旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

デリー、花歳時記

インド=常夏の国、と思われている節が多々ありますが
デリーの冬は厳しく、短いながらも春があり、
5月・6月の酷暑期を過ぎると雨季が来て、8月終わりには
セカンドサマーと呼ばれる暑さのぶり返しがあり、
それが終わると秋のお祭りシーズン、そして短い秋を過ぎ
冬へと流れていく、一応「四季」があるんですよ。

今は花盛り、冬の終わりを待ちかねたかのように
一斉に花々が咲き誇る季節。車の中から眺めていたら
真っ赤な花が沢山ついている大木があちこちに。
c0338191_01502620.jpg
両掌にすっぽり収まるくらいの大輪の花が咲くこの木は
「キワタ、コットンツリー」です。デリーでこの花を
見かけたら、あぁ、春だなぁ・・・と思えるんです。
c0338191_01503738.jpg
同じころ、ニームの木々の葉っぱが黄色くなり
落葉(パトジャルと言います)の季節。
c0338191_01505694.jpg
春先にポワポワッとした黄色いミモザみたいな花が
咲いていたアラビアゴムもどきには、おもしろい形の
鞘がつきはじめます。
c0338191_01504724.jpg
3月終わり~4月頭には前述のコットンツリーの実がはじけ
キワタのふわふわが風にのって漂い
c0338191_01544913.jpg
4月、入学式のころには桜ならぬグルモーハルの
朱赤の花が満開になります。ニューデリー日本人学校の
校章にもなっている花ですね。
c0338191_01560213.jpg
日、いちにちと暑くなってくるころ。
5月に入ると一斉に街が黄色に染まります。
和名でナンバンサイカチとも呼ばれる
ゴールデンシャワーが咲き乱れ、酷暑期の到来を
告げるのです。
c0338191_01574053.jpg
うわ~~、なんかこうして改めて眺めると
あっと言うまに酷暑期が来そうで焦るなぁ。
もう一回くらい寒の戻りがあるかしら・・・と思いきや
一気に春まっさかりを過ぎ、夏へと突き進みそうな
デリーです。(いや、まだホーリーの頃ちょっと肌寒く
なるにちがいない。油断禁物。それに4月には
アーンディーと呼ばれる砂嵐が吹き荒れることがあるからね。
雹も降るからね。)

ぼちぼちと夏服&チャッパル(サンダル)の季節が
やってくるなぁ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-02-28 02:03 | Comments(0)

バザー三昧 

青空と爽やかな陽気の日曜日、学年末試験準備で
煮詰まっている息子を誘って、バザーに繰り出しました。

ひとつめはDCWAのインターナショナルバザー。DCWAは
「デリー・コモンウェルス・ウーマンズ・アソシエーション」
の略号で、1952年10月に創立された団体です。もともとは
インド人およびイギリスに縁のある国々から来てデリーに
住んでいる人々、36人で始まったものでなんと当時は
年会費が5ルピーだったそう。今やコモンウェルスに限らず
デリーに住んでいる、大使館や領事館のある沢山の国々が
参加しているファンド・レイジングの機会がこのバザーなんです。
例年12月に開催されるものが、昨年11月の廃貨問題のあおりで
この時期に延期になりました。会場はいつものアショーカ・ホテル
c0338191_00454015.jpg
日本大使館のブースもあります。日本の雑貨販売もあり、
巻き寿司が飛ぶように売れてました~!
c0338191_00455493.jpg
我が家がまず目指したのは、ドイツのポークソーセージ!
美味しかったです~。フライドポテトとのセットで
500ルピー。
c0338191_00455708.jpg
お次はマレーシアのサテー。
あ~これこれ、この味!販売しているマレーシアマダムたちも
底抜けに明るくて、笑い声に溢れてました。
c0338191_00460410.jpg
美人がほんとにい~っぱいいたウクライナのブース。
目の保養。(オッサンか!)
c0338191_00460886.jpg
雑貨コーナーよりも、やっぱり食べ物コーナーが
賑わってましたね。

DCWAではカイラーシュ・コロニーに独自の
メディカルセンターを運営している他、
未就学児童のプレイグループ運営や
スペシャルケアが必要な子供たちの教育援助
女性の自立支援などを行っているんです。今日の
売上も、それらの施設運営のためのファンドになるんですよ

さて、お次の目的地はジャーマンハウス。
アショーカホテルから車で5分ほどの大使館街にあります。
ここで開かれていたのがSpring Fest
昨日はえらく混んでたらしいけど、今日は上記バザーに
客足を奪われた感じでした。我が家が目指したのは
Sushi Junctionさん。
c0338191_00461801.jpg
暑くなったらもうお出かけできないですからね~
(って暑さに極端に弱い私。夏の間は活動停止期間に
入ります。笑)

デリーの束の間の春を楽しめた日曜日でした。
さ、明日からまた一週間張り切っていくべ~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2017-02-27 01:01 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

色に囲まれて過ごす

緑と赤の組み合わせのサーリーとか
卵の黄身色にどピンクの組み合わせとか
日本でだったら絶対しないだろうなぁという
色のコンビネーションだとか、そういうものに
囲まれて暮らしていると、だんだんと目が慣れてきて
こんなの見ても、別に驚かなくなる・・・というか
これもありじゃない?と思ってしまう自分がいます。笑
c0338191_03064666.jpg
ラージャスターン州は特にカラフル。
ラージャスターンにしろ、グジャラートにしろ
砂漠の色に映えるような、強い陽射しに色あせて
いい具合に退色するような、そんな色づかいも多いです。
c0338191_03083182.jpg
名物タイ&ダイ(絞り)のお店もこんな感じで
ま~~派手なこと。それが不思議と似合うのが
インドの女性たち。
c0338191_03094451.jpg
カラフルといえば、私の好きなレストラン、ジャイプルは
ジャイマハルパレスの「シナモン」も綺麗なんですよ
パープルとピンクが基調、それが不思議と落ち着いた
雰囲気で、ゴールドもうまく配されています。
c0338191_03110826.jpg
細密画の絵師の絵の具はこんな。
顔料が使われているので、いかにも!な鉱物や
膠などが置かれていたりして、興味津々。
c0338191_03145729.jpg
農作業から戻ってくる女性たちもカラフル!
田舎だとにこやかな笑顔を向けてくれますが
下手に都会に近かったり、ツーリストが通る道すがら
だったりすると、チップくれって言われます。
c0338191_03161914.jpg
そんな日常なので、一時帰国のたびに成田で
あまりのモノトーンの多さに驚いてしまうのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-02-26 03:24 | 青蓮日記 | Comments(0)

ヒマーチャルからの春野菜!!

今朝、うちの前の公園のど真ん中にある植え込みの
背の高い木に人が群がって、手の届くところの葉っぱを
むしり取っていたので、なんじゃろ?と思ったら
今日はマハー・シヴァラートリー:→→シヴァ神大祭の日。
そう、この木はベールといってシヴァ神に捧げる
プージャー(お祈りの儀式)に使う葉っぱなのでした。
おかげで下の方はハゲハゲになってた!笑
三葉に分かれた葉っぱの形が、シヴァ神のもちもの
三叉の檄に似ているからなんだって。
c0338191_00092765.jpg
今日は、ヒマーチャル・プラデーシュ州(ヒマーラヤ山脈の
ふもとにある州)からの新鮮野菜宅配が届く日!
春の香りいっぱいのお野菜が来ました~
c0338191_00221423.jpg
あ、ちなみにこれはトマトプロジェクトさんの
宅配XLセットです。うち、大ぐらいなもんで。
(注文ページにはLセットまでしかないので、特注。笑)

入っていたトマト3種類のうち、真ん中の小ぶりのが
めっちゃ味が濃くて、野菜洗ってる間に3つとも完食。
バスケットの右後ろにあるのは先日もご紹介した
メッティーという春そのものの香りがする葉物
(フェヌグリークの葉っぱのこと。過去記事はこちら
リークも入ってるし、やわらかニラもあるし
山のジャガイモ(皮が赤紫の)もある~。

ってことで、お昼は早速ベビーコーンやオクラを入れて
パスタ(息子はトマト味、私はジェノベーゼ)と
紫サラダ菜や水菜を使っての人参ドレッシングをかけて
サラダをいただきました!春の味~~!
c0338191_00271695.jpg
夕飯のおかずの一品にはメッティー・アールーを。
下の固い部分を除いて、みじん切りにしたメッティーを
炒め、ジャガイモとトマトを足して塩・赤唐辛子パウダー・
ターメリックとガラムマサラを入れてざっと炒めて
蓋をして蒸し焼きにしたサブズィー(野菜のインドおかず)を。
c0338191_00300224.jpg
この苦味が癖になるんですよ~。
ごはんのオカズにもなるし、トーストにのせても
美味しいし、もちろんローティー(チャパーティー)とも
相性抜群な春ならではなメニューのひとつ。
炒めたらめ~~っちゃ目減りするので、ジャガイモや
トマトで嵩増しします。笑

どの野菜で何を作ろうか考えるのも楽しみ~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-02-25 00:41 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

気になるモリンガ、発売記念イベント

今日は早起きしてあれこれお料理の仕込み。
というのも、トマトプロジェクトさんの
「モリンガシードオイル発売記念イベント」に
行くからなんです!私の担当は第二部の
「簡単レシピ紹介&試食コーナー」

メインイベントはモリンガシードオイルを使っての
アーユルヴェーダ的フェイスマッサージ。
モリンガの何たるか、なぜ今スーパーフードとして
注目を浴びているのか、など興味深い話を伺いました。
施術をしてくれたのは私もたまに通っている
Santhigramのセラピスト、マヤさんと
いつも的確なアドバイスを下さるラクシュミー先生。
冷え性で悩んでいる、と言う方の対処法をずばり診断されました。
c0338191_01121728.jpg
ローズウォーターのいろんな利用法なども
教わって、なるほどな~・・・と。
このあたりから私は配膳に集中したので、お話は
じっくり聞けなかったんですが、とても
有意義な会だったと思います。皆さんのこの
真剣な姿をご覧あれ~
c0338191_01142554.jpg
今日発売開始となったモリンガシードオイルの
ラベルデザインをさせていただきました。
男性にも気軽に使ってもらえるように、ユニセックスな
感じで・・・と言われていたのでモリンガの葉っぱの色を
基調に。あわせて先日ボトルとラベルがリニューアルした
ピーチカーネルオイルも。
c0338191_01164688.jpg
そうそう、私のレシピ紹介部門はミニレシピ帖に沿ったお話と、
試食が「キャロットラぺ」「キュウリのナムル」
「具入りオープンオムレツ」「にんじんドレッシング」
「鳥胸肉のネギ塩タレかけ」「コールスロー」でした。

そういえば、ラクシュミー先生のお話の中で、
アロエベラ摂取がとても肌のために良いと言われたので
うちのアロエたちも遠慮せず食べようっと。(お友達に株分け
してもらったらどんどん育って、なんと花が咲いたんです~)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2017-02-24 01:22 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

ダストカール、春のバザールへ

先日ご案内したダストカールのバサント(春)バザール。
(過去記事はこちら
今日は午前中~昼過ぎまでインド料理を教えていたので
その後、片づけまで終わってから
「90分一本勝負」で家を出ました。
我が家からアンデーリア・モールのダストカールの
常設会場・キサンハートまでは車で15分。

入場券20ルピーを払って、いざ!!と外側から
回り始めたところで早速気になるブース発見。
ブロックプリントの布を使った、カルトナージュっぽい
ティッシュボックスやらバインダーやらメガネケースやら
マガジンラックやらを売っているお店。
c0338191_01204798.jpg
大き目のインドらしい模様のギフト用封筒が
安かった~。黄色の矢印がついてるのは
メジャーです。インチとセンチ併記で
可愛いので、クラフト好きなお友達の分とあわせて購入。

そして、これ一択を目当てにバサント・バザールに
行ったと言っても過言ではないストールを。
(またストールか!!って言われそうだけど。
c0338191_01210636.jpg
これ、すごいんですよ。織もボーダーの始末も
端っこのフリンジも可愛くて、しかもウールと
シルクの混紡なので、オールシーズン使える
(夏は冷房対策用として)もの。ふっふっふ。

若手デザイナーさんのオリジナルグッズを売っている
ブースもありました。本人と話し、これを購入。
アート仲間とのランチのときにぴったりなランチョンマット。
c0338191_01210050.jpg
最初に買ったカルトナージュっぽい「マガジンラック」は
こう使おうと思っていたんです~。
あんまり重たいものは入れられなさそうだったので
我が家の女性用スリッパ容れに。可愛い。満足。
c0338191_01211209.jpg
ちなみにいつも聞かれる左側のスリッパは
Masala Teaさんの旧モデル。これ、復活しないかなぁ。
右手のスリッパはローカルマーケットで見つけました。
(いや、多分スリッパじゃなくて外履きとして
売っていたんだと思うけど)

もう一回、気になるブースだけに絞って行こうかな
カーペットの素敵なの見つけちゃったんだけど。
それにしても全体的に値上がりしています。ショールは
2000ルピー平均、カーディーの服は2500ルピーから
って感じ。陶器も良さげなのがあったんだけど、
花器としても使えそうなピッチャーが2000ルピー。
どうやら、2000ルピー札と500ルピー札使って
おつりがないように値段設定しているのかな?と思いました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2017-02-23 01:12 | インド雑貨 | Comments(2)

予約のとれないレストラン

デリー在住者の口コミで、すっごく美味しい
プレゼンテーションもおしゃれ・・・って評判で
でも一見さんおことわり、な場所がありまして。

ワタクシ、その名を「Chez Hero」と密かに
呼んでおりました。いつか行きたい、と夢見ていた
そこについにおよばれ!!やったぁああ

良いですか~~、前菜画像、出しますよ!
ほら~~!!
c0338191_01495791.jpg
ナハトマンのお皿にマンゴーとメロンと生ハムと
ボッコンチー二とビーツとサラダほうれん草です。
この、フルーツを丸くくり抜くのといい、
ビーツをハート型にしてあるのといい、ズキューンと
やられましたよ。

次はなんと、手打ちパスタ!もっちもちで
美味しかったんですよぅ。また食べたい。
c0338191_01520639.jpg
メインは皮がぱりっぱり、身はジューシーな
チキンと、グリル野菜たち。
これも絶妙な焼き加減で、お野菜もたっぷり
食べられて大満足。
c0338191_01522374.jpg
そしてデザートもなんとサービス精神満点な。
抹茶ケーキ(小豆とマロングラッセ入り)に
杏仁豆腐、小豆と抹茶白玉とイチゴのせ!
c0338191_01533611.jpg
おまけに日本茶や、シッキムの紅茶もとびきりおいしくて、
ご一緒した方たちがグルメ揃いだったので、
まるでデリーの食の祭典みたいな話題に花が咲きました。
デリー暮らしのご褒美もらった、みたいなランチ会でした。

これすべて日本人の男性、シェフでもなんでもない
シュフ(主夫)が作ったお料理・・・・って言ったら
びっくりするでしょう!?
我が家でやってるインド家庭料理の会にも
ご参加くださっている方なんです。
もうすぐ本帰国なさるのがとっても残念。
でも実はお互い福岡県民なので、本帰国後もご縁は続くと思っています。

は~~~、おいしかったアレやコレの夢を見て寝ようっと。(笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2017-02-22 02:02 | 青蓮日記 | Comments(0)

花盛りのお庭へ

デリー界隈在住の駐在外国人(Expats)御用達の
通称”ストロベリーファーム”のあるスルタンプルの
ファーム街には、えらく大きなファームハウスが
連なっていて、ストロベリーファームから直進して
さらに奥に進むと広大な敷地のある大邸宅が
並んでいます。そのまま進むとぐるっとまわりこんで
MGロードに出ることができます。

MGロードからマンディロードに曲がって
ず~~~~~っと進んでいくと(ストロベリーファームを
通りすぎて、セレンディピティのまだ先)
もっとすごいファームハウスが並んでいるんですよ。

ゲートに門番さんが3人くらい常駐していて、
ゲートから家の前の車寄せまでえらく遠いところとか。
なんなの、この差は?って思っちゃいますよ。

そんなファームハウスに住んでいるインド人マダムのお宅に
およばれして行ってきました。
お庭は花盛り。なんとコスモスが満開。あれ??秋の花だよね?
c0338191_01473376.jpg
ラクスパー(デルフィニウム:和名は 千鳥草 ( チドリソウ ) とか
飛燕草 ( ヒエンソウ ))も咲いてる!花屋さんで買ったら高いのに!!
c0338191_01481516.jpg
つぼみが沢山の赤やピンクの可愛らしいポピーもこれから
満開になるところ。あと10日くらいしたらまたいらっしゃい、
と言われましたが、うちからだと結構遠いのよ。
c0338191_01504323.jpg

でも、お花の題材には事欠かないお庭で
あ~、あれもあったらいいだろうな、これも切らせてくれないかな
・・・なんて思いながらお庭を散策しました。

お庭の一角で作られているレタスを山盛りと
庭木にたわわに実っているチャイニーズオレンジを
お土産にいただきまして。

このオレンジ、と~~っても酸っぱいけど
ドレッシングやポン酢もどきを作るには最適なんです。
そう言われてみれば、野菜屋さん・果物屋さんでは見かけないなぁ。
c0338191_01570328.jpg
あれ~~、お花を愛でに行ったのに、やっぱり花より団子かぁ。

街の花屋さんにはあんまり花の種類がないのに
(というか売れ筋しか仕入れないからでしょうね)
あるところにはちゃんとあるもんだなぁ、と思ったのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2017-02-21 02:02 | 青蓮日記 | Comments(0)

パシュミナ・ショールのこと

先日のクラフトミュージアム見学会でもご案内しましたが
カシミール・ショールの話の続き。
インドでは高級カシミールショールのことは「パシュミナ」と
称していますが、日本では消費者庁の定めで、商品名は
「カシミヤショール」という表記で統一されているんだそう。

ヒマーラヤ山岳地帯に生息する山羊には
厳しい冬の間に寒さから身を守るために、毛の内側に
更にやわらかでふわっふわな「柔毛」が生えてくるんです。
それを春先の
毛の生え代わりの時期に
櫛で梳いて集めたものがカシミヤ。
そのカシミヤの中でも、5000メートル級の高地に
住んでいる山羊たちには、更に細くて繊細で
滑らかさとしっとりとしたぬめりのある柔毛が生え
それを集めたものが最高級の「パシュミナ」。

パシュミナとはカシミール語で「柔らかな金」
を意味します。(更に高級品種は山羊=ヒマーラヤン
アイベックスのお腹の下に生える柔毛だって。この子たち↓
c0338191_01494684.jpg
毛の生え変わる時期には彼らが岩肌や尖った枝に
体をこすりつけ、そこにひっかかった冬毛(柔毛)を
集めて手紬で糸を作っていくのです。それが
リングショールと呼ばれる最高級品になります。)

で、博物館でもご案内しましたが、織の図案を
ヒエログリフのように書き表したものを
タリームと言います。
c0338191_01520009.png
一段目 赤4目、白5目、青5目・・・って感じで
親方にしか読み取れないような記号もあったりして。
これはウルドゥー語と同じように右から左へと
読み取りますが、実際に織る模様は左から右へ。

先日「カニ・ショール」のことを書きましたが
カニ とは 小さなボビン:色糸を巻いた糸巻のこと。
(過去記事:「戦利品のショールだよ 」)
c0338191_02152199.jpg
沢山の色糸の巻かれたカニを使って仕上げていくから、
カニ・ショールと呼ばれているんです。
ちなみに現代の図案はこんな感じでグラフ用紙に
描かれています。
c0338191_02034694.jpg
18世紀後半にはナポレオン一世妃ジョセフィーヌ↓↓や、
イギリスのクイーン・ヴィクトリアが愛用したとして
知られるカシミール・ショール。
c0338191_02145514.jpg
いやいや、インドの手仕事、調べだしたら
ほんとにキリがないんですよ~~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-02-20 02:18 | インドの布・手仕事 | Comments(0)

香取薫先生をお迎えして。

今日のドレスコードはサーリー(またはインド服)

というのも、日本のインド料理界をけん引するお一人
香取薫先生をお迎えして、ランチ会を企画したから
なんです~。先生には早くから「せっかくインドに
住んでいるんだもの、先生のお話を伺うにあたっては
おいしいインド料理レストランでサーリー(またはパーティー用
インド服)で華やかに集いたい。」とお願いしていたんです。

受付の時点からもう、カラフルでまばゆくて綺麗で
華やかで、これこれ、これよ~~!これぞインドに住んでる
醍醐味よ!と一人でウキウキしてしまいました。
c0338191_01510461.jpg
まずは集合写真を。これだけ女性がいるのに
サーリーやインド服の色柄・素材が全然かぶってない
ってのがすごいでしょ。
c0338191_01541940.jpg
ちなみに私は前列左端の黒字に蓮の花模様のぶーちゃんです。
香取先生、顔ちっちゃ!!

先生のインド料理修行のお話やら、カレーが落ちる
洗濯機開発の裏話やらを伺っているところ。質問も
飛び交い、やる気満々な参加者たち。笑
c0338191_01555676.jpg
前菜が7種類ほどテーブルサーブされ
あつあつ出来立てで美味しかったです。
そのメインコースはバイキング・・・なんですが
人気のストリートフードの(でも道端のは衛生面から
チャレンジしたことがない方が多い)ゴールガッパやら
パオバジーなども含め、内容豊富なものでした。
↓↓ゴールガッパに挑戦する参加者たち。
c0338191_01583080.jpg
ランチ会終了後は2次会(?)で
テラス席でコーヒータイム。半そでじゃ寒いか?
と思いきや、今日は車内で冷房がいるほど暑くて
キタ~~~!!夏!! と思ったのでした。

いや~~やっぱ女性はきらびやかなのが好き。
(↑↑ってすっかりオッサン目線だな。(笑))
土曜日のランチ会にオクサマを快く送り出して
子守を引き受けて下さった旦那様方に感謝します。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-02-19 02:04 | 青蓮日記 | Comments(2)

最新の記事

歌舞伎でマハーバーラタ戦記
at 2017-09-26 02:12
豊漁だ~!
at 2017-09-25 00:42
週末の食生活@デリー
at 2017-09-24 01:29
デリーでお得な韓国料理と言えば
at 2017-09-23 00:11
一時帰国のお土産大量ゲット@..
at 2017-09-22 00:24
菜食期間に入ります。
at 2017-09-21 00:54
インドで「栗仕事」
at 2017-09-20 00:42
サーリー祭り、まずはここから
at 2017-09-19 00:28
日曜日の朝は
at 2017-09-18 01:29
結婚記念日、ムガル時代へ夢の旅
at 2017-09-17 01:41

最新のコメント

はじめまして ブログお..
by trintrin at 10:33
改めてジャッキーさんは可..
by かいまる at 10:12
> ガオガオさん 肉汁..
by neelkamal at 01:09
> Cecileさん ..
by neelkamal at 00:48
> sakuraさん ..
by neelkamal at 00:46
はじめまして。インド・ゴ..
by Cecile at 10:58
結婚記念日おめでとうござ..
by sakura at 08:30
ジャッキー君が偲ばれます..
by ガオガオ at 17:20
> ジャスミンさん う..
by neelkamal at 20:04
青蓮先生 夏に初級のイン..
by ジャスミン at 10:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング