みじん切り 1/4カップ分
青唐辛子みじん切り 小さじ半分
生姜すりおろし 小さじ半分
アジュワインもしくはジーラ(クミン)小さじ半分
ターメリック 2つまみ
ラールミルチパウダー(赤トウガラシ粉)小さじ1/4
水 1/2カップ
塩、サラダオイル適宜

作り方:
水とオイル以外の材料をすべてボウルに入れ、ざっくりと
混ぜたあと、水1/2カップを加える
  ↓↓
とろとろのお好み焼き種くらいの柔らかさになるまで
泡だて器でダマ(べーサンの粒)が残らないようによく混ぜる
  ↓↓
タワまたはフライパンを弱火で熱し、よく温まったら
お玉一杯分のチーラ種を乗せて、お玉の底で薄くのばす。
  ↓↓
弱火でじっくり片面を焼き、端っこが少し反ったら
周りに油を回しかけ、フライ返しでそっとひっくり返し
もう片面を焦げ目がつくまで焼く。
  ↓↓
焼けたら半分に折りたたんでお皿に乗せて
チャトニーやタマリンドソースとともに頂きます!

最初の面を焼いているときに、玉ねぎ微塵切りや
コリアンダーなどを更にトッピングしてもOK。

庶民のおやつ、小腹がすいたときに手軽に作れる
インドのスナックです。ぜひ作ってみてください。
3枚くらいあっと言う間にいけるよ~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-11-03 01:38 | インド料理青蓮レシピ | Comments(2)

B級グルメ・道端フード、こそっと再開

11年生になってはじめてのPTMでした
(PTM=Parent Teacher Meeting)
Commerce受験のための主な科目は5つ。
数学・英語・経済・経営学と経理
ドイツ語の試験は受けますが、学校での授業はありません。

先生方との面談でどっと疲れたので、パワー補充に
ひっさびさに道端フードを食べに。
暑い間、雨季はできるだけ避けている屋台フードや
立ち食いインドB級グルメですが、
そろそろ雨季も終わりだし、再開してもいいかな~と。

私は間にパニール(インドのカッテージチーズ)が
入ってるアムリッツァルスタイルのクルチャーを。
オットはチョーレー・バトゥーレーを。
チョーレーはヒヨコ豆のスパイシーカレーのこと
バトゥーレーは揚げパンのことです。これで60ルピー
c0338191_23515112.jpg
メニューを眺めていたら、料金が改定されてはいるものの
かなり安い。
ま、立ち食いだし何もファンシーな要素はないし
まわりで食べてるのはオッサンばっかりだし。
でもラッスィーがおいしそうだったので、頼んでみました。
マラーイー(生クリーム)が乗って30ルピー。
c0338191_23515772.jpg
アールーサモーサー(ジャガイモのサモサ)はひとつ12ルピー。
ラッスィー、甘さ控えめでおいしかったですよ。

それよりなにより、今日のハイライトはこのオジサマ。
c0338191_23514762.jpg
レストラン(というか掘立小屋?屋台よりちょっと立派)
のオーナーさんですが、無心にダニアー(コリアンダー)を
切っていました。背景にバナナの木、オートリキシャー、
サーリーを着た女性、と バッチリじゃありませんか~!
いや~~テンション上がったわ~。

もちょっと涼しくなったら、思い切って
おでかけできるのになぁ。雨季、もう飽きた。
(なんて言うと雨の少ない地域で干ばつに苦しんでいる
農家の方々に怒られますね。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-08-28 00:11 | 食文化 | Comments(2)

家庭料理を食べずして「インド料理」を語るなかれ

スパイス使いにしても、素材の活かし方にしても
主食のバラエティーにしても、サブジー(おかず)の
取り合わせにしても
インドレストランでムグライ料理を食べただけでは
到底わからない秘密が「家庭料理」にはあります。

出身地方、出自、もっと言うならカーストによっても
使う食材や香辛料が異なるから、奥深い世界。
例えば、土中の生き物を殺めぬようにと根菜を取らず
余計な精がつかぬようニンニクや玉ねぎを避ける
ジャイナ教徒は、代わりにヒーングと呼ばれる
調味料を使います。(松ヤニのような樹脂を粉に
したもので、かなり香りが強いです。)
南インドではカレーの葉っぱが欠かせず、
ベンガル州ではマスタードオイルが不可欠。
これらはその土地の食材を活かし、気候に合ったもので
薬膳の理にも適っています。

今日お招ばれしたお宅は北インド出身ですが
コックさんがどこのどんな料理でも作れるという
優秀な人で、いつも色んな地方の料理が出てきます。
テーブルのしつらえはこんな感じ。
c0338191_01441210.jpeg
中央のマトンカレーはご主人の力作。
世界を飛び回るビジネスマンである彼の趣味は
お料理なんだってー。マトンカレー、劇ウマでした。
c0338191_01443876.jpeg
この他、熱々揚げたてや蒸し立て、焼きたてのものは
テーブルサーブされました。
どれも美味しかったんだけど、一番気に入ったのは
ニンニクとカレーの葉っぱを素揚げして、
魚フライにのせたもの。
フライの外側がクリスピー&スパイシーで美味しかったので、
何の粉を使ってるか聞いたら、
日本の天ぷら粉にマサーラーを混ぜたもの、だって。
灯台下暗し。

ラーキーのプージャー(お参り)用に準備してあった
お菓子が豪華でした。
c0338191_01445717.jpeg
緑のはピスタチオ、白はアーモンドを砕いたもので
銀箔が散らされ、今風に甘さ控えめなミターイー。

いやーー、大体家庭料理はどこのも美味しいけど
今日のはまた絶品でした。極楽極楽。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-08-19 01:58 | 食文化 | Comments(0)

インド料理20人前

日曜日に法要があるって事で、私の担当は
野菜プラーオ(インドの炊き込みご飯)と
緑豆モヤシのサラダ。
はいはい、何人分作れば良いの?って聞いたら
「20人分」って・・・・・・・・

えーと、いつもうちでインド料理教える時は
6人分で4合炊いてるよねー。
えーと、でも女性6人分とは量も違うよねー
(算数に弱いのが露呈。笑)
と、取り敢えず一升半くらいか、と
バスマティーライス(インドの香り高い長細い米)を
準備して、スパイスをとりだしましてー
c0338191_06181363.jpeg
分量のお湯を沸かしてる間に
熱した油にジーラ(クミンシード)を入れて、玉ねぎを炒め
人参、コーン、素揚げしたカリフラワー、米と熱湯を入れて
一気に炊き上げ、出来上がり寸前にインゲン投入。

出来ましたけど、鍋が重くて持ち上がりません。笑
ヨタヨタ運んでる間に転ぶ自分を想像。
お皿12枚とスプーン20本、サービングスプーン5本
取り皿20枚も貸してって言われてたんだった。
と、マサラバッグに入れて持ち上げようとしたら
重くて。お皿持って転ぶ自分を想像。
こりゃ私にはケータリングサービス開業は
無理だわー。(ってそんな予定もありませんが)

ヒンドゥー教の法事の場合、菜食メニューです。
なので出来上がりはこんな感じ。
c0338191_06184456.jpeg
12時方向から時計回りに
シャヒパニール、ラージマー(キドニービーンズカレー)
ダヒバッラー(緑豆ペーストを揚げて、ヨーグルトソースに
漬けたもの)、野菜プラーオ、里芋カレー、緑豆サラダ
写ってないけどオクラのドライカレー、チャパーティーも。

法事ですから、もちろんメインはお坊さんの法要で
お経をよーく聞いてると、神様の名前がてんこ盛り。
お供物やお花も各神様に供えるし、ガンジスのご聖水を
ピャッピャとふりかけるし、家の中で豪快に護摩焚きするし。
おまけに、この方たちまで呼んでありました。
c0338191_06190614.jpeg
家の中にでっかいスピーカー持ち込んで
ハルモニウムとタブラーと真鍮ベルで
高らかに賛美歌を歌い上げるグループ。
間に故人ゆかりの話やら、親を敬い大切にっていう
お説法みたいなのが入ったりして。
真ん中のおじちゃんがサンジェイ・ダットにそっくりで
それが気になって気になって仕方なかった私でした。

で、今日のお坊さんは「にんにく、玉ねぎ食べない」って。
そんな大事なこと、早く知らせといてヨォ。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-25 06:58 | 青蓮日記 | Comments(2)

一時帰国前のお決まりと言えば

一時帰国を目前に、日本でのアポイントを
調整しておりましたらば。
皆さん一時帰国中はそうだと思うんですが・・・・・・
あれれ、空き時間がない!
実家のある博多にいる間はともかく、仕事をかねて
1週間だけ上京するときが特にすごいことになってます。

そりゃそうだ~、私はずっとデリー拠点ですから、
駐在でいらした方々と知り合いになり、
皆さんが本帰国してからもお付き合いが続いている
・・・ってことは、デリー繋がりの友人の数は
増える一方ですもんね。

しかもやりたいこと、行ってみたいところを
優先していたら、あれれれれれ。

でもね、ずっと行ってみたかった、念願のM先生の
テーブルコーディネート教室への参加が叶い、
更に香取先生のインド料理のお教室にも飛び入り参加
することになっていて、ぐふふ・・・・
おまけにシロガネーゼ気分を味わえるところに泊まったり
草月会館に伺ったり、仲良しのお友達のお宅で
夜通し女子会の予定だったり。
こんな風ですから、ちーとも東京の名所観光が
できてなかったりして、昨年はお友達家族にお願いして、
息子を「はとバス」東京下町観光コースに連れていって
もらったりもしました。

そう、それで一時帰国の前にこれはやっとかなくちゃ!
ということは、私の場合ローカル店で大好きな
「マトンカバーブロール」を食べること。

こ~んな感じの、ローカル感満載なマーケットで
c0338191_00300845.jpg
レストランやジュース屋さんやテイクアウトコーナーが
並ぶ中、やたら繁盛している赤丸の中。左の店の
お兄さんは暇そうなのに、ここだけ行列が・・・・・
c0338191_00301420.jpg
立ち食いするか、持ち帰りするか、駐車場に
車を停めて、車までデリバリーしてもらうか
しかないような間口の狭い店です。
マトンカバーブロールはこんな感じ。車の中で
自分の太ももがテーブル代わり。
いいのよ、おかげで広くて安定感抜群よww
c0338191_00302829.jpg
ミントチャトニー(手前のグリーンのソース)も
たっぷり、これで2本分ですが、お腹いっぱいになります。

さ、これでインドの食べ物には未練はないわ
日本で美味しいもの食べまくる準備万端。
(って、まだまだ出発じゃないんですけどね~。気が逸る。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2016-05-14 00:42 | 日本へ一時帰国 | Comments(0)

好きな人と好きなことを。

今日は友人と待ち合わせ。
オットが「毎日お出かけ子さんは今日はどこへ出かけるの?」
と聞くので「グルグラーム方面」と答えたら
「もうグルグラームに住んでれば?」と言われますた!

それはともかく、先日オープニングにおじゃました
ローチャン由里子さんの蓮の花の絵を、日中の明かりの中で
もう一度ゆっくり見たかったので、まずは画廊へ。
思ったとおり、ラピスラズリの青色の水面と
真っ白な壁とに蓮の花が浮かび上がってとっても綺麗!
天井も高いし、友人と二人でゆったりと鑑賞できました。
c0338191_00155126.jpg
オベロイは今日はメンテナンスの日だったようで
植え込みやバルコニーのグリーンの刈り込みや
プールの清掃、窓の清掃をやってましたよ。こうやって
日々きちんと手入れしているからこそ、あれだけの
全面ガラス張りの窓が、一点の曇りもなく綺麗なんだね~
c0338191_00160285.jpg
そのあとはなんとなくノスタルジックな内装の
ここへ。↓↓
c0338191_00181886.jpg
どこだかわかったアナタ、相当通ってますね??

そう、サイバーハブの Oh!Calcutta です。
ネループレイスにデリー本店がありますが
我が家からだとサイバーハブの店のほうが近いかな。
お昼のビュッフェはサラリーマンで賑わってました。
ビュッフェだと待ち時間なくさっさと食べられるから
近所のオフィス勤めの人が多かったです。
c0338191_00182415.jpg
手前から時計回りに
*ティンドラ(またはバルワーンテンドゥリ
と呼ばれる小さい縞瓜)カレー 
*ほうれん草のドライカレー
*ジャガイモカレー
*パニールとジャガイモ
*エビカレー
*白身魚のマスタードカレー
*プーリー(揚げパン)にごはん。

・・・とこれはメインコースですが、
(しかも自分の好きなものしか取ってないので、
他に豆類のカレーなどまだまだ沢山チョイスはあります)
更にメインコースを取った頃合を見計らって
揚げたてプーリーや焼きたてローティーを持って来てくれるし。
サラダ各種やミニコロッケ、スープなど前菜部門も
盛り沢山。メインのあとはベンガル風デザートや
フルーツ、アイスクリームなどもついて
800ルピーほど。立地やサービスなど考えても
かなりお得感があります。

ゆっくり落ち着いた雰囲気の中で絵画を鑑賞して、
楽しいおしゃべりをしながら美味しいご飯を食べて
充実した一日でした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-05-06 00:38 | 青蓮日記 | Comments(0)

カルナティック・カフェ@GK2

たまに食べたくなるのが「南インド料理」

北インドだとギーやナッツ類をふんだんに使った
ムガール宮廷料理の流れを汲んだ「ムグライ料理」が
多いので、結構こってりなんですが、南は
お米や米粉、豆の粉を醗酵させて焼いたり蒸したりしたものが
主食だし、カレーもスープ系が多く
野菜とココナッツファインの組み合わせだったりするので
軽くて消化に良いものが多いですよね。

ニューフレンズコロニーのマーケット内にある
Carnatic Cafeの分厚いドーサが美味しいんだけど
家から出かけるにはちょっと遠いしなぁ・・・と
足が遠のいていたんですが
GK2のMブロックマーケットに2号店ができたというので
まもなく本帰国になる友人を誘って行ってきました。

と、入り口のシャッターがおりてるし~!
なんと、シャッターが壊れて開かなくなったらしくて
修理中でした。一筋縄じゃ行かないわね、インド。
裏から入れ、と言われたので案内されて
ぐるっと回り込んだら、なんと洗い場と
厨房を通り抜けて~~の、テーブル席へ。笑

迷わずこのお店の名物、
Malleshwaram 18th Crossを注文しました。
この画像からじゃわかりにくいけど、かなり分厚い
外側パリパリ、内側フワッフワな癖になる食感のドサ。
c0338191_00553255.jpg
つけあわせのサンバル(スープ)も三種類のソースも
作りたてで美味しいんです。かなり溶かしバターが
使われているし、内側にはチャトニーが塗られているし
カロリー高そうですが、これが不思議とペロッと
行けちゃうんだな~

デザートにはお決まりのオッバットゥという
黒砂糖をまぶした、ミルクに浸して食べるパンケーキを
二人で半分こしてもらって、フィルターコーヒーも。
(写真左手、アワアワのがフィルターコーヒーです)
c0338191_00552687.jpg
手軽にパパっと南インド料理を食べたいときには
おすすめ。GK2のMブロック、イタリアンのDIVAとか
ARTUSIとかの並び、Yetiの近くにあります。
お金かかってなさそうな内装で、ローカル食堂の
イメージなのであんまり期待しないで行ってね。
私は次回はMini Mealを食べる。(もう決めてるのか!)
c0338191_00553765.jpg
厨房にアイヤッパン(南インドの神様、デリーの
クラフトミュージアム入り口に素焼きの像がありますよね)
みたいな見事なお髭のコックさんがいますから、注目よ。

・・・・・って、この記事を読んで
Malleshwaram 18th CrossドサとObbattuと
フィルターコーヒーの注文が増えたら、私を
営業部長に雇ってもらおう。(←また言ってる。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2016-05-04 00:58 | 食文化 | Comments(0)

インド料理、作ってますか~!??

デリー駐在を終え、タイにスライドした友人から
嬉しい便り。タイでのお友達を招いて
「インド料理の会」を開催したそうで
そのときに我が家で一緒に作ったチキンの
ビリヤーニーも作ったんだって。
こうして、ちゃんと作ってくれている、ってのが
わかったら教え甲斐がありますよね。

更におかしいのは、彼女の大好物の小豆カレー
「ダール・マッカニー」を作りたいと思って
検索したらヒットしたのが、
私のレシピブログだったって。(最近すっかり
放置してるけど、こうして利用してくれていると
わかったら、再開せねば~と思ったのでした。てへへ)
→→FOODIESレシピ

冬のデリーは野菜が新鮮で美味しい季節。
・・・ってわけで、ブロッコリーをさっと茹でて
ナムル風に味付けしたものなども、カレーの
箸休め(?)に登場します。
c0338191_01171102.jpg
左から、トマトベースのポークカレー
ブロッコリーのサラダ
シャヒー・パニール
この日は野菜のビリヤーニーとあわせました。

サブジー(おかず、カレーの総称)ってね、
和食器と相性がよくて、藍の煮物鉢などに盛ると
パ~っと映えるんですよ。
下に敷いてるプレースマットは言わずと知れた
Fabindiaのもの。ポールスミスかイッタラか
・・・って感じのマルチカラーストライプですよね。
c0338191_01312239.jpg
もひとつお気に入りのカレー用鉢はジャイプルの名産品
ブルーポタリー↑↑↑。これも使い勝手が良いんですよ~
サラダ盛っても美味しそうに見えるし。

寒さがぶり返したので、風邪気味だ・・・って方が
多いようです。あったかくして週末をお過ごしください。
一時帰国の疲れが残ってるかな~、って感じだったら
温めたミルクにターメリックを入れて飲むのも良いですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2016-01-17 01:35 | インド料理青蓮レシピ | Comments(5)

最新の記事

車の売買のこと、排気ガス規制..
at 2017-04-26 01:46
一時帰国前の冷凍・冷蔵庫一掃..
at 2017-04-25 00:57
パンランチ
at 2017-04-24 01:58
夏の結婚式・その1「婚約式」
at 2017-04-23 01:30
23日はデリー市局の選挙です
at 2017-04-22 04:02
自分の身を守る その3 女性..
at 2017-04-21 02:15
インド頭脳の流出
at 2017-04-20 00:33
日本の絵本がインドにも届く
at 2017-04-19 02:58
鍋ツアー
at 2017-04-18 00:46
マンゴー・ターリーふたたび
at 2017-04-17 00:39

最新のコメント

> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:37
22,23日がドライデー..
by サントーシー at 00:10
ビンテージ仲間!!うれし..
by ジャスミン at 21:04
> ジャスミンさん♡♡ ..
by neelkamal at 16:04
はじめてコメントします。..
by ジャスミン at 11:30
> filmingind..
by neelkamal at 17:04
> Luntaさん わ..
by neelkamal at 17:01
お返事ありがとうございま..
by AZ at 14:59
> AZさま コメント..
by neelkamal at 01:52
> chipkhanaち..
by neelkamal at 01:50

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング