旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

ナヴラートリ祭のはじまり

さぁ、そろそろ怒涛の「秋のお祭シーズン」に突入するインド。
まずは9月25日から秋のナヴラートリ(九夜祭)がはじまります。
(以前の記事はコチラ

その名の通り、9日間のプージャーが続く期間で、
ベンガル人たちはドゥルガー女神を祀る「ドゥルガープージャ」の時期。
トラに乗った女神様の像を見かけたら、それがドゥルガー女神です。
デリーではベンガル人が多く住む、チットランジャンパークで
盛大にドゥルガープージャがお祝いされています。

デリー界隈では毎日ひとりずつ、9人の女神様を祀りプージャ(お祈りの
儀式)を捧げます。自分の信じている神様によっても多少
入れ替わりがあるようですが、代表的な女神様たちは次の通り。
ドゥルガー女神、バードラカーリー女神、アンバーまたはジャガルアンバー女神
アンナープールナ女神、サルヴァマンガラ女神、バイラヴィー女神
チャンディカーまたはチャンディー女神、ラリタ女神とバーヴァニー女神
・・・・・とこう女神様たちの名前を並べてみると、
以外に自分達のまわりのインド人にもこの名前の女性が多いのに
気付きます。

ナヴラートリというとグジャラート州が有名で
ダンディヤという棒を使ったダンスを夜通し踊ることでも知られています。

今年は10月2日、ガーンディージャヤンティー(ガーンディーさんの生誕日)が
サラースワティー・プージャの日でもあり、8日目の行事、アシュタミーの
ご接待の日になります。カンジャクお接待の詳細はコチラでどうぞ。

時を同じくして、ダシャハラー(10日間続く)というお祭の時期でもあり、
こちらはラーマ王子を主人公としたラームリーラー劇が
毎夕行われ、最終日の10日目にはラーマ王子がランカの魔王
ラーヴァンを矢で倒すシーンが上演されます。
c0338191_02550910.jpg


ラームリーラーの会場は村の広場だったり、公民館のお庭だったり
デリーで一番大きな会場はラールキラーの前の(↑↑)ラームリーラーグラウンド。
ここで、でっかいラーヴァンの張りぼてが燃やされるのです。
(ラームリーラーがどんなお話なのかはコチラ。)
c0338191_02550915.jpg

この時期、ヒンドゥー教徒は基本的に断食しますが
それも人により・・・・・フルーツだけ食べても良いという人もいれば
小麦のチャパーティーはダメで、クットゥーという菱の実の粉末で
作ったものはOKという人も(↑↑写真中央の黒っぽい薄焼きパンがそれ)。
とにかく徹底的に菜食の期間なので
レストランでもナヴラートリのスペシャル・ターリーを出すところが
増えますし、普段肉を出しているレストランなどは、この時期は
すっぱりお休みしてメンテナンスにあてている・・・・というところも。
卵の消費が減る時期でもあるので、スーパーなどで卵を買うときには
日付チェックしないと古いものが混じっていることがあります。

話の種に、ナヴラートリのヴェジタリアン・ターリーを
食べてみるのもいいですね。ナヴラートリの本場、グジャラートの
食事を基調に、ラージャスターン料理も饗される「Rajdhani」が
おすすめ。ちなみに↑↑最初の写真はハルディーラームの
ナヴラートリ・ターリーです。
c0338191_02550964.jpg

お祭が続く・・・・ってことはみんなの購買意欲も高まるってこと
つまり! あちこちでセールが始まるんですよね。
なにか欲しいものがある方は、今がチャンスかも!(←私か。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550965.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-25 02:20 | インドの祝祭日 | Comments(0)

お彼岸&新月に

9月23日はお彼岸・・・・・ってことで
おはぎを作りました。
c0338191_02550859.jpg

時間がなかったので、餡子は缶詰のをバーミックスで
ガーッと(←←ガーッ、が得意技)。もち米じゃなくて
残りご飯に白玉粉を混ぜてレンチンしています。

9月9日の満月・スーパームーンからだんだんと
月が欠け、2週間で新月。23時13分が新月です。
新月の日は家でのんびりと過ごしながら、これから
新しく始めることを計画したり、断捨離したりするのに
良い日だと言われますね。
↓↓↓ 2週間前のスーパームーン
c0338191_02550815.jpg

新月から満月にかけて、月が満ちていく半月の間に
ダイエットなり、新しい仕事に取り組むなり、
新たな人間関係を構築するなり・・・・・すると
実り多いそうですよ。

新月の日にじっと家で過ごす・・・・・・いやいやいや無理無理。
明日で息子の前期試験の私の担当分が終わりますから
毎日おでかけ子ちゃん に戻りますわよ!

とりあえず千香子せんせーのおやつ新報でしょ
それからアートクラスで描きかけの絵を完成させるでしょ
コールマユール(女声コーラス)のミニコンサートにも行きたいし。
あっ、試験のおかげで延期していた結婚記念日ディナーにも行かなくちゃ。
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー♪♪笑!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550464.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-24 01:14 | 青蓮日記 | Comments(2)

パーティー用サーリーについて

デリー在住のさくら会(日本人会婦人部の名称)の
メンバーが楽しみにしている、年に一度の総会が
今年も11月頭に開催されます。

で、この時期になると問い合わせが多くなるのが
どこでサーリーを買ったらよいですか?ってことですが
まずさくら会総会に限らず、パーティ用サーリーは
「パーティーがどのくらいの規模なのか、会場は
どこなのか、参加するお客様はどなたなのか」を念頭に
選ばねばなりませんね。一人だけカジュアルすぎてもダメだし
張り切りすぎても浮くし。
(サーリーについての去年の記事、「サーリーの薀蓄」
あわせてご覧ください。)

さくら会のパーティーの場合には、参加者が日本人ばかり
ですから、多少のフュージョンもOK。好きな色で、好きな素材で
良いと思いますが、今回はじめて・・・・と言う方は
できれば去年のパーティに参加した方などから、大体の傾向を
訊いておかれることをおすすめします。

インド人のお金持ちも沢山来る・・・というような場合には
素材にも気を使ったほうがいいですね。昼間のパーティーなら
シルク素材・伝統的な産地にもこだわって、
夜ならビーズキラッキラのシフォンサーリー・・・って具合。
夜のパーティーや結婚披露宴の場合には、アクセサリーも
ゴールドやキラキラ系がおすすめです。(キラキラ系のパーティ用
アクセサリーはラジパト・ナガルなどにありますよ。安いから
この際セットで買っちゃえ~~!)

サーリーの着付けにもいろいろありますが
メイドさんに着付けてもらう場合、必ず先に「履いていく靴」を
着用して、その着丈にあわせて着せてもらってくださいね。
着物と同じく、足さばきも潔く、背筋を伸ばして歩いてね。

サーリー以外に最近のパーティーで流行りなのは
なんといっても「アナールカリ」と呼ばれるデザインの3点セット
(ストール、ワンピース風本体、パンツ)。3年くらい前から
ずっとこのタイプの流行が続いていますが、胸元までが
フィットして、その下はピャ~~っと広がったタイプ。
↓↓ ボリウッド女優さんたちも、こぞって愛用しています。
c0338191_02550801.jpg

アナールカリのフュージョン版↓↓ こうなると日本でも
パーティドレスとして応用できそうですね。
c0338191_02550838.jpg

もうひとつは短めのブラウス(チョーリーと呼ばれます)、
ロングスカートと大きめのドゥパター(ショール)の三点セット、
「レヘンガー」スタイル。

こちらも最近はボリューミーなのが流行りで、蛍光色や
濃い目のサーモンピンク、フューシャピンクが人気色。
c0338191_02550860.jpg

ちょっと↑↑これじゃボリューム出すぎるわ~って方には、
マーメイドラインのもありますし、色味抑え目のもありますよ。
c0338191_02550816.jpg

インドに住んでいる間に「着倒す」くらいの気持ちで
いいのをひとつ買って、着まわしてもいいですね。
(日本に持ち帰っても、よほどのことがないと着ないと思う。)

そして、サーリーの場合にはワンタッチ(スカート式に
インサイドベルトを入れて、ホックで留められるように加工)ではなくて
そのままの状態(6メートル弱)にしておいたほうが
色んなパターンの着付けが楽しめますよ。

あ~いかんいかん、ついつい得意分野の話で長くなってしまいましたが
質問疑問のある方は、どうぞお気軽に。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550242.jpg

にほんブログ村

9月24日 追記
肝心のおすすめのお店の名前を書き忘れておりました。
モールの中に沢山のキラキラサーリー屋さんが入っているので
全部チェックしてみると良いと思いますが、Meena Bazaarが
キラキラ系の上品なものが揃っています。あとは高いけど
流石にいいものが揃っているのがハウズ・カース・ヴィレッジの
OGAAN。 HKVには他にも沢山セレクトショップがあるので
散策ついでに全部のぞいてみるのもいいですね。ついでに
シャープル・ジャート・ヴィレッジも見てみてね。
伝統的なシルクサーリーだとサウスエクステンションの
Nalli Silk Sareeなど。とにかく時間に余裕を持って、これは!と
思える一枚に出会うまで、いっぱい見せてもらってください。
根負けしないよう、妥協しないようにね、お友達と一緒に行って
客観的な意見を聞くのも大事です。サーリーは値段=品質です。
自分の予算にあわせて、素敵なものを見つけてください。
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-23 02:33 | インドファッション | Comments(4)

もいちど行きたい3つのホテル

現実逃避ついでにインド国内で私のお気に入りの
ホテルをご紹介。インドに住んでいるあなたも、インドに
遊びに来るあなたも、一度は行ってみるといいと思う場所。

その1 : Aman Bagh
世界に多くの熱狂的ファンを持つアマンリゾート。
そのファンたちはアマン系列のホテルだけを泊まり歩き
「アマン・ジャンキー」と呼ばれている。そのロケーションは
どこも、一体どこからこんな場所を考え付いたんだろう、って場所ばかり。
このスタッフたちはどうやって教育したんだろう
ここでこの食事のクォリティの高さを維持できるのは何故?と
思わずいっぱい質問したくなるリゾートなのです。

アマン・バーグはデリーから車で4時間ほど。ジャイプルから
2時間少々の、アリガルという村に位置しています。

お部屋の入り口はこんなかんじ。もう、ラージャスターンの
お姫様になった気分よ。しかも各部屋にミニプールがついてるし。
(プールがついてないカテゴリーもあります)入り口の右手に寝室
左手にお手洗いやバスルームなどが。
c0338191_02550850.jpg

コの字型をしたロビーのある棟(といっても2階までしかなく、2階には書斎が。)
の中央には素晴らしく綺麗な水をたたえたプールが。
このプールを目当てに、夏場の週末にはジャイプルに住んでいる
フランス人などのExpatsがやってくるというのも頷けます。
c0338191_02550848.jpg

スパも、いいのよ~~。

その2 : Aman-i-Khas
同じくアマン系列で、ランタンボル国立公園に位置するのが
アマニカースというテント式のホテル。
なんだテントか、と侮るなかれ。ラグジュアリークラスのホテルも
びっくりな設備とサービスなのです。
ここを基点に朝晩サファリツアーに出かけるというわけ。
Out of Africaというメリル・ストリープとロバート・レッドフォードの
映画がありましたが、まさにそんな感じ。
c0338191_02550813.jpg

夜になると空気がピーンと澄み渡り
みんなでキャンプファイヤーを囲んでワインを。
いやいや、下戸な自分を呪うひとときですよ。

その3 : Glenburn Tea Estate
ダージリンにあるお気に入りの、茶園の中のプチホテルですが、
ここでついぞ日本人と遭遇したことがありません。値段が高いから?
いやいや、この宿泊費には食事はもちろん、茶園ツアー、
ダージリン観光やら、ネイチャーウォークやら
谷のむこうの避暑地・カリンポンへのデイトリップやら
系列キャンプ場でのピクニックやら、すべて含まれているのです。
もちろん滞在中にダージリンティーは飲み放題。笑

お部屋はイギリス統治時代の名残をとどめたインテリア。
特にバラ・バンガローと呼ばれる茶園主の邸宅を改造した棟は
趣があります。ひとつひとつの部屋の基調になる色が異なり
どの部屋にしようか、悩む。↓↓こちらは茶園らしくお茶の色
お茶の花や葉っぱの模様に囲まれたお部屋。
c0338191_02550875.jpg

新館、リリーバンガローには出窓つきのお部屋もあります。
ここで山の景色を眺めながら、アフタヌーンティーなどを
楽しむこともできるというわけ。
c0338191_02550852.jpg

新館のよいところは、部屋からそのままヒマラヤ連峰が
眺められること。移り変わる山の景色、カンチャンジャンガー峰(8586m)が
見えるベストシーズンは10月後半から1月前半。
c0338191_02550819.jpg

ダージリンの中心街から谷をはさんで対面の山肌にあるホテルですが
ここだけで十分楽しめること請け合い。

いやいや、まじでまた行きたい。
三つのうちどれか一つを選べと言われたら悩むなぁ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550877.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-22 01:16 | 旅行 | Comments(5)

混ぜ物・添加物のないものって

コンピューター理論の勉強が終わったので
今度は「生物」三昧な母です。なんでそんなに長いこと
試験があるのかって?一日一教科、間に休みをはさみながら
なので、開始から終了までに2週間もかかるんですよ~
他のインドの現地校でも似たり寄ったりの試験スケジュールかと
思われます。

生物でMetanil Yellowの含有を調べる実験、ってのがあって
メタニルイエローって食品への添加が禁止されている着色料
なんですよね。アルハール・ダールにも含まれているらしく
それを検出する方法などが試験に出るんですが
同じ着色料がターメリック・パウダーからも検出されることがある
・・・・・って恐ろしいことが教科書に書いてあって、ワナワナ。
(肝機能障害や鬱症状などを引き起こす着色料なんです~)

それが気になって、息子が暗記している間に
他の食品添加物や混入物を調べていたら、ちょっと
笑えるものが出てくる出てくる。

ターメリックの混入物: チョークの粉、のこぎり屑
ジャガリー(椰子糖): 砂糖水
レンズ豆 : スイートピーの種
黒胡椒 : パパイヤの種
粉末香辛料 : でん粉、塩、ふすま、のこぎり屑
砂糖 : チョーク、尿素、着色料

「チョーク」と「のこぎり屑」大活躍 
・・・・・ってツッコミどころはそれじゃなくて、
やっぱりなんでも自分で作る、できるだけ自分で加工するのが
安全だなぁと思ったのでした。

で、一番わが身にふりかかった時のことを想定して悲しかったのが

サフラン : とうもろこしのヒゲ ってやつ。

高いサフランを買ったはずなのに、中身がとうもろこしのヒゲって。泣

とうもろこしのヒゲといえば!!
先日野菜市場で買った新鮮なトウモロコシのヒゲと皮を
天日乾燥させまして~、カラッからに乾いたやつを
乾煎りしまして~、 トウモロコシ(ひげ)茶を作りました!

お勉強の合間にトウモロコシ茶で一息。
効能は:カリウムを多く含み、利尿作用がある。
むくみに効果的
カロリーがなく、ダイエット茶としても飲める
血糖値を安定させる効果  とあります。
利尿作用があるってことは、実証できました。笑!

さ、24日までもうひと頑張り。
(そのあと数学の試験もありますが、それは私の担当科目じゃ
ないから~~~!)

今日も 応援 ポチっと↓↓ お願いします。
 
c0338191_02550890.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-20 01:18 | Comments(2)

デリーで草月流デモンストレーション

このところ使いすぎている脳みそを(もともと少ないのに!)
ちょっとリフレッシュしようと、
今日はインディア・インターナショナル・センターで開催される
草月流のデモンストレーションに行って来ました。

国際的に活躍なさっている石川己青(みせい)先生の
デモンストレーションを一目見ようと、インドで草月流に
親しんでいる方々(ほとんどがインド人。)や各国の大使婦人方が
お見えになっていました。

英語で説明しながら、客席が正面になるようにして
どんどんアレンジが進みます。最初は盛り花、そして投げ入れ。
c0338191_02550762.jpg

デリーで普通の花やさんに売っているものだと、使いにくいだろうなぁ
と思っていたのですが、デリーで草月流に関わっているインド人マダムたちは
ファームハウスのような大邸宅に住んでいる方が多く、お庭に
いくらでも花材が生えている(!)のです。
乾燥ものの羊歯や椰子の葉、水引などは
己青先生が日本からお持ちになったようですが
その他はすべてデリーで調達したもの。

↓↓ 自由花(フリースタイル)では、インドの国旗
ティランガー(三色)とアショークチャクラ(法輪)に見立てた
アレンジをなさって、拍手喝采でした。
c0338191_02550754.jpg

これも草月流らしいアレンジですよね。ピンクのファイバーを
ふわふわっとかけて、もやのかかったデリーを表現しているんですね。
スモークツリーが、まさにこんな感じだなぁと思って
その発想の豊かさにうっとり魅入ってしまいました。
c0338191_02550792.jpg

最後は舞台中央を全部使っての大物アレンジ。
以前は日本人マダムたちがアシスタントを務めていたのですが
もうインド人の草月流メンバーが育っているので、すべて
お任せできるようになったということですね。
c0338191_02550789.jpg

実は私、草月流の3級師範免状を持っていて
雅号もいただいています。でもインドじゃ花材を手に入れるのが
難しいから・・・・・と手もつけずにおりました。
今日、己青先生が仰ったこと:
The philosophy of the Sogetsu School of Ikebana is that
anyone can arrange ikebana anywhere
with any materials anywhere in the world
すっかり忘れていたこの言葉がビビっと響きました。

いやいや・・・・・2時間の間に全部で9作品
見ごたえのある、素敵な時間を過ごさせていただきました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_02550464.jpg

にほんブログ村
渋滞を見越して早めに出たら、えら~~く早く会場に着いてしまい
ゲートの係員に「生け花なんだけど、会場はどこ?」と尋ねたら
そんなのやってないと。・・・・・・・・・・ん????
そんなはずはない!と食い下がったら
間違ってインディア・ハビタット・センターに来ておりましたとさ。
落ち着け、私。

[PR]
# by neelkamal | 2014-09-19 03:09 | 芸術・文化 | Comments(4)

あと2日であのイベント!!

このブログをご訪問いただいている方々は
インド大好き、インド関連のイベントなら絶対行く
インド料理も大好き、以前インドに住んでいた・・・・・という
インド好きな方々が過半数かと思われます。

日本にお住まいのインド好きな方々が楽しみにしている
イベント「ナマステ・インディア」がいよいよ
9月20日(土)、21日(日)に開催されるんですよ~!
c0338191_02550709.jpg

(↑↑画像はクリックしたら大きくなります。)

いやいや、今年は直前にまさかの
「代々木公園デング熱騒動」で閉鎖区域が出たりして
ひやひやしましたが、無事代々木公園で予定通り開催決定で
ホッとしました。

・・・・・というのも、もとデリー&グルガーオン在住の
友人知人が出るボリウッドダンスチームが二つも出演するので!
9月20日(土)12:30~ DB2(男性ユニットに舞姫2名の特別編成!)
 同      16:50~板倉リサ&GIRLSBEE 「BOLLYWOOD SHANTI NACHLO」

その友人知人たちがグルガーオンのダンススタジオで
ダンスを習っていたのが、以前日本の雑誌でも紹介させてもらった
この人!!↓↓↓ <写真左端・過去記事はコチラ
c0338191_02550725.jpg

彼がなんと12:30からのDB2のダンスに出演するため
日本に行くのです~!

彼のキレッキレのダンスを見たい方
綺麗なお姉さんがいっぱいなボリウッドダンスを観たい方
インド伝統舞踊を観てみたい方、インド古典音楽に触れてみたい方
美味しいインド料理を食べたい方、ヨーガやアーユルヴェーダを
体験してみたい方、チャダさんに会いたい方
・・・・・・・この週末は「ナマステ・インディア」で集合!
詳細はコチラのHPで。

奇しくもこの日、デリーでは「ニューデリー日本人学校夏祭り」が
開催され、お祭気分が盛り上がっておりますよ~

(え、私ですか?ドイツ語終わって生物の勉強中なはず。泣)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550246.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-18 01:56 | 青蓮日記 | Comments(0)

インド南北ブロックプリントの技

北インドのブロックプリントといえば、ジャイプルおよび
その近郊の村が有名ですが、ラージャスタンのお隣、
グジャラート州にも伝統的なブロックプリントの技が息づいています。
このご紹介はまた後日するとして。

今日ご紹介するのは南インドのもの。通称カラームカリと
呼ばれていますが、もともとはカラーム(ペン)カリ(仕事)の名の
示すとおり、寺院などに奉納する布を、ペンを使ってロウケツ染めで
作っていた地域があったのです。それがだんだんと木版を使って
布を染めるようになり、名前だけがそのまま継承されています。

テランガナ州(アーンドラ・プラデーシュ州が分割され、二つの州に
なったのは記憶に新しいですね。)の州都ハイダラバードから
陸路移動していると、空港を出たあたりで立派な高速道路だったのが
いつの間にか綿花畑の中を走る道路になり、こんな風景に出くわしたりも。
え~と、ハイウェイはいつ降りたっけ???
c0338191_02550580.jpg

更にアーンドラ・プラデーシュ州の州都ヴィジャヤワダから
海辺に向かって走ります。
(こうして出張であちこち回るおかげで、息子の地理を
教えるときには臨場感溢れる?説明ができますよ。へへ)
c0338191_02550520.jpg

途中点在する村々は「布」の家内工業で
生計をたてている家庭が多く、綿花から篠綿をつくり、それから糸を紡ぎ、
縦糸をはり、横糸をうちこんで布を織る・・・・・・そのいずれかの工程に
関わっています。(村に近くなればなるほど、いろんな生き物が登場。笑)

カラームカリ(ブロックプリント)を施す前に、織物工場から
届いた布を仕上がりの色に合わせて漂白したり、生成りのまま
使ったり、糊付けをする作業が待っています。この工程は
機械でやっているところも多いのですが、この村ではまだ
人力で、お兄さん達ががんばっていました。
c0338191_02550513.jpg

黄色はターメリック、青は藍、葉っぱやら
樹液の塊やら・・・・・こういった自然素材での染めを
行っているところが少なくなってきた昨今。
こうして伝統手法を守っている工房は貴重です。
c0338191_02550516.jpg

一つ目の版を押したもの。
このあと数色、版を重ねたり、更に地色を染めたりして
できあがり。(↓↓これは某Fぁぶ Iんでぃあの商品になるんだそう。)
c0338191_02550579.jpg

木版は?って尋ねて案内されたのはここ。
こういう場所が3部屋分ありました。
が、この雑然とした置きっぷり、必要なものが
すぐに見つかるとは思えないんだけど・・・・・・・
c0338191_02550553.jpg

と、親方に聞いてみたら「大体何がどこにあるかわかってる」と。
奥のほうにあるのに行き着くまで大変そうなんだけど。

こういう村々の手作業が集約されて、商戦に乗り
私達が小売店で手にしているわけですね~。
こうして製造工程を見ると
お店でインドの布があったら、しみじみ眺めちゃいますよね。
貴重なものだし、これはぜひ買っておかねば・・・・って
買い物を正当化したりして。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓ お願いします
c0338191_02550419.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-17 00:21 | インドの布・手仕事 | Comments(0)

インド人をもてなすときのお料理は

先日とあるインド人の大邸宅で、インド料理を
教えていただくかわりに何か和食を作って・・・・という
お題を頂戴しました。

日本からインド訪問中の友人と一緒に伺ったので、
事前にメールで「私はこれ作ろうと思う」って相談して
インドで手に入らない薬味などを持って来てもらったのでした。

インド人に出す和食・・・・・といっても
「はじめて和食にチャレンジする人」と
「海外になれていて、お箸も使えるインド人」とでは自ずと
こちらの心構えも、対応も異なりますよね。

友人(食のプロ・以下師匠)が「菊花大根作る」と言ったとき、ん????と
思ったのですが、なんとこれが大ヒット。それもそのはず
大根ってインド人もサラダとして食べるものですよね、そして甘酢味の
大根に鷹の爪をちょびっと乗せればパンチの効いたものになるし。
もひとつ、絹ごし豆腐を一口サイズに切って、八丁みそダレと
茗荷、シソ、生姜、小口ネギなどの薬味をたっぷり乗せたものも
みんな喜んで食べてました。そしてもう一品、海老の手毬寿司も。

おぉ~~~、どれも意外な発見でした。流石は師匠、
考えつくことが粋だわ~。私も次にインド人を自宅に
招くときには、菊花大根と一口豆腐をやってみようと思ったのでした。
c0338191_02550576.jpg


私は定番の巻き寿司作りと、そうめんをゆでる係。
そうめんのプレゼンは師匠の指導のもと、グッド○ースの
お皿に盛り付け薬味をプラスしました。
なんか急にオシャレに見えるところが流石グッド○ースだわ。
c0338191_02550505.jpg

私達二人の和食は容量良くできたのですが、
普段夕食を22時ごろに食べる・・・というお宅だったので
お手伝いさん総出で広いキッチンで作業しても
全員揃って(嫁いだ娘たちとか、孫とか総出で
入れ替わりたちかわりで15人くらい?)ようやく
食べ始めたのが23時近く。

↓↓黄色い矢印の先に菊花大根があります。
お花に見立てて、葉っぱは紫蘇の葉を切って・・・・という
綺麗な盛り付けに、大邸宅のコックさんたち(この日は
3人、プラスアシスタント数名)が大興奮して写真撮りまくってました。
c0338191_02550511.jpg

和食を前菜に、メインはがっつりインド料理で・・・・
というへヴィーな、しかもけっこう辛いものばかりだったので
鼻水を拭き拭き(!)食べ終わってお暇したのは
零時を回っておりましたとさ。

ほんとおもてなしって、場数を踏むのが一番の
上達の道 ですよね。次のおもてなしの機会が楽しみです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_02550502.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-16 02:20 | Comments(0)

ポチッてしまった。

このところ試験勉強もあり、お出かけを控えているので
(をいをい、そう言いながら出かけてるじゃないか
というツッコミはお受けできません。笑)

家にいると余計なものを通販でポチる傾向があり、
やばいです。

あの、オシャレだけれど高い某グッド○ースのちょっと
真似っこっぽいものが結構ある「India Circus」。これは
クリシュナ・メヘターというデザイナーさんが手がけるブランドです。
(それもそのはずグッド○ースには彼のデザインしたグッズが
置いてありましたからね)

そのIndia Circusが、うまい具合に私をFBで誘惑するわけですよ。
絶妙なタイミングで広告が出てくるの。
で、とうとうポチってしまったのがこちら↓↓
c0338191_02550590.png

職人さんの手作業もの、とかじゃなくて
大量生産のプリントものだけど、シックな色味が
普段使いによさそうでしょ。6個セットで899ルピー<プラス税金>
c0338191_02550599.png

オットにはナイショですが(またグラス買ったの~!って
言われるに違いない=食器フェチなわたし)
着払いにしたので、届くときにバレるか。笑

もひとつポチったものはこれ。
「ミナレット・タンブラー」っていう名前がズキューン。
でも1個450ルピーはちょっと高いと思うんだけど・・・・・
c0338191_02550587.png

ポチポチをいいかげんでストップしとかないと
お小遣い使い果たしそうでコワイです。
誰かFBのステマを止めて。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_02550561.jpg

にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2014-09-15 03:47 | 青蓮日記 | Comments(0)

最新の記事

これはおススメ、なもの
at 2018-01-24 00:28
お日柄もよろしいようで
at 2018-01-23 03:05
ニッチな見本市
at 2018-01-21 00:56
新生チャナキャ・モール
at 2018-01-20 01:32
Good Earthのセール..
at 2018-01-19 01:11
デリー中心部・交通規制にご注意。
at 2018-01-18 00:57
家でじっとしている日もある(..
at 2018-01-16 01:16
CBSE Board Exa..
at 2018-01-15 01:20
ハッピーロホリー2018、そ..
at 2018-01-14 01:55
グルガーオン~オールドデリー縦走
at 2018-01-13 00:28

最新のコメント

ぜひ、レッスンにいらして..
by アルト2号 at 22:31
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 23:38
鍵コメFSさま ご縁が..
by neelkamal at 23:36
エプロンナイスカラー ..
by アルト2号 at 18:04
> まーさま~! 日本..
by neelkamal at 23:40
うわぁ~いつもありがとう..
by まー at 08:59
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 16:18
サツマイモパンおつかれサ..
by アルト2号 at 07:48
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:02
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 23:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング