旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

芽吹きのとき・行ってきま~す。

今朝、朝日をうけて若葉の黄緑色がとっても綺麗だった
アマルタースの大木。そう、花の時期が早くも終わった木には
こうして新たな芽吹きがあるんですね~。自然界ってすごいわ
c0338191_00351912.jpg

去年の秋ごろに植えた、アボカド。(・・・・っていうと
えらくちゃんと植えたように聞こえるけど、食べたあとの種を
植えたらちゃんと芽が出てびっくりしたもの。)
順調に育ち、冬を越し、さらに新芽がどんどん育ってきています。
ただいま50センチほどの高さ。どこまで大きくなるかな。
c0338191_00352083.jpg

10日ほど前にカレーラー(ニガウリ)のドライカレーを作ったときに
種が熟していたものを植えておいたら、これも続々芽がでました。
間引きして、鉢を分けてみたけど、ちゃんと育つかな。
c0338191_00352071.jpg

・・・・・これら育ちかけの植物を置いて、私日本に一時帰国します。
留守中に夫がちゃんと水をやっといてくれるかな。

そして、せっせと通っているアートクラスの展覧会が
27日(火曜日)19:30から、デリー・チャナキャプリの
アメリカンスクール内オープンハンドカフェで開催されます。

↓↓ いつもこんな感じで、カフェのおいしいサラダや
パニー二やケーキ、カプチーノなどをいただきながら
のんびり絵を描いて楽しんでいます。(たまに
筆をカプチーノにつっこみそうになったり・・・・ね。笑)
c0338191_00352050.jpg

お時間の都合のつく方は、ぜひオープンハンドカフェでの
展覧会へお越しくださいませ。私は5点ほど出しています。
セキュリティの関係上、必ず顔写真つきIDカードをご持参のうえ
2番ゲートからお入りくださいね。

ではでは、日本滞在中はインドネタがなくなりますゆえ、
ブログもきっぱりお休みさせていただきます。
日本で美味しいものいっぱい食べて
好奇心の赴くままに、羽根をのばしてきま~す。
パン大好きな私としては、今週末の青山パン祭りには絶対行きたいの。
お時間のある方、パン祭りで会いましょう。

みなさま、夏休みあけまでごきげんよう~~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_00351931.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-20 02:34 | 青蓮日記 | Comments(0)

世界最大の民主主義国家の選挙結果

約一ヶ月にわたって行われたインドの下院議会選挙
開票が16日から始まり、混乱が予想されるため
不要な外出は控えたほうが良い・・・・などと言われましたが
至って和平的に、選挙結果を受け止めたインド人が多かったようです。

まぁ、出口調査でもほぼインド人民党(BJP)の圧勝だろうと
言われてはいましたが、グジャラート州やラージャスターン州では
他の党に一議席も与えない、完勝でしたね。
しかも平均投票率は驚きの66%。それでもインド人に言わせると投票率が低い、と。

インドの下院議員数は545席ですが、そのうち2席は
大統領が直接指名するので、それ以外の543席を選挙で
決めることになっています。 そのうちの過半数以上、282席を
BJPが取ったのですから、あっぱれと言うしかないですね。
これでとりあえず1984年から続いてきた国民議会派中心の政治は
一旦終焉を迎えたことになります。
(ネルー首相の娘、インディラ・ガーンディーから続いた
ネルー・ガーンディー王朝とも揶揄されてきました。)

ただ、世界最大の民主主義国家とはいえ、その
民主主義の定義をどう受け取るか、によってはインドはまだまだ
数多くの差別問題が残っていたり、人々の自由や平等が制約されて
いたり・・・ですから、100%民主主義の定義を満たしているとは言えないかも。

10年ぶりの政権交代で、首相候補で西部グジャラート州首相でもある
インド人民党のナレンドラ・モディ氏が首相になることが決定。
私がはじめてインドに来たころには、政権を握っていたのはBJPでした。
その後の選挙でコングレスが圧勝し、今またそれが逆転。
インド政治の転換期を2回も体験してしまったことになります。年取るはずだわ。

(メヘンディーで蓮の花模様を描いて、悦に入っていたのに
時期が時期:選挙前 だっただけに BJPの応援してるのか、と言われたシロモノ。↓↓)

c0338191_00351998.jpg

このBJP圧勝で、インドの人々が期待しているのは、モディさんの
「クリーンな政治」。
首相に就任したら電力、道路、鉄道プロジェクトなどへの
投資の再開をやる、と明言していますね。
モディ氏はグジャラート州首相として企業の誘致のために
日本にも何度もいらしてますし、日本の産業・経済界にも
通じておられますから、日本企業との各方面での
結びつきも増えるのではないかと期待しています。

今までの国民会議がセキュラリズム(政教分離政策)を前面に
打ち出していたのに対し、BJPはヒンドゥー・ナショナリズム
(ヒンドゥー教を規範とした国づくりをすべき、との考え)を
基盤にしているところから、ムスリムや他の宗教からの
反発が出ることも考えられます。

あ、そうそう、去年12月に行われたデリーの州議会選挙で
ダークホース的活躍をしたAAP(Aam Admi Party)ですが、残念ながら
今回は4議席を獲得したのみ。でもこれは次回への布石で、大躍進する
可能性がある、という人が多いです。

さぁ、これからインドはどんな国に変容して行くのか
目に見える変化があるのかどうか、など今後が楽しみではあります。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00351931.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-19 02:54 | 青蓮日記 | Comments(0)

良心的なお値段: Soma

ジャイプルのブロックプリント製品を扱うお店、Soma
数ある柄の中で、この薔薇の柄がお気に入り。
c0338191_00351807.jpg

このところずっと欠品が続いていて、
ちょっと前までは薔薇は薔薇でも全く異なる色使いで
レイアウトも違うものが出ていて、なんだかな~・・・と思っていましたが
今日メヘルチャンドのお店をのぞいたら、あった~!
c0338191_00351814.jpg

エプロンと、ナプキンとをあるだけ買占め。
その他にストールを少々。

Somaが良心的だなぁと思うのは、このストールのお値段が
5年前とほぼ変わっていないということ。何が違うのかな~
よそのお店はAの店もFも軒並み3倍くらいの値段設定になってるのに。
まぁ、たしかに端っこのビーズタッセルが短く小さくなってはいますが
それでもお買い得感があります。
ナプキンだって、しっかりした厚手の布なのに、お値段据え置き。

こちらはカフェカーテンなどなど。
c0338191_00351857.jpg


わたしゃ別にSomaのセールスマンではないですが
今日は2000ルピー以上買うと、1000ルピー分のクーポンが
ついてくるお得な日。まぁ、クーポンの使用期限が6月15日から30日と
限られてはいますが、それでもなんか嬉しいですよね。

願わくば、お洋服のデザインがも~~~ちょっと洗練されたら
言うことないんだけどなぁ。

これを日本へのお土産にする、という方がいらしたら
いけないので、お値段は伏せますが・・・・・
このままお値段据え置きでがんばってほしいお店です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00351875.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-16 00:43 | Comments(0)

インドで「糊」と言えばコレ。

インドで「工作用糊」といえば”フェヴィコール”
特に現地校にお子さんが通っている場合には
登場頻度がとても高い文房具です。
c0338191_00351382.png

フェヴィコールには大工さんが使う業務用のバケツ入りもあり
これはベニヤ板の下張りをするときに使うもの。
c0338191_00351320.jpg

幼稚園や小学校低学年でよく使うのはこちらのフェヴィスティック。
日本と同じく、色つきで乾いたら無色になるというのもある
スティック糊です。
c0338191_00351480.png

そしてこれが瞬間接着剤、フェヴィクィック
言わずと知れた、ちょこっとでも漏れると
あちこちくっついて大変なことになるシロモノです。
c0338191_00351485.jpg

私、ひとりのときにフェヴィクィックを使ってはいけない令が
出ています。(ひとりで○○に行ってはいけない、とあわせて
一体どれだけアホなんだ、と思うでしょう??)

息子がまだ赤ちゃんのころ、ちょっとしたプラスチックのおもちゃの
かけらをくっつけようとして、この状態になったことがあります。
インド古典舞踊のムドラーで(ライオンの顔)。
c0338191_00351551.jpg

除光液つけたり、お湯につけたりしたけどダメで、
夫にカッターナイフでちょびちょび薄皮をはがすように
はずしてもらったのでした。それでフェヴィクィック使用禁止令が。笑

とはいえちょびっとのことなら使ってはいますが
今日、引き出しの取っ手がはずれ、釘の部分が
ちょっと寸足らずだったのでちょちょいっとくっつけちゃえ

と思ったのが間違いでした。
ハッと気付いたらこの状態。(ムドラーでは「白鳥の首」)
c0338191_00351612.jpg

あわててティッシュで押さえたら、ティッシュまではりついて
ようやく取れたものの、まだ親指と人差し指にティッシュの
名残が・・・・

きっと瞬間接着剤でみんな同じような経験をしていると思います。
だって、ネットで「瞬間接着剤を取る」って検索したら
いっぱい事例が出てきたもん。笑

一昨日、昨日と夜の間に雷雨になり、この2日は
過ごしやすい涼しい日々でした。明日はお土産買いに
走り回りま~す

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00351620.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-15 01:17 | 青蓮日記 | Comments(0)

お釈迦様聖誕祭=5月の満月の日

5月14日はインドやスリランカでは「ヴェサック」と呼ばれる
お釈迦様の生誕日。ブッダ・プルニマとも言います。
日本ではお釈迦様の生誕日は4月8日、花祭りとして祀られますが
南アジアでは1950年にスリランカで開催された仏教カンファレンスで
「5月の満月の日をお釈迦様の聖誕祭とする」と決定してからは
これで祭日が統一されています。

・・・・ということで、今年は14日が満月なんですよ。
インドでは学校・銀行・官公庁などはこの日はお休み。
仏教徒はお寺に行き、お坊さんのお説教を聴いて
花びらが浮かんだ水盤に置かれたお釈迦様の像
(産まれたばかりのゴータマ・シッダールタ像)に
水をかけてお参りすることにより、自らも新たに生まれかわる
と信じられています。
とはいえ、インドの仏教徒の数は割合にするとごくわずか。
2011年の国勢調査の数値では0.8%、その後の
ニューズウィークの調べでは3%と発表されています。

インドは仏教が生まれ、発展した場所。近年では
新仏教が復興した土地でもあります。
お釈迦様由来の土地を訪れると、あぁ、ここにお釈迦様が
いらしたんだなぁ・・・・・と思いを馳せることができますよ。

お釈迦様の生誕地、ルンビニー(ネパール側にあります)
c0338191_00350886.jpg


悟りの地、ブッダガヤの菩提樹
c0338191_00350984.jpg


初めての説法をなさった地、サールナート(ヴァラナシから車で30分ほど)
c0338191_00350974.jpg



入滅の地、クシナガラの涅槃堂
c0338191_00350978.jpg


こういった仏蹟をまわるときには、早朝の勤行で朝日を拝み
バス移動中に夕日が落ちるのを眺め、な行程で
インドは広いなぁ・・・というのを実感できますよ
c0338191_00351024.jpg

さて、満月の夜。月を眺めるのが大好きなワタクシとしては
夜な夜なカメラかかえて屋上に上る算段をしておかねば・・・・

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00351230.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-14 02:16 | 青蓮日記 | Comments(0)

嵐を呼んだ夜・ボリウッドダンス発表会

土曜日は午前中がゴスペル・サークルの集まりで~
家に帰って昼ごはんの準備して、お昼寝して(子供か!)
せっせとこれを作っておりました。↓↓
c0338191_00350819.jpg

季節はずれだけど、さくらもち。これを差し入れしたいマダムたちが
バンガロールから遠征してきてくれたのです~
毎年この時期に開催される、ボリウッドダンス・スクール
ヴィクラム率いるFoxy Steppersの生徒さんたちの
ダンス・コンペ!今年はコンペではなく発表会形式だったのですが
ここにバンガロールから特別参加のチームがやってくる!ので
ずっと楽しみに待っていました。
c0338191_00350889.jpg


今年は夫と息子が数学の試験勉強があるので行けない・・・・
私一人で夜のお出かけに行く条件が「23時門限」でした。トホホ

さて、さくらもちが出来上がりそろそろ出かけようか、というときに
南デリーの空が俄かにかき曇り、ド・大粒の雨が! キャ~~!!
すぐに止んで、夕焼け空が見えたので、開始がちょっと遅れるだろうけど
まぁ予定通り進むだろうととりあえず出かけました。

会場近くまで行ったらまたもどしゃ降り。待ち合わせしていた友人に
連絡したら「今みんなで屋根のある部分に退避してるとこ、カオスだよ~」って。
でも、この時期の雨はざ~っと降ったらすぐに上がるので、大丈夫だろうと
思ってたんですよね。

やっと舞台が整って子供部門の発表がはじまった・・・・とたんに
信じられないくらいの大粒の雨! ここでまた中断し、みんな
テントの下に大避難。それでもはしっこは滝のように雨が流れるは
下はドロドロぐちゃぐちゃになってるは・・・・・
もちろんドリンクコーナーも食事コーナーも雨のたびに
それ~~~っと物を片付けたり、また出したりで大わらわ。
c0338191_00350813.jpg


過去4年、毎年このイベントにおじゃましていますが
こんなに雨に降られたのははじめて。でも、後半になって
大人部門が始まってからは綺麗な月夜になりました。
(去年のようすはコチラで。)

バンガロールチームは見事コスチューム賞を受賞。
おめでとうございます! こうやってインド国内各都市に
住んでいる日本人が交流できるって素晴らしいですね。
デリー遠征に協力してくれたご主人さま方や、ママを
送り出してくれた子供たちへも感謝、ですね。
おりしも「母の日」だし、持ちつ持たれつで。
c0338191_00350872.jpg

(↑↑ デリーラビッツ・チームの友人たちと記念撮影!)

これが最後のインドでのパフォーマンスになった方も
数名いらっしゃいました。インドで培ったボリウッドダンスの技(?)を
日本に帰っても、他の国にスライドしても、十分活かしてくださいね~
みなさんの達成感あふれる笑顔に本当に元気づけられた夜でした。

私はこれからやってみたいことを見つけました。
「衣裳つくり」と「舞台美術」。どこを目指す、ワタシ。

・・・・ってか、その前に「門限つきのおでかけ」条件をクリアせねば。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00350876.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-12 00:47 | 青蓮日記 | Comments(0)

初インドで驚いたこと

初めてインドに足を踏み入れたのは、1993年でした。
仕事だったので、緊張感に満ちて到着したコルカタ
(今のような綺麗な空港ではなく、古色蒼然としたものでした。)

入国審査でいきなり賄賂を請求されたのに、目が点になったっけ。
お金はない、と言ったらウィスキーを一本置いてけ、でないと
入国スタンプ押さないぞ・・・って言われ。
そんなことがまかり通っていた時代でした。
(しかも、ビデオカメラ・カメラ類は入国時に申告し、
同じものを帰国時にも持っていることを見せなくてはならなかった時代。)

夜遅くに着いたコルカタで、うわぁあああっと人に取り囲まれ
勝手にスーツケースを運ぼうとする人、タクシーはこっちだと
案内しようとする人、ただ単に近くに寄ってきてじっと見ている人
とにかく人の多さにどっひゃ~~!だった記憶があります。

コルカタでの初ホテルはオベロイ(今のようにリノベーションされる前の
英国統治時代の面影の残る、コロニアルスタイル満点な頃)でした。
ホテルで快適な夜を過ごし、翌朝インド博物館まで歩いていく間に
どっひゃ~~~@!@な風景、人の多さ、物乞いのたくましさに
これまた驚いたものの、実はクライアントの手前「初インドだって
絶対に言うな」と上司から釘を刺されていたので、声に出して
驚くこともままならず、ひとり静かに心の中で「キャーキャー」
言っておりました。

そして案内されたフグリー川(ガンジスの河口近く)の河畔で
道端のチャーイを飲んでみました。素焼きのカップに入ったやつ。
今までのインド暮らしの中で、あれが一番美味しかったなぁと
思い出すことがあるので、よっぽどおいしかったんだと思います。
(ちなみにその次に美味しかったのは、ブリンダーバンの
イスコン寺院のわきにあるチャーイ屋台のもの。)
c0338191_00350756.jpg

カーリー寺院で生贄のヤギの頭がころがっているのを見て
ギャ~~!!(・・・・と心で叫び)
夜行列車に乗るために対岸のハウラー駅に一歩踏み入れたら
足の踏み場もないほどの人が、床で寝ている。人・人・人!
ギャ~~!!(・・・・と心で叫び)
朝、早めに起きて車窓の景色を楽しもうとしたら・・・・
窓が汚すぎて外が見えない。仕方ないので連結部分に行ってみたら
ドアがどこもかしこも開いてる!列車はすごいスピードで走ってるのに!!
ギャ~~!!
c0338191_00350723.jpg


線路脇にいっぱい人が座ってる。なになに??と尋ねたら
「朝ウン○してる」って。いいけどなんでみんなこっち向いて座ってるの~!?
もう、一事が万事こんな感じで 本当にノックアウトされました。
そんなインド、毎回行くところ行くところ
何もかもあまりに異なっていて
その後プライベートで訪れたときにも、うぉ~~!と叫ぶことだらけでした。

なのになのに、今インドに住んでいるだなんて。

・・・・・相変わらず驚くことは毎日何度もあります。
デリーの街中を普通に車で走ってて、象が歩いてるところに遭遇したり
信号待ちで泊まったときに、オカマちゃんがドアップで迫ってきたり
c0338191_00350704.jpg

まぁでも、インド暮らしが長くなった分
暮らしの智恵、というか 自分の都合の良いものだけを取り入れる術は
しっかり身についている気がします。
それを少しでも還元できるようにしたいなぁと。
そしてこれからも、初インドのあの驚きは忘れずにいたいなぁと。
そんなことを考えたヒッキーな一日なのでした。

(注:文章と画像とは直接関係ありません。)
c0338191_00350760.jpg

↑↑ 生贄見てびっくりしたカーリー寺院。これがカーリー女神です。
[PR]
by neelkamal | 2014-05-09 01:55 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

ドライバー遍歴

「自分で車の運転、しないんですか?」と聞かれることが
あります。一応デリーに住むようになってから、練習したことは
あるんですが、突如として左側からニョロニョロっと現れる
バイク軍団やら、突然出てくるイノブタやら、交差点のど真ん中に
陣取る牛の軍団をやりすごしつつ、この交通マナーの悪い中で
わたしにゃ~ここでの運転は無理だと判断しました。

が、うちに今まで来たドライバーさんはローカル色満点で
まぁインド人しか住んでいないコロニーなので、英語を喋れる
ドライバーが来るはずもなく。

田舎から出てきたばかりの人のときには、
地図を片手にあっち、こっちとナビゲーションをせねばならず
後部座席にゆっくり座ったことがありませんでした。
ある人はデリー中心部のロータリーが苦手
ある人は英語・ヒンディー語の標識がまったく読めない
ある人はこちらが伝えたことや尋ねたことに対して返事をしない
地図なんて読めるわけもなく。

それでもまぁ、だんだんと日を追うにつれて慣れるもので
大体私の行きたいところ、いつも行くところがわかれば
良いかぁ、と思っていましたが
中には高速代にと置いている小銭を黙って持って行く人だとか
(この人には「小銭ちゃん」というあだ名をつけました)
道もよく知ってるしまじめだし、言うことないんだけど
いかんせん体臭がすごい人だとか
曲がるところを行き過ぎたので「後ろだよ」って言ったら
交差点でバックしはじめた初心者とか
(この人のときは、まじで自分で運転したほうがマシと思いました。)
・・・・・・・まぁいろんな人がおりました。

大体 辞める原因は田舎に帰るってのが多かったですが
遅刻がひどいのでこちらから首を言い渡したこともあるし
小銭ちゃんの場合には、いつの間にか他の家とかけもちで
仕事してるのが発覚し(出かけたいときに指定の場所にいない、
携帯電話での連絡に返事しない・・・・などで)やめてもらいました。
一日の休みが二日、三日とだんだん来なくなって、自然消滅した人もいました。
ホーリーの休みに田舎に帰る、と言ってそのまま帰ってこなかった人も。

そんないろんな運転手さんの変遷を経て
今の運転手さんとは一番ウマが合って、助かっています。
なんせ英語がわかる彼。私の行きたいところの地理も
たいていわかっています。さらには「健康オタク」なところがあって
そこも気に入っている所以。

今朝も出かけようとしたら、ニームの枝からせっせと何かを取っていました。
「何??」って聞いたら「今月いっぱい、ニームの若芽を
掌いっぱいくらい食べ続けると、血が綺麗になって一年元気に
暮らせる」んですって。ほほ~~~ ニームには確かに
血液浄化作用がありますからね。

たま~~に あれ????なんでこっちの道を通る??
って訳のわからない道を選択することもあって、急いでいるときに
渋滞にはまって、んも~~~!な思いをしたりしますが
やっとやっと「あてにできる」ドライバーさんにめぐり合ったワタシ。

仕事のアポイント時間にあわせての移動やら、
カメラの道具をかかえての移動があるので、車がないと
厳しい私のデリー暮らし。
(ドライバーさんがいない時期には、オートやら地下鉄で
移動していましたが、機材抱えてだと余計な緊張感でくたくたでしたね~)

健康オタク談義ができる今のドライバーさんが、
長く勤めてくれることを願っています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00350745.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-08 01:11 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

マンゴーシーズンに突入!

ニュースで「インドのマンゴーがEUの農薬基準値を
上回っているので、EUへの輸出が差止めになって
インドの国内価格が下がるかも」とありました。確かに、マンゴーは
農薬のかかっていそうなものもありますから、注意して買わねば。
おまけに薬品で無理やり熟させたでしょ・・・ってわかる色のものもあります。
反面、ほうっておいても勝手に実がたわわになり、熟しているのも
またマンゴー。これは買う側も賢くならねばなりませんね。
c0338191_00350647.jpg


まだシーズンが始まったばかりで、サフェーダー(大きくて色が薄いもの)
アルフォンソー、スィンドゥール(表皮が赤い、女性が髪の分け目につける
スィンドゥールという粉の色をしていることからこの名で呼ばれる)などが
出回っています。

インド人に人気なのが、↓↓写真左手の「チョーサー」や
「ラングラー」「ケーサル」といった種類が6月以降に出回り
シーズン終わりの7月になると、香りの高いダシャハラーが出てきます。
c0338191_00350645.jpg

巨大マンゴーになると人間の顔の大きさくらいのものも。
種類は本当にいろいろあって、品評会に出てくるものは
色も味も香りもさまざまです
c0338191_00350686.jpg

こちらの地図は「インド・マンゴー生産地ベルト」
なるほど、これで見るとデリーで売っているものは
ほとんどがウッタル・プラデーシュ州やマハーラーシュトラー州から
来ているようですね。
c0338191_00350652.jpg

7月、ほぼすべての品種が出揃う時期に
デリーでは「マンゴー・フェスティバル」が開催されます。
以前はタルコトラ・スタジアムでやってたんですが
最近はピタンプラにあるディッリー・ハートが会場です。
(INAマーケットの向かいにあるディッリー・ハートと同じ
デリー州政府の運営)南デリーからだとちょっと遠いのが難点ですが
我が家はいつもここでウッタル・プラデーシュ(ラクナウー中心の産地)産の
マンゴーを箱買いし、おまけにマンゴー・アーチャール(酢っぱ辛いインドの
漬物)なども仕入れてきます。
c0338191_00350758.jpg

ま、マンゴーフェスティバルは7月頭なので、まだ先の話ですが
日にちや場所は新聞で告知されますので、要チェックですよ。

その時期にしか楽しめない、インドならではの食べ物
しかも「身体の熱を冷ます」作用もありますから、
夏場はマンゴーがおすすめです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_00350781.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-05-07 02:46 | Comments(0)

借景バンザイ

我が家を選ぶときの決め手が「公園の前」だってことでした。
バルコニーから遊んでいる息子の姿が見える、
緑がたっぷりある、ってのが気に入って。

花も木々も、大木にやってくる鳥たちの姿も
バッチリ満喫しています。
白いプルメリア(フランジパニ)が良い香りを漂わせ
c0338191_00350591.jpg

グルモーハルの真っ赤な花が咲き誇り。↓↓
バルコニーからまさに手の届くところに2本グルモーハルの木があるんです。
街中ではもう黄色いアマルタース(ゴールデンシャワー)が
咲き始めていますよね。あと10日もすると町中が
黄色いアマルタースの花で染まります。
c0338191_00350552.jpg

暑いし、息子の学校は23日まで授業するんかいな・・・・と思っていたら
父兄から「夏休みを前倒しにしてくれ」との要望もあり
さらに気温がぐんぐん上がっているので、夏休みが一週間前倒し
になることが決定しました。ぷふふ・・・・
一気に夏休みの宿題を終わらせてから一時帰国することになります。

ニーム(アーユルヴェーダで薬効のある木としても有名、枝を歯磨きに
使ったり、葉っぱは殺菌作用が高いとされています)の木にも白い小さな花がびっしり。
先月チェンナイの友人が、このニームの花を使ったお料理を
フェイスブックに載せていて、ほほぉ~~と思って眺めていたんですが
チェンナイから一ヶ月ほど遅れて、デリーでもようやくニームの花が咲きましたね。
苦みばしったこのお花、私も食べてみたい。
c0338191_00350626.jpg


気の毒なのはこのお方。

c0338191_00350678.jpg

暑くてゼイゼイ・ハァハァ言ってるので、今日は
アイスノンをバスタオルにくるんで置いてさしあげた(!)のに
お気に召さなかった模様。

今日は夕立のおかげで気温が40度までいかなかったようですが
今週末にかけて、ぐんぐん気温上昇する予報。土曜日には43度だって。
ファイト~~!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします・
c0338191_00350625.jpg

ムホホ~~、あたしゃ暑くても平気~
[PR]
by neelkamal | 2014-05-06 01:32 | Comments(0)

最新の記事

ギリギリセーフ、行ってきまっす!
at 2017-05-16 01:25
神様感たっぷりな人々
at 2017-05-15 02:13
一時帰国前の週末の過ごし方
at 2017-05-14 01:35
やっぱりブロックプリント
at 2017-05-13 01:31
インド生活スタートアップ講座..
at 2017-05-12 02:15
満月の夜に
at 2017-05-11 02:10
カフェギャラリー@パハールガンジ
at 2017-05-10 01:00
夏の花盛り・定点観測
at 2017-05-09 00:28
乾燥注意報!!!!
at 2017-05-08 00:44
夏の結婚式・完結編
at 2017-05-07 01:21

最新のコメント

先日はお忙しい中ありがと..
by K.N at 18:13
> まさし様 コメント..
by neelkamal at 01:11
ワンコのピンクのターバン..
by まさし at 12:24
> yukkescrap..
by neelkamal at 01:09
すごい! 至れりつ..
by yukkescrap at 22:57
> Luntaさん 食..
by neelkamal at 16:02
青蓮さん、たとえなにがあ..
by Lunta at 07:36
> chipkhanaち..
by neelkamal at 00:28
長老と直接お話ができる機..
by chipkhana at 05:55
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:37

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング