旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:青蓮日記( 389 )

ゴミの山、爆発

先日、デリー界隈の「花市場」として
ヤムナー川の向こう、アクシャルダーム寺院の
まだ先にある「ガズィプル」という町の花市場の
話をご紹介しました。(過去記事:「花市場」へ
花市場からすぐ近くに、すっごいゴミの山があって
年々高くなるなぁ・・・・と思っていたんですよ。
c0338191_00125855.jpg
かなり手前から悪臭が立ち込め、夜近くを通ると
ガスが発生して自然発火して燃えているのがわかって
危ないなぁと思っていましたら
昨日、その一部が爆発して崩落したとのニュースが。

しかも、崩落したゴミや爆風で排水路の水が
大波となって道路に押し寄せ、走行していた車が
波に巻き込まれて水路に落ち、2名が亡くなったとのこと。
崩落の引き金となったのが先日来のまとまった雨で
更に水路の水位も上がっていたのが被害を招いたと。
c0338191_00235665.jpg
地図で見ると、赤い矢印がゴミの山。
ピンクが先日ご紹介した花市場、ブルーが
カーンマーケットで黄色がコンノートプレイスです。

デリーからアーグラーに抜ける道路もこの近くを
通っていますし、パンジャーブ州に行くときも
ここを通って北上して行きます。主要幹線道路の
近くにゴミの山(一日1000トンも出るデリーの
ゴミの集積場のひとつ)が作られたのも問題だし
高さ20mになったところで注意喚起されたのに
更にゴミを積み上げ、崩落したときにはなんと
50mにも達していたんだと。
高さ20mになって注意喚起されたのって、今から
15年も前の話です。

何でもまぜこぜに「ゴミ」として出されたものを
集めて、ゴミの山に捨てるだけ・・・・という
方式では通用しないんだってことを、政府がしっかり
徹底して指導・実践していかないと。
そもそもデリーのゴミの50%がコンポスト可能
30%はリサイクル可能、ゴミ集積場に集めるのは
残り20%で良いはず、との数値が出ています。

グルガーオンはすでにマンションごとに燃えるゴミ、
燃えないゴミを分別することに取り組んでいますよね。
デリー政府、どんな策を取るんでしょうか
注視していきたい問題だと思います。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2017-09-03 00:38 | 青蓮日記 | Comments(0)

食い意地は人生を彩る(その4・・・だったっけ?)

週末は例の教祖様の判決~量刑が決まるまで
何となく物騒だったので、おとなしくしてました。
特に予定のない日曜日のランチは「パン」と
決まっている我が家。朝からせっせと
ソーセージパンとチーズパンを焼きました。
c0338191_01012575.jpg
ソーセージパンはさっちゃん先生のレシピで、
青のりのかわりに人参の葉っぱを乾燥させたものを
パラパラと。チーズはトマトプロジェクトさんのです。

先日ランチに行った先で、友人たちと
「正しい日本の焼きそばパン」について話をしたもんで
どうしても焼きそばパン食べたいモードに突入し。
焼きそばの代用にはスパゲティーが使えるけど
パンはコッペパンを焼くしかない。・・・・と
せっせと8個焼き上げて、翌日焼きそばを作って
挟みましょう・・・・と思っていたら

朝起きたらコッペパンが2個減ってる。ぎゃ~
夜な夜な作り置きのコールスローを挟んで食べた犯人が。笑

焼きそばパンには紅ショウガが不可欠
今ちょうど新生姜の季節だし、さっさと千切りにして
梅干しの汁と混ぜてほんのりピンク色の紅ショウガが
できあがり。青のりは前述の人参の葉っぱで代用
c0338191_01005208.jpg
パンの大きさに対して麺がちょっと太いけど
見た目OKなんで良しとしましょ。もうちょっと
コッペパンを改良して、次回のチャリティーメーラーなどで
販売したら売れるかしらん。
日本人会のボランティアグループのメーラー(バザー)で
去年出品した焼き芋パンが完売だったから、今年は
これにしようかな。期待せず待っててね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村





[PR]
by neelkamal | 2017-08-29 01:29 | 青蓮日記 | Comments(0)

SEWA :女性の自立のために

先日掲載した野良牛たちの画像ですが、野良牛にしては
えらく肉付きが良い・・・と思われた方も多かったかも。
c0338191_01263566.jpg
この子たち、実は所属先(?)があります。
Gau Sewa Ashramというのがムニルカー村にあって
そこで寝泊りしているものの、朝は解き放たれて
自由行動し、夕方になるとまたアーシュラムに向かって
ちゃんと隊列を組んで戻って行っています。

Gau(牛)Sewa(世話をする)Ashram(滞在施設)
はあちこちにあって、もうお乳が出なくなった老牛やら
農作業の役に立たなくなった牛などが保護され
生活する場所。お寺に付属していたり、篤志家が
自費で作ったり、NGOとして運営されていたりします。
(↓現役で働く牛さん)
c0338191_22293212.jpg
Sewaはヒンディー語またはサンスクリット語で
セーワー(セーヴァー、とも)と読まれ、
「世話」とか「奉仕する」という意味で、
日本語の「世話」の語源だという説もあります。

そのセーワーという名前をつけた女性支援NGOが
SEWA(Self-Employed Women's Association)
各地の女性たちが作った工芸品や衣類、リネン類などを
売っている店も運営しています。
SEWAは村の女性たちを中心に、「貧しい女性たちは
資金援助ではなく組織が必要である」という理念の下、
グジャラート州で1972年に設立された団体。

農村に住む女性たちは、刺繍や縫製技術を含め、高度な
伝統工芸技術を持っていながら、その価値を知らず、
貧困にあえぐ生活を送っていたのです。
SEWAはこれら農村部の女性たちに、自分たちが作る
工芸品の芸術性を認識させて、「自分たちで働いて定期的な
現金収入を得て、生活を豊かにしていける」よう指導しています。

本部はグジャラート州アハマダ―バードにあり
会員数はグジャラート州内で52万人、
インド全土では約100万人が参加しているとのこと。
SEWA運動の一環として、会員のための銀行やら
教育施設、販売網などもカバーしているんです。

同じようなものを買うなら、少しでも役に立つ
基金になれば、とSEWAのものを買うようにしています。
Hansiba :Gaatha →このお店もSEWA会員の女性の
作品を売っているオンラインショップ。↓こんなのとか。
c0338191_00562763.jpg
クラフトミュージアムにあるみたいな布や工芸品が
売っているので、ちょくちょくチェックしていますよ。

本帰国の記念にインドの工芸品が何かほしいとか
一時帰国のお土産になるものを探すときとか
「SEWA」関連団体のものをチェックしてみて下さい。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-28 01:00 | 青蓮日記 | Comments(0)

ハリドワール土産

今日は7月・8月開講のインド料理初級レッスンの
最終回で、作ったものを皆さんと美味しく完食。
カレーではないんですが、美味しいトマトと
無農薬栽培の胡瓜が手に入ったので、塩水に
玉ねぎとともに和えて、ザボンもプラスしたのが
皆さんに好評でした。(黄色い矢印のがそれ)
c0338191_01123497.jpg
ザボン=英語だとポメロと言いますが
ヒンディー語だとチャコ―トゥラー。何回聞いても
覚えられないチャコ―トゥラーですが、果物屋さんなど
インド人相手のお店でも「ポメロ」で通じます。

かんきつ類に目がない私。食べるのも好きですが
剥くのが大好き。剥いて人に食べてもらうと
もうそれで満足。笑
先日お邪魔したお宅で木になってるポメロを
「これが欲しい」と言ったら10月まで待て、と
言われたばっかりでした。

で、所要でハリドワールに行った主人がお土産に
持ち帰ったのがこれ。笑
c0338191_01124951.jpg
夕方ハリドワールからデリーに向かって車を
走らせているときに、道路脇に黄色い目玉みたいなのが
沢山見えて、同乗者が「チャコ―トゥラー」だ って
言ったらしいんですよ。それで気を付けて見てたら
次々と荷車にザボンをうず高く積んで売っているのが
いっぱいあったらしいです。
c0338191_01125976.jpg
喜び勇んで開けてみたら、やったぁ~!ピンクの
果肉のやつだ~!
・・・・とぬか喜び。まだちょっと熟してなくて
固くて酸っぱかったですが、サラダにドレッシング代わりに
散らすには最適でした。

リシケーシュあたりにもポメロがいっぱい売ってるから
果樹園以外にも自生しているんでしょうね。
INAマーケットだと一玉180ルピーとかしますが
道端のこれは、ひとつ60ルピーだったそうです。
もう二つとも食べちゃったけど、もっといっぱい
買ってきてほしかった。

ハリドワールというのはガンジス川の聖地のひとつで
リシケーシュの下流にあり、ここで数々の
ヒンドゥー教の宗教行事・儀式が執り行われる所です。
シヴァ神の信者はハリドワールと呼び
≪ハリ(青い:シヴァ神のこと)ドワール(扉)≫
他の神様の信者はハルドワールと称する場所。
≪ハル(神様)ドワール(扉)≫
いずれにしても神様へと通じる扉、となる「聖なる町」。

うちにあるガンジス河のご聖水(ガンガー・ジャル)は
ハリドワールで汲んできたもので、折々の宗教儀式で
使っていますよ。

デリーから北上すると、ポメロやらキヌ(日本の
ポンカンのような甘い蜜柑)の産地があるんですよね。
そういえば以前チャンディーガルに行ったときに
いっぱい買って帰ってきたキヌ。↓↓
c0338191_01380785.jpg
早く雨季が終わって、かんきつ類の季節にならないかな~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-24 01:17 | 青蓮日記 | Comments(0)

インドにおける難民の現状

インドの国連難民高等弁務官事務所(UNHRC)代表が
日本人だとご存知でしたか?
インドには難民認定されている民族・グループが
沢山居住しているってことを聞いたことがありましたか?
そもそも難民って?なぜインドではチベット難民をはじめ、
スリランカ、ミャンマー、ブータン、アフガニスタン、
バングラデシュなどから長年にわたって難民を受け入れているの?
c0338191_01454076.jpg
インドをはじめとする難民の実態や問題点UNHRCの
取り組みなどを、インド事務所代表の清水康子さんが
講演会でお話して下さいます。
以下、詳細です。
残席わずか。ご希望の方は急いでお申込み下さい!
私は講演会も懇親会も参加しま~す。
*****************************
日時:9/1(金)10時半~12時
場所:アバロン内の愛味レストラン
参加費:900ルピー(一部を国連難民高等弁務官事務所への寄付    
に当てます)
トマト・プロジェクトの麦茶が1杯つきます。
定員:40名
懇親会:講演会終了後、引き続き愛味レストランで
清水康子さんを囲んでランチ懇親会を開きます。
一部にトマト・プロジェクトのお野菜を使った
レディースランチ(コーヒーとミニスイーツつき)を
950ルピー(税込み)でご提供頂きます。

参加申し込み:タイトルを「9/1イベント申し込み」とし、    
お名前と連絡先、懇親会の参加の有無を明記の上、    
tomato.project.event@gmail.comまでどうぞ。   

★清水康子(しみず・やすこ)氏経歴:兵庫県出身。
1989年に青年海外協力隊でガーナに派遣される。
1994年から、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所の
ジュネーブ本部、ウガンダ、コソボ、アルバニア、
アフガニスタン、ミャンマー、イエメンなどにて
難民保護にあたる。2005年から2年間JICAに出向。
2015年7月からインドに赴任。
現在、当事務所代表。経済学士、MSW、博士(総合政策)。
c0338191_01453644.png
*******************************
参考までに。5年前に南デリーで問題となった
ミャンマーからの難民、ロヒンギャに関するブログ記事を
再掲載します。

≫≫今日はまじめな話。興味ない方は読み飛ばしてね。
邦人も多く住む南デリーの住宅街、ヴァサントヴィハールに
突如大挙してミャンマーからのイスラム系
「難民認定希望者」が押し寄せ、
デリー国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の
オフィスの近くにテントを張って
「難民認定を受けるまでは動かない」として居座っている
・・・という話を、テレビニュースや新聞などで
ご覧になった方も多いと思います。

突如あらわれた沢山の人々が、路上でテント生活を始めたのを
目の当たりにして、びっくりなさった方も
いらしたのではないでしょうか。
ただ単に「ミャンマーからの難民だそうな、大変そうね」
・・・・ではなくてその背景を知ること、
なぜインドで難民認定を? という基本的なことを
理解する事も大切だと思うので、要約をご紹介します。

ミャンマーが軍政権になった際、多くのミャンマー少数部族が
弾圧を受け、多くは独立をのぞんで中央政府と対峙。
しかし望みはかなわず、カレン族やカレン二族、チン族、
アラカン族などはタイ国境側やバングラデシュ近くに逃れ、
難民となります。
他にも難民受け入れキャンプのある国々に移住したケースも。
(日本政府でも受け入れ数は少ないとはいえ、彼らに対する
職業訓練や、生活サポートなどを行っています。)
その中で、バングラデシュとの国境に近い地域に住むロヒンギャ 
と呼ばれるムスリム系グループは、仏教を信ずる人の多い
ミャンマーで軍部政権から弾圧され、逃れた先の
バングラデシュでも受け入れられず、強制送還。
更にはミャンマー政府から国籍を剥奪され
1988年にアウン・サン・スーチー氏の民主化運動を
支持したため軍事政権から財産を差し押さえられ、
全てをなくし行き場を失った人が多かったのです。

そのグループに属する人々が、今回難民認定を求めて
抗議の居座りをしているのですが、UNHCR側では
彼らが明白に難民であるとはまだ認めていないので、
認定を求める人々がインド各地からデリーに集結して
抗議行動を起こしているというわけ。
バングラデシュを追われた難民認定希望者たちは
今までは、オールドデリー、ジャンムーカシミール、
ラージャスターンなどに点在して暮らしていたのです。

事がこれ以上複雑化・巨大化しないように、今週火曜日に
デリー政府が大掛かりな不法滞在中の難民
(または認定待機者)をスラムなどから立ち退かせる
行動に出たため、ヴァサント・ヴィハールや
ヴァサント・クンジ近辺のスラムから追い出された人々
(ロヒンギャだけでなく、バングラデシュや
アフガニスタンからの難民も含め)が昨日だけで
2000人ほどいたとのこと。

強制的にバスに乗せられ、デリー駅で降ろされたものの
切符を買うお金もなく、途方にくれている人も多いそう。
難民認定を望み座り込みしているロヒンギャの一人は
「ミャンマーでさんざん虐げられてきた私たちは、
バングラデシュでも受け入れてもらえず、インド各地に
散らばって難民認定の日を待っていたのです。
認定さえ受けられれば、金銭的補助も得られるし
難民キャンプにも受け入れてもらえます。
インドは民主主義の国、平和と同情心に溢れた国だと
思っていますから、ここで認定を受けて
どこか他の国でもいい、難民としての恩恵を受けられる
ところで新たなスタートを切りたい」と。

インド政府は彼らの子供たちへの教育の機会の提供
(政府運営のガバメント・スクールでの受け入れ)と
全員の健康面でのサポートをすると明言しています。
難民認定はまだ受けていないにしても
身分証明書のようなものは発行されており、
人種差別を受けずにすむような配慮はなされている
のだそうですが。

こういう「身の回りで起きていることの事実・背景」を
理解しようと努めることも、
この国で生活するうえで必要ではなかろうかと思うのです。
(2012年5月1日のブログより)

追記:8月17日時点でBJP政権は不法滞在者
(ロヒンギャ含む)を国外退去にし、強硬策を取る
と発表しています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-20 01:46 | 青蓮日記 | Comments(0)

美的感覚・マムターの場合

お気に入りのお手伝いさんだったメアリーちゃんが
お父さんの病気のため、田舎(チャッティースガル)に
帰ってしまってから、しばらくお掃除だけ通いの
お手伝いさんをお願いしていましたが、教室のある日は
洗い物が多いし、手荒れがひどくなったので
(こう見えて面の皮は厚いが皮膚は弱い)
マムター(多分40歳前後)に来てもらっています。

とってもシャキシャキしたお手伝いさんで
助かっていますがあれこれ面白いことを発見。

たとえばこれ。水盤の水を見せたいのでそのように
剣山を右に寄せて活けておりましたが
c0338191_02390471.jpg
マムターがお掃除して帰ったあとに見たら
こうなっておりました。初日は気のせいかな~と
思ったけど、次の日もこうなってたので。笑
花は花器の真ん中に置きたいらしい。
c0338191_02412519.jpg
そして椅子に置いたクッション。私はいつも
この角度で置いていますが
c0338191_02385357.jpg
マムターのお好みは「まっすぐ」。笑
c0338191_02385880.jpg
玄関入ってすぐのワンコのコーナー
みんなで仲良く半円に並べていますが
c0338191_02384237.jpg
マムターちゃんのお好みは「整列」。
c0338191_02384746.jpg
何も言わずとも色々気を利かせてやってくれるので
とっても助かっていますが、今日はどんな
面白い配置に修正されるかな~と、置物を
わざと変な方向に置いてみたりしています。ふふふ

実はメアリーが今まで陶器や磁器のお皿やカップを
丁寧に綺麗に洗って、乾くまでちゃんと並べて伏せて
おいてくれたので、ガチャガチャ乱暴に扱われたら
嫌だな~と、通いのお掃除の人には洗い物を
頼んでいなかったのです。マムターの仕事ぶりを見て
これなら大丈夫!と磁器・陶器の洗い物を任せ
漆碗の扱いも教えました。

そしたら、教室がない日には「マダム、今日は
洗い物はこれだけしかないのか?」だって。
毎日違うサーリーを着て、サーリーと色合わせした
バングルをして来るので、それを見るのも楽しみです。

マムターちゃん、長く続けてくれたらいいな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-19 02:50 | 青蓮日記 | Comments(0)

野菜三昧メニュー

健康にまつわるちょっとしたイベントで、
オーガニック(&有機栽培)野菜がメインの
ランチを・・・とのことで、今日は朝から
せっせとお料理にいそしんでおりました。
できるだけ化学調味料を使わず、出汁も昆布や
椎茸の戻し汁で作ってみました。

14人分なのに、お皿が10枚しか揃わなかったりも
しましたが、何とか似たようなのを寄せ集めて
あとはイベント会場のお宅のキッチンで、黙々と
盛り付けしたり生春巻きを巻いたり、
スープを作ったり雑穀入りのごはんを炊いたり。

協賛のトマト・プロジェクトさんからお野菜を
提供していただき、美味しいミニトマトや桃太郎トマト
三つ葉や紫キャベツなどもあったので、色々と
バラエティーに富んだものが作れましたよ。
三つ葉はあるし、女性ばかりだし小ぶりな器で
茶わん蒸し作ろう!・・・とBorosilのヴィジョングラスを
使ったんですが、これ熱伝導が良すぎて火加減が
めっちゃ難しかったです~。最初の4つはちょっと
スが入っちゃった。
c0338191_00043278.jpg
前菜はこれまたお野菜三昧で
キャロットラぺ、コールスロー、野菜の生春巻き
きんぴらレンコンとインゲンのナムル。
ペットボトルに入っているピンクの液体は
ヒマーチャルで作られているハーブティー。
c0338191_00043565.jpg
メインは雑穀入りのごはんと、水菜サラダ
(自家製人参ドレッシングかけ)、
グリルチキンのサルサソースがけ でした~
c0338191_00044153.jpg
皆さん完食して下さって、ホッと一安心。
いつも友人たちに好評なビーツと根菜のスープは
今日も大好評。更に今日のは友人宅の
Vitamixでガ―したので、いつもに増して
なめらかだったと思います。やっぱりバイタミックスが
欲しいなぁ。

欲しいもの、ってキッチンまわりのものばっかりなんだけど
どんだけ食い意地はってんの~ 
と自分でも思う。笑

好きなことをして、喜んでいただけて
充実した日でした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




[PR]
by neelkamal | 2017-08-18 00:22 | 青蓮日記 | Comments(0)

脳をリフレッシュ

日本に一時帰国していた友人から、お土産を
もらいました。なんと貴重な「まっすぐ」の牛蒡。
(インドでも日本人むけに作られている
牛蒡は買えますが、もっとワイルドな感じで、太さも
まちまち、曲がっているのが多いので。)
c0338191_00532981.jpg
きみ、はるばる海を渡って空を飛んできたんだね~。
牛蒡がありがたいのはもちろん、日本の新聞に
包まれていたのもまたありがたく。綺麗に広げて
どんなニュースが載ってるんだろうな~と熟読しました。
ふふふ

先日ご一緒した日本からのお客様と、ビッグバザールを
うろうろしていたら、興味を示されたのが
ベジ、ノンベジのマークつき食品類でした。↓↓
c0338191_00575063.jpg
シンプルで、何よりわかりやすい識別方法ですもんね~。
日本もオリンピックにむけて、(国際化を謳うなら)
もっとシンプルでわかりやすい食品表示が必要ですよね。
たとえばムスリムの食品認証・ハラール認証制度そのものが
世界的な統一基準はないとのこと。
宗派や宗教指導者ごとの見解の違いがあり、
ハラールについての解釈が異なるためで、今のところ
それぞれの認証機関独自で定めた基準を使っている国が
多いんだそうです。インドは更に、スィーク教徒の
ジャトカーという屠殺方法に則った肉しか口にしない
厳格なスィークもいますから、複雑ですよね。

で、冷蔵食品コーナーでお客様が激写したのが
この写真。まさかインドでヤクルトが売ってるとは~!
そして、ヤクルトにもヴェジマークがついてる~!と
かなり印象的だったようです。(先日のUN Womenの
シンポジウムでもヤクルトインドの代表の方の
お話を聞く機会があったので、ヤクルトとご縁がある?)
c0338191_00575497.jpg
そう言われてみれば、インドで目にするあれもこれも
慣れすぎて新鮮味がなくなっているので、たまに
自分で脳内リフレッシュの機会を作らないと。
ちょうど駐在2年目の方たちが「インド慣れ」すると
同時に「インド倦怠期」に入るのも、なるほど
うなずける事ではあります。

やっぱり鍵は「好奇心」じゃないかなぁ。
これは何?なんで?と思って、その答えを見つけて
面白い、と思えることを常に持っていること。
そのためにはもっとインドの文化的な面にも触れたほうが
良いんじゃないかなぁ、と思います。(自分にも
言い聞かせる。)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-11 01:14 | 青蓮日記 | Comments(0)

シナモンとカシア

我が家でやっているインド料理教室でも
食材・メニューにあわせて様々な香辛料を
使います。時間があるときはオールドデリーまで
香辛料を買いに行きますが、普段はINAの
香辛料専門店やラ―ジパト・ナガルで買う事が多いです。

我が家で何かとよく使うのはダニヤー(コリアンダーの
種。自分で軽く煎って粉にしたり、夏場は粒のまま
水出し茶にしたりと何かと登場頻度が高い。)
自家製のガラム・マサーラーも材料をそろえて
煎って粉にして。

お菓子作りにも使うのがシナモン。
上質のものはスリランカ製だったりします。
熱帯地域で栽培され、スパイスの王様と呼ばれる
シナモン、クスノキ科の常緑樹の樹皮から
作られ、正式名称はセイロン肉桂
(日本のニッキはクスノキ科の種類の異なる
木の「根っこ」からとられているんです)
先日買ったシナモン。なぜかご丁寧に3本ずつ
結ばれていました。
c0338191_01154369.jpg
シナモンはこんな風に綺麗に筒状になっているものが
多いです。粉になって売られているものも、日本の
シナモンパウダーよりちょっと粗目でワイルド。

シナモンロールに使うのは、パウダー状のもので
私はEasy Lifeってメーカーのを使っています。
↓↓これは焼く前の二次発酵まで終わった状態。
c0338191_01314674.jpg
そうそう、普段使いのシナモンのようなものに
ほぼ同じ香り、使い方をする「カシア」と
いうのがあります。こちらはくるくる筒状に
巻いてない場合がほとんど。シナモンより安いの。
カシアは支那肉桂と呼ばれる近縁種↓↓で
厳密にいうと成分が多少異なるもの。
インドのお店の人に尋ねても「これがシナモンだ!」って
言うはずだけど、種類が違うんですよ。
c0338191_01260514.jpg
シナモンは漢方薬にも配合され、もちろんインドの
ガラムマサーラーにも入っています。
ただし、過剰摂取は禁物(肝障害の可能性あり)

何事もほどほどに、っちゅうことやね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-09 01:29 | 青蓮日記 | Comments(0)

6時間のデリー滞在

大体インスピレーションと好奇心で回っている
私の交友関係ですが、アンテナがピピっと立ったら
迷わず行動することにしています。
(それで振り回されているのがオットなわけですが。)

今日会った人は、日本の友人からの紹介で
送られてきた経歴を読んで「この人は会っとかなきゃ」
とピピピっとアンテナ5本立った人。
しか~~し、なぜか○○日の夕方しか時間がないらしい
と聞いて、とりあえずその時間帯を開けておいたのでした。

そしたらそのピンポイントの時間の理由が判明。
なんと、デリーでのトランジットの時間を使って
会いに来て下さったのです。ヴィザもアライバルヴィザで
インドは初めて。後学のためにショッピングモールも
見てみたいとの事で、モールで待ち合わせしました。
(アライバルヴィザで小一時間かかったとの事)

初めて会ったというのに意気投合。
インドのことを紹介するのはもちろん、日本のこと
政治のことなどで話が盛り上がり、更には
インド料理も食べて行きたいとのことで、時間もないし
久々にフードコートのPunjabi by Natureへ。

実はこのお店、以前日本の某雑誌でカバーしようと
PR担当者に連絡したら、め~~っちゃ感じが悪かったので
それ以来何があっても近寄らないようにしていたんですよ。
もちろん取材もしませんでしたし、かれこれ8年くらい
ノータッチでしたの。頑固だな私も。

フードコートの中のはお手軽値段で
選びやすいセットメニューも充実しています。
二人分並べるとこんな感じで、プラスチックプレートに
入っていながらそれなりにツボを押さえた品揃え。
c0338191_02235739.jpg
ご飯もあるし、ナーンもついてるし、パンジャービー料理の
基本の「ダール・マッカニ―(バターやクリームをたっぷり
使った小豆とキドニービーンズのカレー)」もあるし
チキンセットにはタンドゥーリチキンとチキンカレーが
マトンセット↓↓にはマトン・スィーク・カバーブと
マトンカレーがメインとして入っています。
c0338191_02240029.jpg
これで300ルピーほど、は食べごたえもあって
コスパ良し。ちなみに右下の茶色いボールは
グラーブ・ジャームン(シロップ漬けドーナツみたいな
インドのお菓子)です。

モールで市場調査して、インド料理食べて、
独立記念日前で不測の混雑に巻き込まれないようにと
時間に余裕を持って空港までお見送りしてきました。

もともとデリー駐在家族でオペラのプロだった
マダムの紹介で、インドでミニコンサートをする
オペラ歌手の方に紹介され、さらにそれが
繋がってできたご縁です。人の縁ってどこで
どうつながって、広がって行くか本当に予測が
つかないけれど、人生で出会うべき人とは
ちゃんと巡り合うよね。
逆に、時間がないとか言うのはほんと言い訳だよね
c0338191_02235119.jpg
・・・と頂いた極上生菓子を頬張りながら
思う夜でありました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-08-08 02:49 | 青蓮日記 | Comments(2)

最新の記事

Good Earthのセール..
at 2018-01-19 01:11
デリー中心部・交通規制にご注意。
at 2018-01-18 00:57
家でじっとしている日もある(..
at 2018-01-16 01:16
CBSE Board Exa..
at 2018-01-15 01:20
ハッピーロホリー2018、そ..
at 2018-01-14 01:55
グルガーオン~オールドデリー縦走
at 2018-01-13 00:28
違法建築物「シーリング」と「..
at 2018-01-12 00:02
仕事始め
at 2018-01-11 00:10
ローリー祭が終われば春間近!
at 2018-01-10 00:31
寒くったって。
at 2018-01-09 00:01

最新のコメント

ぜひ、レッスンにいらして..
by アルト2号 at 22:31
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 23:38
鍵コメFSさま ご縁が..
by neelkamal at 23:36
エプロンナイスカラー ..
by アルト2号 at 18:04
> まーさま~! 日本..
by neelkamal at 23:40
うわぁ~いつもありがとう..
by まー at 08:59
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 16:18
サツマイモパンおつかれサ..
by アルト2号 at 07:48
> Cecileさん ..
by neelkamal at 23:02
> アルト2号ちゃん ..
by neelkamal at 23:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング