旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Season's Greetings!

2014はあなたにとってどんな年でしたか?
今年も残りあと1週間、健やかに過ごせますように

とめどないデリー暮らしのあれこれを書き綴ったブログを
今年もご高覧いただき、ありがとうございました。
c0338191_00102732.jpg
年末年始は博多で~~す。
どこかで日帰りで京都に出没するかもしれません。へへへ

ではでは、行ってきます!
(飛行機は飛ぶのかしらね~ドキドキ)

今日も 今年最後のポチッ↓↓ お願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-12-25 00:08 | 青蓮日記 | Comments(4)

ご飯作りたくない日の強い味方

明日の夜には日本にむかう飛行機に乗っている・・・
霧で飛行機が飛ばない、遅れる、なんてことがありませんように
と願う今日このごろ。
冷凍庫、冷蔵庫の中身は思い残すことのないように(?)
食べるべきものは食べ、保存できるものは保存し。

荷造りはどうせ最後の夜にならないとエンジンかからないから
ぼちぼち、と思っています。こういうとき深夜便だと
時間の余裕がありますよね~。

気持ちが日本に向かっているので、ご飯を作るのも
手早くできて美味しいものが主流になり、先日冷え込みが
厳しい日には「おでん」
昨日は「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」
今日はなんだかご飯作りたくなかったので、早々に
オットに電話し、外食の約束を取り付け。笑
c0338191_01554270.jpg
なんか最近10日に一度は行ってる感のある
バーベキューネーション@ヴァサント・クンジへふたたび。
ただいま「ボリウッド週間」とやらで、途中で
クイズタイムがあり、店員さんがダンスを踊ってくれて
火曜日(ヒンドゥー教徒の多くが菜食の日)にもかかわらず
大賑わい。お客さんが立ち上がって踊り始めるところが
インドらしくて乗りが良くて、いいわ~。
(↓↓ほんのサワリのみ)

もうこれ以上入りません~ってくらい、デザートまで
がっつりいただき、オットはウィスキーもたっぷり飲んで
私は後片付けもしなくて良いし、家族3人それぞれ
ハッピーに帰路についたのでした。
ボリウッド週間にちなんで、こんな家族写真もお土産に
いただきましたよ~
c0338191_01554922.jpg
こういう、家族で食事を楽しめるレストランが
ここ2~3年でまた劇的に増えたなぁ・・・と思うデリー暮らしです。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2014-12-24 02:21 | Comments(0)

メソポタミアからインドへ、日本へ

来年1月末(座学)、2月中旬(実地見学会)と2回コースで
デリーのクラフト・ミュージアムをご案内します。
毎年恒例になった、デリー日本人会ボランティアグループの
チャリティーイベントですが、
クラフト・ミュージアムはするっと見てしまうにはあまりに惜しい、
お宝満載の場所なんですよ

布ものの展示が充実しているのはもちろんのこと
工芸品、民芸品も数多く展示されています。
皆様にじっくりインドの手工芸をご理解いただけるよう
ご案内いたします。(年明け早々に日本人会経由で
メールにてご案内があると思いますので、お見逃しなく)

で、その展示物の中に私がずっと気になっているものが。
マハーラージャーたちが擁護し(パトロンとなり)作らせた
銀線細工の宝石箱などがあるんですよ。
それと同じようなもの↓↓が、
c0338191_00471677.jpg
エルミタージュ博物館にも
展示してあるんですが、作られたのはどうもインドらしい。
(バタヴィヤ:今のインドネシアで作られたという説も。
上の画像の宝石箱はエルミタージュ博物館にあるもの。)

この銀線細工、「フィリグリー」と呼ばれますが、起源をたどると
メソポタミア時代になるというんです。それがギリシャ文明を経て
エジプトをはじめイスラム圏で発展し、地中海一帯で広まり、
中世ヨーロッパでも人気を博したのです。

「大航海時代には覇権を握ったポルトガルやスペインが
植民地としたり、渡っていった地域でフィリグリー技術を伝え
その技術を習得した職人(中国人、インド人、バタヴィア人)に
宮廷細工として豪華絢爛なものを作らせ、ヨーロッパ宮廷に
持ち帰った」と文献に載っていました。

それが平戸から日本に入り、日本国内に伝わっていったのです。
平戸に持ち込んだのは、おそらくポルトガル人だったのでは
なかろうかと思われます。(オランダ人が持ち込んだとの
説もありますが、ポルトガルには今でも銀線・金線細工が
残っていますから、ポルトガル説が有力かと。)
平戸では今も「平戸細工」として作られていますが、
日本の銀線細工の名所といえば、秋田ですね。

フィリグリーというのはfiligreenからきていて
ラテン語のfilum(線・糸の意) granum(粒の意:ビーズ)
を語源とする単語が、17世紀以降にフィリグリーとして
定着したとのこと。インドでもフィリグリーとして
知られています。
c0338191_00482042.jpg
↑↑こちらの銀線細工のイヤリングは、オディシャー(オリッサ)州の
特産品として売られているもの。インドのフィリグリーは
ギリシャ時代のデザインをかなり忠実に伝えていて
貴重な文化の伝承経路を示していると言われます。
c0338191_00484136.jpg
なんかね~、メソポタミア時代に作られていた手工芸品が
今も世界各地で受け継がれているって すごくないですか?
5000年以上の歴史があるってことですよ。
インド人の職人が作ったものを、ヨーロッパの宮廷に
持ち帰って、さらにその技術が平戸経由で日本に伝わって
・・・・って、世界が繋がっているのを
フィリグリーで実感できるのって、感動的だなぁと思うわけです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします


[PR]
by neelkamal | 2014-12-23 01:10 | 芸術・文化 | Comments(0)

やってみたいこと

日曜日の朝から、ストロベリーファームへ出陣。
朝のピンと張り詰めた、ひんやりした冬の空気の中
ホテルむけの野菜&イチゴが出荷された直後の時間帯で
働いている人たちものんびり作業中でした。

ルッコラ、ブロッコリー、白菜、春菊、
レタス各種、ミニトマトとニンジンを購入。
イチゴは赤いのがなかったので、また日を改めて。
(このファームの収穫はホテルむけのが優先で、
ホテルに安定供給するのが前提なので、余計には採ってくれないんですよ。)
c0338191_23533075.jpg
ニンジンが美味しかった~。
葉っぱもやたら立派で、太い茎の部分意外は
さっと茹でて、みじん切りにして
ごま油と塩麹+生姜のみじん切りを加えて炒め。
c0338191_23533698.jpg
味をととのえたら乾煎りにして砕いておいた
アーモンドと、カツオブシを入れて炒め
「ニンジンの葉っぱのふりかけ」を。
c0338191_23534156.jpg
これで更にご飯がすすむんだよ~、ヤバイくらい。

あとちょっとで年末の一時帰国だから、生野菜は
使いきり、冷凍庫の中身もある程度使ってしまいたいので
最近食卓がやたら充実しています。笑

あ、そうそう「やってみたいこと」は
デリーNCRで働く女性むけの「飯炊きバーさん」になること、
なのでした。
みんなにお野菜たっぷりのおいしいご飯を作る寮母さん、みたいな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2014-12-22 00:11 | 青蓮日記 | Comments(0)

ブッシュ・ド・ノエルを作る@デリー

デリー界隈にお住まいのアナタなら
卵や生クリームやイチゴなど、クリスマスケーキに
必要な材料を「安定して」手に入れるのが
ど~~れだけ難しいか、欲しいときには必要なものが
揃わないか、よ~くおわかりいただけると思います。

卵をたっぷり、生クリームをたっぷり、そしてイチゴも
贅沢に使ったブッシュ・ド・ノエルを習って来ましたよ~
(詳細は「おやつ新報」にて。)
我が家のレンジオーブンではなぜかいつもスポンジが
イマイチ出来が悪いんだけど、先生のところで作ると
バッチリ。(やっぱり大きな専用オーブンが欲しいなぁ
サンタさんにお願いしようかなぁ、ついでにキッチンエイドも
サンタさんが持ってきてくれないかなぁ)

ふわっふわに泡立てた卵に、小麦粉を加えてオーブンへ
キッチン中がふんわりい~い香り。ぐりとぐらの気分。
c0338191_00554006.jpg
生クリームをたっぷり塗って、イチゴをたっぷり入れて
ロールケーキを作りまして~。冷蔵庫で冷やしている間に
先生手作りのランチをいただき。
c0338191_01002804.jpg
その後、上に乗せる切り株の部分を丸めて
アーモンドクッキーなどでデコレーション。
一人分ずつお持ち帰り箱に入れていただきました。
c0338191_01022859.jpg
いや~~、ほんとに デリーでこんな習い事が
できるだなんて、思ってもみませんでしたよ。
しかもね、今日は「練乳」まで手作りしたんですよ。
日本だったら練乳がちょびっとだけ欲しければ、
チューブ入りのを使えばいいけど、こちらはでっかい
缶入りのしかないからね。その都度作ったほうが合理的
・・・・・インド在住ならではの技。
c0338191_00560614.jpg
というわけで、美味しいケーキをいただいて、
なんかひと足先にクリスマスが来た感じです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-12-21 01:09 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

チャンドニーチョウク(オールドデリー)B級グルメ

寒くなった・・・・ってことは、「道端フーズ」を食べても
お腹壊す確率が低くなった、ってことですよ。笑
デリーでインドのB級グルメを試すなら、ローカルマーケットが
一番てっとり早いです。ラージパトナガルのマーケットだと
ラージ・ラッドゥーと称されるヒヨコ豆の粉で作ったお団子を
揚げたものに、大根の削ぎ切り(刺身のつまみたいな。)を
たっぷりかけて、辛い緑色のソースをかけて食べるやつとか
焼き芋とか。 焼き芋はだまっていたらレモンをかけられ
マサーラーもかけられてしまうので、それが苦手な人は
何もかけなくていいから、と注文のときに言ってね。いずれも
20ルピーが相場です。

ニュージーランドから親戚がデリー訪問中で
オールドデリーの名物を全部食べてみたい・・・と言うので
嬉々として(!)ご案内。
パランテーワーリーガリーと呼ばれる「パランター(全粒粉で
作った薄焼きパンの間に、いろんな詰め物がしてあるもの)」屋さんが
並ぶ通りへ。

黙って座ると目の前に、つけあわせのカレーやソースがちょこちょこ入った
プレートと、てんこ盛りのインド漬物:アーチャールが置かれます。
c0338191_23452425.jpg
パランターの中身を決めて注文すると、小ぶりですが
できたて揚げたてアツアツのが運ばれてきます。
c0338191_23453408.jpg
どれも私にはちと辛い、しかも油で揚げてあるので
(家で作るのはタワ:鉄板で焼いてる)ちょっとシツコイ。
辛くなった口の中を中和するため、ジャレービーで
有名なお店へ。(豆の粉をゆるく溶いたものを
油でグルグル型に揚げて、シロップにつけたもの。)
c0338191_23455908.jpg
どっからこんなに人が集まるんだろう、って思うくらい
いつも満員です。ジャレービー・ワーラーっていう
お店の名前がまた、ストレートでわかりやすい(看板を
まっすぐに直してほしいんだけど。)

甘アマ~ なお菓子の後は、いわゆるB級グルメの
王者(??)ダヒ・バッラーが有名なお店へ。
c0338191_23453681.jpg
ダヒはヨーグルト、バッラーはスポンジ状の
ケーキっぽいスナックで、甘塩っぱいスープに浸っています。
いろんなソースとともに、パープリーと呼ばれるパリパリの
煎餅みたいな揚げ菓子とともにいただきます。

でもね、ダヒ(ヨーグルト)は身体を冷やすので
冬の間はアールー・ティッキ↓↓(茹でジャガイモを平たく
形成して鉄板でカリっと焼き揚げたもの)が人気
c0338191_23455198.jpg
このソースが、ミント・コリアンダー・青唐辛子などが
入ってパンチがあるの。

辛いの、甘いの、辛いの、甘いの と食べて
お腹がびっくりしてるに違いないよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

注意)オールドデリーに行くときには、
くれぐれも持ち物に注意して(スリ被害に遭わぬよう)
目的地まで直進したほうがいいです。客引きに
つかまらないようにね、ヘラヘラ笑いも禁物。
できればインド人の友人で慣れた人か、正規の
ガイドさんと一緒に行ってくださいね。

[PR]
by neelkamal | 2014-12-20 00:07 | Comments(0)

湯たんぽ出動

寒いデリーの話題が続きますが
例年だと年末年始が濃霧に見舞われ、飛行機が
飛ばなかったり、渋滞したりする時期・・・・なんですが
先日の雨の影響もあり、湿気が残っているところへ
急激に気温が下がったので、すでに霧の季節が到来です。
↓↓ 早朝、息子をスクールバス停に送っていく6時半ごろ。
c0338191_01205086.jpg
今朝のジャイプル行きの飛行機は、霧でキャンセルだったそう。
ひぇ~~、ジャイプル出張を陸路で済ませておいて助かった~
間一髪・・・って感じでした。締め切りがある仕事の場合
冬場はやっぱり時間がかかっても陸路で確実に移動したほうが
良いなぁ、と実感。

そして、寒い・・・と言いつつもワタクシ
ヒーターやエアコンから出る均一の温風が苦手。
(夏はエアコンの冷風が苦手、なメンドクサイ女です。笑)

なので、とうとう湯たんぽ登場。
(湯たんぽカバーはSomaのもの。)
c0338191_01141934.jpg
背中に背負ったり(!)お腹にかかえたり、寝る前には
ベッドの足元に置いておくと、あったかシアワセ。
しかもヒーターの温風とは違って、お肌も乾燥せずにすみますよ。

さてと、日本のネットショップを徘徊して
一時帰国中に実家に届くように、ポチポチ始めましょうかね。(*´∀`*)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2014-12-18 01:18 | 青蓮日記 | Comments(0)

師走&クリスマスはデリーでも

みなさま忘年会やらクリスマス会やら歓送迎会やらで
お忙しい師走をお過ごしのこととお察し申し上げます。
私もご他聞にもれず、ジャイプル出張以降は怒涛の日々。

本帰国したお友達が、ふたたびデリーに遊びに来てくれたので
最近お気に入りの「バーベキューネーション」に行って
喉が枯れるほど(!?)しゃべって、笑って。
c0338191_01261295.jpg
翌日は日本人会ゴスペルサークルのクリスマス歌会で
今年歌った曲をみんなで歌い、いつもママたちが
歌の練習をしている間にお利口に待っていてくれる
子供たちのために、プチクリスマスパーティーを。
私は子供用にクリスマスクッキーを、大人用には
ミニ肉まんを作って行きました。
c0338191_01255951.jpg
そして、今日は楽しみに毎週通っているアートクラスの
クリスマスおやつ会。
c0338191_01262382.jpg
先生が準備してくれたサンタ帽を被って絵を描き
お茶タイムにみんなで持ち寄ったフィンガーフードを
楽しみ。インド人、南アフリカ人、フィリピン人
アメリカ人、日本人、ブータン人・・・・とアートを通じて
つながった仲間とのひととき
c0338191_01261861.jpg
みんなでなんとかSelfieを撮ろうとしたけど、
ちょっと難しく、あれこれ試しては
出来栄えを見て大笑い。
次回のためにセルフィー棒を仕入れて来たほうが良いかしらん。

我が家で開催している各種クラスも17日が年内最終日。
そのあと一時帰国までの一週間で、お土産買いに
走り回らねば~~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2014-12-17 01:37 | 青蓮日記 | Comments(0)

デリーの寒さ対策

相変わらず「インドは常夏の国」だって思っている方も多いようで
デリーの冬はとっても寒いんですよ~ って言うと
えーらーくーびっくりされます。
大陸性気候で、内陸部だし、ヒマラヤおろしの寒風の影響も
ありますからね。しかも大理石の床だし、足元からしんしんと
冷えるわけですよ。

日本から冬の間に赴任でいらっしゃる方々、
防寒の準備はぬかりなく。羽毛布団、毛布、フリースなどは必携ですよ。
デリーに着いてから買おう・・・と思っていると、お店を探し当てるのに
余計な時間を食ったり、思ったようなお洒落な柄がなかったりしますから
できれば航空便でさっさと運んで、
すぐ使える状態にしておいたほうが良いかも。

ヒーターは一番効果的で一般的なのはこういう温風ヒーターです。
足元だけでもこれで随分あったまります。
c0338191_01161513.jpg
逆に、あんまりおすすめしないのはこういうやつ↓↓。
電圧が安定しないのも影響するんでしょうか、しょっちゅう
チューブを取り替えないといけなくて、近所の電気屋さんでは
売ってなくて、面倒くさいです。
c0338191_01162624.jpg
あったらいいのは、イマージョン・ヒーターという
バケツの水を電熱コイルで温めるコレ。
c0338191_01162109.jpg
お風呂にはギーザー(Geiser)という温水器が
ついているんですが、たとえば容量が10リットルだと
一人がシャワーを浴びたらもうお湯がなくなり、次に
沸くまでにまたしばらくかかる・・・・・お風呂を溜めるなんて
かなりの時間を要します。なので、バケツでお湯を沸かしつつ
どんどん足していくのが効果的。

本当に寒さがこたえるのは12月後半、1月、2月の頭までという
ほんの2ヵ月弱のことなので、クーラー設備はあっても
ヒーターはついてないお宅が多いです。
我が家もご多分にもれず、全室に某HITA○○○のクーラーは
つけてあるものの、ヒーターは前述のUSHAの温風ヒーターのみ。

あまりに足元が寒いので、とうとうコタツのヒーター部分を
日本から買ってきて、こちらで大工さんに図面を見せて
こたつ櫓とテーブルトップを作ってもらいました。
c0338191_01211140.jpg
いや~、そもそもコタツのヒーター部分だけ買えるってことも
知らんかったし。
c0338191_01211615.jpg
コタツ導入してかれこれ3回目の冬ですが、おかげで
快適。問題はついついコタツでゴロゴロしちゃうことと
部屋が片付かないことですかね~。

次に狙っているのは、トヨトミの石油ストーブ。
問題は「灯油」がなかなか手に入らないことなんですけど
ダルマストーブが一番熱効率が良くて、ついでに上で
焼き芋でも・・・・なんて目論んでいるんですが。

そんな、デリーの冬の寒さ対策なのでございます。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2014-12-16 01:30 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

ティーツリーオイルさまさま

冷たい雨が降り、雷雨に見舞われたデリー
この雨が山間部では雪となり、ヒマラヤおろしの寒気が
流れ込むため、これからぐっと気温が下がって
急に冬らしい気候になると思われ。

我が家のジャッキーくんにも
夜はコートに加えて、毛布を支給いたしました。
ご本人(本犬)もお気に召した模様。(笑)
c0338191_01110905.jpg
こんな季節の変わり目、体調を崩す方も多いですね
朝晩と日中の気温の差が激しく、寝ている間に
お腹まわりが冷えたのか、お腹の調子が悪い~って方も。
しかも大理石の床ですから、冷えがダイレクトに来ます。
日本での感覚より、大げさなくらいに防寒対策は
しておいたほうがいいですね。

そして、ちょっとでも喉がいがらっぽい時の
私のお助けアイテムがこちら。ティーツリーオイル。
c0338191_01111654.jpg
これはカーディーのものですが、15ml入りで350ルピー
日本で買うものの三分の一くらいのお値段ですかね。

うがいのときには、50mlの水にこれを2~3滴加えて
一日2~3回ガラガラ~と。マスクを使うときには
鼻のあたりに一滴。(樟脳っぽい香りなので、気になる方は
まぁ、使わなくてもいいんだけど、殺菌作用とアロマ作用があります。
鼻の通りも良くなるよ。)
そして、オーブンを使ってパン焼いたりチキン焼いたりすることが
多いので、期せずして火傷することがあるんですが
そんなときもティーツリーオイル(原液)をすりこみ
乾いたらまたすりこみ・・・・とやっておくと
ひどい火傷の痛みもなくなり、水ぶくれもなくなります。

そんなわけで私のデリー暮らしに欠かせない
ティーツリーオイルさまなのでございます。
(だれか私をティーツリーオイルの営業に雇って。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2014-12-15 01:38 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

最新の記事

パンランチ
at 2017-04-24 01:58
夏の結婚式・その1「婚約式」
at 2017-04-23 01:30
23日はデリー市局の選挙です
at 2017-04-22 04:02
自分の身を守る その3 女性..
at 2017-04-21 02:15
インド頭脳の流出
at 2017-04-20 00:33
日本の絵本がインドにも届く
at 2017-04-19 02:58
鍋ツアー
at 2017-04-18 00:46
マンゴー・ターリーふたたび
at 2017-04-17 00:39
鼻フガフガの季節
at 2017-04-16 01:30
大きな声では言えないけれど
at 2017-04-15 01:43

最新のコメント

ビンテージ仲間!!うれし..
by ジャスミン at 21:04
> ジャスミンさん♡♡ ..
by neelkamal at 16:04
はじめてコメントします。..
by ジャスミン at 11:30
> filmingind..
by neelkamal at 17:04
> Luntaさん わ..
by neelkamal at 17:01
お返事ありがとうございま..
by AZ at 14:59
> AZさま コメント..
by neelkamal at 01:52
> chipkhanaち..
by neelkamal at 01:50
はじめまして。これが直線..
by AZ at 15:53
やっぱりベージュも。 ..
by chipkhana at 09:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング

XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項