旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

カテゴリ:インドの自然・植物( 10 )

わたしのポメロちゃん

私のポメロちゃん、
ずっとブログを読んでくださっている方々には
なかなかの有名人・・・じゃなくて有名木です。

ファームで買ってきて、分厚い皮を一生懸命むいて
やっと食べたポメロ(ざぼん)の種を、ちっちゃな
植木鉢に植えた話は下↓↓の過去記事で。
育つ楽しみ、2週間
 
そろそろ一時帰国だし、留守中に水をやっておいて
ほしい鉢と、ほったらかしで大丈夫なものとを
並べ替えて、さらに刈り込んで大丈夫なものは
切ってしまって・・・・とベランダ菜園を整理してたら
ポメロちゃんたちの葉っぱがあまりに汚れている~
一枚一枚拭いてたら、えらく時間がかかってしまいましたが
こんなに違うんですよ~。左は拭いた後の鮮やかな緑。
右はフロスト加工してあるわけじゃなくて、3か月ほど
葉っぱを拭いてない状態。こんなに砂塵&汚れが
空気中に漂っているんだなぁって改めてビックリ。
そりゃ鼻の孔も真っ黒になるわいなぁ
c0338191_00581101.jpg
同じ時期に同じように小さな鉢から大きなのに
同じ条件で堆肥も加えて植え替えたのに
なぜか育ち方も色も全然ちがうんです。
手前は緑も綺麗で背が高く(50センチくらい)、
後ろのは緑が薄くて育ちが悪い。なんでだろう
c0338191_00581920.jpg
かんきつ類って冬になると元気になるのね~って
育てながらしみじみ観察しています。葉っぱも
ちょっと触るとパァッと良い香りが広がるの。
棘もあるから注意しないとだけど。

この子たち、種から出て来たときはこんなで
これで育つんかいな、と心配しましたが、
水だけでぐんぐん育つ強い子たちでした。
c0338191_01444796.jpg
大事に育てて緑も濃くなり、種をまいてから2か月後
去年のクリスマスにはこれくらい(10センチくらい)。
c0338191_00525970.jpeg
いやいやいやいや、この調子で頑張ったら
そのうちポメロがなるかしら~ って皮算用する私。
鉢じゃ無理じゃない?公園に植えたら?って言うオット。

もうね、もはや娘(ポメロ)を持つ母の気分になってますからね
公園になんて植えないわよっ。
子供が生まれたら(実がなったら)、面倒みるわぁ。(笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村





[PR]
by neelkamal | 2016-12-21 01:14 | インドの自然・植物 | Comments(0)

私のベランダ菜園

モンスーンの雨の恵みで鉢植えの
ミントたちがワシャワシャ勝手に育っています。
夏休みの間、留守番の夫に水遣りを頼んでおいた鉢植え。
c0338191_00245473.jpeg
手前の鉢は主にミントですが、濃い緑の
大きめの葉っぱのものは、あの種から育てた
ポメロ(ザボン)ちゃんたちですよー。
まぁ、すっかり大きくなって、オバちゃん感激。
そろそろ独立した鉢に植え替えねば。
ポメロの育つ様子はこちらから↓↓

その後も長いこと鉢植えで可愛い時代を楽しませて
もらいましたわー。
地植えにしてからは結構放任主義ですが、強い子達です。
c0338191_00525970.jpeg
ポメロに混じってピョーンと長細い枝状のものは
これまた種から育てたアボカドちゃん。
すーぐ葉が茂るので、しょっちゅう丸坊主に
してますが、これも丈夫。雌雄ないと結実しないって
聞いてから、結構邪険に扱ってますが健気な子です。

一番奥に写ってるのは
友人に株分けしてもらったアロエ。すぐ増えるよ〜
と言われてはいたけど、本当に伸びるしベビーちゃんが
勝手に出てくる!
慌てて食べてます。癖がなくて食べやすいので
お刺身風にしたりスムージーに入れたり。
c0338191_00253374.jpeg
日本じゃ高価なハーブ類も、すぐ根付くので
鉢植えで結構賄えます。バジルは水に浸けておけば
4ー5日でこんな風に根っこが出てくるので
鉢に植えたらバジルソースがちょくちょく作れるくらい
どんどん育ちますよ。
c0338191_00235227.jpeg
実はポメロちゃんの足元には、買ってきたときに
頑丈な根っこがついていたダニアー(コリアンダー)も
植えてあって、ちょっと料理に色を添えるのに
活躍しています。

ベランダ菜園も、
インドに住んでなければやらなかっただろうなぁ

今日も 応援クリック ポチッと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2016-08-03 01:04 | インドの自然・植物 | Comments(0)

デリー、夏の花

ちょっと前まで大輪の深紅の花がいっぱいついた
大木が目についたデリー。
c0338191_23202768.jpg
「コットンツリー」、和名は「木綿(きわた)」
ヒンディー語でセーマル(सेमल)と呼ばれる花。
花がポトポトッと落ちた後は、葉っぱが茂りはじめ
夏が本気を出し始める頃には、固い鞘が弾けて
フワフワ綿毛が舞い始めます。
c0338191_01090138.jpeg
って書くといかにもフワフワ可愛い綿毛、
なイメージですが、鞘がでっかく中に入ってる種の数も
多くてブワーッと舞い散ると大変な事に。
私はこれで鼻フガフガになりますよー。
なのに落ちてるのを見かけると拾ってしまう。笑
c0338191_01115669.jpeg
4月のデリーの花はこちら、鳳凰木。
ヒンディー語ではグルモーハルと呼びます。
c0338191_01135068.jpeg
結構な大木になるんですが、根っこが弱いので
強風や嵐の日に倒れてしまうのもこの木なんです。
アップでお花を見るとこんな感じ。
c0338191_01154963.jpeg
この花がニューデリー日本人学校の校章デザインに
採用されているんですよ。
暑い夏も元気に咲き誇る、象徴的な花。
その花と日本の桜とがうまいことデザインされてて
見るたびよく出来てるなーと感心します。↓↓
c0338191_01240255.jpeg
今ちょうど花盛りなのがこちらの可憐な白い花。
大木に咲いているので見上げないと気づかないかも。
甘い香りが夜風に乗って漂ってきますよ。
c0338191_01261078.jpeg
とか言ってお花の話をしている向こうで
オットが蚊取りラケットを振り回しています。笑。
今年は暑くなるのも早かったし、蚊も多い。
すでに近所の薬局では蚊よけスプレーが品薄です。

そろそろ一時帰国のお土産買わなきゃねー

今日も 応援クリック ポチッと↓↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村v




[PR]
by neelkamal | 2016-04-20 01:30 | インドの自然・植物 | Comments(0)

秋でもないのに

デリーでは「酷暑期」になる前に
「アーンディー」と呼ばれる砂嵐が吹き荒れ
雨が降り、乾季の間に降り積もったホコリが洗い流される
そんな日があります。

ゆうべの嵐がまさにアーンディーかな・・・・・・
時期的にはちょっと早めではありますが。
そして、今日の夕方からは雨が降りました。
う~~ん、ひたひたと「酷暑期」が近づいている気配。

今はまだ木綿(きわた)の赤い大輪の花が
あちこちで見かけられますが、これが終わると
グルモーハル(日本人学校の校章デザインにもなっている
デリーの夏を告げる木、鳳凰木)が咲きはじめます。
日本の入学式は「桜」ですが、デリーでは入学式に
グルモーハルに迎えられる・・・・って感じですね。

そんな花々が咲く時期、街路樹は「落葉」のシーズンを
迎えます。とくに顕著なのがニームの木。
c0338191_01431812.jpg
昨日まで緑だった葉っぱが一気に黄色くなり、一斉に
落ち始めるんです。この「落葉(らくよう)」のことを
ヒンディー語ではPatjal(パトジャル)と読んでいます。
辞書では「秋」と訳されていたりもしますが、実際には
「落葉の季節」ってことですから、デリーでは
春が終わって夏に向かう頃がそれにあたります。

今季はじめてサンダル履きで出かけた今朝
足元はニームの葉っぱがカサカサと音をたて。
c0338191_01432460.jpg
もうこれからサンダル一辺倒の季節だから
ペディキュアもちゃんと塗らなくちゃなぁ

日中は30度を超える日々が続くようになり
夏はすぐそこ、です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑↑こちらもこの時期に咲く花、火焔樹です。

[PR]
by neelkamal | 2016-03-06 01:55 | インドの自然・植物 | Comments(0)

雨宿り・モンスーンの風景

ようやくモンスーンらしい雨が降りつづき
気温がだんだんと下がって、しのぎやすくなってきました。
朝方は天井扇もいらないくらい。

モンスーン(雨季)とはいえ、2~3時間まとまった雨が降り
その後は晴れる・・・・ということが多いデリーですが
今週の雨はずっとしとしと降り続く感じ。
c0338191_23381011.jpg
雨が降ったら、木々の緑は生き生きとして、
埃が洗い流されて綺麗なんですけどね

c0338191_23394174.jpg

で、朝洗濯物を干しながら、家の前の大木を
ながめていたら、ん??? でっかいリスがいる?
c0338191_23370256.jpg
しとしと降り続く雨をよけるように、木のくぼみに
三匹が身を寄せ合って、ときどき尻尾を傘代わりにして
いるのでした。頭隠して尻隠さず状態。笑
アップにすると、こんな↓↓ ですよ。
c0338191_23372524.jpg
更にもひとつ上のくぼみにも一匹いる
と思ってよ~く見たら
c0338191_23381908.jpg
このかた、すごいカッコでした。
思わず望遠レンズでズームして観察しちゃった。
濡れた尻尾の水分をしぼるような動きをしてましたww
c0338191_23393418.jpg
インフラが整っていないところでは、ちょっと雨が降ると
排水がわるくて水浸し。それも交差点とか交通の要衝が
川のようになってしまうと、もう交通渋滞がひどくて
待ち合わせなどして時間が決まっているお出かけのときは
ヒヤヒヤします。

さ、新たな一週間のはじまり。
はりきってまいりましょ~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

[PR]
by neelkamal | 2015-07-13 00:12 | インドの自然・植物 | Comments(2)

ニームの薬効

やっとモンスーン(雨季)に入ったものの
まとまった雨が降るほどではなく、まだモンスーンも
手加減している状態、なんでしょうか。

今年の5月、酷暑期のはじめには
例年になくニームの花がいっぱい
白い小さな花房をつけていたんですよね。
c0338191_00142444.jpg
ニームの小枝は歯磨き用に使われるほど
薬効&殺菌作用があって、かなり苦いんですが
この白い花も苦いんです。花をさっと油で炒めて
カレー料理のアクセントとして使う地方もあるそうで
いつかそれを現地(南インド)で食べてみたい。

一ヶ月あまりの一時帰国中に、ニームはすっかり
結実し、花が多かった分
今年は実も鈴なり状態です。
c0338191_00141840.jpg
アーユルヴェーダでは
この葉っぱを煮出してアトピーの治療に使ったりもしますが
(これはうちのオットで実験済み。他のアーユルヴェーダの
飲み薬とも併用しましたが、たしかに完治しました。)
実も、殺菌作用があるんだそうで、丸ごと無駄になるところが
ないんですよね~
ニーム、おそるべし。

というわけでワタシの今のお気に入りの歯磨きペーストは
こちら。
c0338191_00143213.jpg
インド好きな友人や、もとデリー組の友人のために
一時帰国のお土産としても持ち帰りましたが、
オーロビンド・アーシュラムの売店で買った
アーユルヴェーダ処方・ヴェジマークつきのもので
口の中がスッキリします。歯茎にもいいらしいよ。

ニームの葉っぱを枕元においておくと蚊が寄ってこない
とか
ニームの新芽をひとつかみ、一週間ほど食べると
体が丈夫になる
とか
「おばあちゃんの智恵袋」みたいなことを言うインド人が
多いので、おいおい検証してみるつもりです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2015-07-02 00:36 | インドの自然・植物 | Comments(0)

今日の孔雀さん

6時15分にスクールバスが来るので
息子をバス停まで送ったあと、ウォーキングに行ったり
野菜を買いにいったりしていますが

日中は40度まで気温が上がり、もわもわと
熱風にやられる感じで、
体中の水分を吸い取られている気がします。
お肌にはほんっと悪いわぁ。ローズウォーターを
シュッシュしたくらいでは追いつきません。

なので、動物たちも朝早くが活動時間。
リスは忙しく走り回り、鳥たちは餌を求めて
姦しく、孔雀は高いところからよく響く声で
おたけびを・・・・・

公園をはさんでお向かいの屋上に
番の孔雀を発見。たまたま撮った写真には
とんび(?)が写りこんでいました。
c0338191_00542051.jpg
奥にいる雄が羽根を広げないかなぁ・・・・と
長いことカメラを構えていたのですが、さしたる動きもなく
ふと気づくと、メスがもう一羽、屋根の反対側にもいたんです。
さ・・・・・三角関係!??
c0338191_00542934.jpg
手すりにはカラスもいっぱい。

インドの国鳥でもある孔雀、
雨季になると、Rain Danceといって
羽根を綺麗に広げ、雌に求愛する姿が見られます。

雄の美しい羽根は、7月終わりごろから抜け始め
11月ごろにはすべてなくなってしまいます。
12月ごろから新しい羽根が生え始め、
夏のはじまり(4月)からモンスーンになる頃(6月ごろ)
にかけて、一番綺麗に生えそろうんだそう。

雄の孔雀が羽根を広げる確立が高いのは
午前中の涼しい時間帯(9時ごろまで)と、
夕方(16時過ぎ)なんですって。
昼間は見かけないなぁと思ったら、生い茂った木の上で寝てるんですと。

綺麗な孔雀の羽根。インドの観光地などで
物売りが「孔雀の羽の扇子」や「孔雀の羽そのもの」を
売りに来ますが、ワシントン条約(絶滅の恐れのある
野生動植物の国際取引に関する条約)で、許可書がないと
日本には持ち込みできませんのでご注意を。
ちなみにインドものでは「トラの爪」を使ったアクセサリーとか
インド象の象牙製品は持ち込みできません。

普通に暮らしていて孔雀を見かける生活って
やっぱりインドならでは、ですよねぇ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2015-05-06 01:27 | インドの自然・植物 | Comments(0)

「落葉」の春

束の間の春、真っ赤な大輪の「キワタ」の花が
咲いた~~、と思ったら、木の下のほうから順に
新芽が出て、あっと言う間に「葉っぱ」ばかりになります。

デリーの街路樹は常緑樹も多いので、緑は沢山なんですが
この時期、夏の花が咲き出す前に 
インド菩提樹もニームの木も一斉に葉を落とすんですよね。
↓↓ 黄色く色づいて、風が吹くごとにザザ~ッと
音をたてて舞い落ちる、ニームの乾いた葉っぱたち。
c0338191_00521496.jpg
インド栴檀(↑↑写真後方の緑の葉っぱの大木)には
薄紫の小さな花が咲き始めています。
冬の間、葉っぱをすっかり落として
大丈夫かなぁ、枯れちゃったのかなぁ? と心配していた
グルモーハルの木(鳳凰木)にも新芽がニョキニョキと。
c0338191_00521911.jpg
この落葉の季節のことを、ヒンディー語では
「パトジャル」と言います。
パトは葉っぱのこと、ジャルは「落ちる」こと。
ヒンディー語の辞書には「秋」と訳されていますが
デリー界隈では落葉は秋ではなくて、3月末のまさに今。

同時に芽吹きの時期でもあり。
冬を越すために摘芯していたアボカドちゃんにも
ワシワシ葉っぱが出て来ました。
プランター植えで、ほとんど肥料もやってないのに
この生命力!
c0338191_00561466.jpg
そして、家族からさんざん気持ち悪いと言われつつ
お正月から育てていた(いや、放置していただけ)
ジャガイモ。ファームで買ったものに芽が出たので
どこまで育つかキッチンの窓辺に置いておいたら
3ヶ月でこんな状態に。どっか別の星の生き物か
角度によってはウーパールーパーにも見える。笑
c0338191_00573730.jpg
このヒト、(ヒトじゃないけど。w)
プランターに植え替えました。そしたら
急に突起部分(!!??)が緑色に変化し
今にも土から出てきそうな勢いです。

これで子芋が収穫できないだろうか・・・・

いやいや、そんなことを企んでいる場合じゃなくて。
明日は息子の期末試験の成績発表なのです。

明日、ブログの更新がなかったら
結果を聞かないでください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2015-03-27 01:03 | インドの自然・植物 | Comments(0)

街が紅く染まる季節

街路樹の中に大きな真っ赤な花が咲く大木が目立つ時期
c0338191_23200560.jpg
先月おわりまではまだ固いまん丸な蕾がついていたのに
ある日、ひとつふたつ咲き始めたなぁ・・・・と
眺めていたら、あっという間に満開に。
c0338191_23201238.jpg
「コットンツリー」、和名は「木綿(きわた)」
ヒンディー語でセーマル(सेमल)と呼ばれる花
これが咲くと「あぁ、春だなぁ」と思います。
c0338191_23202768.jpg
花が咲きおわった部分から、新芽がどんどん出てきて
これまた気付いたときには新緑に覆われている樹。
大きな花は「ボトッ」と音を立てて落ちてきます。
大人の掌にすっぽりおさまるくらいの大きさなんですよ。
c0338191_23203808.jpg
実が生り、はじけて中身の綿が飛び出すのが5月頭ごろ

デリーでは大使館街でも沢山植えられていますし、
シャーンティ・パトゥとネルー公園の間、ニーティー・マルグは
街路樹のほとんどがコットンツリー。リングロード沿いにも
沢山の真っ赤な花が目立つ時期。

このあとは4月に入ると、グルモーハル(鳳凰木)↓↓の
朱色の花が咲き始め、季節が一気に夏にむかって行くデリー。
c0338191_23314304.jpg
↑↑↑ これ、デリーの日本人学校の校章にも
使われているお花なんですよ。

デリーは4月まで、赤い花の時期。
(そして酷暑期に入るころには黄色い花が
目にもまぶしい季節になるんです。)
赤や黄色は元気をくれる色ですよね。
さぁ、はりきってまいりましょう!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2015-03-14 00:14 | インドの自然・植物 | Comments(0)

秋に咲く花

自然はほんとうによく出来たもので、
毎年ダシャハラーの頃、
ちょっと朝晩の空気がひんやりしはじめる頃に咲く花が
こちら。ヒンディー語でハールスィンガルという名前です。
c0338191_01234229.jpg

ベンガル州ではシウリと呼ばれていて、ベンガル州の花として
愛されていますが、花・葉・実ともに薬効があり、香料にも
使われているんです。夜咲いて朝には花が落ちてしまうので
Tree of Sorrow(悲しみの木)とも呼ばれます。
これは朝のお散歩の途中、あまりに良い香りだったので
落ちてるのを拾ってきたもの。
c0338191_01233276.jpg

クリシュナ神話やマハーバーラタの中にも神話の題材として
出てくるお花なんですよ。英語名はNight Flowering Jasmine.

この花とよく間違えられるのがこれ
c0338191_01234933.jpg

こちらはヒンディー語でラート・キ・ラーニーと言われ
「夜の女王」って意味です。これも夜咲いて
あたりに良い香りをふりまくので、ハールスィンガルと
混同されやすいんですが(インドの花屋さん・植木屋さんでも
間違ってることがある)花の形状、色があきらかに違いますよね。

乾燥季に入り、空気がだんだん淀んできたなぁ・・・・
なんか靄ってるなぁと思えるデリーですが
ハールスィンガルの花の香りがどこからかふわっと漂ってくると
あぁ、秋だなぁ と実感するのです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-10-10 01:27 | インドの自然・植物 | Comments(5)

最新の記事

パンランチ
at 2017-04-24 01:58
夏の結婚式・その1「婚約式」
at 2017-04-23 01:30
23日はデリー市局の選挙です
at 2017-04-22 04:02
自分の身を守る その3 女性..
at 2017-04-21 02:15
インド頭脳の流出
at 2017-04-20 00:33
日本の絵本がインドにも届く
at 2017-04-19 02:58
鍋ツアー
at 2017-04-18 00:46
マンゴー・ターリーふたたび
at 2017-04-17 00:39
鼻フガフガの季節
at 2017-04-16 01:30
大きな声では言えないけれど
at 2017-04-15 01:43

最新のコメント

ビンテージ仲間!!うれし..
by ジャスミン at 21:04
> ジャスミンさん♡♡ ..
by neelkamal at 16:04
はじめてコメントします。..
by ジャスミン at 11:30
> filmingind..
by neelkamal at 17:04
> Luntaさん わ..
by neelkamal at 17:01
お返事ありがとうございま..
by AZ at 14:59
> AZさま コメント..
by neelkamal at 01:52
> chipkhanaち..
by neelkamal at 01:50
はじめまして。これが直線..
by AZ at 15:53
やっぱりベージュも。 ..
by chipkhana at 09:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング