旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2017年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

インドの家庭料理は優しい味

毎日インドカレー食べてるの?
左手は本当に使っちゃいけないの?手で食べるの?
土壁の家に住んでるの?火のついたお菓子食べるの?
ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って移動するの?

などなどなどなど。「インドに住んでいる」というと
限られた(偏った?)メディア情報が蔓延しすぎていて
何百回同じことを説明したかしれません。

インドカレー、といっても素材はそれぞれ異なるし
使うマサーラーも違い、地方によって油や香辛料も
さまざまなので、本当に奥深い世界。玉ねぎ、ジャガイモ
人参と肉が入ったいわゆるカレールー方式のものとは
全く異なります。
そして、現代っ子はスプーンとフォークで食べるので
デリー界隈では手食の人は少なくなっています。
普通駐在員はじめ日本人は土壁の家には住んでいなくて、
高層マンションなどもあり、天井は高く間取りも広く
マンション内に公園もプールもジムもあったり。
火のついたお菓子(パーン)はテレビの「ネタ」で、
全てのインド人が好んで食べるわけではなく、
ぎゅうぎゅう詰めの電車はムンバイ―の通勤時間帯の
ごく限られた部分を切り取って写してあったもの。

カレーって辛いんでしょ
油ギトギトで重たくて胃にもたれるよね
ナーンで食べるんでしょ

っていう質問も何百回されたことか。

家庭料理はそこまで油ギトギトでなく、辛さは
出身地やご家庭ごとに異なります。これも奥深い。
たとえば、先日からお料理レッスンしていただいた
北西インドのコミュニティーのお料理は、
ムガール帝国時代からの伝統レシピが沢山あって
辛みとして使うのはカシミ―リーミルチーなので
赤い色はつくけれどそこまで辛くはならないんです。
c0338191_00074701.jpg
とにかく、作り方が丁寧で愛情たっぷり
「美味しく食べてもらいたい」っていう心のこもった
レシピの数々。食材扱いがとても優しく、ゆったりと
時が流れるレッスンでした。

また別のお宅では、南インドの辛めの唐辛子が
入るのでピリっとするけれど、香辛料のうまみが
素材にもグレイビーにもしっかり沁みたお味。
c0338191_00095959.jpg
お次は我が家で上級レッスンの皆さんと作った
家庭の手作りマサーラードーサ―。
ココナツチャトニーもトマトチャトニーも
手作りするとフレッシュで美味しいんです。
(Suu様がドーサ作りのレッスンの日の様子を
ブログに書いてくださいました。
Life like a journey inインド、南インド料理を作る
c0338191_00101622.jpg
(先日のレッスンに飛び入り参加してくれた
友人でイラストレーター、ヨーガの先生でもある
若山ゆりこさんがブログで紹介して下さっています。
Shakti Mandala 若山ゆりこのブログ デリーの友達
c0338191_00265539.jpg
それぞれの家の好みの香辛料使い、油使い
季節限定のお料理や食材使いってのがあるので、
インドで家庭料理をおよばれする機会があったら
ぜひ積極的に参加してほしいな、と思います。

最初にフィンガーフードがいっぱい出るので
量を加減しながら食べないと、メインコースに
なった時にお腹いっぱいでもう入らない~~!
ってことになっちゃいますから要注意。
19:30から、って言われたら20時までに行けば良くて
最初の1時間半くらいはお喋りしながらおつまみで
お酒を飲み、22時ごろになってメインコース
デザートが出て食べ終わったら順次お開き・・・と
なります。慣れないといつ何が出てどうしたら良いのか
わからないと思うけど、何事も経験、ですよね。

これからパーティーシーズン、結婚式シーズンです。
いろんなインドの味を楽しんでください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-11-29 00:33 | 青蓮日記 | Comments(2)

12月2日はフレンチスクールへ

今日はインド料理レッスンで8名の生徒さんを
お迎えして秘伝バターチキンなどを作りました。
早朝から仕込みしていたら、ガラムマサーラーが
もうすぐなくなるなぁ・・・・と思い、朝から
マサーラーたちを乾煎りしたり挽いたり・・・で
玄関入った途端に美味しい香り!と言われました。
挽きたての香り高いガラムマサーラーを皆さんにも
おすそ分け。

その後、キャンバス地を求めて問屋さんへ。
これでトートバッグやヨーガマットバッグを増産します。
c0338191_00555487.jpg
どれも私のお気に入りの柄たち。
地味目なお洋服が多い方も、お稽古バッグは
パ~っと派手で目立つ色で気分アゲアゲで行こう!
c0338191_00554902.jpg
木曜日までに職人さんたちが頑張って仕上げてくれるので
金曜日に最終チェックして、値札をつけて
土曜日はリセ・フランセーズ(フレンチ・スクール)の
チャリティーバザーに出店します。
当初予定されていた日が大気汚染で順延になり
今度こそ!の仕切り直しが12月2日(土)10:00から。
c0338191_00553705.jpg
入場料は大人250ルピー、18歳以下のお子さんは無料
子供のプレイエリアもあるし、大人は「フランスワインと
フランスのチーズ」カウンターもあるのよ。
お寿司もフレッシュジュースカウンターも、ケーキや
美味しいサンドイッチ、ピザ、コーヒーなども。

またまたインド靴やインド服、可愛いポシェットや
ショルダーバッグなども携えてAMOKALAで
出店しています。遊びに来てね。

なんと私、大気汚染で気管支をやられ、ゲホゲホで
腹筋・背筋が痛い。泣
怪しいマスク姿で店番しているかもしれません。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-28 01:13 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

スルターンプル国立公園

デリーから約50キロ、グルガーオンからだと
15キロの場所に「スルターンプル国立公園」があります。
デリーから一番近い、「鳥類保護区」でもあり
鳥類だけでなく、野生動物にも出会える場所。
c0338191_00202388.jpg
入ってすぐにニールガーイ(馬鹿:ウマシカ、
青い牛、の意)のつがいがいました。↓これは雄
c0338191_00200668.jpg
青鶏(せいけい)やら鷺やら鴨やら、自由に飛び回る
公園内。ヤツガシラもいましたよ
焦点ブレブレだけどショウビン(キングフィッシャー)の仲間
c0338191_00223184.jpg
こちらはアオショウビン、キングフィッシャー
飛ぶと内側の鮮やかなブルーの羽根が綺麗です。
c0338191_00252426.jpg
インドトキコウ?顔の割にくちばしがやたら大きい。
沼地の真ん中にある大木に、山ほど生息して子育ての
真っ最中でした。
c0338191_00255651.jpg
最後に公園から車で10分ほど離れたところにある
フラミンゴポイントへ。沢山いました、フラミンゴ!
c0338191_00362826.jpg
ホテイアオイも山ほど自生していたので、花の時期は
綺麗でしょうね。・・・・と、なぜか方向転換を
しようとした車が田んぼの畝から落ち、後輪が空回り。
みんなで車を押したり、車輪の下に噛ませるゴム長や
ゴム草履(なぜか落ちていた)を拾い集めたりして
15分ほど格闘のすえ、やっと抜け出したのでした。

今度はちゃんとした望遠つきカメラを持って行こう。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-27 00:42 | 生き物万歳 | Comments(0)

30年の時を経て、大学受験あれこれ

息子、17歳。
来年3月にCBSEの試験(日本でいうところの
共通一次試験)があるので、その結果次第で
インド各大学・学部ごとの足切り点数が発表になり、
入れる大学・学部がわかるわけですが、その前に
海外の大学受験の願書手続きが始まっています。

アーリーアドミッション、という早めの手続きを
踏む生徒もいます。早めに合格か不合格かがわかるので
他の手だてがとりやすいこと、もし第一希望の大学に
合格した場合には、入学までの時間を有効に使えることが
利点です。ただし、Early Decisionで合格すると
入学義務が発生し、他の大学との併願や変更ができなく
なるので、よ~く考えて入学手続きをしなくては
なりません。

アメリカの大学の場合には、SATの点数が良ければ
それだけでかなり有利になるんですが、息子が
通っているインド現地校はガッツリ進学校というのもあり
また、普段の授業が英語で行われているので
TOEFL(Test of English as a Foreign Language)が
免除されます。教育言語が英語、ってのは
こういう時に有利ですね。

30ウン年前、私がアメリカの大学に願書を
送ったときにはもちろん「郵送」でした。
願書を取り寄せ、必要事項を記入し、書留で
送って更に届いたかどうか国際電話で確認し、
現地に住んでいる友人からフォローアップしてもらい
ぎりぎりで学生ヴィザを取ってアタフタしたのを
覚えています。TOEFLの試験結果が届いたら
それも郵送していましたっけ。

が、今や時代は「オンライン申請」。SATの
フォーム記入もオンラインなら、過去の表彰状や
成績証明書などもすべてPDFにして添付する方式。
SATの点数は希望大学へ自動的に送られる仕組み。
いや~~時代は変わるもんだわね。

息子の学校の
インターナショナル・アドミッション・アドバイザーは
「アーリーアドミッションは推奨しない、
海外の大学受験のための塾も予備校も必要ない」と
いう方針の先生なので、彼女のアドバイスに従いつつ
ここに願書出してみれば?と言われるところに
数打ちゃ当たる方式で順次アクションを起こしています。

CBSE(共通一次試験)の結果も出てないのに、
どうやって受験先が決まるの?って思いますよね。

出願先の大学が認めた高校の場合には、結果の前に
担当科目の先生方が保証する「Predicted Marks」
というのを提出するんです。つまり、先生が”この生徒は
本試験で〇〇点とれるはず”、という予想を立ててくれるわけ。
もちろん「予想点」で受験し、合格したとしても
本試験の点数がそれを下回っていた場合には
合格が取り消されることもあります。ひ~~~

なんか、いろいろと日本の大学受験とは勝手が違うし
ましてや30ウン年前のアメリカ大学の受験からは
もう手続きからして雲泥の差。書類選考でOKに
なった後は、Skype面接ですよ。ほぇ~~
そんなこんなで 母、アタフタ、最高潮 です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-26 01:27 | インド教育事情&子育て | Comments(0)

空飛ぶコンニャク

「日本から何がほしいですか?」って聞かれたら
「竹輪」と「A社のマヨネーズ」しか思いつかない
・・・って話をしましたが、
他に何が手に入りにくいかなぁ、と考えてみたら
香り高い柚子とか、葉山椒とか、こんにゃくとか。

そんな私の願いをかなえるべく、キッチンスタジオ・
ペイズリーの香取先生や講師の先生がた、ツアー参加者の
皆様があれこれと運んできてくださいました。
c0338191_18160324.jpg
竹輪なんて、食べ比べができるようにと色んな種類を
いっぱい。宝の山じゃ~~!
早速ゆうべ「おでん」にした以外は
さっさと冷凍して小出しにしますよ。
どこの竹輪がいいの?って聞かれるけど、スーパーの
5本入って98円とかので良いんです。うふふ

でもって、プリップリのコンニャクも運んできて
下さったんですが、手違いでジャイプルまで
持っていき、ラージプタナホテルの冷蔵庫で
待機してもらって、デリーに戻る日に一緒に
連れて帰ってきました。

フードマイルすごくない?
エアーインディアで成田→デリー、その後バスで
デリー→ジャイプル、更にインディゴ航空で
ジャイプル→デリー、と旅したコンニャク。
これもゆうべのおでんの具になりましたわよ。
c0338191_18151576.jpg
もひとつ、山椒をなんとか栽培できないか・・・・
と以前山椒の実を植えてみたんですが、失敗・撃沈。
今回ちょびっとだけ枝をもらって、挿し木するのに
ジャイプルにでかける前に主人に「これ、私が
戻るまで水につけといて」って頼んで出たんですよ。

帰ってきたら、犬神家の一族状態で(ってわかる?
上下逆に水に挿してあったんですよ~~。)
あわや夫婦喧嘩勃発するところでしたよ、スケキヨさん。笑
c0338191_17053520.jpg
いただいた柚子の皮をせっせと小分けして
冷凍したりして、ちまちました作業を楽しんでいます。
なくても生きていけるけど、あれば心が潤うのが
木の芽とか香りものだよね~。インドにいるからこそ
ありがたみが身に沁みます。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2017-11-25 03:39 | 青蓮日記 | Comments(0)

キッチンスタジオ・ペイズリーとのコラボ

日本を代表するインド料理研究家、更には
アーユルヴェーダの専門家でもある香取薫先生。
その香取先生が主宰する「キッチンスタジオ・
ペイズリー」の25周年記念ツアーの
現地コーディネートをさせていただきました。
こんなバスでデリー~スルターンプル~ジャイプルと
旅してきましたよ。
c0338191_23184971.jpg
「インド料理好き」という共通点があるので
習っているレッスンのレベルは違えど、参加者の皆様も
一気に打ち解けて、ワイワイ楽しく、日々濃い内容で
お料理レッスンも交えつつの8日間のツアーです。
私の大好きなジャイプルでは、観光ももちろんですが
旧市街でキッチン用品を買ったりも。鍋釜下げて(!)
ジャイプルを練り歩いてきました。笑
ジャイプルの青空が綺麗で、思わずスーハ―スーハ―
・・・・・・呼吸が楽だ~!
c0338191_23264304.jpg
↑↑加工なしで、スマホで撮ったのがこの青空ですもん。
先週から大気汚染で気管支をやられてゼーゼーだったので
なおさらありがたみが。
好きな町で、お気に入りのホテルに泊まり
お気に入りのお店に皆さんをご案内できて満足。
c0338191_23185521.jpg
香取先生は、GABANとハウス食品とのコラボの
インド料理用スパイスの監修もなさっています。
そうよオクサマ、これさえあればインド料理も
お手軽に作れるのよ~!
c0338191_23322880.jpg
25周年記念日の夜は、ホテルでパーティーでした。
サーリーやパンジャービースーツ、男性もインド服で
楽しく・美味しく・愛と感謝に満ちた会でした。
私は一足先にデリーに戻り、ご一行様はアーグラーで
お料理修行+タージマハルを見て
明日デリーに戻ってからは更にお料理レッスン。
こんなに盛りだくさんのツアーはそうそうないなぁと思います。

そういえば。
機内からのデリー。やっぱり煙ってます。泣
c0338191_23365054.jpg
滑走路の関係なのか、思わぬ方向からの
ランディングでした。(ジャイプルから戻るのに、
なぜかノイダ側からヤムナー川上空を通過して、
↑中央あたりに見える楕円のところがネルー・スタジアム)
さて、明日のお料理修行用の下ごしらえをせねば。
(インド料理を講師のインド人マダムに教わるかわりに
和食を何品か作ることになっているのです~。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-11-24 00:03 | 青蓮日記 | Comments(0)

AWAメーラー無事修了

朝5時すぎに家を出まして~、今日のメーラー会場の
搬入指定時間前に現場(デリーのアメリカンスクール)に
到着しました。真っ暗。
c0338191_23454350.jpg
手前にいっぱい見える自転車の影は、荷物を
運んでくれるリキシャーの列です。
伝統あるAWAメーラーだけに、当日の登録手続きも
搬入もスムースでリキシャーレンタルの流れも
セキュリティーチェックもとてもきっちりしていました。

品物をサイズ別に並べたり、ディスプレイ棚を
組み立てたり洋服かけのスタンドをセッティングしたり
あれこれしている間にあっと言う間に10時。
「今からお客様の入場開始です」ってアナウンスが流れ
ワクワクして皆さんの到着を待ちました。
c0338191_23455098.jpg
コールマユール(デリーの女声合唱団)の友人たちが
今日はジョイントコンサート本番で、リハーサルの
前に来てくれたので嬉しかった~。
ランチやおやつの暇もないかも、と色々と差し入れを
くれた友人たちも、ありがとね~。さすがに私の
ツボをついた差し入れたち。お赤飯おにぎりやら
栗入り大福やら。ハイチュウはもう食べたあと。笑
c0338191_23460540.jpg
ヨーガマットバッグとトートバッグ(大型お稽古バッグ)は
完売いたしました~。人気柄のジュッティーもあっという間に
売り切れ。
12月2日のフレンチ・チャリティー・メーラーでは
新たな色柄のヨーガマットバッグとトートバッグを
今から生産にかけますだ~!
c0338191_23455754.jpg
来週はジャイプル出張もあるので、何か可愛いものを
見つけたら仕入れてきます。

お越しくださったみなさま、ありがとうございました。
なんと、ブログに載せた写真でお友達を通じて
日本からお買い上げくださった方もいらして嬉しかったです!

さて、明日からはちょいとお仕事モード全開。
途中で写真だけでもアップできそうだったら
お料理修行の様子やらジャイプルの風景などご紹介しますね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-20 00:03 | 青蓮日記 | Comments(2)

見逃せないイベント、あと二つ追加

明日のAWAメーラー(アメリカンスクールの
敷地で行われる、デリーNCR在住Expatsが
毎年楽しみにしているバザー)は、入場券を
お買い求めいただければどなたでも入場できますので
皆様、ぜひお越しくださいませ!

さて、毎年楽しみにしているセールのご案内が
届きました!!
去年のブログ記事、覚えていらっしゃいますか?
あの、Shades of Indiaの今年のガーデンセールが
11月30日から始まりますよ~。(12月2日まで)
デリー中心部の邸宅のお庭で開催されるので
朝早いと朝露で商品がしっとり(!)しているけど
昼過ぎから混雑するので、あさイチがねらい目です。
c0338191_22320002.jpg
このセールの売り上げの一部は、癌患者サポートの
Cansupportという団体へ寄付されます。

そして、12月頭の週末開催かな~と予想していた
ドイツ・クリスマス・マーケットですが
12月9日、10日の週末に決定です。
場所は例年通り、Nyaya Margにある
ジャーマンハウス。ドイツのクリスマスグッズの
可愛いのが見つかりますよ~。ビールと
ソーセージも美味しいよ~
c0338191_22315547.jpg
12月2日、3日の週末にあれこれ重なって
アタフタしなきゃならないかな~、と思ってたら
ジャーマン・クリスマス・マーケット、日にちを
ずらしてくれて大感謝! 入場料350ルピー、
12歳以下のお子さんは入場無料です

さぁ、あちこちはしご(!)して、年末年始の
一時帰国のお土産を一気にまとめ買いしようっと。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-19 00:08 | 青蓮日記 | Comments(0)

日曜日、アメリカンスクールで。

快適な気温が続くようになって、大気汚染は
ちょっとマシになったみたいだし・・・
メーラー(バザー)のシーズン到来です。

19日(日曜日)10:00からのアメリカンスクールの
AWA Mela(American Welcome Association)に
インドの職人さんたちの技を活かしたオリジナルグッズで
出店します。
c0338191_01515862.jpg
インド靴(ラストシーズンのデザインとまた異なる
オシャレな色柄満載なので、お楽しみに!)
一部チラ見せすると、こんな感じ。
バレエシューズのようにジーンズともスカートとも
相性バッチリで、インドチックでもある可愛さですよ。
c0338191_01260078.jpg
キャンバス地のお稽古用トートバッグ、ヨーガマットバッグも
あります。パーティーバッグやポーチ、ポシェットなども
また、流行の長め丈のインド服や後ろ裾下がりのシャツなど
アパレルも新作沢山。トートバッグはこんな色柄。↓↓
c0338191_01460032.jpg
私は終日会場にいます。お声かけてね。
なんせ、会場のセキュリティーチェック(商品もすべて
チェックあり)のため、搬入時間は6時なんですよ。
指定の搬入時間に遅れたら、出店を取り消されるので
早めに行かねば。おまけに登録したスタッフ2名以外は
指定時間意外は出入りできないんです。
ま、セキュリティー上これくらいやってくれたほうが
安心ですよね。

AWAメーラーも、12月2日のフレンチ・チャリティーメーラーも
12月3日にアショーカ―ホテルで開催されるDCWAバザーも
入場料および出店料はチャリティー目的で使用されます。
(12月2日はAESのインターナショナル・フードフェア:IFFも
開催されます。こちらは事前登録が必要で、入口でIDの提示が
必要です。)

忘れ物しないように、おやつと飲み物も持っていかなきゃ
(遠足前の小学生か!笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-11-18 01:49 | 青蓮日記 | Comments(0)

大気汚染の原因のひとつ、「野焼き」の背景

大気汚染、ほんと困るね~。
今日のAQIは309だって。
げげげ~!マスク忘れないようにしないと。

・・・・って会話の前に、そもそも大気汚染の
主要原因のひとつとなっている「野焼き」がなぜ
やめられないのか、ってことも知っておいたほうが
良いと思います。長いけど、読んでね。

野焼き自体は昔からあったんです。
が、昨今パンジャーブ州やハリヤーナー州で
米作が盛んになったことから、野焼きの頻度があがり、
作付け面積が増えたので野焼き範囲も
広がって汚染を広める結果となっている、ということ。
c0338191_01051546.jpg
そもそもパンジャーブ州は「小麦」の産地であって
米作が主要収入源となったのはここ20年くらいの話。
話は「Green Revolution(緑の革命)」にさかのぼります。
高校の地理でやりましたよね。1940年代から60年代にかけて
収穫量が高い品種の導入や化学肥料の投入で穀物の生産性が
アップし、大量生産が可能になったことで、農業革命の
ひとつとされるのが「緑の革命」です。ロックフェラー財団が
国際稲研究所に資金を出し、緑の革命を主導しました。

パンジャーブ州(およびハリヤーナー州の一部)では
それまであった藩王主導の治水策「運河」が功を奏し
1972年にはすでに治水率86%を達成していました。

また、あまり深く掘らずとも水脈に行きあたることから、
パンジャーブ州では農家が個人で融資をうけて
井戸を掘るようになり、緑の革命と相まって
収穫量が劇的に伸び、この農業革命は「井戸革命」とも
呼ばれるようになりました。

しかし小麦の需要よりも米とジョワール(モロコシ)の
消費率が高いインド。利益率の高い、よく売れるものへと
生産の主軸が流れるのは当然のことで、パンジャーブ州でも
だんだんと米作が重要視されるようになります。
このニーズと、緑の革命がもたらしたHYV(高収量品種)とが
合致し、収穫期をいかにずらして二期作し、収入を
あげるか、という試みがなされます。

今までモンスーンの雨に頼るしかなかったものが、治水率が上がり
モンスーンの雨のパターンに左右されずに良くなった。
井戸の普及により必要なときに必要な水が確保できることで
種まきも最適な時期に行えるようになった。
時期をコントロールできることにより、害虫被害も減って
収穫量があがったわけです。
c0338191_01054625.jpeg
更にパンジャーブ州の米の価格を安定させたのが
「Food Corporation of India」(インド食糧組合)が
米の買い取り先となったこと。(インドには「消費分配省」
があり、下部組織がインド食糧組合です。)

インドの北部は小麦文化、南部は米文化
というのは周知の事実ですが、この農業革命により
南部で米が収穫できない時期に、パンジャーブ州で
米が出来る=高く売れる ということになったのです。

更に生産性を上げようとの取組で、麦を刈り取ったあと
すぐに焼畑をして、種もみを芽出しし、苗代をつくって
田植えの準備をする・・・・というサイクルができ
その狭間はなんとたった20日しかない、という状態。
米を刈り取ったあとに麦を植えるまでの
サイクルもまた同じで、2~3週間の猶予しかありません。

☆人件費削減のため、焼畑で一気に片づけたほうが
次の作業に入りやすいこと
☆家畜のエサとして転用できる稲藁でさえも、人の手で
集めて加工する手間よりも、次の作物を植えたほうが
効率よくお金になること
これらが主要原因で、野焼きがなくならないのです。

流石に環境問題、水源問題を考えたときにこれでは
まずいと、一応稲作は5月15日から6月15日の間に
はじめてはいけない、という取り決めがあるんですけどね。

デリーの大気汚染も、パンジャーブの地下水枯渇問題も
更には農作物の価格格差の是正のためにも
この「米ー小麦ー米ー小麦・・・・・」と永遠に続く
サイクルをどこかで断ち切って行かねばならないのです。
今の「南インドで米が収穫できない時期にパンジャーブ州
だけで米がとれる」状況を打開するため、ベンガル州や
ビハール州でも米作が奨励されているようですが、
それにしても根深い問題です。

今日、デリー市のケージュリワール首相が
パンジャーブ州知事に会いに行ったようですが
建設的な結果がすぐに出るとは思えないので
とりあえず自分の身は自分で守る、ですかね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-11-16 01:08 | 青蓮日記 | Comments(0)

最新の記事

デスティネーション・ウェディング
at 2017-12-12 01:08
花市場はオッサンだらけ
at 2017-12-11 00:25
ごほうび。
at 2017-12-10 00:17
カラフルに元気に!
at 2017-12-09 01:50
泥棒を見て縄を綯う
at 2017-12-08 00:02
レディースランチ&息子弁当
at 2017-12-07 00:07
奥さん、玉ねぎとトマトの値段..
at 2017-12-06 00:32
ささやかなクリスマスツリー
at 2017-12-05 00:52
DCWAバザー@アショーカホテル
at 2017-12-04 01:00
フレンチスクール・チャリティ..
at 2017-12-03 01:39

最新のコメント

> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:02
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 23:00
お疲れ様です。仲良し嬉し..
by アルト2号 at 08:50
各州によって言語もカレー..
by Cecile at 13:06
> 鍵コメYさま~~! ..
by neelkamal at 01:18
> Ellieさん 今..
by neelkamal at 23:30
>N.Y.さま コメン..
by neelkamal at 23:29
> 852さん Gee..
by neelkamal at 23:25
デリーの大気汚染 TVの..
by Ellie at 14:37
> 鍵コメMさま コメ..
by neelkamal at 23:44

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング