旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

花に癒やされる

夏休み(一時帰国)の間お休みしていた
草月流いけばなデリー支部の月例会へ。
今月のデモンストレーションの先生は
日本で家元から草月のいけばなを学んだ
ブラジル人師範。

日本人ともインド人とも違う感性で
Encounter というお題で床置きの中作含め12点を
見せて頂きました。
ブラジル人だけどスイスに嫁ぎ、ご主人の仕事の関係で
ムンバイに住んでいるという先生の、様々な文化との
出会い(Encounter)が作品に活かされていたと思います。

会場のITC Mauryaのロビーには床置きの作品が。
c0338191_00311227.jpeg
インドでは街路樹としてよく見かけるイチジクの仲間も
枝のラインを活かしてアンスリウムと合わせ
スッキリとした作品に。
c0338191_00304337.jpeg
日本的花材の松は、インドのチークの葉と合わせて「文化の出会い」
って感じ。花器は会員で陶芸家のオリジナル作品。
c0338191_00302628.jpeg
私が一番好きだったのはこれ。かなり大きな花器に
ワイヤーをぐるぐる巻いたオブジェを組み合わせ、
それを花留めとして利用した作品。
c0338191_00305696.jpeg
全体を通して赤と緑、というインドでよく見かける
インパクトある色あわせが目を引きました。
こうして毎月色んな先生のデモンストレーションが間近に
見られて、お花に癒されます。

草月仲間(日本人)がみんな尋ねるのが
例の、日本から持ち帰った青竹のこと。笑
一つは冷凍庫、もう一つは炙って磨いて、家で
いけばなを練習してますよ。ブログでアレンジしたところを
載せてーって言われたけど、恥晒しは無理だから。笑
うちに見に来てちょ。

いけばなに興味のある方はぜひご一緒に。
来月は日本から先生がお見えになりますよー

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
インドでローカル工事現場の足場を見てたら
青竹使われてるじゃないかーーー!!
わざわざ日本から6.8キロもするの持って来て
ワシャ馬鹿か。いやいや、日本のは節も綺麗で
真っ直ぐで、活けやすい太さだからね。
(...........と自分を納得させる私であった。😩😅😭)

[PR]
by neelkamal | 2016-07-31 01:46 | 芸術・文化 | Comments(2)

サイバーハブには負けないぞ

デリーのど真ん中と言えば「コンノートプレイス」(CP)。
イギリス統治時代の都市計画に沿って建てられ、円形に
コロニアルスタイルのビルが建っていましたが、老朽化に伴い
長いことリノベーション作業が行われていました。
c0338191_01115772.jpeg
インナーサークルの真ん中には公園があり、巨大なインド国旗が
はためき、地下鉄の駅にも直結しています。アウターサークルは
デリー各所からの交通が放射線状に
集まってくる要衝。やっとCPのリノベーションが終わり
お色直しして白亜のコロニアル建築が蘇りました。
c0338191_01123162.jpeg
老舗も多く、楽しい界隈なんですが、観光客も多いので
しつこい客引きやニセ観光局なんかが跋扈している所でも
あります。

そんなコンノートプレイスに、新たな名所誕生。
と言ってももう1ヶ月以上前にソフトオープンして
メディア向けに発表会がありましたが
一時帰国中だったもんで、ご紹介が遅くなりました。
Bブロックにある、The Colonnade(ザ・コロネード)
c0338191_01125267.jpeg
ま、グルグラームのサイバーハブのデリー版みたいな
ものですね。ゲート内には客引きや物乞いも入れないので
観光客にも安心かと。
c0338191_01130535.jpeg
バーガーキング、パンジャービー・バイ・ネイチャー、
クリスピークリームドーナツ、Fat Luluや
Wanchai( Kylin系)なども入っています。
デリーハイツやmamagoto 、The Beer Cafe
スポーツバーもあるので、お子さん連れから
女子会、一杯飲みに行こうかって時にも便利です。

ただし!7月30日現在、オープンしているのは
コストコーヒーだけ。グランドオープニングの暁には、
改めてご案内しますので、乞うご期待!!

営業時間は10:00から02:00まで。
(ただし深夜過ぎの営業は政府通達で突如
時間帯が変更になったりするので、要確認。)

コロニアルスタイルの建物を眺めてお食事
って、建築物好きとしては嬉しいわー。
デリーの中心部で、気軽に立ち寄れる場所ができて
有難いですね

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。

[PR]
by neelkamal | 2016-07-30 01:40 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(1)

実はゲーム大好き

先日も書きましたが、ポケモンGoが気になる昨今
でも前身(?)のIngressは日本ほど気軽に外歩きが
できないインドではなかなか思うようにいかず、もっぱら
一時帰国中にやる程度になってました。
ツムツムはせっせとやってますけどね、夫に隠れて。笑

そんな私が最近はまっているアプリはこれ。
c0338191_00454870.jpeg
この、右下のドコノコってやつ。大好きな
ほぼ日の企画で生まれた、自分の犬と猫の写真をアップする
アプリなんですが、情報を登録しておくと迷子の時にも
役立つんです。
世界中の可愛いワンコやニャンコの写真を眺めるだけで
なんかハッピーになれるんですよ。
うちのジャッキーも、あちこちで収集つかなくなってた画像が
こうやって見られるので便利です。
c0338191_00461770.jpeg
おー、柴犬だけじゃなくてジャックラッセルテリアとか
ブルテリア飼ってる人がこんなにいるんだー、とか
色んなお宅の猫の生態を垣間見たりも。
c0338191_00463557.jpeg
ジャッキーは推定13歳ですが、#老犬ってタグで検索すると
16歳、17歳で元気で可愛いワンコが一杯いて、感動します。

とまぁ、可愛い犬や猫の写真で楽しめる、という
罪のないアプリ。
スクリーン上のアプリボタンを色別に並べてるのが
私のささやかなこだわりです。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-29 01:06 | 青蓮日記 | Comments(2)

恐るべし、数学脳 & 折り紙

先週から息子の学校のジュニア部門、4年生に
折り紙を教えに行ってました。いつもの変なお題の出る
折り紙大会じゃなくて、算数の授業の一環として
4年生に45分クラスを5回。

よく出来る子ばかりだと言うので、あえて難しいお題を
選びました。30枚折り紙をつかってのユニットくす玉。
どうかなー、4年生には無理かな、まぁやってみて無理そうなら
お題を変えれば良いわな、と第一回目はユニット折に挑戦。
ちょっとした応用技もこなす子が多かったんですが、
どーうしても中央の折筋の間が開いたり、角がピシッと
押さえられてなかったり。一人何個折らせてもひどく
仕上がりがずれる子がいたので見てみたら、Origamiとして
売ってた紙が正方形じゃないのよ。そりゃできんわー
c0338191_00594801.jpeg
私がたまに現地校に折り紙を教えに行くのを知ってる友人や
本帰国したマダム達が、折り紙を寄付してくださるので
こういう機会に有難く使わせて頂いています。
日本の紙類はホント優秀、百均のだって手に色移りしたり
しないものねぇ。

いつもはコンペ開催校指定のインドの紙を、せっせと
指定の大きさに切り揃えるところから地味な作業を
やってるので、日本の折り紙使っての授業は準備も楽チン!
c0338191_01001581.jpeg
↑↑この紙、手に色移りするんですよー。インドの文具店でも
ようやくOrigami Paper15センチ角の規定サイズが売られるように
なりましたが、紙は↑↑これだから。
(いつも紙で苦労してるので、つい説明が長くなっちゃったよ)

それでもって、特別クラス最終日の今日。
みんな上手に組み立てまでできるようになりました!
すごいわー。
c0338191_01003465.jpeg
「マーム(女性教師の呼び名)、これはイコサヘドロンですか?」
って聞かれて
へ??????? ナニソレ??? な私。
算数の先生が「Small Triambic Icosahedronって言うのよ」って
助け舟を出してくれました。
「マーム、3枚ずつの三角形が20個できるってことですよね」
へ????? そんなん考えずに作ってたわー な私。
「そうね、60面体だからね」って算数の先生が。

うーむ、恐るべしインド人の数学脳。
ってかアタシャ折り紙以前に英語と数学やり直しだーな。笑

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-28 01:32 | インド教育事情&子育て | Comments(0)

インドへ里帰り

ちょうど2年前にデリー駐在期間を終え
本帰国した友人が、デリー再訪中。
さしずめ里帰り、みたいな感じでしょうか。
駐在中には気にも留めなかったり、日本じゃ
使わないだろうと買い控えたものが、やっぱり
欲しい、とあれこれインドものをお買い物に。

で、デリーに住んでいた間に行ったことがなかった
というレストランにご案内。店内はヒンディー語が
通じるものの、店員さん同士もお客さんも全員
アフガーニスターンの言葉で会話していて、異国情緒たっぷり。
c0338191_01404788.jpeg
歯ごたえバッチリな、こーんなアフガーニー・ナーンをちぎって
炭火串焼きマトンを挟みとり、サラダやヨーグルトとともに
食べる!コールマ・ゴーシュトもトマトベースの優しい味の
骨つきマトンカレーで美味しかったです。
c0338191_01413205.jpeg
FRRO(外国人登録事務所)に行くと、アフガーニスターンの
方々が一杯で、あぁこんなにデリーにアフガーン人が
住んでいるんだなーって思ってはいましたが、
インドの病院で治療を受けるための長期滞在者も増えているんだそう。
昔からラジパトナガールにはアフガーン人が多かったですが、
他にもサーケートにいくつか大きな病院があるので、長期滞在者向けに
モール向かいのローカルマーケットにはカーブリー・ナーンを
焼いてるお店があったりします。

さてさて、日本から何が欲しい?って聞かれて、間髪入れず
答えるのは「竹輪」。それに加えて今回は、おやつ新報で
千香子先生がご馳走して下さった「ししゃもパイ」が
たべたくて、それもリクエスト。
c0338191_01415501.jpeg
おあげとか、ゆず風味の大根漬物とか
さすがデリー駐在経験者、ツボがわかっていらっしゃるー。

帰りにモンスーンらしいバケツをひっくり返したような
土砂降りに見舞われ、雨宿りしたのも良い思い出。
こうして折に触れ再会できるご縁に感謝です。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。


[PR]
by neelkamal | 2016-07-27 02:04 | 青蓮日記 | Comments(0)

モスリン発祥の地

蒸し暑い日々が続くデリー。もっと思い切って
モンスーンらしい雨が降ったら、涼しくなるのに
でもあんまり降りすぎるとインフラ整備が
追いついてないから冠水したり道路が陥没したりするし
悩ましいですね。

夏の間に活躍するのが薄手のコットンのインド服。
ジャブジャブ洗えてすぐ乾いて、しかも長袖着てれば
日焼け防止にもなる優れもの。昔から薄手の平織りコットンは
モスリンと呼ばれインドの名産品だったんですよね。

もともとモスリンはイラクの都市、モースルから
アラビア人がーヨーロッパに広めた、とされていますが
ベンガル地方ダッカで織られたものが、モスルに集積されて
ヨーロッパに輸出されたのではないか、とも言われます。
いずれにしても、モスリン発祥の地モースルが、宗教紛争の地に
なっていることが残念です。チグリス、ユーフラチス川によって
潤い、古くから文化的にも豊かな地だったのに。

ダッカで作られた薄手のモスリンはムガール帝国でも
人気を博し、皇帝たちの肖像画にも度々登場します。
例えば↓↓アウラングゼーブ帝の肖像画では
チョーガと呼ばれるワンピースのような羽織りものが
多分繊細な全面刺繍を施したモスリンであろうと思われます。
c0338191_02084608.jpeg
ダッカ近辺で織られたものは世界最高品質で、1インチあたり
1800本の糸を使用していた、しかも手紡ぎ手織りですから
どれだけ優れた職人がいたか。ムガール帝国の皇帝に
献上され、皇帝たちによって庇護されていたダッカモスリン。
当時の女性たちを描いた宮廷画にも登場します。
c0338191_02090920.jpeg
300番手という細い極上の糸を紡ぐには、早朝の
空気が湿った時間帯のみが充てられ、日が昇ると
乾燥しすぎて糸が反り、紡げなかったんだそう。

当時のモスリンがロンドンのヴィクトリアアルバート博物館に
展示されているんだって。観に行きたーい。
c0338191_02171905.jpeg
こんなに素晴らしい手織り物技術があったのに、
イギリスの産業革命で機械織りが台頭し、綿織り物の
輸出国第1位だったインドの売り上げを阻もうと
(要するにライバルを蹴落とそうと)
イギリスの紡績産業が東インド会社の経営者達を使って
熟練手紡ぎ職人達の指を切り落とした、って話もあります。
ちょうどムガール帝国も終焉を迎え、庇護する人が
いなくなってしまった、悪運が重なってしまったんですね。

ようやく昨今、インドやバングラデーシュの手織り物や
手工芸品が見直され、復興してきた技術もあります。
インドに住んでいる方にはもちろん、インドに旅行や
出張で来る方々にも、価値あるインド製品を
見つけてもらえたら良いなーーと願います。
モスリン発祥の地、モースルにも、1日も早く
平和が戻りますように。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-26 02:37 | インドの布・手仕事 | Comments(0)

インド料理20人前

日曜日に法要があるって事で、私の担当は
野菜プラーオ(インドの炊き込みご飯)と
緑豆モヤシのサラダ。
はいはい、何人分作れば良いの?って聞いたら
「20人分」って・・・・・・・・

えーと、いつもうちでインド料理教える時は
6人分で4合炊いてるよねー。
えーと、でも女性6人分とは量も違うよねー
(算数に弱いのが露呈。笑)
と、取り敢えず一升半くらいか、と
バスマティーライス(インドの香り高い長細い米)を
準備して、スパイスをとりだしましてー
c0338191_06181363.jpeg
分量のお湯を沸かしてる間に
熱した油にジーラ(クミンシード)を入れて、玉ねぎを炒め
人参、コーン、素揚げしたカリフラワー、米と熱湯を入れて
一気に炊き上げ、出来上がり寸前にインゲン投入。

出来ましたけど、鍋が重くて持ち上がりません。笑
ヨタヨタ運んでる間に転ぶ自分を想像。
お皿12枚とスプーン20本、サービングスプーン5本
取り皿20枚も貸してって言われてたんだった。
と、マサラバッグに入れて持ち上げようとしたら
重くて。お皿持って転ぶ自分を想像。
こりゃ私にはケータリングサービス開業は
無理だわー。(ってそんな予定もありませんが)

ヒンドゥー教の法事の場合、菜食メニューです。
なので出来上がりはこんな感じ。
c0338191_06184456.jpeg
12時方向から時計回りに
シャヒパニール、ラージマー(キドニービーンズカレー)
ダヒバッラー(緑豆ペーストを揚げて、ヨーグルトソースに
漬けたもの)、野菜プラーオ、里芋カレー、緑豆サラダ
写ってないけどオクラのドライカレー、チャパーティーも。

法事ですから、もちろんメインはお坊さんの法要で
お経をよーく聞いてると、神様の名前がてんこ盛り。
お供物やお花も各神様に供えるし、ガンジスのご聖水を
ピャッピャとふりかけるし、家の中で豪快に護摩焚きするし。
おまけに、この方たちまで呼んでありました。
c0338191_06190614.jpeg
家の中にでっかいスピーカー持ち込んで
ハルモニウムとタブラーと真鍮ベルで
高らかに賛美歌を歌い上げるグループ。
間に故人ゆかりの話やら、親を敬い大切にっていう
お説法みたいなのが入ったりして。
真ん中のおじちゃんがサンジェイ・ダットにそっくりで
それが気になって気になって仕方なかった私でした。

で、今日のお坊さんは「にんにく、玉ねぎ食べない」って。
そんな大事なこと、早く知らせといてヨォ。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-25 06:58 | 青蓮日記 | Comments(2)

インド独立記念日前の厳戒態勢

週末、物騒なテロのニュースが世界各地から
飛び込んで来ました。世界中どこにいても
絶対的に安心な国、場所はなくなって来たという
事でしょうか。
ミュンヘンのオリンピア・アインカウフス・ツェントゥルム
って、1972年のミュンヘンオリンピック会場に
隣接するショッピングモールで起きた無差別テロ。
家族で楽しくマックのハンバーガーを
ほうばっていた子供までもが、卑劣なテロ行為で
命を奪われてしまうだなんて。犠牲になった方々の
ご冥福をお祈りします。

カーブル(アフガニスターン)の自爆テロでは、
地理的に近いと思った親戚が
「インドは大丈夫?」って心配して連絡を
くれたんですが、何と答えて良いやら。

デリーでは昨今「独立記念日(8月15日)」前の
警戒態勢に入ってますから、主要道路やショッピングモールの
手前で警察の検問箇所が増えてます。
また、ローカルショッピングエリアでも警備が強化されて
いる時期。空港でのお迎えエリアも入場規制が敷かれます。
安全確保のためには、用心に越した事はないですもんね。

今や幽霊モールみたいになっちゃってますが、
ゲームヴィレッジ(アジア大会の会場+選手村)の
近くにあるショッピングモール、アンサルプラザの
地下駐車場で、テロリストと警察の銃撃戦があったりも
したんですよ。アンサルプラザが出来てすぐ、中央広場で
子供向けイベントがあったり、コンサートがあったり
幼児用ゴーカートがあったりして、息子を連れて
よく行ったものでしたー。あの銃撃戦はいつだったんだろう
と調べてみたら、14年も前の事。
タイムズオブインディアの関連記事

しばらくは気を引き締めて行動したほうが良いかもね、と
最近すっかり平和ボケしてる自分に言い聞かせたのでした。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-24 02:22 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

2016年後半、インドお祭りカレンダー(デリー編)

モンスーンに入り、陽が陰ると随分凌ぎやすく
なった気がする今日この頃。冷房なしでも天井扇で
OKな季節となりました。

これからインドは「お祭りシーズン」に入ります。
c0338191_01054621.jpg
デリー近辺のモンスーンの風物詩と言えばカーンワリヤー
と呼ばれるサフラン色の装束をまとった
シヴァ神信者たちの巡礼風景。ガンジス河の源流から
聖なるガンガーの水を容器(=カーンワル)に入れて、
決して地面に置かないようにして←←ココ大事
それぞれが詣でるシヴァ神の寺院まで持ち帰り、シヴァ神に捧げる
・・・・という巡礼です。今年は7月20日から2週間弱の予定。
シヴァ神に捧げるプージャー(お祀り)の日が今年は8月1日ですから
その前2週間ほどがメインのカーンワリヤーの巡礼時期になります。
(8月25日まで巡礼シーズン中)

参考までに大まかなお祭の日程を列記しますね。
(詳細はまた追って。月の満ち欠け、目視できるかどうかで
日程が確定する祭日もあるので、変更になる事もあります)
下線のあるものは、それぞれ関連記事にリンクしています。

8月2日(日) フレンドシップ・デイ
        (友人の絆を深め、腕輪を交換する日)
8月15日(月) *独立記念日
8月18日(木)  ラクシャー・バンダン(ラキー、兄弟の無事を祈る日)
c0338191_00482453.jpg
8月25日(木) *ジャナマーシュトミー (クリシュナ神生誕日)
9月5日(土) ティーチャーズ・デイ
       (インドの偉大な先生とされる初代大統領
        ラーダー・クリシュナンの誕生日。先生に花などを渡す日。)
9月12日(月) *イードゥッ・ズハー(ムスリムの犠牲祭)

10月2日(日)  *ガーンディー・ジャヤンティー(ガーンディーさんの生誕日)
10月3日(月) 秋のナヴ・ラートリー
        (九夜祭の開始日・ダシャハラー祭開始日)
10月11日(火) *マハー・ナーヴミー(ナヴラートリー最終夜)
10月11日(火) *ダシャハラー
10月12日(水) *ムハッラム(ムスリムの追悼の日)
10月16日(日) *ヴァールミーキ・ジャヤンティー
         (マハーバーラタの作者の生誕日)
c0338191_00001385.jpg
10月30日(日) *ディーパワーリー(ディーワーリー、インド最大のお祭。)
11月14日(月) *グル・ナーナック・ジャヤンティー
         (スィク教始祖、ナーナックの聖誕祭)

因みに * のついている日はデリーNCRのドライデー
=禁酒日です。デリー界隈にお住まいの皆様、これから
インドに旅行なさる皆様も、祝祭日のチェックをお忘れなく!!
(日本のお正月にも匹敵する、インド最大のおまつり
ディーワーリーについては、関連祝祭の詳細を
日をあらためてご紹介します。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_23551082.jpg


[PR]
by neelkamal | 2016-07-23 01:07 | インドの祝祭日 | Comments(0)

3冊50ルピー

世界各国でPokemon Goがリリースされ
ゲーム大好き人間としてはヒジョーに気になる訳ですが
息子はすでにダウンロードしていて、近所のお寺と
なんと本宅のリビングでもゲットしたらしく
画像見たら、まさにイングレスとほぼ同じスポットが
使われている模様。気になるー。
時事問題や話題のネタをすぐに取り上げる事で知られる
乳製品のAmulでも早速こんな広告イラストが。
c0338191_00455168.jpeg
ポケモンが微妙に可愛くないのが、らしいと言うか。

で、もう一つ気になる雑誌広告が出てまして。
パケ買いするでしょーこれは。
c0338191_00460698.jpeg
インパクトありありのこのお方が、巷で人気の
消費メーカー、パタンジャリのトップでもあり
ただいまインドで絶大な人気を誇るヨーギー、
バーバー・ラームデーヴなのでございます。
(先日書いたパタンジャリ記事はコチラ。)

なんと、これだけじゃなくて3冊セットで50ルピーと言う
破格のお値段設定。
c0338191_00462295.jpeg
パタンジャリの記事が読み応えあるのはもちろん
(面白い写真や相関図など、興味深いネタ満載)
他の2冊もためになる記事が多かったです。

でも、感覚の違いと言いましょうか、
先日来のカシミール、スリナガル近郊で
治安部隊により射殺された地元武装組織
ヒズブル・ムジャヒディンのリーダー格の一人
ブルハーン・ワニの亡骸をスマホで撮ってる場面が
見開きでドーンと出てたりもするので、
(新聞にも亡くなった身元不明者の写真や事故現場画像が
まんま載ってたりしてビックリしますもんね)
覚悟して読み進めて下さい。

それにしても、こんな充実した記事、興味深い画像が
満載なのに3冊で50ルピー。メディアのはしっこで
チョコっと仕事している身には、
えーーーこれで採算取れるのか、ライターさんやカメラマンには
ちゃんとギャラ払ってるんだろうな、と
そっちの方が気になる職業病。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-07-22 01:13 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

最新の記事

見逃せないイベント、あと二つ追加
at 2017-11-19 00:08
日曜日、アメリカンスクールで。
at 2017-11-18 01:49
大気汚染の原因のひとつ、「野..
at 2017-11-16 01:08
マヨラー大満足
at 2017-11-13 00:04
大気汚染対策、迷走中
at 2017-11-12 01:24
車両番号による交通規制、はじ..
at 2017-11-10 01:54
大気汚染のためデリー内の学校..
at 2017-11-09 00:16
やばい白い喉イタイ
at 2017-11-08 00:55
空気清浄効果、ささやかな試み
at 2017-11-07 00:30
日々の「嬉しい」こと
at 2017-11-06 00:13

最新のコメント

> Ellieさん 今..
by neelkamal at 23:30
>N.Y.さま コメン..
by neelkamal at 23:29
> 852さん Gee..
by neelkamal at 23:25
デリーの大気汚染 TVの..
by Ellie at 14:37
> 鍵コメMさま コメ..
by neelkamal at 23:44
> Mさん これから魚..
by neelkamal at 23:35
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:33
Toddy Shop、何..
by M at 16:52
おおっ、Dosaも作っち..
by Cecile at 11:02
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:45

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング