旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

<   2014年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

やってくれました

きのう「シヴ・ラートリーは息子の学校は
休みではない」って威張って書いたばっかりでしたけど

・・・・朝6時半にいつも通り、スクールバス停に行ったら
ちゃんとバスが来たので、送り出して帰りに牛乳を買って
家にもどって牛乳を煮沸消毒して、という平和な一日のスタートを切りました。

午前中は南アフリカで一番有名な画家・ポーチーさんの
ワークショップに参加することにしていたので、
うきうきしながら車で移動中、知らない電話番号から電話が。

出てみたらHistoryの先生で、「試験前なのもあって
今日はクラスで3人しか学校に来てないので、○○○くんも
今から帰そうと思うんですけど」って。

どっひゃ~~! 今さらそんなこと言われても~

丁度ご近所の子のお兄さんが迎えにいけるかも、ってことで
そちらにお願いして、息子本人とも話して帰宅方法をアレンジしたのでした。

私はそのあと、さくら会の地区委員会に特別参加し
15時ごろにしか家に戻らない予定だったので
困ったもんだよ・・・・と思っていたら、またも息子から電話。
件のお兄さんが忙しくて迎えに来れないので、このまま
スクールバスの時間まで自習して過ごすから、って。

とりあえず落ち着いて絵のワークショップには参加し、
すっごく有意義な時間を過ごしました。このふくよか~~な
おじさまがポーチーさんです。明るい素敵な絵をあっという間に
大胆に描いてみせてくれました。本当に参加して良かった。
c0338191_23354557.jpg

その後の地区委員会の打ち上げ(?)では豪華ランチバイキングを
早めにお暇して自宅に戻りましたよ、全くも~~う。

実は学校関係では、今週もひとつ大チョンボをやらかしており。
昨日、スクールバスに乗り遅れたのです!!前代未聞!!
夫は出張中、運転手は9時半にしか来ない、試験前の
ノートチェックが3教科分残っているから、学校を休めない[emoji:v-404]

ちょっとバス停まで送っていくつもりだったから、思い切りすっぴん
しかも上下トレーニングウェア状態だったのに
仕方なくオートをつかまえて送ってもどってきましたよ。
吹きさらしで、早朝で、さむかったーーーーーー

いきあたりばったり人生、インド暮らしでますます磨きがかかっている気がします。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いしまっす。
c0338191_23354545.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-28 01:47 | 青蓮日記 | Comments(0)

シヴ・ラートリーなので

27日はシヴ・ラートリー(シヴァ神大祭)
当然学校は休みだろう・・・・と思いきや
試験前でノートの提出チェックなどがあるから
休みにはならないんだと。ほんとかいな。

インドの現地校、前日の夜になって
SMSで「明日は学校休みで~~す!」宣言が
送られてくることがあるので、戦々恐々としておりましたが
どうやら通常通りらしい。

さて、シヴァ神大祭ですが、2~3日前から
シヴァ神をまつるお寺では、すでに前夜祭らしきものが
始まり、太鼓を叩いて大音量でお経があがったりしております。

シヴ・ラートリーの日の夜間、シヴァ神がタンダヴァと呼ばれる
宇宙のダンスを踊ったとされています。
c0338191_23354484.jpg

↑↑ このポーズ、インド古典舞踊でもでてきますが
バランスを取るのがとっても難しいですよね。ためしにやってみて?
(この写真は以前デリーの国立博物館のブロンズ像ギャラリーで
撮ったものです。現在同ギャラリーは非公開)
c0338191_23354580.jpg

シヴァ神ファミリーは↑↑こちら。シヴァ神の神妃はパールヴァティーで、
その間の子供がガネーシャ神(歓喜天)なのです。
シヴァ神の乗物はナンディと呼ばれる牛で、ナンディも神様として
崇拝されています。バンガロールにはでっかい牛の像が祭られた
お寺がありますよね。ナンディヒルのナンディ寺院もね。

夜がお祭り最高潮ですから、シヴァ神関連のお寺界隈は
混みあうでしょうね。ちなみにこの日は「禁酒」日
ドライデーでございます。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_23354165.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-27 02:18 | インドの祝祭日 | Comments(0)

プレ雛祭り&プレ送別会

デリーで出会い、繋がってゆく友達の輪
ご主人様の駐在の帯同家族でいらしてる場合には
2~3年でお別れ・本帰国なさる方が多いのですが
この3月は今までになく、帰任する友人が続出。

3月末で本帰国する、アートな仲間と
デリーに残る、これまたアートな友人たちといっしょに
プレ雛祭りと題してお弁当の会をしました。
前日に大体の構想(配置?)を練っておいたので、
朝からお弁当箱を準備しまして~
c0338191_23354450.jpg

せっせと予定のものを詰めていきながら
卵焼きを作ったり、茶碗蒸しの下ごしらえをしたり
寿司飯の準備をしたり。
ごはんものはミニちらし寿司にしました。
c0338191_23354418.jpg

雛祭りと題してますから、寿司飯を「菱餅」カラーで
三色に。これには桜でんぶを使いました。
そこで西日本組と東日本組とで あれ~~?? って違いが。
西組は普通に桜でんぶのピンクも緑も実家で使って育ったんですが
東組は緑でんぶを見たことないって言う人が多かったです。そうなのか~
c0338191_23354456.jpg

ピーマンのめんたいこ炒めだけはシャキシャキのを
出したかったので、お客様がいらしてからちゃちゃっと炒めて
詰めました。このほかに茶碗蒸しと茗荷とワカメ入りお吸い物も。
c0338191_23354488.jpg

デザートはケーキ作りの達人Mちゃんに
「ケーキ作って~、フルーツたっぷりの」ってお願いしてあったので
こ~~~んな素晴らしいのが。
c0338191_23354429.jpg

みんなで楽しく喋って、ゲラゲラ笑って
あっという間に時間が経ち。
今回は私を含め6名だったんですけど、ここで困ったのは
日本から持ってきた食器類はほぼ全部「5枚」セットなこと。
インドのスタンダードは「6枚」なんですよね~。
こんなちょっとしたことも日本とインドの違い。

今日の和食には、友人のKさんが日本から運んできてくれた
銀杏や茗荷 そしてIさんが持ってきてくれた胡瓜・長ネギが
大活躍したのでした。持つべきものは友達。改めて、ありがとうございます~

さぁて、明日はデリー中心部でちょいと撮影のお仕事。
(たまには仕事もしています。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23351937.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-26 00:40 | 青蓮日記 | Comments(0)

インド・月の光に導かれ

先日、デリー日本人会 さくら会(旧 婦人部)の
地区懇親会があったときに、参加者の皆様にちょこっと
「インドの祝祭日」のお話をさせていただきました。
時間が限られていたので(いや、あとに控える
ケーキバイキングのほうが気になって・・・・・・笑)
ほんのさわりの部分しかご紹介できませんでしたが

固定祭日よりも、移動祭日が多いこと
そしてインドの移動祭日は「月齢」に密接に関係していること
をご紹介しました。インド暦の○○○月の満月の日、とか
新月の日、とか、満月から数えて2週間の間・・・と
いったように、月の満ち欠けがとっても大事なファクターなんです。
c0338191_23354398.jpg


そして、季節の移ろいもそれにばっちり対応している
というのを、デリーに住むようになって実感できるようになりました。
たとえば、ホーリー祭にしても今年は3月17日ですから
昨年より10日ほど早い、つまりそれだけ本格的な夏になるのが
暦上ちょっと早くなるってことですね。え~~~ほんとかいな
と思っているアナタ、気をつけて毎年比較をしてみると
げげげ、ホントだ~~~って思いますよ。

そんなことを実感するもので、月の存在がとっても気になる
インド暮らし。私が気にしているのを知っているので、
月が綺麗な夜には夫が教えてくれます。そこで私は
カメラ片手にそれ~~っとバルコニーに陣取って
あーでもない、こーでもないとブツブツ言いながら写真撮ったりしています。
(夫は夜な夜な外で何してるのかって??
家の中でタバコ吸ってはいけないことになってるので
ホタル族になっとるわけですよ。笑)
c0338191_23354487.jpg

次の新月は3月1日 満月は3月17日
やっと冬場の大気汚染もなくなり、空が澄んできたので
夜空を見上げてみませんか???

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23354401.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-25 01:32 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

インドで育つ日本人の子供

最近インドに越してくる日本人の方々の中には
日本人学校やアメリカンスクールなどのインター系に
お子さんを通わせる、という選択肢以外に
「現地校」に通わせる方も格段に増えてきました。

学費がインターに比べると安いとか、英語が教育言語だとか
まぁ色々なメリットはありますが、親の理解・努力もまた
当然必要になるわけで。学校システム、その学校の特徴を
理解することも大事でしょうし、受け持ちのクラス担任と
「そりが合うかどうか」も大切だし、お互いの歩み寄りも
重要なポイントになります。日本なみの水準を求めてはいけません。

我が家も息子が小さいころには、何かイベントがあるたびに
衣裳を調達したり、ヒンディー語の台詞の練習させたり、
その都度あたふたしたものでした。
(手作りの「インドのおまつり衣裳シリーズ」はコチラで見てね。)

スポーツデイ、っていうから走れるようなスポーティな格好で行ったら
他のママたちは孔雀のように着飾っていた・・・・なんてこともありました。
(おかげでママのかけっこでは一等賞とれたけど。笑)
幼稚園で現地校に入った息子も、8年生。同じ学校で
高校卒業までエスカレーター式で行きますので
インドの現地校生活もそろそろ10年が経とうとしていますが、
何年たっても「母の」どっひゃ~~~な失敗が何かしらあるんです。

先日、ゲーテインスティテュート主催の試験で満点をとった
ご褒美に、スリランカ研修旅行に行ったとき。
持ってくるものに「民族衣装」とあったので、
とりあえず祭法被を持たせました。 そしたら息子が途中で
WhatsAppで連絡してきて言うには「パキスタン、ブータン、
スリランカ、インドの学生が参加してるんだから、民族衣装って
インドのクルターパジャーマーとか、シェールワニのことだったよ」って
大笑い。

そりゃそうだ、インド代表で行ってるんだもんね。インド服を持たせるべきでした。
参加した130名あまりの各国学生の中で「日本の衣裳を持ってきた奴」
だって有名になったらしいです。あはは~~

そして先日、ヒンディー語のアクティビティで「ブックマークを
作ってくること。偉人の有名な文言を書くこと」というお題が出ました。
本人が選んだドクター・アブドラ・カラム(前大統領)の名言を
書いて、インド国旗の色のリボンをつけて、縁取り模様を描いて
提出したら、10点中の9.5点だったんです。
他の子は10点もらってた・・・・というので「なんで?」と聞いたら
「僕のは地味だった、みんなのはキラキラ飾りとかいっぱいついてて、
立体的なのが多かった」って。
c0338191_23354237.jpg


えぇえええ? 本にはさむ「しおり」だよ??
立体的だったら、はさむときにジャマじゃん??

・・・・・と相変わらず日本人的反応をする母は、まだまだ
インドの現地校で切磋琢磨しつつあと4年、鍛えられねば
ならぬのです。その前に、3月は学年末試験なんでございます。[emoji:v-406]

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23352038.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-24 02:35 | インド教育事情&子育て | Comments(0)

ヨーガ・チャンティングのクラスへ

いつもR子ちゃん・・・・となれなれしく呼んで
思いっきり博多弁&筑後弁で(デリーにいるにもかかわらず)
喋っている友人は実はヨーガの大先生でもあります。
色々な国で教えた経験もあり
さらにはクリシュナマチャリヤ師のヴェーディックチャンティングの
トレーニングも受けているスーパーインストラクターなのです。

そのR子先生のヨーガクラスに参加してきました。
chanting ( マントラを唱えること)を取り入れながら、
7つのチャクラを開いていく、というもの。
チャンティングに使われているサンスクリット語は
ヒンディー語にも通じる音や表記が多いので、な~~んとなく
意味もわかります。しかも、わかりやすい日本語での説明つき。
c0338191_23354156.jpg

アサナとの組み合わせで、チャンティングしながらの
ヨーガは、身体が硬い私でも無理なくできました。

会場となったYoga Cafeで、クラスの後は
「ヘルシーべジメニュー」のランチ。
c0338191_23354114.jpg

正直、あんまり期待してなかったんですが
良い意味で期待を裏切って・・・・・・??
すごく美味しくて、ヘルシーな きちんと作られた
グルテンフリーのVeganメニューでした。びっくり!!
c0338191_23354125.jpg

↑↑ 野菜スティックや生姜、ネギなども入ったべジロール
右上の、いろんなソースをつけて食べるんですが、これも爽やかで
おいしかった。写真左上のはキヌアを使って、ほうれん草・ケール・
パプリカ・各種ナッツ・ココナッツの薄切り・緑豆もやしなどが
いっぱい入ったサラダ。キヌアの食感がごはんっぽいので
満足感あり、のお食事でした。
c0338191_23354175.jpg

↑↑デザートは季節の果物、オレンジを使った
パンプディングっぽいケーキ。キャラメリゼした
外側の部分が、オトナなケーキでした。
もうひとつはカットフルーツにカシューナッツクリームを
かけたもの。どれもちゃ~~~んとしたヴィーガンメニューで、
健康を気遣うオトナな女性にはおすすめです。
Yoga Cafe ( 143 Shapur Jat Village)

さてさて、ヴェーディック・チャンティングといえば
もともとは口頭で特別な階層の人々に伝えられていた
貴重な詠唱。その貴重なチャンティングをアサナとともに
実践できるなんて、最高の機会をR子先生に与えていただきました。

ほんっとデリー(&グルガーオン&ノイダ)は役者が揃ってるわ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0338191_23354165.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-21 01:49 | 青蓮日記 | Comments(0)

たまにはガーリー(Girly)なことも。

デリーでできる楽しみな習い事のひとつ;とんぼ玉。

前回は「花模様」や「ニンブー・ミルチー」などを作り→→記事はコチラ
その前は「泡玉」、さらにその前には「ハート模様」→
最初に作ったのはマーブル玉でしたっけ。なつかしや~
はじめてガラス棒とシャフトを手にして、ガスバーナーを恐る恐る
使ったのは3年前のことでした。

右手と左手とが違う動きをするだなんて有り得な~~い!!とか
思いつつ、A子師匠に手ほどきを受け、
とんぼ玉の魅力にはまってしまったのでした。

そして今日、師匠から新たなニックネームを拝命
その名も  「リカバリーのY子」。ぷはは!!
少々の不出来も気にしな~い、とりあえずガンガンやってみる
この性格はとんぼ玉に向いている・・・・らしいです。笑

新たなお題は「レース棒」。
おぉ、なんとガーリーな響き!! 
c0338191_23353974.jpg

これまた溶かした白いガラスをピンセットでつまみ
びょ~~~~~~んと糸状に伸ばすという技
     プラス
溶かした透明ガラスに、その糸のようなガラスを線状に乗せて(上写真右手)
さらに溶かし、ポンテという先をつぶしたガラス(左手はポンテを作ってるところ)に
ぐぐぐっと押し付けて合体させ
くるくる回しながら みょ~~~~ん と引っ張ると
レースのような模様が出来るわけですよ。
c0338191_23354066.jpg

今日はそうやって作ったレース棒を
作りたいとんぼ玉の長さにカットして、ベースに貼り付けて
形成する・・・・というところまでやって、冷却のため
とんぼ玉は師匠のところにお泊り中。

こちらは見本のレース模様入りトンボ玉。
冷却用の除冷剤から出したばっかり。
c0338191_23354068.jpg

いやいや~~、最初にとんぼ玉教室に誘ってくれた
友人に感謝。そしてA子師匠に大感謝。

次は何作ろっかな~
(そして、最初にやったマーブル玉とか、泡玉とか
ハート模様の作り方とかは すでに忘却の彼方・・・・・)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23354003.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-20 01:41 | 芸術・文化 | Comments(0)

デリーでケーキバイキング女子会!

女子会・・・・・というのも憚られる私の年齢ではありますが。笑
日本人会のさくら会(旧 婦人部)で私が所属する地区の
懇親会に行ってまいりました。

帰国が決まって、これが最後の懇親会出席になる方もあり
今回はじめて懇親会に出席しますというニューフェイスあり
最初の30分で、インドの祝祭日についてご案内をさせて
いただきました。なんせ移動祭日が曲者(?)で、
赴任当初はなんのこっちゃらわからないと思うんですよね。

何より楽しみにしていたのは~~~~
日本人パティシエさんの作る、おいしいケーキ!!
それも今回の懇親会用に特別にアレンジしてくださったという
「ケーキバイキング」ですよっ!
もう、デリーで日本クオリティのケーキが食べられる日が来るなんて
ちょっと前まで考えられない贅沢でしたよねっ!(←←チカラ入りすぎ?)
↓↓ 嬉しくて、お皿に盛りすぎてますがww
c0338191_23353522.jpg


ケーキだけでなくて、カットフルーツもあり
c0338191_23353646.jpg


アマンド・フロランタンなどのアミューズ・焼き菓子系もあり
c0338191_23353768.jpg


季節感たっぷりのイチゴのロールケーキあり
c0338191_23353850.jpg


そして、甘いものばかりでなくてツナやら
サーモンの乗ったカナッペもあり
c0338191_23353982.jpg

おまけにコーヒー・紅茶も飲み放題の
90分一本勝負(!)でしたよ。

いやいや~~、ケーキ食べまくったのでランチはスルーして
夕食もいらんか、と思ったんだけど、さすがに家族の分は
作らねばならず。笑

それにしても、デリー暮らしの楽しみがまたひとつ増えました。

喫茶室もみじ
Avalon Courtyard Hotel内

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23353925.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-19 00:18 | 青蓮日記 | Comments(0)

赤は花嫁の色・・・???

インドでは「赤は花嫁の色」とされていて、
花嫁さんが身につける結婚式のサーリーは
そのお宅によってシェードが違うにしろ、赤が伝統的と
されていました。ボリウッド女優のアイシュワリヤーだって
ボーダーの色は多少違うにしろ、赤いサーリーでお式でした。
c0338191_23353338.jpg

「でした」と過去形なのは、このところあきらかに
いろんな色の花嫁衣裳が出てきたから。
それは特に、富裕層で「デザイナー」ものを
身につける金銭的余裕のある場合に顕著です。

今期出席した結婚式の中から。左手の中央が
花嫁さんですが、ローズピンクがかった真紅のレヘンガーに
大粒のダイヤのネックレス。両側には妙齢の妹と従姉妹が。
この三人ともとても綺麗で、近来稀に見る綺麗な花嫁さんでした。
右手は花婿(↑↑上とは別の結婚式です)とその悪友たち。
友人はみんなオレンジのターバンに「サングラス」が目印で
高校時代からの仲間6人がつるんで大騒ぎしてました。
この披露宴を仕切ったのは、花嫁花婿の友人たち。それも
現役のプロダクトデザイナーや服飾デザイナー、編集者など
業界人たち4名。お仕着せの披露宴でなく、かなりおしゃれでした。
c0338191_23353387.jpg

下の2枚はいずれも人気デザイナー、サッビヤサチ・ムカルジーの
オートクチュールもの。ん百万円するんだと思う。どっひゃ~
もちろん、花婿のターバンや小物の色ともリンクしています。
左のゴールドのはムンバイの披露宴にて。
c0338191_23353463.jpg

デザイナーものの結婚衣装が出てきて、結婚式のタブーが
だんだんあいまいになって来たなぁと感じる昨今。
でも、やっぱり長老のおばあちゃん、お母さん年代の女性は
「花嫁は赤じゃなくっちゃ」と言ってました。
上の結婚式カップルの場合、その折衷案が
「婚約式で赤を着るから結婚式では自由にさせて」だったらしいです。

そして、富裕層に今期一番売れたのがSabyasachiの
結婚衣装だったんだって。ほほ~~~~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23351152.jpg

にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-02-18 02:04 | インドの摩訶不思議 | Comments(0)

IGI(デリー国際空港)で出会える!

日本からのJA○便が到着する時間帯に
インディラ・ガーンディー国際空港の到着口に行きましたらば
うっとりするような光景が見られます。

・・・・って、うっとりしてるのは私だけかもしれませんが、
こうやってお揃いのクルタパジャマを着て、
お揃いのターバンを巻いている(しかもピンク!)親子連れやら
c0338191_23352954.jpg

赤と緑で、すっごいハンサムな兄弟らしき二人連れやら
もう、ターバン巻いたスィク教徒がいっぱいなんですよ。
c0338191_23353072.jpg

この時間だけでなくても、デリー空港はことに
デリー界隈に住んでるパンジャービー(パンジャーブ州出身者)や
スィク教徒の利用者が多いんですよね。
19時前後にアムリッツァル便がどんどん飛んでくる関係もあるでしょうし
それから、カナダ便が到着する時間帯もすごいスィク率高しです。

上の写真のピンクの親子、もう一度会いたい。

スィクの女性には美人が多いことは有名ですが
男性にはおおまかに分けて二通りの顔があるように思います。
お目目ぱっちり丸顔系《上》と、二重くっきり奥目ほそおもて系《下》。
c0338191_23353049.jpg


・・・・ってそんな研究をしたって、何の役にも立たん??
でもね、ほんとなんだから。北インドにお住まいの皆さん、
旅行でお越しになる皆さん、実地検証してみてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0338191_23353243.jpg

[PR]
by neelkamal | 2014-02-17 01:50 | 青蓮日記 | Comments(0)

最新の記事

ギリギリセーフ、行ってきまっす!
at 2017-05-16 01:25
神様感たっぷりな人々
at 2017-05-15 02:13
一時帰国前の週末の過ごし方
at 2017-05-14 01:35
やっぱりブロックプリント
at 2017-05-13 01:31
インド生活スタートアップ講座..
at 2017-05-12 02:15
満月の夜に
at 2017-05-11 02:10
カフェギャラリー@パハールガンジ
at 2017-05-10 01:00
夏の花盛り・定点観測
at 2017-05-09 00:28
乾燥注意報!!!!
at 2017-05-08 00:44
夏の結婚式・完結編
at 2017-05-07 01:21

最新のコメント

先日はお忙しい中ありがと..
by K.N at 18:13
> まさし様 コメント..
by neelkamal at 01:11
ワンコのピンクのターバン..
by まさし at 12:24
> yukkescrap..
by neelkamal at 01:09
すごい! 至れりつ..
by yukkescrap at 22:57
> Luntaさん 食..
by neelkamal at 16:02
青蓮さん、たとえなにがあ..
by Lunta at 07:36
> chipkhanaち..
by neelkamal at 00:28
長老と直接お話ができる機..
by chipkhana at 05:55
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:37

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング