旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

脳をリフレッシュ

日本に一時帰国していた友人から、お土産を
もらいました。なんと貴重な「まっすぐ」の牛蒡。
(インドでも日本人むけに作られている
牛蒡は買えますが、もっとワイルドな感じで、太さも
まちまち、曲がっているのが多いので。)
c0338191_00532981.jpg
きみ、はるばる海を渡って空を飛んできたんだね~。
牛蒡がありがたいのはもちろん、日本の新聞に
包まれていたのもまたありがたく。綺麗に広げて
どんなニュースが載ってるんだろうな~と熟読しました。
ふふふ

先日ご一緒した日本からのお客様と、ビッグバザールを
うろうろしていたら、興味を示されたのが
ベジ、ノンベジのマークつき食品類でした。↓↓
c0338191_00575063.jpg
シンプルで、何よりわかりやすい識別方法ですもんね~。
日本もオリンピックにむけて、(国際化を謳うなら)
もっとシンプルでわかりやすい食品表示が必要ですよね。
たとえばムスリムの食品認証・ハラール認証制度そのものが
世界的な統一基準はないとのこと。
宗派や宗教指導者ごとの見解の違いがあり、
ハラールについての解釈が異なるためで、今のところ
それぞれの認証機関独自で定めた基準を使っている国が
多いんだそうです。インドは更に、スィーク教徒の
ジャトカーという屠殺方法に則った肉しか口にしない
厳格なスィークもいますから、複雑ですよね。

で、冷蔵食品コーナーでお客様が激写したのが
この写真。まさかインドでヤクルトが売ってるとは~!
そして、ヤクルトにもヴェジマークがついてる~!と
かなり印象的だったようです。(先日のUN Womenの
シンポジウムでもヤクルトインドの代表の方の
お話を聞く機会があったので、ヤクルトとご縁がある?)
c0338191_00575497.jpg
そう言われてみれば、インドで目にするあれもこれも
慣れすぎて新鮮味がなくなっているので、たまに
自分で脳内リフレッシュの機会を作らないと。
ちょうど駐在2年目の方たちが「インド慣れ」すると
同時に「インド倦怠期」に入るのも、なるほど
うなずける事ではあります。

やっぱり鍵は「好奇心」じゃないかなぁ。
これは何?なんで?と思って、その答えを見つけて
面白い、と思えることを常に持っていること。
そのためにはもっとインドの文化的な面にも触れたほうが
良いんじゃないかなぁ、と思います。(自分にも
言い聞かせる。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-11 01:14 | 青蓮日記 | Comments(0)

クリシュナ聖誕祭

月の満ち欠けによって祝祭日が移動するインド
今年のクリシュナ神降誕祭は8月14日夜から
15日にかけて祝われます。この日はクリシュナ神を
祀るお寺やその化身をまつるお寺で盛大に
祝われるということ。
聖誕祭では赤ちゃん姿のクリシュナ神をブランコに
乗せて、参拝者がブランコを揺らしてお祈りする
習慣があります。
クリシュナ・ジャヤンティーとかジャンマーシュタミーとか
呼ばれて学校もお休みになる場合が多いです。
c0338191_02103536.jpg
夜から翌日にかけての祝日・・・というのが何とも
中途半端な感じですが、これはヒンドゥーの
シュラヴァナ月2回目の満月から新月にむかう
8日目(アシュタミー、と呼ばれます)と決まっているから。
デリーでは14日に祝うところが多いですが、ダヒ・ハンディーと
呼ばれる壺を取り合うお祭り↓↓は15日にムンバイ界隈で
行われます。
c0338191_02053492.jpg
デリーから車で行ける範囲にも、クリシュナ神ゆかりの
聖地があります。いずれもアーグラーに向かう途中で
生誕地マトゥラーはヤムナー河畔の古い町。
クリシュナが誕生した正にその場所には、
クリシュナ・ジャナムブーミという名前の寺院が。
c0338191_02052836.jpg
またクリシュナ神が一時期住んでいて、ヤムナー河に
住んでいた毒蛇カールヤを退治したり。ラーダーや
ゴーピーと呼ばれる牧女たちと遊んだ場所が
近郊の「ヴリンダーバン」。ここは大小あわせて
5000もの寺院があることでも知られ、乳製品が
美味しい街でもあります。
c0338191_02053018.jpg
クリシュナは『バガヴァッド・ギーター』で
主人公アルジュナの導き手として登場します。
その絵物語がデリーの「ラクシュミー・ナーラーヤン寺院」
(別名ビルラ寺院)別館に壁画となって飾られています。
・・・というわけで、このお祭り、デリーでは
ラクシュミー・ナーラーヤン寺院に詣でるひとが多く、
近辺が渋滞するんですよ。

色んな別名で呼ばれることも多い神様で、
ゴパーラ(Gopala、牛飼い)
ゴーヴィンダ(Govinda、牛と喜びの保護者)
ハリ(Hari、奪う者)
ジャガンナータ(Jagannatha、宇宙の支配者)
マーダヴァ(Madhava、春を運ぶ者)
ダーモーダラ(Damodra、腹に紐をかけた者)
ウーペンドラ(Upendra、インドラ神の弟)などなど・・・・・
そう言われてみれば、この名前のインド人男性が
あなたの周りにも一人や二人はいるはず。

お子さんが現地校に通っているママたち、
低学年の間は「クリシュナ・ジャンマーシュタミーですから

明日はクリシュナかラーダーかゴーピーの恰好で
通学を」っていきなり言ってきますよ~。
そろそろ準備を始めたほうが良いかも。
ちなみにクリシュナの持ち物は「頭に孔雀の羽根飾り
笛を持つ」んですよ。女の子はラージャスターン風の
レヘンガーだったらOK。こういうのね↓↓
c0338191_02054071.jpg
この機会に心静かにバガヴァット・ギーターでも読みますか。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
 
↑↑赤ちゃん時代のクリシュナ神
[PR]
# by neelkamal | 2017-08-10 02:15 | インドの祝祭日 | Comments(0)

シナモンとカシア

我が家でやっているインド料理教室でも
食材・メニューにあわせて様々な香辛料を
使います。時間があるときはオールドデリーまで
香辛料を買いに行きますが、普段はINAの
香辛料専門店やラ―ジパト・ナガルで買う事が多いです。

我が家で何かとよく使うのはダニヤー(コリアンダーの
種。自分で軽く煎って粉にしたり、夏場は粒のまま
水出し茶にしたりと何かと登場頻度が高い。)
自家製のガラム・マサーラーも材料をそろえて
煎って粉にして。

お菓子作りにも使うのがシナモン。
上質のものはスリランカ製だったりします。
熱帯地域で栽培され、スパイスの王様と呼ばれる
シナモン、クスノキ科の常緑樹の樹皮から
作られ、正式名称はセイロン肉桂
(日本のニッキはクスノキ科の種類の異なる
木の「根っこ」からとられているんです)
先日買ったシナモン。なぜかご丁寧に3本ずつ
結ばれていました。
c0338191_01154369.jpg
シナモンはこんな風に綺麗に筒状になっているものが
多いです。粉になって売られているものも、日本の
シナモンパウダーよりちょっと粗目でワイルド。

シナモンロールに使うのは、パウダー状のもので
私はEasy Lifeってメーカーのを使っています。
↓↓これは焼く前の二次発酵まで終わった状態。
c0338191_01314674.jpg
そうそう、普段使いのシナモンのようなものに
ほぼ同じ香り、使い方をする「カシア」と
いうのがあります。こちらはくるくる筒状に
巻いてない場合がほとんど。シナモンより安いの。
カシアは支那肉桂と呼ばれる近縁種↓↓で
厳密にいうと成分が多少異なるもの。
インドのお店の人に尋ねても「これがシナモンだ!」って
言うはずだけど、種類が違うんですよ。
c0338191_01260514.jpg
シナモンは漢方薬にも配合され、もちろんインドの
ガラムマサーラーにも入っています。
ただし、過剰摂取は禁物(肝障害の可能性あり)

何事もほどほどに、っちゅうことやね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-09 01:29 | 青蓮日記 | Comments(0)

6時間のデリー滞在

大体インスピレーションと好奇心で回っている
私の交友関係ですが、アンテナがピピっと立ったら
迷わず行動することにしています。
(それで振り回されているのがオットなわけですが。)

今日会った人は、日本の友人からの紹介で
送られてきた経歴を読んで「この人は会っとかなきゃ」
とピピピっとアンテナ5本立った人。
しか~~し、なぜか○○日の夕方しか時間がないらしい
と聞いて、とりあえずその時間帯を開けておいたのでした。

そしたらそのピンポイントの時間の理由が判明。
なんと、デリーでのトランジットの時間を使って
会いに来て下さったのです。ヴィザもアライバルヴィザで
インドは初めて。後学のためにショッピングモールも
見てみたいとの事で、モールで待ち合わせしました。
(アライバルヴィザで小一時間かかったとの事)

初めて会ったというのに意気投合。
インドのことを紹介するのはもちろん、日本のこと
政治のことなどで話が盛り上がり、更には
インド料理も食べて行きたいとのことで、時間もないし
久々にフードコートのPunjabi by Natureへ。

実はこのお店、以前日本の某雑誌でカバーしようと
PR担当者に連絡したら、め~~っちゃ感じが悪かったので
それ以来何があっても近寄らないようにしていたんですよ。
もちろん取材もしませんでしたし、かれこれ8年くらい
ノータッチでしたの。頑固だな私も。

フードコートの中のはお手軽値段で
選びやすいセットメニューも充実しています。
二人分並べるとこんな感じで、プラスチックプレートに
入っていながらそれなりにツボを押さえた品揃え。
c0338191_02235739.jpg
ご飯もあるし、ナーンもついてるし、パンジャービー料理の
基本の「ダール・マッカニ―(バターやクリームをたっぷり
使った小豆とキドニービーンズのカレー)」もあるし
チキンセットにはタンドゥーリチキンとチキンカレーが
マトンセット↓↓にはマトン・スィーク・カバーブと
マトンカレーがメインとして入っています。
c0338191_02240029.jpg
これで300ルピーほど、は食べごたえもあって
コスパ良し。ちなみに右下の茶色いボールは
グラーブ・ジャームン(シロップ漬けドーナツみたいな
インドのお菓子)です。

モールで市場調査して、インド料理食べて、
独立記念日前で不測の混雑に巻き込まれないようにと
時間に余裕を持って空港までお見送りしてきました。

もともとデリー駐在家族でオペラのプロだった
マダムの紹介で、インドでミニコンサートをする
オペラ歌手の方に紹介され、さらにそれが
繋がってできたご縁です。人の縁ってどこで
どうつながって、広がって行くか本当に予測が
つかないけれど、人生で出会うべき人とは
ちゃんと巡り合うよね。
逆に、時間がないとか言うのはほんと言い訳だよね
c0338191_02235119.jpg
・・・と頂いた極上生菓子を頬張りながら
思う夜でありました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-08 02:49 | 青蓮日記 | Comments(2)

何かと便利なサンガム・コンプレックス

息子の学校の近くに、むか~~~しからある
古い映画館がありまして。南デリーでは一応
プリヤ(ヴァサント・ロークにある老舗映画館)に
次いで名が知られていて、「サンガム・シネマ」
というとみんなが知っている、目印にもなる建物でした。
低学年のころには学年ごとに映画鑑賞に行く時など、
スクールバスでサンガムに行っていたものです。

それが長い長い建て替えの時期を終え、
(一体いつになったら工事が終わるんだろう、と
思っていたら、いつの間にかオープンしていた。笑)
c0338191_01290022.jpg
綺麗になって生まれ変わったのが2年ちょっと前。
できてすぐの頃には珍しいのもあり
スタバはあるし、デリーハイツという
こじゃれたレストランはあるしで、学校のママたちの
集まりやら、キティパーティーなどでも利用していました。
c0338191_01293049.jpg
ことにスタバは学校参観に行く時間の調整とか
息子と学校帰りに待ち合わせするときなどに
重宝しましたね~
c0338191_01294425.jpg
ノイダにしかなかった美味しい洋菓子のあるお店
Theoができたというので気になっていたんですが
ようやく友人との待ち合わせで使う機会がありました。
ちょうどラーキーのお返しギフトが売り出される時期で
開店と同時に行ったら、店員さんがせっせと
チョコと洋菓子のギフトセットを並べていました。

どれもおいしそうなんだけど、今までインドのケーキで
酷い目にあってきた(!!)身としては、どれを
頼もうか悩む。(見た目はいいのにめっちゃ甘いとか
クリーミーなのかと思いきやパッサパサとか、
美味しい店だとち~~~~~っちゃいのに350ルピーとか
なんだか腑に落ちない感満載だったんですよ。そりゃ
疑心暗鬼にもなるでしょう。とうとう自分で作ったほうが
確実に美味しいものにありつけると思うように。笑)

ショーウィンドーを眺めていたら、どうにも抗えない
ネーミングのケーキが。
ジャパニーズコットンチーズケーキ
そりゃ頼むでしょう。
c0338191_01395360.jpg
これがね~、意に反して(!)美味しかったんですよ。
コーヒーも美味しかったので、おかわりした。
コーヒー2杯とチーズケーキで税込500ルピー以下
ってのは、昨今のデリーの物価高騰からすると
良心的だと思います。

ちなみにここ、メインは「PVRの映画館」ですから
映画上映時間の前後は混みます。あと、14時過ぎは
学校帰りの中高生も。私が高校生のころは
制服着たまま繁華街に行っちゃいかんと言われていて
風紀の先生が新天町とか天神地下街で見張り(!)
してたけどなぁ、この辺はインドの現地校は
しばりがゆるいです。
c0338191_01412140.jpg
Sangam Courtyard(9時から深夜12時まで)
Major Somnath Marg, Sector 9, R K Puram,
New Delhi, Delhi 110022

DIVAもあるし、Fatty Baoもあるし
Altitudeのデリもあるし、映画館とレストランだけの
こじんまりとしたビルですが、使いやすくて
助かっています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-07 01:52 | Comments(0)

インドの医療ビジネスの一角

WHO(世界保健機関)の指針で「緊急時以外は
できるだけ避けたほうが良い」とされている
出産時の”帝王切開”の話。
(AFPの関連記事はこちら

今日の朝刊一面で「ん??」と二度見してしまった
見出しが ”C-sections dominate delivery business"。
c0338191_01560521.jpg
保健・家族福祉省ナッダ大臣が昨年から1年間のインド国内の
中央政府健康政策に同意してすべての数値を公開している
私立医療機関での帝王切開(Caesarean section)数を
公表したんです。

その統計によると55.75%の新生児が帝王切開で
産まれているとのこと。つまり約2人に1人ってことです。

普通分娩だとすぐに退院となるので
帝王切開で入院日数を伸ばしてその分の
入院費を得る、とか
手術費用がかかる帝王切開を色々理由をつけて
勧める、とか
産婦人科での帝王切開ビジネスが横行している
との記事ですが、確かに正しい一面で、特に先進国では
この傾向が見られます。

もう一つの側面としては、医療機関が少ない、あるいは
ないインドの村々では実際に胎児機能不全とか遷延分娩とか
胎盤早期剥離とかで緊急に帝王切開が必要な事態でも
対応ができない場合も多いのです。そしてこれらは
表だった数値としては出てこない事実。
C-sectionsのことを記事にするなら、これも
紹介してほしかったな。

因みに先進国の帝王切開率は、というとアメリカや
オーストラリアは、30~35%、
イタリア、韓国、メキシコ、アルゼンチンは、35~46%、
イギリス20~25%。ブラジルは90%近くが
中国も60%ほどが帝王切開なんだそうです。
(ブラジルの場合は医療制度に要因が、中国は
吉祥日に産みたいとか、スタイル重視とか要因さまざま)

というわけで、ヒンドゥスターン・タイムズ
朝刊の記事からのピックアップでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2017-08-06 02:18 | 青蓮日記 | Comments(1)

前世は馬か

我が家では暗黙の了解で、夏の間は魚を
ローカルマーケットで買うことはありません。
魚のシーズンは9月後半から2月までだなぁ。
よく買うのはGujarat Fisheryとか、ネットで
Fresh to Homeのデリバリーでエビやイカや
鯛や片口イワシを買ってみたり。うちは空港から
比較的近いので、朝一番で届けてくれるとまだ
氷が溶けてない状態。そのかわり6時半には配達が
来るので、アワアワしますが。笑

ようやく山間部からのフレッシュな人参が
出回るようになってきて、人参が何より好きな私は
本当にうれしい。本当は赤い京人参みたいな
冬場の人参が好きなんだけど、今の時期の
オレンジのも人参らしくて(?)好き。
前世は馬だったんじゃないか、と思うくらい人参が
好きだ、って話をしたら「普通人参好きな人は
”ウサギ”だって言うんじゃない?」と言われますた。笑
確かにウサギのほうがカワイイな。

葉っぱつきの人参が手に入ったら、かき揚げとかに
しても良いけど、私はまず、洗って水分を優しく拭き取って
せっせと無心になって葉っぱだけをむしります。
(細い茎は入っても気にしない)
c0338191_00494410.jpg
それをキッチンペーパーなどに重ならないように並べまして
レンチンするんですよ。1000ワットの電子レンジなら
5分、600ワットのなら7分くらいかなぁ。
レンジから出してちょっと置いておくと、嘘のように
パリパリの粉々になるので、目立つ茎だけを取り除き
粗目のパウダー状にして、保存容器へ。
(わかりますか~?乾燥した人参の葉っぱ!!↓↓)
c0338191_00523654.jpg
これにアーモンド、黒ゴマなどを乾煎りして
粉砕したものと、ヒマーラヤ岩塩などを混ぜて
自家製ふりかけにするんですよ。うふふ
何か体に良さそうじゃありませんか?

おまけにね、この乾燥人参の葉をパンの生地に
練りこんだりして。バーガーバンズの断面の
深緑の点々が全部人参の葉っぱです。カビじゃないよ
c0338191_00550592.jpg
新鮮な野菜が手に入ると、メニューも色々
思いつきますよね。スープやらトマトの
バルサミコ酢かけやら、コールスローやら
水菜のサラダやら。手間をかけずとも素材で
美味しく食べられるってやつ。
c0338191_00563042.jpg
女子ランチのときにはこれが大好評。
野菜がモリモリ食べられるって、すごく贅沢ですね。
(って、年中どんな野菜でも手に入る日本にいたら
ピンと来ないかもだけど、デリーじゃ暑い時期の
新鮮野菜は貴重品ですから~~~)

月曜日はラキーのお祭りで学校が休みなので
土・日・月と三連休。つまりは三食ちゃんと
ごはんの準備をしなくちゃならないってことだ~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

↑↑↑馬、じゃなくてロバ。笑






[PR]
# by neelkamal | 2017-08-05 01:01 | 青蓮日記 | Comments(0)

お手伝いさんの作る和食

最近あちこちで「スーパーお手伝いさん」に
触れる機会が多いんですよ。パン教室の
ヘルパーさんも、めっちゃ気が利いてて
アシスタント業務で入ってる日も、彼女が
ささっと気を利かせてあれこれやってくれるので
とても助かります。

また、今日会った友人宅のお手伝いさんは
ちゃんとレシピをメモして、再現しようと
努力してくれる、という話を聞いて、感動。
(和食を教えてもふんふん、とメモもとらず、次に
作ってもらったらインド風アレンジが入っていた
なんて話はざらにあるので)

そんな中、先輩マダムの家にいたスーパーお手伝いさんの
お料理の数々をご紹介します。とても根気よく
教えておられたマダムだったので、これだけのものが
できるようになったんだろうけど。
ある日の前菜。器使いはもちろんマダムの助言があっての
ことだけど、ちゃんと自分のノートに この器には
これを盛る、ってヒンディー語で書いてあった!!
c0338191_00254686.jpg
また別の日の前菜
生春巻き、ミニこうや豆腐と野菜のたきあわせ
パプリカの酢漬け、サーモンのあぶり!!きゃ~~
c0338191_00253893.jpg
あるときは蕎麦で。
暑い日で蕎麦がツルツルっと美味しかったなぁ
c0338191_00270040.jpg
天ぷらの盛り付けだって、とっても綺麗でした。
c0338191_00285057.jpg
そもそも蕎麦用のザルとか、天ぷら用の手つき篭とか
食器が揃っているのもすごかったんだけど。

サーモンの押し寿司とお吸い物
c0338191_00294881.jpg
このスーパーお手伝いさん、マダムが本帰国して
後任者のところで働いているはずですが
彼女の作るものはどれも、日本人顔負けの
お味、盛り付けだったなぁと思いだします。
Sちゃん、元気かなぁ。とぅるんとぅるんの
茶わん蒸しが食べたいよ。
c0338191_00365709.jpg
もう一人、私の大好きだった某大マダム宅のコックさん
スーパー板前さんばりのすご~い和食が作れるKさんも
料亭みたいなお料理を作ってたっけなぁ。

たとえば押しずしの下に笹の葉を敷くこととか
サーモンの炙りの下には大根のつまと紫蘇の葉で
高さを出して盛り付けをするとか、雇い主の
マダムの指導あってこそ、のことで
こういうのは場数を踏んでいないとできないと思うんですよ

私は大マダムのお宅で教わることが多かったなぁ
おもてなしの極意にしても、盛り付けにしても
食材の組み合わせにしても。

今度は逆に、若いマダムたちにインドの食材使い
インドでできる和食やなんちゃってお料理を
伝えていく立場・年代になって来たかなぁ
・・・・・・せっせと精進します。

というわけで、インドの食材で使えるレシピ、こちらで
ご利用ください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2017-08-04 00:44 | 青蓮日記 | Comments(0)

ラーキー(ラクシャー・バンダン)に向けて

先月からマーケットではラキーと呼ばれる
聖なる紐が売られています。子供用には
可愛い飾りやアニメの主人公がついていたりして
この時期になると、マーケットが一層煌びやかに
見えるんです。
c0338191_01470153.jpg
ラーキーを結ぶのはラクシャー・バンダンの日で
毎年シュラヴァナ月の満月の日にこれを祝います。
姉妹たちがプージャ(お祈りの儀式)で
兄弟の健康と幸福を祈り、聖なる紐を兄弟の手首に
結びつけます。ラーキーを結ばれた男性たちは、姉妹を
生涯に渡って守ることを約束します。
男性はラーキーのお返しに姉妹に「お小遣い」や
「貴金属」や「サーリー」、お菓子などを贈ることになっています。
c0338191_01471673.jpg
これはインド・ヒンドゥー教ではとても大事な行事で、
兄弟姉妹の絆を深めるとともに、家族が集まる日。
なのでドライバーさんやお手伝いさんがプージャーの
時間帯だけお休みが欲しい、と言う可能性があります。

家族の絆を確かめる行事でもありますから、
両親の家に兄弟姉妹が全員大集合して、
家族そろって朝のプージャー(お参り)を
してからそれぞれがラーキーを巻き、お返しをし・・・・・と
結構な一大行事なのです。大家族では↓↓こんな感じで
女性が着飾って集まり、嫁いだ先からも兄弟にラーキーを
結ぶために帰省します。遠方に住んでいる場合には、
ラーキーの日に間に合うように、ラーキー紐を郵送したりも。
c0338191_01480954.jpg
兄弟だけでなく、従兄弟にもラーキーを結びますが
ラーキーを結んだ男女は兄弟関係となり、恋愛の対象外になるので
好きな女の子からラーキーを結ばれてしまうと、それは
「あなたのことは兄弟同然に好きだけど、恋愛感情はないわ」と
宣言されたということ。あららら。
(マダムたちはドライバーさんやチョキさんたちに
ラーキーを結ぶ必要はありません。兄弟でも親戚でもないからね。
オットにもラーキーは結びません。)
c0338191_01481500.jpg
ラーキーのように、お寺で結んでもらう赤い紐は
カラーヴァーとかマウリーと呼ばれます。
お寺でお参りのあと、お坊さんから手首に
赤い紐を結んでもらいますが、この紐(糸)は
ミサンガなどと同じく、結ばれたら自然と切れるまで
身に着けておくもので、男性は右手、女性は左手に
巻いてもらいます。
c0338191_01511387.jpg
ラクシャー・バンダンのお祭り以外にも
ディワーリーの頃に祝われる
バーイー・ドゥージという兄弟のための祭日や
夫の無病息災・長寿を祈って女性が断食をする
カルワチョウトというお祭りなどもあり、
ことあるごとに集って家族の絆を強める儀式があるんですよ。

今年のラーキーは8月7日、月曜日=満月の日。
学校もお休みです。これから秋に向かって、
ちょくちょくお祭りで学校がない日が増えるのよね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-03 01:56 | インドの祝祭日 | Comments(0)

パン教室"es-bread"へ

今日は待ちに待ったパン教室、なぜか
今まで日にちが合わず、受けていなかった
塩パンとシナモンロールの回!
準備万端整えて、いつでも出られるように
・・・・してる時に限ってドライバーさん来ず。
ん、も~~~!!

しかもモンスーンの時期は訳の分からないところで
渋滞するんですよね。最近は日本人学校界隈が
思わぬ渋滞で時間が読めない。
「9時には絶対出るって言ったでしょ!」と言う私に
「マダーム、まだ9時10分です。大丈夫」って
ドライバーさんに言われました。(笑)
ま、道を良く知っている人だし英語も簡単な文章は
わかるので、いいけど。

ようやく30分遅れで到着した時には大事な塩パンの
生地捏ねが終わっていました。プンスカ!!

今日もね、絶品レシピでした。
c0338191_01440498.jpg
シナモンロールの上の三つはお持ち帰り用
塩パン(ザルツシュタンゲン)、美味しかった~
持ち帰った分は息子が瞬殺。

塩パンの生地の捏ね具合を確認してみたくて、
夕方から早速復讐しました。
私のオーブンはレンジ兼用なので、焼き色が
イマイチですがまぁ思った形になったのでよしとしよう。
c0338191_01441063.jpg
パンの形成、粘土細工みたいで好きです。
ただ、先日練りきりを作ってて自覚したんですが
私、平熱が高いんですよ。なので練りきりの生地を
扱うのがとっても大変でした。

パンもものによって扱いにくいのは手のひらの
温度が高いからに違いない。
ま、体温が高い人は免疫力が高いっていうから
元気な証拠やろ。(笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2017-08-02 01:55 | Comments(0)

最新の記事

歌舞伎でマハーバーラタ戦記
at 2017-09-26 02:12
豊漁だ~!
at 2017-09-25 00:42
週末の食生活@デリー
at 2017-09-24 01:29
デリーでお得な韓国料理と言えば
at 2017-09-23 00:11
一時帰国のお土産大量ゲット@..
at 2017-09-22 00:24
菜食期間に入ります。
at 2017-09-21 00:54
インドで「栗仕事」
at 2017-09-20 00:42
サーリー祭り、まずはここから
at 2017-09-19 00:28
日曜日の朝は
at 2017-09-18 01:29
結婚記念日、ムガル時代へ夢の旅
at 2017-09-17 01:41

最新のコメント

はじめまして ブログお..
by trintrin at 10:33
改めてジャッキーさんは可..
by かいまる at 10:12
> ガオガオさん 肉汁..
by neelkamal at 01:09
> Cecileさん ..
by neelkamal at 00:48
> sakuraさん ..
by neelkamal at 00:46
はじめまして。インド・ゴ..
by Cecile at 10:58
結婚記念日おめでとうござ..
by sakura at 08:30
ジャッキー君が偲ばれます..
by ガオガオ at 17:20
> ジャスミンさん う..
by neelkamal at 20:04
青蓮先生 夏に初級のイン..
by ジャスミン at 10:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング