旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:インドの結婚式 ( 4 ) タグの人気記事

夏の結婚式、何着よう

去年の秋口から続いた結婚式シーズンも
暑くなったらもう終わり・・・・・・と
思っていたら、そうでしたそうでした
パンジャービー出身者やスィク教徒の場合
バイサーキー祭までは結婚式があるのでした。

最近ではとりあえずWhatsApp(英語圏のLINEの
ようなアプリ)で招待状の画像が送られてきて
その後、ミターイー(インドのお菓子)や
ドライフルーツなどとともに、正式な招待状が届きます。

通常 Mrs & Mr.〇〇〇&Family って書かれた
招待状の宛名。オットの名前は書かれていても、
私のフルネームが記載されていることは稀ですが
昨日届いたこれには私の名前がちゃんと書いてある~
c0338191_01505651.jpg
左側に巻かれている赤い紐はカラーワーとか
モーリーと呼ばれ、お祈りの儀式などの宗教儀式で
お坊さんが手首に巻いてくれるものです。
男性は右手首、女性は左手首に巻いてもらい
それによって神様の加護があり、災いを退けられる
とされている聖なる紐。

招待状の下には木製のお盆と、こんな袋が
大小二つ乗っていました。
c0338191_01510764.jpg
中身はおつまみにぴったり、やめられないとまらない
絶妙な味加減のアーモンドと、お口直し用の
銀箔つきカルダモンと小さな角砂糖が入っていました。
c0338191_01511415.jpg
暑い時期になると、ミルクを使ったインドのお菓子は
避けて、ナッツ類の詰め合わせが招待状とともに
配られることが多いですね。

それはともかく・・・・メヘンディーと
婚約式と結婚式、3回のイベント X 2家族分で
なんだかんだで6着の服がいるわけですよ。
冬場は着物で対応できたけど、もう暑すぎてねぇ。
それも、派手目の着物じゃないとインド人に納得して
もらえないーーー夏の着物だとそうはいかないし
インド服のほうが良いんだけど、手持ちのは
すでに既出感ありありで(ほとんどのメンバーが
被っているので同じものが着れないという。)。

こりゃあわてて何か調達せねば、と焦っています。
その前にたぷたぷの腹回りとプヨンプヨンの二の腕!
エドはるみさんのライザップみたいな効果的なの
ないかしらねぇ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-04-10 02:14 | 青蓮日記 | Comments(0)

インドの結婚式(花婿側で参列編)

デリーから車で5時間弱、パンジャーブ州と
ハリヤーナー州の州都・チャンディーガルでの
結婚式に行ってきました。
金とダイヤモンドの仕事をしているリッチな家族の
跡取り息子のお式なので、絶対行きたかったんです~!

5日間にわたる数々のセレモニーのうち
4日目が結婚式。その前に
①婚約式にあたるリング・セレモニー
②両家の顔あわせカクテルパーティ
③女性参列者にメヘンディーを施すメヘンディーナイト
が行われ、我が家は4日目夕方の花婿の頭にターバンを巻き、
顔の前に下げるセへラと呼ばれる飾りをつける儀式
「セへラ・バンド・セレモニー」から参列しました。
以下、順を追ってどんな流れなのかを写真でご覧ください。

指定のホテル、マリオットにチェックイン時に渡された
キーカード。結婚する二人のイニシャルがついた
(招待状とおそろいのロゴ)オリジナルキーカードが
準備されていました。これには儀式の時間と場所が
印刷されています。
c0338191_02052400.jpg
滞在中、お部屋で食べてね、と
おやつと飲み物がギフトパックで届き。
c0338191_02052931.jpg

セヘラ・バンド・セレモニーは花婿自宅での開催で会場へ。
ふえ~~~!!という大邸宅で、
会場となるお庭へのアプローチがこんな。
c0338191_02051840.jpg
お坊さんがお祈りをしたあと、ターバン巻の専門係が
花婿にターバンを巻きます。
花婿の両側が両親、左手のセーター姿の
人がターバン巻き職人(?)
c0338191_02055811.jpg
親族がターバンに宝石でできた飾りをつけたり。
お祝いを渡したり。
c0338191_02060353.jpg

親族の男性もみんな、お揃いのゴールドのターバンを巻いていくので、
ターバン屋さんは3人待機していました。
ターバンやだ、って人は首にかけるショールが渡されるんです。
その後、家の前から数百メートルは白馬に乗って
親戚一同が踊りながら移動。(昔はずっと会場まで
踊りながら行ってたようですが、最近ははじめと最後のみで、
途中は車移動)
c0338191_02062227.jpg
家の前にあった「花嫁を家に連れて帰るときに使う車」
・・・・ベンツです。このほかに、ランドローバー新車も
薔薇でデコレーションされて待機してました。
c0338191_02160691.jpg
花婿側の親戚・関係者はそれぞれの車で結婚式会場へ。
会場入り口では待ってる間用にバーカウンターが
設置されていました。豪華スナックも食べ放題。
会場入りする花婿さんはアプローチを馬車で移動。
c0338191_02175341.jpg
花婿のお姉さんたちが、小さな男の子たちと一緒に
馬車に乗ってます。一族の中の小さな男の子を花婿と
一緒に馬車や白馬に乗せるのは決まりごと。

会場はこんな感じ。あとで聞いたら、
3,000人ほどの参列者がいたんだそうです。どひゃ~
c0338191_02202867.jpg
会場アプローチを親戚が踊り、練り歩いて小一時間
ようやく花婿が会場に到着。
まわりにターバン巻いたバンドや太鼓や
バングラを踊る人がいっぱいですが矢印の下に花婿さんが。
c0338191_02220577.jpg
この間もひっきりなしにおつまみやお酒が配られ
オットが「酒は全部18年ものだ~」と喜んでおりました。

そしてようやく花嫁の入場。
花のアーチを捧げ持っているのは、花嫁の兄弟や従兄弟たちです。
綺麗で可愛い花嫁さんでしたよ。(ネックレスや
アクセサリーの豪華なこと!)
c0338191_02244030.jpg
二人が揃ったところで、
「ジャイマラ」と呼ばれる花輪交換の儀式。
c0338191_02255376.jpg
ジャイマラが終わったら、参列者が壇上にお祝いに行きます。
そして、ゲストはご飯の時間。
インド料理だけでなく、イタリアン・中華・メキシカン
・・・と各国料理が揃っていました。

この段階ですでに日付が変わろうとしており
これから「結婚の儀式」
(聖なる火のまわりを7回まわって結婚の誓約をする)が
始まるのです・・・・・が私達は翌日もあるので
ここで失礼してホテルに戻ったのでした。

いや~~、行って良かった。
近来稀に見る豪華さで参列している女性の衣裳が
きらびやかで、さらには宝飾業界の方々が多かったので、
アクセサリーも豪華絢爛、目の保養になりました。
そうそう、私も無事帯が結べましたよ。ご報告まで。

今日書ききれなかったぶんは、続編で。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-02-07 02:42 | 青蓮日記 | Comments(0)

どぇええええ!すごいの来た!

今日クーリエで届いたこれ、さて な~~んだ???
ずっしり重いです。
c0338191_23363703.jpg
蓋を開けたら、分厚い本みたいなのが入っています。
辞書?? コーヒーテーブルブック??厚みは4センチ。
c0338191_23364368.jpg
いやいや、なんと
結婚式の招待状でした~
毎年ド派手な招待状が届くインドの結婚式
その年の流行なども垣間見えて、楽しみなんですが
年々エスカレートしているように感じます・・・
まぁ、これだけの人口を有する国だもの、富裕層だけを
ターゲットにしても「結婚市場」は儲かって仕方ないですよね。

分厚い本に見えるものの中には、これまた一枚一枚が
ずっしり重たい、結婚イベント(?)の招待状が4枚。
c0338191_23365262.jpg
両家顔合わせのカクテルパーティ
メヘンディー・ナイト(女性参列者にメヘンディーを施す)
結婚式 そして 披露宴 と4日にわたるものです。
招待状の裏側には、枝垂桜の模様。あら、なんか日本的。
c0338191_23374337.jpg
おそらく今季、我が家が招待される結婚式の中で
一番派手でお金かかってるであろうもの
行きたい、行きたい。
が開催場所がチャンディーガルだしなぁ

・・・・とあきらめておりましたら、オットが
「最後の2日だけ行くか」と申しまして。
きゃ~~~!!
サーリーじゃ寒いしなぁ・・・・・
そうだ!日本人だし期待されてる通り、着物で行けば
いいじゃない!と思いまして。

でもさ、あと3週間ほどで、着付けの特訓せねば。
着物の着付けを習得できなかったら、
土壇場でサーリーにすればいいのよ。ぷははは!
(↑↑日本人にあるまじき・・・・!!??)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2016-01-18 00:14 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

お日柄もよろしいようで

昨日の記事と関連して、このシーズンの
「結婚式に良い日取り・時間帯」をお知らせしますね。
デリーNCR在住の皆様は、結婚式へのおよばれが
予想されるので(もれなく渋滞も。)心の準備を
しておいたほうが良いですね。

年内は
12月13日(日)から12月14日(月)にかけて: 
トゥリティヤー=「新しい事をはじめるのに良い日」

来年になると
1月15日(金)の夜から16日(土)の夕方まで:
サプタミーとよばれ、太陽神に捧げられる吉祥日

その他、詳細は省いて日にちのみお知らせしますね。
1月20日(水)
1月26日(火)
1月28日(木)夜から30日(土)の朝7時過ぎまで

2月2日(火)午後4時過ぎから6日(土)深夜までの
連続5日間
2月11日(木)11時から22時39分まで
2月12日(金)朝9時過ぎから翌13日深夜2時ごろまで
2月17日(水)朝7時39分から翌18日(木)深夜2時14分まで
2月は22日(月)24日(水)
27日(土)から28日(日)にかけて

3月は1日(火)3日(木) 5日(木・・・・・と
まだまだ続きますが、5日あたりで今シーズンが
終わりになるかと思われます。

緑の太字は特に縁起が良いとされる日。
・・・・とは言っても、これは「ヒンドゥー教徒」の
カレンダーに則った例で、スィク教徒やジャイナ教徒
イスラム教徒などはまたそれぞれの吉祥日があります。

そんなの覚えきらんわ!と思ったら
グーグ○先生に Auspicious Day for (Hindu、
Sikh,Muslim,Jain) Wedding と検索かけると
日にちが出てきますよ。便利な世の中になったものだわ。

今季のパーティサーリーのキーワードは
「Sheer(透け感のあるチュールなど)」
「Traditional Chic(シルク+金のボーダー)」
c0338191_00484387.jpg
そして、まだまだHalf and Halfの流行が続いているようです。
結婚式自体は「Heavy and Gorgeous」な
がっつり派手派手、ゴールドピカピカ が
トレンドですよ。

上のおめでたい日付はダイアリーにメモしてね。
…..φ(´・ω・`)カキカキ♪

現地校にお子さんが通っている・・・という
ママたちのために、改めて「来年の行事カレンダー」を
アップしますので、しばしお待ちを~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2015-12-09 00:52 | インドの祝祭日 | Comments(0)

最新の記事

ギリギリセーフ、行ってきまっす!
at 2017-05-16 01:25
神様感たっぷりな人々
at 2017-05-15 02:13
一時帰国前の週末の過ごし方
at 2017-05-14 01:35
やっぱりブロックプリント
at 2017-05-13 01:31
インド生活スタートアップ講座..
at 2017-05-12 02:15
満月の夜に
at 2017-05-11 02:10
カフェギャラリー@パハールガンジ
at 2017-05-10 01:00
夏の花盛り・定点観測
at 2017-05-09 00:28
乾燥注意報!!!!
at 2017-05-08 00:44
夏の結婚式・完結編
at 2017-05-07 01:21

最新のコメント

日本人学校の卒業です。今..
by yi at 22:36
先日はお忙しい中ありがと..
by K.N at 18:13
> まさし様 コメント..
by neelkamal at 01:11
ワンコのピンクのターバン..
by まさし at 12:24
> yukkescrap..
by neelkamal at 01:09
すごい! 至れりつ..
by yukkescrap at 22:57
> Luntaさん 食..
by neelkamal at 16:02
青蓮さん、たとえなにがあ..
by Lunta at 07:36
> chipkhanaち..
by neelkamal at 00:28
長老と直接お話ができる機..
by chipkhana at 05:55

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング