旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2016年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

まんまと罠にはまる。笑

定期的に(新たなシリーズが出るごとに、と言うべきか)
まんまと罠にはまっているものがあります。
わかっちゃいるけど、ついついポチるINDIA CIRCUS

このブランド、グッドアースにも一部商品が置かれて
いましたが、今や独立ブランドとして大人気です。
クリシュナ・メへターというデザイナーの雑貨。
(着払いできるので、クレジット決済なし=オットに
ばれずに好きなものが買えるという魅力も。笑)
c0338191_23310254.jpg
今からお届けします、って電話連絡が入るし
留守の場合にもちゃんとフォローアップがあって安心。
ちゃんとしたバブルペーパーに2重に包まれています。
(ちゃんとした、というのは強度のある、日本と
遜色のないクオリティのバブルペーパーってこと。)
c0338191_23310765.jpg
中身はこんな箱が3つ。それぞれに2個ずつ
ホーローカップが入っていて、カップは個々に
バブルペーパー(これはインド品質だった。笑)で
丁寧に包まれていました。
c0338191_23304986.jpg
自分でもカップ好きだな~、って思うけど、
カップだけじゃなくて器全般好き。
今季、私が一番心惹かれたデザインはこれでした。
c0338191_23305543.jpg
可愛いでしょ??フューシャピンクのクロスと
合わせたら乙女だし、ミントグリーンと合わせたら
爽やかだし、いろいろと組み合わせが楽しそう。
みんなで集うときに早速活用したいと思います。

ちなみに前回まんまと嵌ったのはコチラでした。

思うにね、FBの広告機能にやられっぱなしなんだな。
うまいこと好みを突いてくるのよ。
8月いっぱいセール中ですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2016-08-31 00:07 | インドもの・これは使える! | Comments(0)

立派になった彼と再会

先日、日本の友人(もとデリー駐在マダム、お互い
博多出身で仲良くしていたMちゃん)からLINEで
「息子が夏休みを利用してデリーに行くから
緊急連絡先にあなたの電話番号渡していい?」って
連絡が。

息子さんK君、大学2年生。
よ~~く考えたら、日本人学校に通っている彼の学年は
修学旅行の引率で知ってる子がいっぱいいる。
(5、6年生以上の担任の先生方が修学旅行の引率を
するんだけど、たまたま女性の先生が不在の年には
女子対応:環境が変わって急に生理が始まったりする
子もいるし、具合が悪くなっても男の先生には
言いにくいだろう、というのもあって応援部隊として
臨時で引率係をしていたのだった。旅程管理者資格も
持っているのでね)

で、懐かしい日本人学校にも行くアポイントを取ってる
・・・というので、だったらすぐ近くだしうちにも
寄ってお昼でも食べてってよ、とお声をかけた。
Mちゃんからは何か日本から欲しいものがあったら
言って、と言われたので、とりあえず在庫が切れた
シイタケをお願いし、あとは「歯がたたないくらい
かたい煎餅」ってリクエスト。

ずっと食べたいなぁと思っていた、かたいかたい煎餅を
いっぱいいただきました!!やっほ~!
寝る前にベッドでこれをパリポリ食べながら
Youtubeを観るのがささやかな楽しみ。
c0338191_00095736.jpg
爽やかな青年に成長したKくん、
一緒にお昼を食べながら、あれこれとオバちゃんの
質問にも嫌がらず答えてくれました。
懐かしい先生や同窓生の名前がいっぱい出てきたりして。

北インドをバックパックで回る、と言っていたKくん
冒険にあれこれ余計な口出ししちゃいかん、と
見守るだけにしましたが、オバちゃんちょっと心配。

彼がリュックひとつで我が家を後にしてから、
当時(10年近く前)のニューデリー日本人学校の
修学旅行の写真をひっぱりだしてみました。
タージマハルでの記念写真。
c0338191_00153539.jpg
このころは全校生徒90名くらいだったから、
5年生以上でも30名程度。小学生バスと
中学生バスと、2台で移動した記憶があります。
c0338191_00170081.jpg
アーグラーの現地校との交流会、なんてのも
ありました。太鼓を別トラックで運び、
和太鼓の披露と盆踊りの実演したりも。
この前年の行先はジャイプルだったなぁ。

デリー赴任を終え、本帰国した子もいれば、スライドで
バンコクやデュッセルドルフやニューヨークや
ソウルなどに行った子もいて、本帰国した子の中でも
日本各地に散らばっているから、その後会ってない子も
いるって。でもそのうち3人が、また大学で再会した
・・・・っていうから、どこの大学?って尋ねたら
東大でした。ひゃ~~~

いつも思っていたんですが、ニューデリー日本人学校の
学力レベルはかなり高いはず。中学受験でもたいてい
志望校に受かっているようだし、同学年で
東大3人って!!!!!
びっくりたまげた再会でした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2016-08-30 00:26 | 青蓮日記 | Comments(0)

インド社交界

もとイギリス統治の国らしく、インドにも
「会員制クラブ」が沢山存在します。
コロニアル(植民地)時代には
イギリス人のみが出入りを許されていたクラブも
インド独立後(1947年以降)にはインド人会員が
認められ、創立時から100年を超える歴史あるクラブも
インド各地に点在しています。

デリーで一番格式の高いのは、1913年創立の
デリー・ジムカーナー・クラブ。天井が高く
お髭にターバン、純白の制服のスィク教徒のドアマンが
恭しく車のドアを開けてくれて、はぁ~~~別世界に
迷い込んだ感じ。
c0338191_00132200.jpg
受付もどっしりと重厚感あふれるつくりで、
会員と一緒でないと、中には入れません。
建物中央ドームの真下には広い板張りのホールがあって
ダンスホールなんだって。
はぁ~~~、映画でこういうの、出てくるよね。
c0338191_00132794.jpg
レストランが数か所、バーとカフェと屋外レストランも
あって、テニス・スカッシュ・プールなどほとんどの
スポーツが楽しめます。もちろん図書室も、喫煙室もあり。

ダイニングホールは大人のみで、子連れの場合には
ファミリールームを利用することになっています。
c0338191_00133134.jpg
お手洗いだって、子供専用のがあるの。
え?小さな子供だけでお手洗いに行かせるの?
・・・・って思ったら、「アヤ(ベビーシッター)が
いるでしょ?」って。ごもっとも。

なんと会員になるには欠員が出ないと繰り上がりが
ないため、50年待ち。しかも会員全員との
会合があり、そこで一人でも「この人は相応しくない」と
反対する人がいたら、推薦取り消しになるそう。

そんなインドを代表する社交界を垣間見れる
デリー・ジムカーナー・クラブですが、
ダイニングホールのお食事は安くて、めっちゃ美味しいの。
はぁ~~、お金持ってる人ほどお金使わなくていいように
できてるのね。
c0338191_00133630.jpg
どれも素材の味が引き立つスパイス使いで、
インド料理の正統派、って感じでした。

インド社交界を垣間見れる由緒正しきクラブは
他に、マドラス・ジムカーナー・クラブ(チェンナイ)
ハイレンジ・クラブ(ムンナール、ケーララ州)
バンガロール・クラブ
ウェリントン・ジムカーナー・クラブ
         (ニルギリ、タミルナードゥ州)
クリケットクラブ・オブ・インディア(ムンバイ)など。

どこでもいいから、誰かまた連れてってくれないかな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-08-29 00:26 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

B級グルメ・道端フード、こそっと再開

11年生になってはじめてのPTMでした
(PTM=Parent Teacher Meeting)
Commerce受験のための主な科目は5つ。
数学・英語・経済・経営学と経理
ドイツ語の試験は受けますが、学校での授業はありません。

先生方との面談でどっと疲れたので、パワー補充に
ひっさびさに道端フードを食べに。
暑い間、雨季はできるだけ避けている屋台フードや
立ち食いインドB級グルメですが、
そろそろ雨季も終わりだし、再開してもいいかな~と。

私は間にパニール(インドのカッテージチーズ)が
入ってるアムリッツァルスタイルのクルチャーを。
オットはチョーレー・バトゥーレーを。
チョーレーはヒヨコ豆のスパイシーカレーのこと
バトゥーレーは揚げパンのことです。これで60ルピー
c0338191_23515112.jpg
メニューを眺めていたら、料金が改定されてはいるものの
かなり安い。
ま、立ち食いだし何もファンシーな要素はないし
まわりで食べてるのはオッサンばっかりだし。
でもラッスィーがおいしそうだったので、頼んでみました。
マラーイー(生クリーム)が乗って30ルピー。
c0338191_23515772.jpg
アールーサモーサー(ジャガイモのサモサ)はひとつ12ルピー。
ラッスィー、甘さ控えめでおいしかったですよ。

それよりなにより、今日のハイライトはこのオジサマ。
c0338191_23514762.jpg
レストラン(というか掘立小屋?屋台よりちょっと立派)
のオーナーさんですが、無心にダニアー(コリアンダー)を
切っていました。背景にバナナの木、オートリキシャー、
サーリーを着た女性、と バッチリじゃありませんか~!
いや~~テンション上がったわ~。

もちょっと涼しくなったら、思い切って
おでかけできるのになぁ。雨季、もう飽きた。
(なんて言うと雨の少ない地域で干ばつに苦しんでいる
農家の方々に怒られますね。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-08-28 00:11 | 食文化 | Comments(2)

青蓮ブティックの商品。笑

もとデリー駐在マダムで、テーブルコーディネートの
プロがいらして、先日の一時帰国のときに
レッスンに参加させていただいたのでした。

その時に、お土産は何が良いかなぁ・・・・と考え
インドらしいテーブルマットを作ろうと思いつき
お気に入りのパターンで6枚セットを縫いました。
このデザイン、とがった部分をキュッと裏返して
形作るのが難しくて、量産したくて縫製工場で
見本を作ってもらいましたが、出来上がりがイマイチで
やっぱり自分でコツコツ縫うしかないか~と思ったもの。
同じパターンの色違いで、去年の年末のミニ・バザーに
出品して売り切れた人気商品でした。

なんと、先日めっちゃ素敵なコーディネートが
先生のブログに載ってましたぁ!
c0338191_01104013.jpg
もと記事はコチラ↓↓↓
台風明けの爽やかティーテーブルセッティング
これ見てると、ナハトマンのお皿が欲しくなる~。
先生も書いてくださってますが、実は裏側に
オリジナルタグがついているんです。

c0338191_01105203.jpg
これは、話せば長いことながら~
ジャイプルのお気に入りのテーラーさんにたのんで
リボンタグを作ってもらおう!と思って、5~6枚
見本を作ってね、この色で、とりあえず見本は
私の名前で・・・・って言っておいたら

1,250枚届いたっていうオチ。
せんにひゃくごじゅうまい。orz

件のテーラーさんには
「見本だって言ったじゃないの~!
ブランド名で作るつもりだったのに、
私の名前入れてどうすんのよ~!しかも
1250枚ってどういうこと!??」ってクレームしましたとも。

仕方ないのでせっせと作品を作り、
あっちにもこっちにも、表にも裏にも
私の名前入りリボンタグをつけまくり。笑
バザーで商品を買ってくださった皆様、タグはあとから
外していいからね~。笑

あと残り1,200枚はあるから、せっせと商品を
縫わなくては。泣

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2016-08-27 01:23 | Works | Comments(2)

サプライズ・サプライズ!!

ちょうど仕事が入っている日に
仲良しの友人(Tさん)のお誕生日ランチ会で、行けない
・・・でも絶対なにか驚かせたい
と、別の友人Mちゃんとともに秘密で打ち合わせしまして

レストランの席では入口方向が見えない席に
Tちゃんを座らせて、私が入ってくるときに
気づかないようにしてね~、と計画を練っておりました。

朝からせっせとブーケを作り、
インドチックな絵をラッピングし。
ブーケは街の花屋さんのだとアレンジがどうも
ありきたりだな~と思っていたので、花市場や
友人の庭で手に入る葉物を使って自作。
絵はインドの古い家の花頭窓を描いたものです。
もう、「いやげもの」だって言われたって
仲良しだから私の描いたものを押し付ける。笑
c0338191_23425307.jpg
ギフトラッピングはカーンマーケットの
紙屋さんで買ったムガル模様のラッピング用紙に
くるくるカールリボンと
魔除けのニンブーミルチーのキーホルダーを仕込んで。

到着前にMちゃんに電話で「もうすぐ着くよ~」と
知らせておいて、レストランのお姉さんには
「気づかれないようにしたいから、席だけ教えて」
って。すっかり怪しい人だと思われたはず。

そぉ~~っと忍び寄って 花束を渡したときの
Tちゃんの ハトが豆鉄砲食らったような顔が
最高でした。
c0338191_23425722.jpg
気になったのは、ここのお料理のプレゼンテーションが
かなりレベルが高かったこと。
どれもすべて丁寧に盛り付けされていて、オシャレでした。

気になるレストランはIGI手前、エアロシティにある
Pullmanホテルの中のPluckというマルチキュイジーヌ
レストラン。ドリンクのプレゼンも乙でしたよ~

ロビーには雨だれのようなガラスのオブジェが
天井からきらきらと下がっており、テンション上がります。
c0338191_23593264.jpg
エアロシティという場所柄、やたらセキュリティが厳しいけど
ま、安全に気を配ってもらうのは有難いことで。

お誕生日のサプライズ演出、大成功でした。ふふふ

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2016-08-26 00:02 | 青蓮日記 | Comments(0)

行く度変わるハウズ・カース・ヴィレッジ

日本からのお客様をご案内して、しばらくぶりに
ハウズ・カース・ヴィレッジに行きました。
ちょっと見ぬ間に新しいレストランができてたり
あったはずのブティックが影も形もなくなってたり
・・・と普段から入れ替わりの激しい場所では
ありますが、まずは一番奥の遺跡公園から。

ちょうどNIFT(インド随一のファッション、
美術系の大学)の学生さんたちが、写真の授業の
実習でやって来ていて、「接写」のお題が
与えられていたらしく、お客様がつけていらした
ガラスのネックレスを撮らせてくれ、と。
この辺の物怖じしなさがインドの若者らしいわね~。
ついでにこちらも色々と彼らに質問したけど。
(この辺の厚かましさがオバサンらしいわね~。)

ほどよく湿気があるので、ペンキの色が
綺麗だった住宅。遺跡に隣接してるってのがすごい。
塀とか遺跡の塀をまんま利用しているし。いいのかこれ。
c0338191_23512362.jpg
村の名の由来となった、ハウズ・カースとは
13~14世紀にアラーウッディーン・キルジーによって
建造された貯水池のこと。
これ↓↓ですね。
c0338191_23511822.jpg
気候の良いときには気持のよいお散歩コースですが
蚊の出る時期にはあまり近づきたくない場所。笑

今回発見した良さげなお店はこちら。
c0338191_23513507.jpg
アーティストの自作陶器のお店。
手前の目玉おやじみたいなのが若干気にはなりますが
まぁ、普通に使えそうなシックなラインが
そろっています。こういう色味のものが
インドでも受け入れられる時代が来たってことね。
CLAYMANというお店、内側の通りの中央あたりに
位置している小さな間口のお店です。

そして、いつものようにNappa Dori(革製品)の
店の前で熟睡している子。
c0338191_23512711.jpg
ガツガツしてない、のんびり昼寝してる、ってことは
ちゃんと餌をもらって可愛がられているんでしょうね。

ブティック街の途切れた所(L’Operaの前あたり)から
遺跡公園までの間に小さなカフェやレストランが
やたら増えていて、客引きがちょっと多すぎ。

昼間と夜の顔が全く違う(昼間はマダムたちが多く
夜は若者でにぎわっている)のも面白い
ハウズ・カース・ヴィレッジなのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2016-08-24 00:16 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

デリーで草月流生け花、8月編

毎月一度の月例会で、デリー在住のインド人師範だけでなく
ムンバイなど他の都市からも師範を招いて
草月流いけばなのデモンストレーションを開催しています。

今月のゲスト講師は本部アトリエスタッフの
伊藤佑飛先生。3月に勅使原茜家元がデリーに
お越しになった際に、スタッフとして随行して
おられた方で、お盆休みを利用してデリーにいらしたのを
無理を言ってワークショップとデモンストレーションを
開催していただいたのです。

会場となったITC Mauryaホテルのロビーのお迎え花は
インドの花材をふんだんに使ったスケールの大きなもの。
ロビーの絵の赤とヘリコニアの赤がリンクして、
ダイナミックさを醸し出しています。
c0338191_23340818.jpg
バケツ10杯分くらいの水はゆうに入る、大きな
花瓶は会員からお借りしたもの。こんなのが置ける
大邸宅ってことですよ~。ヤシの葉も会員の
ファームハウスで切らせてもらったんです。ふえ~~

デモンストレーションの作品は会場入り口の
お迎え花を含めて9作。
随所にインドならではな花材が使われ、たくさんの
テクニック、繊細な花材や花器の解釈が満載で
インド人会員マダムたちも興味津々、身を乗り出して
説明を聞いていました。

第一作目は花瓶の形状・色からインスピレーションを得た
涼やかな一作。花瓶の右側に沿うようにあるグレーっぽい
部分は、シルバーパーム(クリシュナ椰子)の茎。
それに2色のアンスリウムを合わせ、水が流れる滝を
イメージしてアスパラガス・プルモーサスが垂れています。
c0338191_23340496.jpg
ヤシの花を使ったアレンジ。長さ1メートル以上ある
花芽部分をくるくると巻いて、花瓶の形や質感と
マッチさせています。
c0338191_23341354.jpg
会員マダムたちが口々に、とっても勉強になった
またぜひ伊藤先生にお越しいただきたい・・・・と
いうのを聞いて、日本人として鼻高々でしたよ。

アレンジに使わなかったヤシの花をいただいたので
じっくり観察。雄花と雌花。
c0338191_23425987.jpg
デモンストレーションに使わなかった蓮の花もいただいたので
生けて、ふと蓮の花の茎を見たら。
c0338191_23430470.jpg
茎も根っこと同じく、切り口はレンコンなのね~
おいしそう。笑

こうして月に一度、じっくり花と触れる機会があって
とても心が潤っています。アートといけばなが
私のストレス発散法かなぁ。
(あ、食べることが一番だけどね)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-08-23 00:34 | 芸術・文化 | Comments(0)

デリーで和食(もどき)を作る、の巻

ここのところ一ヶ月ほど、ブログの画像の
大きさがデカかったりしたのは、ひとえに(?)
我が家のPCがぶっ壊れ、修理するのも何度目か・・・
面倒なので iPadでブログをアップしていたせいです。
そのうち時間ができたら修正するから大目に見てね。
めでたく新しいデスクトップを買ってもらいました~
ひゃっは~~!!!

さて、本題。
今週は仕事でバタバタするので、作り置き惣菜を
フル活用していますが、言わずと知れた
トマト・プロジェクトさんの有機&無農薬野菜の
デリバリーが大活躍。

デリバリー当日の夕食はこんな感じでした~
c0338191_01352057.jpg
左端のイタリアン・チキン以外はすべて
トマト・プロジェクトさんの野菜づくしメニュー。
きんぴらレンコン、オクラの酢の物
ポテトサラダ・ビーツとキュウリ入り、
マッシュルームスープ・・・・とイタリアンなんだか
和食なんだかよくわからん組み合わせですが、おいしく
いただきました。

失敗なしのマッシュルームスープのレシピは下記の通り。

材料:(4~5人分)
マッシュルーム 1パック、薄切りに
玉ねぎ インドサイズ2個、櫛形切りで200グラム
コンソメの素 ひとつ
バター 20グラム
水 300cc
牛乳(豆乳でもOK)200cc

作り方:
①深鍋にバターを溶かし、中火で玉ねぎが透き通るまで炒め
マッシュルームを加えてしんなりするまで炒める
c0338191_01352203.jpg
②水300㏄を加え、コンソメの素を一ついれて
一煮立ちさせる
c0338191_01352523.jpg
③バーミックスかフープロでしっかり
クリーミーになるまで混ぜる。
④中火にかけ、牛乳を足して一煮立ちさせ、味を
ととのえてできあがり。

熱いままでも、冷製スープとしてもイケますよ。
水溶き片栗粉を加えて、ちょっとトロミをつけたら
トロロ汁風になってごはんにかけてもおいしいですよ~

次はヒマーチャルから届くという「ごぼう」を
買いに行かなくちゃ、と思っています。
何作ろうかな~~(って、食べ物のことを
考えているときが一番シアワセ!!)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-08-22 01:57 | 青蓮日記 | Comments(0)

マサーラーチャーイ用の紅茶

一人の時にはゆったりと、おいしいダージリン茶や
コーヒーを淹れて楽しみますが、普段は朝から
マサーラーチャーイを2回転分(うちで朝飲む分と、
運転手さんたち用と、夫が会社に持っていく分)
作ります。カルダモンや胡椒粒や生姜をガンガン潰し
水にいれて沸かし、茶葉を加えてぐつぐつ煮だし、
ミルクを加えて更に煮だす方法。

ミルクを加えて飲む紅茶は、茶葉が小さくカールしていて
焦げ茶色で、しっかり色がつくCTCと呼ばれるもの。
CTCはCrush、Tear、Curl のことで、主にアッサムなどで
作られる普段使いの紅茶の製法です。
(「くず紅茶」なのではなくて、そのために
わざわざ作られた形状なので、篩ったあとの
クズではありませんよ~)
c0338191_23310169.jpg

我が家でマサーラーチャーイ用に買うのは、
Tataのプレミアム↑↑↑という種類か、
ヴァーグ・バクリーというメーカーのもの。
c0338191_23311864.jpg
先日FBで友人がこの紅茶屋さんのティールームのことを
アップしていたのを見て、そうよね~、このロゴが
なんともキッチュでかわいいよね、と改めて眺めた次第。
c0338191_23313451.jpg
ガーンディーさんと同時期に南アフリカで活躍した茶園主が、
人種差別で南アにいられなくなって
インドに戻ってはじめた会社。
ヴァーグ=虎、バクリー=山羊のこと。

その名のとおり
虎も山羊もお茶を飲みながら、
個々の違いを認め合いつつ
共生していきましょう、って願いをこめて
この名になったんだそう。
ちなみにオリジナルのマークはこちら。
c0338191_23314668.jpg
なんとも魅力的なマークでしょう。

もうひとつ、よく買うのはデリー大学の
ノースキャンパス近くにあるウッタム・チャーイというお店の。
c0338191_23423074.jpg
スィク教徒のターバン萌えな私には、オーナーが
スィクだっていうだけで得点高い店。これがまた
愛想がなくて「高いと思ったら買わなくていいぜ~」
みたいな高飛車なところがまた、何ともはや。

ストレートで香りを楽しみつついただく
ダージリン紅茶と
ミルクや香辛料を足して、ぐつぐつ煮だして
いただくアッサム紅茶と
時と場合、好みによって使い分けていますよ~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-08-21 00:04 | 食文化 | Comments(4)

最新の記事

歌舞伎でマハーバーラタ戦記
at 2017-09-26 02:12
豊漁だ~!
at 2017-09-25 00:42
週末の食生活@デリー
at 2017-09-24 01:29
デリーでお得な韓国料理と言えば
at 2017-09-23 00:11
一時帰国のお土産大量ゲット@..
at 2017-09-22 00:24
菜食期間に入ります。
at 2017-09-21 00:54
インドで「栗仕事」
at 2017-09-20 00:42
サーリー祭り、まずはここから
at 2017-09-19 00:28
日曜日の朝は
at 2017-09-18 01:29
結婚記念日、ムガル時代へ夢の旅
at 2017-09-17 01:41

最新のコメント

はじめまして ブログお..
by trintrin at 10:33
改めてジャッキーさんは可..
by かいまる at 10:12
> ガオガオさん 肉汁..
by neelkamal at 01:09
> Cecileさん ..
by neelkamal at 00:48
> sakuraさん ..
by neelkamal at 00:46
はじめまして。インド・ゴ..
by Cecile at 10:58
結婚記念日おめでとうござ..
by sakura at 08:30
ジャッキー君が偲ばれます..
by ガオガオ at 17:20
> ジャスミンさん う..
by neelkamal at 20:04
青蓮先生 夏に初級のイン..
by ジャスミン at 10:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング