旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

Enでレディースランチ

メインブラウザにしているクロームが急に
開かなくなったので、息子のゲーム専用にしている
ファイヤーフォックスからの更新です。
仕事がたてこんでるときじゃなくて良かった!

今日は久々に仲良し三人で合流して、和食を食べに
En へ行きました。お気に入りの角部屋を予約して
いたので、座って食事しながら世界遺産の
クトゥブ・ミナールが見えるという贅沢さ。
(とか言ってお喋りに夢中で景色は見てなかったけど)
c0338191_01151358.jpg
いつものレディースランチ。揚げ物はアツアツで
豚肉はふわとろ、オシャレな巻き寿司もついて
エビの真薯揚げも美味しかったです~。これで
1000ルピーってえらくお得な気がする。(税サ別)
c0338191_01152762.jpg
日本人スタッフがいなくなったそうなので、最初は
配置がちょっと変で、写真を撮る前に並べ替えました。
ご飯も仏飯みたいな盛りだったので、それも指摘しました。
せっかくならちゃんとした和食をサーブしてほしいものね。
どれも上品なお味で、満足。

デザートは別注ですが、今日はなんとクリームブリュレが
ありました。コーヒーの大きさと比較したら、どんだけ
大きいかわかりますよね?いや~~大満足。
c0338191_01182793.jpg
この雰囲気のお店が、世界遺産の目と鼻の先にあるって
すごいことだと思うんですよ。ぜひぜひ頑張ってほしい。
なんせEnのあるアンバヴァッタ・ワン・コンプレックスは
デリー界隈のお金持ちマダムたちがやってくる
デザイナーズブティックやアクセサリーショップがあるので
ここに出入りしている車はベンツやBMWなどなど高級車が
多く、夜はインド人顧客でにぎわっています。

そのもうちょっと先にはOlive Bar & Restaurant
があるし、更に先方に行くと、
Thai Highという老舗タイ料理レストランがある
アンバヴァッタビルが。今から12年くらい前には
このタイ・ハイ(ここもクトゥブ・ミナールが見える)の
入っているビルに、デリーのグッドアースの一号店が
あったんですよ~。アクセサリーショップのアメジストも
最初の店舗はここにあったんですよ~。

とまぁ、デリー界隈も店舗の移転・入れ替わりが
激しくてびっくりしますが。
c0338191_01263566.jpg
こんな景色↑↑↑もまだまだ残っています。
ゴミの山を掃除したあと。湿気があって涼しいんだろうか
ここに野良牛たちが大集合。笑

今日も、応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-25 01:30 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

ハリドワール土産

今日は7月・8月開講のインド料理初級レッスンの
最終回で、作ったものを皆さんと美味しく完食。
カレーではないんですが、美味しいトマトと
無農薬栽培の胡瓜が手に入ったので、塩水に
玉ねぎとともに和えて、ザボンもプラスしたのが
皆さんに好評でした。(黄色い矢印のがそれ)
c0338191_01123497.jpg
ザボン=英語だとポメロと言いますが
ヒンディー語だとチャコ―トゥラー。何回聞いても
覚えられないチャコ―トゥラーですが、果物屋さんなど
インド人相手のお店でも「ポメロ」で通じます。

かんきつ類に目がない私。食べるのも好きですが
剥くのが大好き。剥いて人に食べてもらうと
もうそれで満足。笑
先日お邪魔したお宅で木になってるポメロを
「これが欲しい」と言ったら10月まで待て、と
言われたばっかりでした。

で、所要でハリドワールに行った主人がお土産に
持ち帰ったのがこれ。笑
c0338191_01124951.jpg
夕方ハリドワールからデリーに向かって車を
走らせているときに、道路脇に黄色い目玉みたいなのが
沢山見えて、同乗者が「チャコ―トゥラー」だ って
言ったらしいんですよ。それで気を付けて見てたら
次々と荷車にザボンをうず高く積んで売っているのが
いっぱいあったらしいです。
c0338191_01125976.jpg
喜び勇んで開けてみたら、やったぁ~!ピンクの
果肉のやつだ~!
・・・・とぬか喜び。まだちょっと熟してなくて
固くて酸っぱかったですが、サラダにドレッシング代わりに
散らすには最適でした。

リシケーシュあたりにもポメロがいっぱい売ってるから
果樹園以外にも自生しているんでしょうね。
INAマーケットだと一玉180ルピーとかしますが
道端のこれは、ひとつ60ルピーだったそうです。
もう二つとも食べちゃったけど、もっといっぱい
買ってきてほしかった。

ハリドワールというのはガンジス川の聖地のひとつで
リシケーシュの下流にあり、ここで数々の
ヒンドゥー教の宗教行事・儀式が執り行われる所です。
シヴァ神の信者はハリドワールと呼び
≪ハリ(青い:シヴァ神のこと)ドワール(扉)≫
他の神様の信者はハルドワールと称する場所。
≪ハル(神様)ドワール(扉)≫
いずれにしても神様へと通じる扉、となる「聖なる町」。

うちにあるガンジス河のご聖水(ガンガー・ジャル)は
ハリドワールで汲んできたもので、折々の宗教儀式で
使っていますよ。

デリーから北上すると、ポメロやらキヌ(日本の
ポンカンのような甘い蜜柑)の産地があるんですよね。
そういえば以前チャンディーガルに行ったときに
いっぱい買って帰ってきたキヌ。↓↓
c0338191_01380785.jpg
早く雨季が終わって、かんきつ類の季節にならないかな~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-24 01:17 | 青蓮日記 | Comments(0)

緑・白・白・緑・白、たまに純白

息子の通う現地校のスクールカラーはモスグリーン。
冬の制服の基調はモスグリーンのブレザー、
同色のネクタイ、グレーのパンツに白いカッターです。
それが5年生以降、3年間連続で成績優秀者は
8年生からブレザーの色が紺色になり、
その後更に3年間成績優秀だったらネクタイもネイビーに。

スポーツや文化面で州レベル以上で優秀な成績を
収めた場合には赤いブレザー、赤いネクタイになります。
大体成績優秀者とスポーツがよくできる子は重複していて
一人で色んな色のブレザーを持っている子も。
こういうのは日本だったら「差別」って言われるんだろうかね。
インドだと「できる子はできる」、横一列じゃなくても
認めてもらえるので、それはそれで楽です。

夏服はポロシャツ+白ズボンなんですが、
7年生(12歳)までは半ズボンでした。
別に校則には記載はないので、10年生だろうが
12年生だろうが半ズボンだってかまわないと思うんだけど、
インドの男の子、ヒゲ面になるのが早いので、
おっさん顔で白い半ズボンはいてるのも想像するとおかしい。

ポロシャツの生地は鹿の子編みで
スポーツの授業のある日はモスグリーン、それ以外の日は
白いポロシャツと決まっています。
曜日ごとに全学年統一されてたら覚えられるんだけど
時間割によって毎年 白と緑の順番が変わるのでややこしい。

今年は月曜日から、緑・白・白・緑・白 
途中で祝祭日やら振替授業の日が入ると、
もうわかんなくなってその都度息子に「明日は何色だっけ」
と確認して、いやがられる始末。
c0338191_23530289.jpg
更には公式行事だとか校外でのコンペティションに
参加する場合には長袖の真っ白のカッターシャツに
白長ズボン。(先日急遽カッターシャツが必要になり
冬の制服を入れたはずの箪笥を探したら、袋ごと
ごっそりなくなっていて、よくよく考えたら
スラムの子供たちのための放課後学校に寄付したとき
間違って全部出したらしい。泣)

サッカーだろうがバスケットだろうが、ヨーガだろうが
白いパンツのままで体育、日本のようにスポーツウェアに
着替えるという発想はないみたいなので、
夏場は白いパンツの洗濯が大変。
靴下もモスグリーンのライン入り白ソックスだから、
雨上がりの中サッカーなどやられると泥汚れが・・・・・・

白いものって本当に汚れが目立ちますよね~
白いの着てるときに限って、イタリアン料理の
トマトソースがピチっとかかったり、
カレーの黄色がチビっとついたり、しますよね~

トマトソースはイタリアには専用のスプレーがあったけど、
カレーの黄色はね、日光にあてれば消えるんですよ。
慌てず、騒がず、さっとつまみ洗いしたら
あとはお日様の力に委ねる。

さてさて、そんな制服の日々もあと半年。
明日はモスグリーンの日だったっけ、白だったっけ
アイロンかけなきゃ~・・・・・

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by neelkamal | 2017-08-23 00:05 | インド教育事情&子育て | Comments(0)

モンスーン(雨季)の居場所

我が家の癒し犬、ジャッキーが虹の橋の袂に
旅だってから、もうすぐ1年・・・泣
モンスーンも終わりがけの蒸し暑い日でした。
1周忌には、近所のワンコたちに大盤振る舞い
するつもり。

モンスーンはまだまだ9月半ばまでは続くので
日々蒸し暑く、突然雨が降ってきたりして、洗濯物が
乾かないのが困りもの。
c0338191_23484775.jpg
こんな雨の日、野良犬たちはどこにいるんだろうな~
チョートゥーは夜の間は我が家の玄関前のマットで
大人しく寝ていますが、朝、息子がスクールバス停に
向かうときに一緒に下に降りて、そのまま一日お出かけ子。

バルコニーからうちの前の公園を眺めていたら
ん??ベンチの上に何かいる?
木々の緑も芝生もワシワシ育って、ベンチの緑も
保護色になっていますが。
c0338191_23485469.jpg
あはは・・・チョートゥーでした。
地面が雨で濡れているから、ベンチに上って
お昼寝中。葉っぱや石ころは拾って来たのか?
c0338191_23485888.jpg
センターパーツちゃんも最近見かけないなぁ
と思っていたら、夜遅く、駐車場の車の上に光る目玉。
いました、いました、センターパーツちゃん。
ばっちりカメラ目線。笑
c0338191_23490398.jpg
心なしか車の屋根がへこんで見えるんですけど。

モンスーンの過ごし方を心得ているインドの野良犬たち

もう一匹、フラッフィー(ふわふわ)と呼んでいる
シッポがふさふさの野良犬がいるんですが、最近
見ないなーと思っていたら、どうやら野犬保護の
NGOの手で、長毛の野良犬はバリカンで丸刈りに
されていて、すっかり違うワンコのようになっていて
びっくり!!(虎刈りでしたよ。ノミがわいたり
皮膚病になったりするから、こういう活動をする
NGOがあるのは有難いけど。)

蒸し暑いのが何より苦手なので、早くモンスーンが
終わらないかな~・・・・。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
# by neelkamal | 2017-08-22 00:05 | 生き物万歳 | Comments(2)

ウェブ記事あれこれ

あれこれ手を出して、いろんなことを
やっているもんで、本職は何ですか?と聞かれます。
一応日本のメディア(紙媒体)のインド取材の
アレンジ、取材交渉、公的機関からの撮影許可取得
などが主な仕事ですが、一番得意なジャンルは
ファッションカタログ撮影かなぁ。
どこで撮影するか、ロケーションハンティングの
候補地をあれこれ考えるのが一番好きです。
(最終的にはカメラマンさんとページレイアウトを
決めるデザイナーさんが撮影場所を決めるので。)

そのほか、やっぱり食べることが大好きだから
レシピブログにもちょこっと、主にインド料理の
レシピを載せています。
c0338191_01044696.jpg
最近更新してないんだけど。
などなど。

レシピ関係ではトマト・プロジェクトさんのHPに
青蓮の 今日、なに食べる?」と題した
レシピを不定期で掲載していただいています。
c0338191_01080550.png
デリーNCRの情報誌、シバンスにも旬の野菜の
レシピを載せていただいていますので、シバンスで
ご高覧下さいませ。

そして。同年代で活躍する人々がやっている
ウェブの(ほぼ)女性誌 どうする?Over40にも
青蓮のマサラをちょいと。人生にもスパイスを効かせて ”で
インドの現状をあれこれ紹介する記事を
12回連載で書かせて頂きました。
c0338191_01045263.jpg
これがね~、同じ年頃の人が書いて、描いて、読んでるので
そうそう!それよ! って共感することが多くて
気になる記事をポチポチして読んでると、あっと言う間に
時が経ってしまうのでヤバい。

まぁ、要するに好奇心の赴くままあちこち
突っ走っているわけですね、私は。
オットからは「年を重ねたら少し落ち着くかと思ったら
だんだんひどくなる」と言われますたっ!

というわけで、レシピページも
インドの今を紹介するページも
お時間のあるときにぜひ、ご高覧のほど。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-21 01:09 | Works | Comments(0)

インドにおける難民の現状

インドの国連難民高等弁務官事務所(UNHRC)代表が
日本人だとご存知でしたか?
インドには難民認定されている民族・グループが
沢山居住しているってことを聞いたことがありましたか?
そもそも難民って?なぜインドではチベット難民をはじめ、
スリランカ、ミャンマー、ブータン、アフガニスタン、
バングラデシュなどから長年にわたって難民を受け入れているの?
c0338191_01454076.jpg
インドをはじめとする難民の実態や問題点UNHRCの
取り組みなどを、インド事務所代表の清水康子さんが
講演会でお話して下さいます。
以下、詳細です。
残席わずか。ご希望の方は急いでお申込み下さい!
私は講演会も懇親会も参加しま~す。
*****************************
日時:9/1(金)10時半~12時
場所:アバロン内の愛味レストラン
参加費:900ルピー(一部を国連難民高等弁務官事務所への寄付    
に当てます)
トマト・プロジェクトの麦茶が1杯つきます。
定員:40名
懇親会:講演会終了後、引き続き愛味レストランで
清水康子さんを囲んでランチ懇親会を開きます。
一部にトマト・プロジェクトのお野菜を使った
レディースランチ(コーヒーとミニスイーツつき)を
950ルピー(税込み)でご提供頂きます。

参加申し込み:タイトルを「9/1イベント申し込み」とし、    
お名前と連絡先、懇親会の参加の有無を明記の上、    
tomato.project.event@gmail.comまでどうぞ。   

★清水康子(しみず・やすこ)氏経歴:兵庫県出身。
1989年に青年海外協力隊でガーナに派遣される。
1994年から、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所の
ジュネーブ本部、ウガンダ、コソボ、アルバニア、
アフガニスタン、ミャンマー、イエメンなどにて
難民保護にあたる。2005年から2年間JICAに出向。
2015年7月からインドに赴任。
現在、当事務所代表。経済学士、MSW、博士(総合政策)。
c0338191_01453644.png
*******************************
参考までに。5年前に南デリーで問題となった
ミャンマーからの難民、ロヒンギャに関するブログ記事を
再掲載します。

≫≫今日はまじめな話。興味ない方は読み飛ばしてね。
邦人も多く住む南デリーの住宅街、ヴァサントヴィハールに
突如大挙してミャンマーからのイスラム系
「難民認定希望者」が押し寄せ、
デリー国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の
オフィスの近くにテントを張って
「難民認定を受けるまでは動かない」として居座っている
・・・という話を、テレビニュースや新聞などで
ご覧になった方も多いと思います。

突如あらわれた沢山の人々が、路上でテント生活を始めたのを
目の当たりにして、びっくりなさった方も
いらしたのではないでしょうか。
ただ単に「ミャンマーからの難民だそうな、大変そうね」
・・・・ではなくてその背景を知ること、
なぜインドで難民認定を? という基本的なことを
理解する事も大切だと思うので、要約をご紹介します。

ミャンマーが軍政権になった際、多くのミャンマー少数部族が
弾圧を受け、多くは独立をのぞんで中央政府と対峙。
しかし望みはかなわず、カレン族やカレン二族、チン族、
アラカン族などはタイ国境側やバングラデシュ近くに逃れ、
難民となります。
他にも難民受け入れキャンプのある国々に移住したケースも。
(日本政府でも受け入れ数は少ないとはいえ、彼らに対する
職業訓練や、生活サポートなどを行っています。)
その中で、バングラデシュとの国境に近い地域に住むロヒンギャ 
と呼ばれるムスリム系グループは、仏教を信ずる人の多い
ミャンマーで軍部政権から弾圧され、逃れた先の
バングラデシュでも受け入れられず、強制送還。
更にはミャンマー政府から国籍を剥奪され
1988年にアウン・サン・スーチー氏の民主化運動を
支持したため軍事政権から財産を差し押さえられ、
全てをなくし行き場を失った人が多かったのです。

そのグループに属する人々が、今回難民認定を求めて
抗議の居座りをしているのですが、UNHCR側では
彼らが明白に難民であるとはまだ認めていないので、
認定を求める人々がインド各地からデリーに集結して
抗議行動を起こしているというわけ。
バングラデシュを追われた難民認定希望者たちは
今までは、オールドデリー、ジャンムーカシミール、
ラージャスターンなどに点在して暮らしていたのです。

事がこれ以上複雑化・巨大化しないように、今週火曜日に
デリー政府が大掛かりな不法滞在中の難民
(または認定待機者)をスラムなどから立ち退かせる
行動に出たため、ヴァサント・ヴィハールや
ヴァサント・クンジ近辺のスラムから追い出された人々
(ロヒンギャだけでなく、バングラデシュや
アフガニスタンからの難民も含め)が昨日だけで
2000人ほどいたとのこと。

強制的にバスに乗せられ、デリー駅で降ろされたものの
切符を買うお金もなく、途方にくれている人も多いそう。
難民認定を望み座り込みしているロヒンギャの一人は
「ミャンマーでさんざん虐げられてきた私たちは、
バングラデシュでも受け入れてもらえず、インド各地に
散らばって難民認定の日を待っていたのです。
認定さえ受けられれば、金銭的補助も得られるし
難民キャンプにも受け入れてもらえます。
インドは民主主義の国、平和と同情心に溢れた国だと
思っていますから、ここで認定を受けて
どこか他の国でもいい、難民としての恩恵を受けられる
ところで新たなスタートを切りたい」と。

インド政府は彼らの子供たちへの教育の機会の提供
(政府運営のガバメント・スクールでの受け入れ)と
全員の健康面でのサポートをすると明言しています。
難民認定はまだ受けていないにしても
身分証明書のようなものは発行されており、
人種差別を受けずにすむような配慮はなされている
のだそうですが。

こういう「身の回りで起きていることの事実・背景」を
理解しようと努めることも、
この国で生活するうえで必要ではなかろうかと思うのです。
(2012年5月1日のブログより)

追記:8月17日時点でBJP政権は不法滞在者
(ロヒンギャ含む)を国外退去にし、強硬策を取る
と発表しています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-20 01:46 | 青蓮日記 | Comments(0)

美的感覚・マムターの場合

お気に入りのお手伝いさんだったメアリーちゃんが
お父さんの病気のため、田舎(チャッティースガル)に
帰ってしまってから、しばらくお掃除だけ通いの
お手伝いさんをお願いしていましたが、教室のある日は
洗い物が多いし、手荒れがひどくなったので
(こう見えて面の皮は厚いが皮膚は弱い)
マムター(多分40歳前後)に来てもらっています。

とってもシャキシャキしたお手伝いさんで
助かっていますがあれこれ面白いことを発見。

たとえばこれ。水盤の水を見せたいのでそのように
剣山を右に寄せて活けておりましたが
c0338191_02390471.jpg
マムターがお掃除して帰ったあとに見たら
こうなっておりました。初日は気のせいかな~と
思ったけど、次の日もこうなってたので。笑
花は花器の真ん中に置きたいらしい。
c0338191_02412519.jpg
そして椅子に置いたクッション。私はいつも
この角度で置いていますが
c0338191_02385357.jpg
マムターのお好みは「まっすぐ」。笑
c0338191_02385880.jpg
玄関入ってすぐのワンコのコーナー
みんなで仲良く半円に並べていますが
c0338191_02384237.jpg
マムターちゃんのお好みは「整列」。
c0338191_02384746.jpg
何も言わずとも色々気を利かせてやってくれるので
とっても助かっていますが、今日はどんな
面白い配置に修正されるかな~と、置物を
わざと変な方向に置いてみたりしています。ふふふ

実はメアリーが今まで陶器や磁器のお皿やカップを
丁寧に綺麗に洗って、乾くまでちゃんと並べて伏せて
おいてくれたので、ガチャガチャ乱暴に扱われたら
嫌だな~と、通いのお掃除の人には洗い物を
頼んでいなかったのです。マムターの仕事ぶりを見て
これなら大丈夫!と磁器・陶器の洗い物を任せ
漆碗の扱いも教えました。

そしたら、教室がない日には「マダム、今日は
洗い物はこれだけしかないのか?」だって。
毎日違うサーリーを着て、サーリーと色合わせした
バングルをして来るので、それを見るのも楽しみです。

マムターちゃん、長く続けてくれたらいいな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by neelkamal | 2017-08-19 02:50 | 青蓮日記 | Comments(0)

野菜三昧メニュー

健康にまつわるちょっとしたイベントで、
オーガニック(&有機栽培)野菜がメインの
ランチを・・・とのことで、今日は朝から
せっせとお料理にいそしんでおりました。
できるだけ化学調味料を使わず、出汁も昆布や
椎茸の戻し汁で作ってみました。

14人分なのに、お皿が10枚しか揃わなかったりも
しましたが、何とか似たようなのを寄せ集めて
あとはイベント会場のお宅のキッチンで、黙々と
盛り付けしたり生春巻きを巻いたり、
スープを作ったり雑穀入りのごはんを炊いたり。

協賛のトマト・プロジェクトさんからお野菜を
提供していただき、美味しいミニトマトや桃太郎トマト
三つ葉や紫キャベツなどもあったので、色々と
バラエティーに富んだものが作れましたよ。
三つ葉はあるし、女性ばかりだし小ぶりな器で
茶わん蒸し作ろう!・・・とBorosilのヴィジョングラスを
使ったんですが、これ熱伝導が良すぎて火加減が
めっちゃ難しかったです~。最初の4つはちょっと
スが入っちゃった。
c0338191_00043278.jpg
前菜はこれまたお野菜三昧で
キャロットラぺ、コールスロー、野菜の生春巻き
きんぴらレンコンとインゲンのナムル。
ペットボトルに入っているピンクの液体は
ヒマーチャルで作られているハーブティー。
c0338191_00043565.jpg
メインは雑穀入りのごはんと、水菜サラダ
(自家製人参ドレッシングかけ)、
グリルチキンのサルサソースがけ でした~
c0338191_00044153.jpg
皆さん完食して下さって、ホッと一安心。
いつも友人たちに好評なビーツと根菜のスープは
今日も大好評。更に今日のは友人宅の
Vitamixでガ―したので、いつもに増して
なめらかだったと思います。やっぱりバイタミックスが
欲しいなぁ。

欲しいもの、ってキッチンまわりのものばっかりなんだけど
どんだけ食い意地はってんの~ 
と自分でも思う。笑

好きなことをして、喜んでいただけて
充実した日でした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
# by neelkamal | 2017-08-18 00:22 | 青蓮日記 | Comments(0)

花市場へ

まだまだ蒸し暑い日々が続いていますが
早朝はかなり涼しくなったので、早起きして
ヤムナー川の向こう、ガズィプルの花市場へ。
ノイダ側に渡って左手に花と果物の卸売市場が
あります。新鮮で良いものを買おうと思ったら
早めが吉。なんせ4時から9時まで開いていて
花屋さんたちが早めに買いつけに来るので、
5時とか遅くとも6時ごろには行ったほうが良いのです。

買ったのはこれ。真紅の薔薇とカーネーションと
輸入物(オランダから)のピンクの百合。
それぞれ10本ずつ入っています。
c0338191_01333601.jpg
街中の花屋さん価格の半額から、お得なものだと
十分の一とか。(なんせ遠いし早起きしなくちゃ
いけないしで、なかなか行く機会はないけど。)

買ってきたものは、活けやすいように整えます。
お花の三種の神器登場。一番下の薔薇の棘取りは
花市場で20ルピーでした。
c0338191_01345124.jpg
下葉を取って、棘を取って、いらない枝を処理して
準備万端。写真左手の緑の山(?)が処理した葉っぱ。
c0338191_01345707.jpg
これで大き目の花瓶2つと水盤ひとつ分に
なりました。枝ものがなかったので植木鉢の
ザボンの枝を足しまして。
c0338191_01370597.jpg
数人で分けたらもう少しいろんな種類が
買えるけど、なんせ南デリーから順調に行って
一時間少々かかるので・・・・・遠い。

以前はコンノートプレイス近くのハヌマーン寺の
前に、毎朝花市が立ったんですよ。そのあと
クトゥブ・ミナールの地下鉄駅の近くにできて
いずれも2010年のコモン・ウェルス・ゲームズの年に
集約されてガズィプルに移転したんです。

プージャー(ヒンドゥー教のお参り)などで
使う、香りの高いバラ、インド産の
ダマスクローズも安いです。たっぷり水盤に
浮かべて楽しめるのでお気に入り。
c0338191_01443598.jpg
酷暑期にはグラジオラスとチューベローズくらいしか
なかったけど、これから花屋さんの花の種類も
増えますね。明後日は草月流いけばなの月例会も
控えているし、お花をたっぷり堪能できそうです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by neelkamal | 2017-08-17 01:48 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

インド独立記念日あれこれ

日本の終戦記念日、8月15日は
インドの独立記念日でもあります。
1947年にイギリス統治から独立を果たし、 
70年が経ったということ。今年もラールキラーでの
モーディー首相の演説は聴きごたえ満点でした。
つい先日就任した大統領の初・独立記念日演説も。

モーディー首相になってから、時代の流れもあり
携帯SMSで政府省庁からのメッセージがあれこれ
流れてくるんですが、今日のはこれ。モーディー首相の
施政演説内容やら、政策などの情報が入手できる
アプリの案内が送られて来ました。ひゃ~!
c0338191_00272126.jpg
更に、インドのグーグル先生のトップページも
独立記念日編になっていて、華やかで綺麗な
ティランガ―(インド国旗の三色)仕様。
c0338191_00272623.jpg
クイリングでこれを作るなんて、素敵~
やってみたい。

ちょっと出かけてガソリンスタンドに寄ったら
ここも華やかでした。
c0338191_00300328.jpg
できるだけここでガソリンを入れるようにしている
モーティー・バーグの信号の先、左手にある
バーラト・ペトロリアムのガソリンスタンド。
何故ならば~、ここのスタンドは全従業員が
女性なんです。しかも頑張れば昇進するシステムが
構築されていて、好感度が高いガソリンスタンド。

ティランガ―の風船はもちろん、従業員が
インド国旗の色の服を着ていて、いつもに増して
笑顔が輝いていました。
c0338191_00333366.jpg
インド国旗はサフラン・白・緑の横三色の中央に
アショーク・チャクラ(アショーカー王の法輪)が
配されています。
正式なインド国旗は「カーディー」(手紡ぎ・手織)で
なくてはならず、カルナータカのカーディー専門業者の手で
作られているんだそう。
c0338191_00425947.jpg
今年は信号機付近にいる物売りが、やたら大き目の
インド国旗を売っていましたが、こうして
一般インド人が自由にインド国旗を掲揚できるように
なったのも、2002年にジンダルさんという国会議員が
最高裁に訴え、それが認められたから。国旗も国章も
Flag Code of Indiaという法律により、その使用に関する
あれこれが細かく定められています。

8月もいよいよ後半。デリーもまだまだ蒸し暑いとはいえ
秋の虫の音が聴こえるようになってきましたよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
# by neelkamal | 2017-08-16 00:54 | インドの祝祭日 | Comments(2)

最新の記事

歌舞伎でマハーバーラタ戦記
at 2017-09-26 02:12
豊漁だ~!
at 2017-09-25 00:42
週末の食生活@デリー
at 2017-09-24 01:29
デリーでお得な韓国料理と言えば
at 2017-09-23 00:11
一時帰国のお土産大量ゲット@..
at 2017-09-22 00:24
菜食期間に入ります。
at 2017-09-21 00:54
インドで「栗仕事」
at 2017-09-20 00:42
サーリー祭り、まずはここから
at 2017-09-19 00:28
日曜日の朝は
at 2017-09-18 01:29
結婚記念日、ムガル時代へ夢の旅
at 2017-09-17 01:41

最新のコメント

はじめまして ブログお..
by trintrin at 10:33
改めてジャッキーさんは可..
by かいまる at 10:12
> ガオガオさん 肉汁..
by neelkamal at 01:09
> Cecileさん ..
by neelkamal at 00:48
> sakuraさん ..
by neelkamal at 00:46
はじめまして。インド・ゴ..
by Cecile at 10:58
結婚記念日おめでとうござ..
by sakura at 08:30
ジャッキー君が偲ばれます..
by ガオガオ at 17:20
> ジャスミンさん う..
by neelkamal at 20:04
青蓮先生 夏に初級のイン..
by ジャスミン at 10:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング