旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

カテゴリ:デリー生活お役立ちネタ( 263 )

花市場へ

まだまだ蒸し暑い日々が続いていますが
早朝はかなり涼しくなったので、早起きして
ヤムナー川の向こう、ガズィプルの花市場へ。
ノイダ側に渡って左手に花と果物の卸売市場が
あります。新鮮で良いものを買おうと思ったら
早めが吉。なんせ4時から9時まで開いていて
花屋さんたちが早めに買いつけに来るので、
5時とか遅くとも6時ごろには行ったほうが良いのです。

買ったのはこれ。真紅の薔薇とカーネーションと
輸入物(オランダから)のピンクの百合。
それぞれ10本ずつ入っています。
c0338191_01333601.jpg
街中の花屋さん価格の半額から、お得なものだと
十分の一とか。(なんせ遠いし早起きしなくちゃ
いけないしで、なかなか行く機会はないけど。)

買ってきたものは、活けやすいように整えます。
お花の三種の神器登場。一番下の薔薇の棘取りは
花市場で20ルピーでした。
c0338191_01345124.jpg
下葉を取って、棘を取って、いらない枝を処理して
準備万端。写真左手の緑の山(?)が処理した葉っぱ。
c0338191_01345707.jpg
これで大き目の花瓶2つと水盤ひとつ分に
なりました。枝ものがなかったので植木鉢の
ザボンの枝を足しまして。
c0338191_01370597.jpg
数人で分けたらもう少しいろんな種類が
買えるけど、なんせ南デリーから順調に行って
一時間少々かかるので・・・・・遠い。

以前はコンノートプレイス近くのハヌマーン寺の
前に、毎朝花市が立ったんですよ。そのあと
クトゥブ・ミナールの地下鉄駅の近くにできて
いずれも2010年のコモン・ウェルス・ゲームズの年に
集約されてガズィプルに移転したんです。

プージャー(ヒンドゥー教のお参り)などで
使う、香りの高いバラ、インド産の
ダマスクローズも安いです。たっぷり水盤に
浮かべて楽しめるのでお気に入り。
c0338191_01443598.jpg
酷暑期にはグラジオラスとチューベローズくらいしか
なかったけど、これから花屋さんの花の種類も
増えますね。明後日は草月流いけばなの月例会も
控えているし、お花をたっぷり堪能できそうです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2017-08-17 01:48 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

UN Womenシンポジウム

一昨日友人がFBでシェアしてくれた情報
在インド日本大使館×UNウィメン共催シンポ
≪「働く女性と社会規範の変革」
(women at work and changing social norms)≫が
タージマハルホテルで開催されるとのこと。

予定表をチェックしたら、午後からグルガーオンで
アポイントがある。でも、またとないチャンスだし
これ絶対行きたい!!と申込みました。
ここはやっぱりシャキっとした恰好で行かねばと
久々に紺ブレを取り出しまして。UNインド事務所には
友人が数名勤務していたので勝手に親近感。
c0338191_00220078.jpg
UN Womenというのは正式名称を
United Nations Entity for Gender Equality and
the Empowerment of Women(長っ!)と言って
ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための
国連機関なんです。早々たるメンバーの登壇で、期待値高し。

各シンポジウムの登壇者は下記の通り。それぞれに
お名前をクリックすると、関連ページとリンクしています。

武川恵子・内閣府男女共同参画室長
加藤美和・UN women アジア太平洋地域部長・事務所長
阿部玲子・オリエンタルコンサルタンツ
     グローバル軌道交通技術部プロジェクト部長、
     インド現地法人社長
大崎麻子・関西学院大客員教授、ジェンダー専門家
    (TBS「サンデーモーニング」コメンテーター)
佐々木かをり・「イー・ウーマン」社長、ダイバーシティの第一人者

UN Womenアジア太平洋地域部長 加藤美和氏の
素晴らしいオープニングアドレスに続き
在インド日本大使館の平松大使からのお言葉も。
c0338191_00240430.jpg
モデレーターとして
第一部:UN Womenインド・ブータン事務所長 
    レベッカ・タヴァレス氏
第二部:ユネスコニューデリー事務所長 青柳茂氏
第三部:NDTV編集局長 ソーニア・スィン氏が登壇。

オリエンタルコンサルタンツの阿部玲子現地法人社長には
以前、さくら会(前日本人会婦人会)のランチパーティーで
基調講演をお願いしたことがあったので
6年振りにお話を伺う機会に恵まれました。
c0338191_00241210.jpg
インド側からは鉄道大臣などの政府要人はじめ、
インド政府の様々なスキーム(政策)の一翼を担う
各部署やNGOなどの代表者が基調講演者や
パネラーとして参加し
日本の女性問題の現状やインドの置かれた状況
これからの方向性などを考えるのに、とても有意義な
会合でした。ヤクルトダノンの代表、中島氏が
ユーモアを交えてインド・ヤクルトレディの躍進を
説明され、インド人参加者に大喝采を浴びておられました。
鉄道大臣は流石につかみがうまく、短いながらも
要点をバシっと押さえつつ、笑いを誘うスピーチでしたよ。

インド側の参加者はデリーNCRだけでなく
バンガロール、ムンバイ、チェンナイ、
ハイダラバードなどの大都市だけでなく地方都市からの
参加も多く、共通語は「英語」ですから
日本側の基調講演者も日本人のモデレーターも
すべて英語でのレクチャー、司会進行で
改めて「通じる英語」の重要性を認識したのでした。
FICCI(インド商工会)の婦人部(FLO)の協力もあり
また、日印友好60周年の節目とあって、このような
貴重なシンポジウムに参加できてラッキーでした。

何度も言うようですが、
この日印友好60周年のロゴマーク、よくできてると思いませんか?
c0338191_00342365.jpg
まだまだ60周年記念行事が続くと思われるので
アンテナを張って、参加できるものにはぜひ
参加したいと思います。
(これ以上おでかけが増えるのか・・・・と
オットに言われてる。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2017-07-28 00:58 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

第14代大統領就任・宣誓式

インドには「首相」と「大統領」がいます。

「大統領」は国家元首ですが実権はなく
内閣の助言によって国務にあたります。任期5年、
両院(ラージャ・サバ―とローク・サバ―:
衆議院と参議院のような両院)議員および
州議会議員による間接選挙で選出されます。
「首相」は行政のトップで、ローク・サバ―(下院)
議員から選ばれ、大統領によって任命され
こちらも任期は5年です。

現在の首相は言わずと知れた、有言実行の人
ナレーンドラ・モーディー首相
そして、今日はインド独立後第十四代の大統領に
選出されたラームナート・コ―ヴィンド大統領の
宣誓式でした。
≪ちなみにインド独立後の初代大統領は
ジャワ―ハルラール・ネヘルーです。≫
c0338191_01254483.jpg
(C)Indiatoday

(ドゥール・ダルシャンの宣誓式カバー番組はこちら
2時間43分もの長いYoutube画像ですが、普段は
見られない建築家ルティヤンスの最高傑作とも言える
大統領官邸の内外のようすや議事堂内部がじっくり
見られるし、スピーチ部分はヒンディー語学習者には
とても良い教材にもなると思います。
おまけに英語のナレーションですから、英語学習者の
ヒアリングの練習にもなるかと。)

個人的には宣誓式を執り行った現在の最高裁の
J.S.ケーハル長官のファンなので、もっとたっぷり
写してほしかった。(そこか~い!!)残念ながら
この8月に退官が決まっているので、最後の大舞台。
スィク教徒として初の最高裁長官となった方なんですよ。

ラームナート・コ―ヴィンド大統領の就任スピーチも
人間味あふれていて好きです。
スピーチの宴台のお花が、国旗のトライカラーで
全てアンスリウムで飾られているのもインド的。
c0338191_01255956.jpg
前大統領のムカルジーさん(左手の小柄な方)が、
ちょいちょいコ―ヴィンド大統領を気にかけて
先導しているのも微笑ましい。
早送りしながらでもご覧になることをおすすめしたい
よくできたYoutube動画ですよ。

日本のメディアではアルファベットの綴りをそのまま
英語読みして「ラムナス・コヴィンド」と書いてあったり
しますが、茄子じゃないんだから。
ラームナート・コ―ヴィンド、が正しいカタカナ表記です。

インドがどんどん変わっていくさまをこの目で見られる
おそらく今が一番の変容期ではなかろうかと思っています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-07-26 01:33 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

モンスーン・ソワレ@パークプレイス

グルガーオンでおそらく一番日本人在住者が
多いであろうマンション群、パークプレイスの
クラブハウスで開催された「モンスーン・ソワレ」
楽しく参戦させていただきました。

屋内だけでなくパークドライブ側にも、そして
お庭のほうにもたくさんの出店があり、洋服・
アクセサリー・インテリアグッズ・リネン類など
盛りだくさんでしたよ。住んでるマンションの敷地内で
こんなフェアが開催されるなんて良いなぁ・・・・
おまけに敷地内にちょっとしたスーパーや薬局なども
併設されていて、もうここだけで生活必需品の
最低限のものは確保できますね。羨ましい。

そうそう、私、朝6時からせっせとおはぎや桜餅用の
もち米を炊きまくり。餡子は昨日のうちに丸めて
準備しておいたので、(総数120個のあんこ玉!)
ひたすら形成し続けましたよ。
c0338191_00225274.jpg
実は、和菓子容器に詰めてテープを貼ったり
箱にセットするのが一番手間がかかる作業なんです。
和菓子材料も和菓子容器も、桜の葉の塩漬けも
日本から運んできました。
甘いものばかりだと飽きるので、稲荷寿司も入れて。
c0338191_00240460.jpg
14時からの販売開始で15時過ぎには30セット
売り切れました。お買い上げくださった皆様
ありがとうございました。
(まさか日本人が出店しているとは思わず
驚かれた方も。笑)
セット内容はおはぎ2種、桜餅、生八つ橋と
稲荷寿司、でした。
c0338191_00262916.jpg
そして、インド靴コーナーはこんな感じで。
ジーンズでもインド服でもOKな色柄で、モダンな
感じに仕上げています。底にクッションを入れて
オーダーメイドしているので、履きやすいんですよ~
最初のロットとは履き口のデザインをちょっと
変えてみました。
c0338191_00283257.jpg
パーティ用クラッチバッグはサーリーにも合うし
ショルダーにできるようチェーンをつけてあるので
ちょっとしたお出かけにも使えます。
クラッチの裏側にはあえてビーズ刺繍やキラキラを
入れてないので、お着物のときにもバッチリなんですよ。
c0338191_00305483.jpg
「実店舗はないんですか?」と聞かれましたが
当座はあちこちのメーラーでの出店となります。
今日会場でお声掛けくださったみなさま、
出会いに感謝です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-07-24 00:36 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

デリーで「土用干し」と言えば。

この時期、デリーの野菜やさんに行くと
「カッチャー・アーム」といって、未熟マンゴーが
沢山売られています。
アーム・カ・アチャール(マンゴの漬物) を作るため。
日本だと、梅雨の晴れ間にすることは「梅干の土用干し」
ですが、こちらでは漬け込んだマンゴーをモンスーンの
合間の晴れた日に、壺ごと天日に当てる作業があるんです。

そろそろモンスーンに入るなぁ・・・という時期になると
市場では「青マンゴー」が山積みにされ
インド人マダムたちは5キロ以上どぉ~~~んと
豪快に買って行っています。
青マンゴーを種ごとちょうど良いサイズに切るのは
硬い種があるので、大変な力仕事。でもご安心あれ
マンゴーを買うと、サービスで手ごろなサイズに
切ってくれるんですよ。↓
c0338191_00574725.jpg
家に持って帰って、さっと洗ったあとこれまたささっと乾かして
粗塩をふって、水が上がってくるまで待ち
それから各種(各家庭秘伝の)マサラを配合して、
マサラとマスタードオイルを味噌くらいの固さに混ぜて
マンゴーをまぜまぜし、なじむまで待ってからガラス瓶や壺につめる

え~~~、めんどくさいじゃん!

・・・って方のために、有難いことにこの時期
「マンゴーアチャール専用マサラミックス」が売ってるんです。
マンゴーを投入してぐるぐるかきまぜ、なじませるだけ。
な~~~んと有難いことでしょう。色々使ってみて、
一番のおすすめはこれ↓↓ 
c0338191_00575211.jpg
味噌くらいの固さに練ったアチャールミックスと
マンゴーをしっかりからめて、2~3日この状態で置いておくと、
青いマンゴーがしんなりしてきます。
c0338191_00575820.jpg
熱湯&酢で殺菌消毒した壺やガラス瓶につめて
晴れ間を見計らって、3日ほど天日にあてま~す。
我が家では2.5キロ分が「早く食べて~!」とばかりに熟成中。
本当は、梅干と同じく、塩をして水が上がるまで待って
それから各家庭秘伝マサラ+マスタードオイルに
つけたほうが、各家の「舌」にあった美味しい
アーム・カ・アチャールができるんですけどね。
我が家では今のところ、このSahibaのミックスが
一番合っているみたい。
c0338191_00580739.jpg
マンゴーアチャールを食べるだけでなく、漬け込んだ
マサーラーをチャナ豆のカレーの隠し味に使ったり
オイルを炒め物に使ったり、と無駄なく使い切れる
優秀な「インドの漬物」なんですよ。

道具や壺の消毒に、熱湯と、焼酎があれば最高ですが
アルコール度数35度以上のものならOK
ってわけで、こっそりオットのウィスキーを消毒用に
使っています。うっしっし。

今日も 応援クリック ポチッ↓と よろしくお願いしま~す
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-07-17 01:05 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

クラフトミュージアムよ、お前もか。

日本から友人が来印。ランチに行こうかと
希望の場所を聞いてみたら、博物館見学がてら
クラフト・ミュージアム併設カフェに行ってみたいと。

久々にクラフト・ミュージアムに行きました。
前回は日本人会ボランティアグループ主催の
ミュージアム見学ツアーの案内を務めた時だったから
5か月ぶり。
(ミュージアム見学ツアーのようすはコチラで)

そしたらね。入口のところに机があって
なんと~~~!!! 入場料を払わないと中に入れない
システムになっておりました。ちょっと前まで
無料だったのに。 まぁ、でも昔(10年くらい前?)も
10ルピー払って入場してたわね。
入場料はインド人20ルピー、外国人200ルピーでした。
(外国人登録証明があれば、インド人料金なんだと
思われます。)

少しでも入場料をとって、それで展示が綺麗になるなら
建設的だからまぁ良いか。以前の館長さんがせっかく
手掛けたリノベーションが終わらぬまま、システムが
変わってしまったので、布の展示は宝の持ち腐れ状態で
ほんとに勿体ない状態なんですよ。きちんと図録とか
作れば良いものを。
まぁでも、一時は「工芸専門学校」に生まれ変わるので
博物館をなくす、という記事も出ましたからね
折角のインドの手工芸品や民芸品を展示する場所は
残してもらいたいですよね。

そうそう、Cafe Lotaの話でしたね。
名前になっている Lota というのはインドをはじめ
南アジアで使われる 銅やステンレスなどでできた
丸っこい形の容器のこと。ヒンドゥー教の祭事で
ガンジスのご聖水を入れて使ったり、牛乳を入れておいたり
入浴の際に水桶がわりに使ったりすることもあります。
(さまざまな大きさ、素材のローターが付属の
ミュージアムショップで売られているので、見てみてね)
c0338191_01263637.jpg
ブランチに待ち合わせしたので、まだ朝食の
メニュー時間帯。私は最近お気に入りで
朝食にもよく食べる、チッラを。普通は
ヒヨコマメ粉を水で溶いたものを薄くパンケーキみたいに
焼いて、間にパニール・玉ねぎ・トマトなどの微塵切りを
はさんで二つに折り、ミント&コリアンダーソースを
つけて食べるんです。が、ここのはオシャレでしたよ
c0338191_01290455.jpg
家で作るときもこうやって巻いたらオシャレね。

友人が頼んだのはラギ(シコク稗)のパンケーキ。
これも思っていたのと違う形状で出てきました。
チョコケーキみたいな。

何をたのんでもハズレなしのカフェ。ランチタイムに
行く場合には私のおすすめは
Kachcha Aam Prawn Curry
(カッチャー・アーム・プローンカリー)でっす!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-07-16 01:39 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

来週末はパークプレイス近辺がアツいよ

モンスーン(雨季)が始まってちょっと気温が下がり
お祭りシーズンに入ったと同時に、あちこちで
イベントやバザー(メーラー)が催される季節の到来です。

21日にはトマト・プロジェクトさん主催の
「Happy Hunter×吉岡佐知子先生のコラボイベント」。
素晴らしい紅茶と豊かな知識を提供されている
Happy Hunter石井博子さんと
Es-bread baking Studio主宰・吉岡佐知子先生
スペシャルイベント。あっという間に満席になりましたが
「Happy Hunterの石井博子さんから紅茶のお話を
伺うほか、紅茶の淹れ方のレクチャーと
2種類のダージリンティーの試飲。   
その後、吉岡佐知子さんから和菓子の実演を見学しながら、
2種の和菓子を楽しむ。」というもの。
私はさっちゃん先生のアシスタントとして登場します。

そして、22日、23日はパークプレイスのクラブ・ヴィータで
モンスーン・ソワレというファッションメーラーが。
クラブ・ヴィータってここです↓↓
c0338191_00371314.jpg
去年の同じイベントでは、服やアクセサリーの販売あり
c0338191_00325726.jpg
インテリアグッズやテラリウムなどの販売もあり
c0338191_00323308.jpg
ラージャスターンの
カルベリア・ダンサーたちがパフォーマンスしたり
c0338191_00453000.jpg
と、盛りだくさんでしたよ。
c0338191_00330322.jpg
今年もお昼12時から夜21時まで、土日の開催だし
フェスティブシーズンのファッショントレンドチェックにも
持ってこいですよね。
屋内だから、雨が降っても大丈夫。
お時間のある方はどうぞ。
c0338191_00571590.jpg
私はインド靴とパーティーバッグのお店↑↑↑、
ブースナンバー13にちょろっと顔を出しますよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2017-07-14 01:01 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(2)

マンゴー祭りの週末

北部九州の集中豪雨の被害がインドのメディアでも
取り上げられ、その深刻さに胸をいためています。
実家のある福岡市内はそこまで雨も酷くなかった
ようですが、久留米は避難勧告が出て、筑後川も
かなり水位が上がっていたらしく。被害がこれ以上
拡大しませんように、皆さんが安全でありますように
祈っています。

デリーはモンスーンに入ったとはいえ、空梅雨気味で
蒸し暑い日々が続いていましたが、ようやく
ゴロゴロ雷が鳴って、モンスーンらしい雨が降りました。
一雨ごとに、ほんの少しずつ涼しくなるから良いんだけど

モンスーンになると出回る野菜の種類が増えては来ますが、
プリモンスーンで長雨が降った分、トマトなどの値段が
かなり上がっていますね。
これじゃ一般市民は大変だろうなぁ

それでも自然はあっぱれなもので、この時期になると
ちゃんととうもろこしは育ち
(道端にトウモロコシの屋台が増えてますしね)
葉もの野菜は出回り、見上げればニームの木には実がいっぱい。
c0338191_00385435.jpg
この実にも殺菌作用があるらしくて、
農作物の虫除けにもなるそうで、ニームってほんとに
無駄になるところがないありがたい木。

マンゴーも時期により出回る種類が変わってゆきますが
5月ごろにはアルフォンソ、サフェーダー、
スィンドゥーリーが主体だったのですがその後
ケーサル、ラングラーやチョーサーといった種類が
続きます。

そしてマンゴーの季節も終わりに近づく今、
私が一番好きな種類のダシャハラーが出てくるのです~
皮は緑色なんだけど、中身は綺麗なオレンジ色で
ほかのものより香りが良く、お菓子などに加工するに
もうってつけ。なので、ダシャハラーが出回ると
まとめ買いしてピューレを作っておきます。
(↓ これはマンゴーがおいしいと有名なラクナウー産のもの)
c0338191_00384871.jpg
インド各地の色々な種類のマンゴーが出回る今
毎年ディッリー・ハート(Dilli Haat)で開催される
マンゴー祭り。今年はこの週末、9日と10日に
Dilli HaatのPitampuraとJanakpuri2か所で
開催されます。マンゴーの早食い競争とか、マンゴーの
加工品即売とか、各地のマンゴー箱入り産直販売とか
マンゴー好きな方にはたまらないイベント。

私は以前、初物のマンゴーをチュウチュウマンゴー
(丸のまま外側から押して柔らかくし、上部を
噛み切ってそこから濃厚マンゴーピューレを吸う)
にしたら、唇がかぶれたことがあって、しばらくは
マンゴーがトラウマになっておりましたが
最近はすっかりなんでも大丈夫。(マンゴーって
漆科だから、未熟だったりするとかぶれる事もあり。
また追熟のため薬剤が噴霧されていることがあるので
それもお肌が弱い人には要注意かも。オーガニックものが
安心ですね)

そういえば。マンゴーの時期になると食べたくなる
Kaleva(ゴールマーケット近くにあるインドの
ファストフード店。)のマンゴークルフィーも食べとかなきゃね。
c0338191_00492534.jpg
マンゴーの種をくり抜いて、そこにクルフィーを
いれて冷凍してあるもので、食べるときに皮をむいて
切ってくれます。マンゴーの種類は時期によって
変わりますが、これからがダシャハラー使用になるよ。
冷凍ボックス持参で行って、買いだめして自宅の冷凍庫に
入れておく・・・っていうマンゴークルフィー・ファンもいます。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-07-07 00:56 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

デリーでカルナータカ州の味

デリーは中央政府が置かれ、各州の出先機関もあるので
インドの色々な地方の味が楽しめる、州政府経営の
キャンティーンなどが点在しています。

日曜日、ちょこっとブランチに・・・と
南デリーのR.K.Puramにあるカルナータカ・サンガの
カルナータカ・フード・センターに行きました。
(↑↑ zomatoの紹介ページにリンクしています)
いつもは平日の空いてる時間に行くので、あまり
行列もないんですが、流石に日曜日のお昼は
家族連れでにぎわっています。
c0338191_23563266.jpg
マハラジャ・ターリーというあれこれのったメニューも
あるんですが、そこまでお腹空いてないし、残すのも
気が引けるし・・・ってことで、サウスインディアンターリーを。
c0338191_23575033.jpg
って、これでも結構な量ですよね。ごはんのお隣はキール
というお米と豆を甘く炊いたデザートのようなもので
そのほかは上の中央が消化促進のためのラッサム、
いんげんやココナツ味のカレーに加え、サンバルも。
プーリー(揚げパン)2枚にパーパル(パリパリのお煎餅
みたいなもの)とごはんと。右下の赤いのはアチャール
これで160ルピー(税別)

食べ終わって外に出ても、まだまだ行列は続いていました。
c0338191_00011445.jpg
ここはリングロードとRao Tula Ram Margの
交差点に位置し、カルナータカ・サンガの建物に
入っています。
c0338191_00032221.jpg
カルナータカ・サンガはカルナータカ州の文化や
芸能を遍く広めるための施設で、オーディトリアムや
セミナールームなどを備え、ギャラリーや特産品を
販売するブースもあり、デリーを訪れる
カルナータカ州の文化人や芸術家たちのための
宿泊施設もかねています。

ここへ行くと、デリーにいながらにして
カルナータカに行った気分になれる場所ですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-07-04 00:12 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

ただいま、デリー!!2017夏編。そして税制改革

ただいま~!一か月半の一時帰国を終え、
デリーに戻りました。いっぱい美味しいもの食べて、
会いたい人に会って、やりたいことやって充実の日々でした。

帰路便からの富士山夕景↓↓
c0338191_00484418.jpg
日本から持ち帰ったのは、食材は控えめで今回の目玉はこれ。
c0338191_00452458.jpg
アホでしょ~。重たいものばっかり。
これでスーツケース一個分の重量占めたかも。
高校生時代からやっていた草月流のお花を
本格的に再開したので、インドでは手に入らない花器など
いかにも日本らしいものを運んできました。
Yちゃんのお母さまにいただいた花器や花留なども。
めずらしく、団子より花。ふははは
インド人むけ和食レッスン用の器などもあれこれと。

それはともかく!!
インドは抜本的な税制改革が7月1日から実施されるので、
メディアはその話題で持ち切り。
いままで州ごとに税率が異なっていた様々な間接税を
GST(Goods &Services Tax :物品サービス税)に一本化し
全国で一律の税率とする、というものです。
これでGDPも上がり、外国からの投資も見込めるはずとして
モーディー首相の肝いりの改革なんです。
昨年秋の「高額紙幣廃貨」にひきつづき、この税制導入で
納税情報がすべてオンライン化され、汚職や脱税がなくなる
・・・と見込まれています。
(っていうかこれほどの改革をやってのける、
モーディー首相の実行力はすごい、と思う。)

デリーとグルガーオンのあるハリヤーナー州で税率が異なり、
ノイダーのあるウッタルプラデーシュ州ともまた異なり、
重複課税されることもあったりして複雑怪奇(?)な
税制でしたが、商品ごとの税率が採択されるので、
明瞭になるはず。
私たちが買い物するときの支払額は、ほんのちょ~~っと
安くなる試算ですよ(タイムズオブインディアより↓↓)
c0338191_00543692.jpg
何にいくら課税されるのか、というのは下記の
ヒンドゥスターン・タイムズの記事がわかりやすいです。
http://www.hindustantimes.com/interactives/gst-rate-complete-list/

野菜や肉といった生活必需品は税金がかからないことに
なっていますが、これもたとえばマーケットで
☆量り売りの穀類には税金がかからず、綺麗に
パッキングされてスーパーに並んだ場合には税金がかかる
☆肉・魚は無税、冷凍肉や冷凍魚には課税 
などと細かく分かれています。

この税制を紹介したブログなどで、州と州を移動する際の
通行税もいらなくなる、との記述がありましたが
今のところ、道路税や通行税は運輸局管轄で、
今回のGSTには含まれていません。

GSTに含まれるのは
Excise Duty(国内消費税)
Service Tax(サービス税)
Custom Duty except BCD(基本関税意外の関税)
VAT(付加価値税)
SAD(特別追加関税)
CVD(相殺関税)となっています。
今までの税制(3月31日現在)についてはこちらの
JETROの記載がわかりやすいです。
インドの税制について

ま、蓋をあけてみないとわからないインド
喉元過ぎれば何事もなかったかのように
泰然自若としているインドのことですから
いつの間にかGSTにも馴染んでいるんだろうなぁ。

一時帰国中のあれこれは、また追って。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-07-01 01:04 | デリー生活お役立ちネタ | Comments(0)

最新の記事

見逃せないイベント、あと二つ追加
at 2017-11-19 00:08
日曜日、アメリカンスクールで。
at 2017-11-18 01:49
大気汚染の原因のひとつ、「野..
at 2017-11-16 01:08
マヨラー大満足
at 2017-11-13 00:04
大気汚染対策、迷走中
at 2017-11-12 01:24
車両番号による交通規制、はじ..
at 2017-11-10 01:54
大気汚染のためデリー内の学校..
at 2017-11-09 00:16
やばい白い喉イタイ
at 2017-11-08 00:55
空気清浄効果、ささやかな試み
at 2017-11-07 00:30
日々の「嬉しい」こと
at 2017-11-06 00:13

最新のコメント

> Ellieさん 今..
by neelkamal at 23:30
>N.Y.さま コメン..
by neelkamal at 23:29
> 852さん Gee..
by neelkamal at 23:25
デリーの大気汚染 TVの..
by Ellie at 14:37
> 鍵コメMさま コメ..
by neelkamal at 23:44
> Mさん これから魚..
by neelkamal at 23:35
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:33
Toddy Shop、何..
by M at 16:52
おおっ、Dosaも作っち..
by Cecile at 11:02
> サントーシーさん ..
by neelkamal at 00:45

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング