旬のインドを発信中


by neelkamal

プロフィールを見る

カテゴリ:インド料理青蓮レシピ( 11 )

春の味・メッティー

これを食べると「オッパイが大きくなる」そうな。
・・・・ホントか??

今日のお題は「メッティ」と呼ばれる野菜。
メッティ・ダナと言うときには「種」の状態↓。
調理に使うオイルの香り付けに使ったり
「チャートニー(インド漬物とかソースとか)」を
作るときにも使います。
c0338191_00080376.jpg
コリャ何じゃいな?と思うでしょ。
「フェヌグリーク」といったらご存知の方が多いかな。
日本語だと「ころは」胡廬巴。
c0338191_00081198.jpg

マメ科の植物で、私は最初この葉っぱを
カレーにすると聞いたとき、「インド人、おそるべし。
牛の飼料をカレーにするか」と思ったものでした。
が、慣れとは恐ろしいもの。
この葉っぱの苦味がアクセントになり、ジャガイモや
トマトとのハーモニーは絶妙。
メッティーのサブズィー(カレー)を
かりかりに焼いたトーストに乗せて食べると、癖になる味。
c0338191_00081877.jpg
メッティーはインドだけでなく、アフリカ諸国や
中近東でも使われているんです。
・・・ってことは水が少なくとも育つってことですかね?
発芽させて、もやしのように利用したり、
20センチくらいに伸びたら野菜としてカレーに使ったり。
もっと大きくなってかたくなってしまったら、家畜のえさに。

インド版「おばあちゃんの知恵袋」によると、
栄養補給や食欲増進(これ以上食欲増えると困る)、
解熱作用もあるそうな。
しかも!インドでは「催乳作用」があると言われ、
授乳中のママたちにはおすすめなんです。
これに目をつけた欧米の健康食品会社が
「バストを大きくする」と宣伝しているんだって。
大変だ。ちゃんと学術的にも証明されているらしいよ。
メッティー・ダーナー(種)に含まれる
サポニンの一種が、女性ホルモンにかわり、
胸を大きくしたり母乳の出を良くすると。
こりゃ大変だ。せっせと食べなくては。(今更母乳が出ても困るが。)

さて、メッティーはこれまたバケツ一杯くらいあっても、
炒めるうちにほんの少しになってしまうので・・・・・
油にメッティー・ダーナーを粗く砕いたものを入れて、
火をつけ、油に香りがうつったらみじん切りにしたメッティを加え、
さらに目減りしないように、ジャガイモやトマトを入れて
蓋をして蒸し焼き。塩・ウコン・唐辛子・ガラムマサラはお好みで。
c0338191_00082378.jpg
市場で見かけて不思議に思っていたあの「緑の葉っぱ」は
これだったんですよ~~ 
ビタミンCもたっぷりの野菜、ぜひ試してみてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村↑↑ 緑のヒヨコマメ
[PR]
by neelkamal | 2017-02-09 00:16 | インド料理青蓮レシピ | Comments(2)

ポーハー(乾燥米)の作り方 (自由部門)

インドの子供たちの好きな食べ物として、
以前「ラージマー・チャーワル」(キドニービーンズの
カレーをご飯にかけたもの)をご紹介しましたが
もうひとつ、ポーハーというのも朝食やお弁当の中身に
よく登場します。

去年の年末の草月流月例会の会場になった個人宅の
マダムが軽食でポーハーも出してくれて、日本人草月会員の
皆さんに好評で、レシピをブログに載せますね~って約束して
いたのでした。

ポーハーとは,米を平たくしたもの。
日本の糒(ほしい、ほしいい)とはちょっと形状は異なりますが、
保存食としても使えるもの。
こんな感じでぺらぺらなんですが・・・・
c0338191_00113955.jpg
ザルに入れてさっと水洗いして5分ほど置いておくと
なんとなくお米っぽい形状に戻ってきます
c0338191_00134857.jpg
そこで今日はポーハーとジャガイモを使っての
簡単インド風チャーハンを。


材料:4人分
ポーハー1カップ、さっと洗って5分ほど置いておく
玉ねぎひとつ みじん切り
ジャガイモ  1センチ角に切っておく
粒マスタード 小さじ1
ジーラ(クミンシード)小さじ1/2
塩     適宜
青唐辛子  みじん切り 適宜
トマト   みじん切り 適宜
カリーパッテ(カレーの葉っぱ) 5枚ほど、好みの大きさで
c0338191_00140871.jpg
作り方:
1)小さじ1杯分のオイルをフライパンに入れ、
マスタードシードを入れてパチパチなったら
ジーラ(クミンシード)を入れる
     

2)ジャガイモを入れて炒め、カレーの葉、玉ねぎの順に加える、
お好みで青唐辛子のみじん切りトマトみじん切りを加えて炒める。
(小さなお子さん用には青唐辛子を入れずに。)
c0338191_00153481.jpg
3)野菜に火が通ったらポーハーと塩を加え、
2~3分中火で炒める     

4)塩・胡椒・ガラムマサラなどで味をととのえてできあがり
c0338191_00160955.jpg
で、このあいだアウランガーバードの友人宅で
教わったバージョンはジャガイモじゃなくて
ピーナツを入れるものでした。これがまた香ばしくて
美味しかったので、最近リピートしています。

このまま食べても美味しいですが、ヨーグルトと
混ぜながら食べても、ポテトブジヤっていう
ベビースターラーメンみたいなインドのおつまみと
混ぜてもおいしいですよ。

ポーハー、インドならではな食材、ぜひお試しあれ。
味の決め手は「マスタードシード」と「カリーパッテ」です!!

第一回プラチナブロガーコンテスト

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2017-01-30 00:26 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

流行の軽食@オールドデリー

ローカルマーケットの楽しみと言えば、
B級グルメの買い食いなんですが
それも冬の間だけ。(暑い時期は衛生面も鑑み
立ち食い系は避けていますが。)

オールドデリー界隈で最近やたらと流行っているのは
チッラ(チーラという表記もあり)という
ヒヨコ豆の粉(ベーサンと言います)で作った
お好み焼きっぽいもの。

正式名称は「べーサン・カ・チーラ」、
ラージャスターン地方発祥の軽食です。

簡単にできて、ローカロリーでプロテイン豊富なので
朝食やスナックタイムにぴったり。
というわけで、今日はその作り方をご紹介します~!
c0338191_01331725.jpg
材料:
べーサン 1カップ
玉ねぎみじん切り 1/4カップ分
トマトみじん切り 1/4カップ分
コリアンダーの葉っぱ みじん切り 1/4カップ分
青唐辛子みじん切り 小さじ半分
生姜すりおろし 小さじ半分
アジュワインもしくはジーラ(クミン)小さじ半分
ターメリック 2つまみ
ラールミルチパウダー(赤トウガラシ粉)小さじ1/4
水 1/2カップ
塩、サラダオイル適宜

作り方:
水とオイル以外の材料をすべてボウルに入れ、ざっくりと
混ぜたあと、水1/2カップを加える
  ↓↓
とろとろのお好み焼き種くらいの柔らかさになるまで
泡だて器でダマ(べーサンの粒)が残らないようによく混ぜる
  ↓↓
タワまたはフライパンを弱火で熱し、よく温まったら
お玉一杯分のチーラ種を乗せて、お玉の底で薄くのばす。
  ↓↓
弱火でじっくり片面を焼き、端っこが少し反ったら
周りに油を回しかけ、フライ返しでそっとひっくり返し
もう片面を焦げ目がつくまで焼く。
  ↓↓
焼けたら半分に折りたたんでお皿に乗せて
チャトニーやタマリンドソースとともに頂きます!

最初の面を焼いているときに、玉ねぎ微塵切りや
コリアンダーなどを更にトッピングしてもOK。

庶民のおやつ、小腹がすいたときに手軽に作れる
インドのスナックです。ぜひ作ってみてください。
3枚くらいあっと言う間にいけるよ~!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by neelkamal | 2016-11-03 01:38 | インド料理青蓮レシピ | Comments(2)

レシピ集と物忘れ

トマト・プロジェクトさんのHPで月に一度
レシピ&インド暮らしの智恵もろもろのコラムを
連載させていただくことになりまして。
第一回目は我が家で夏場の登場率の高い
サルサソース(夏野菜たっぷりバージョン)を
ご紹介させていただいております。

今までどんなレシピをネットで公開したっけな~
と、以前登録していて、最近すっかり放置していた
レシピ専用ページを見てみようかな、と思ったら

入れません。

ガビーン。(←死語?)
昔のfc2ブログで検索しようと思ったら
そのパスワードもどうやら間違っていて入れない。
おかげで自分の投稿したレシピをグーグル先生に
探していただく始末。
で、引越し先はわかったんですが、今度はどこに
その通知が来ていたやら・・・
多分放置している例のメルアドに謎が隠されているに
違いない、と思って開けてみたら、メッセージが923件て。

はぁ~~。

このメルアド、結構SNS関係で使っているのよね。
マメにチェックしなきゃね~、と反省いたしました。

レシピを確認したかった理由のひとつは、
夏だしのどごしツルリ、インドで手に入る材料でできる
「ヒヨコマメ豆腐」のレシピを救出しようと
思ったからなんですけどね。

私がその昔登録したのは「タベラッテ」っていうサイトで
それが「フーディーズTV」ってのに代わって
そういえば今年に入って「recipe-blog」に権利を委譲します
・・・ってメールが来た記憶があったのよね。

はい、そして余計な回り道をし、時間を無駄にして
やっとたどり着きました。
のどごしヒンヤリ、ひよこ豆豆腐
c0338191_00430535.png
んも~~~!!
ひよこ豆豆腐以外にも、ほうれん草カレー、
里芋カレー、チャパーティーの焼き方
卵カレー、辛口ジンジャーエールのもと、
茄子カレー、オクラカレー などなどいっぱい
レシピを載せてます。
c0338191_00530376.jpg
興味がある方はレシピブログをチェックしてね~
いやはや
仕事用、プライベート用、お料理教室用、
サークル活動用 ・・・とアドレスを使い分けて
来ましたが、もうめんどくさくなってきた~。
おまけに最近、どんなサイトでも登録するのが面倒。

これを人は”寄る年波”と呼ぶのかすら・・・・・泣

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2016-07-13 00:59 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

インド料理、作ってますか~!??

デリー駐在を終え、タイにスライドした友人から
嬉しい便り。タイでのお友達を招いて
「インド料理の会」を開催したそうで
そのときに我が家で一緒に作ったチキンの
ビリヤーニーも作ったんだって。
こうして、ちゃんと作ってくれている、ってのが
わかったら教え甲斐がありますよね。

更におかしいのは、彼女の大好物の小豆カレー
「ダール・マッカニー」を作りたいと思って
検索したらヒットしたのが、
私のレシピブログだったって。(最近すっかり
放置してるけど、こうして利用してくれていると
わかったら、再開せねば~と思ったのでした。てへへ)
→→FOODIESレシピ

冬のデリーは野菜が新鮮で美味しい季節。
・・・ってわけで、ブロッコリーをさっと茹でて
ナムル風に味付けしたものなども、カレーの
箸休め(?)に登場します。
c0338191_01171102.jpg
左から、トマトベースのポークカレー
ブロッコリーのサラダ
シャヒー・パニール
この日は野菜のビリヤーニーとあわせました。

サブジー(おかず、カレーの総称)ってね、
和食器と相性がよくて、藍の煮物鉢などに盛ると
パ~っと映えるんですよ。
下に敷いてるプレースマットは言わずと知れた
Fabindiaのもの。ポールスミスかイッタラか
・・・って感じのマルチカラーストライプですよね。
c0338191_01312239.jpg
もひとつお気に入りのカレー用鉢はジャイプルの名産品
ブルーポタリー↑↑↑。これも使い勝手が良いんですよ~
サラダ盛っても美味しそうに見えるし。

寒さがぶり返したので、風邪気味だ・・・って方が
多いようです。あったかくして週末をお過ごしください。
一時帰国の疲れが残ってるかな~、って感じだったら
温めたミルクにターメリックを入れて飲むのも良いですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



[PR]
by neelkamal | 2016-01-17 01:35 | インド料理青蓮レシピ | Comments(5)

豆の炊き込みご飯、インド編

九夜続くお祭りもいよいよ終盤
ヒンドゥー教徒の菜食期間はまだ続いております。

ヴェジタブル・プラーオ(野菜の炊き込みご飯)は
そんな菜食の日によく登場するメニュー。

・・・・・というわけで、本日は我が家の
「豆(アルハール・ダールまたはトゥール・ダール)の
炊き込みご飯」をご紹介。
トゥール・ダールってこれ↓↓ 
c0338191_02004396.jpg
南インドのサンバル作りなどにも使う、
インドで一番消費されてる豆で
物価指数の基準にもなっています。

豆の炊き込みご飯 材料;6人分

バスマティ・ライス 4合
水 5合半
玉ねぎ 大2個(インドの紫玉ねぎなら中3個)
くし型に切っておく
ジーラ(粒) 小さじ1杯
◎塩   小さじ1杯半
◎唐辛子粉 小さじ半分
◎ガラムマサーラー 小さじ1杯
*ベイリーフ 3~4枚
*カルダモン 2~3個 つぶしておく、皮も使います
*シナモン 幅1センチ、長さ5センチを小さく割っておく
*黒胡椒 15粒くらい
*クローブ 10粒くらい
トゥール・ダール 50グラム →→前夜から水につけておく
サラダオイル 大匙3杯
c0338191_02054404.jpg
作り方 
(あらかじめ使うものをすべて揃えて
それぞれ小皿に入れておけば、
ぱっぱと手早くできるのでとっても簡単です~~)
大き目の厚手鍋にサラダオイルを入れ、温まったところで
ジーラを入れ、パチパチ音がしはじめたら
くし型に切っておいた玉ねぎを投入。
これくらいの色↓になるまで中火で炒めます。
c0338191_02005899.jpg
ここで炒めた玉ねぎの色ができあがりに反映されるので、
もう少し茶色っぽく仕上げたいときには、炒める時間を長く。

◎の調味料(塩、唐辛子粉、ガラムマサーラー)を加え、
さっとひと混ぜし、分量の水を加えます。
*のついているもの(クローブ・黒胡椒粒など)を
すべて加え沸騰するまで強火で煮立て、
バスマティライスとトゥアールダールを投入。
(バスマティライスをパラパラに仕上げるには、
お湯を使ったほうが美味しく仕上がるため、
先にスープを作ります。
味見してちょっと塩味がきつめでも、
米と豆が加わりますから丁度よくなります。)
c0338191_02010735.jpg
強火で7~8分沸騰させると、
水分が少なくなって穴がぶつぶつ開いてきますので、
蓋をして弱火で10~15分。(10分たったところで
米が炊けているかどうか、一度チェックしてください)

仕上げにガラム・マサーラーをふりかけてできあがり。
c0338191_02011322.jpg
お皿に盛るときに、みじん切りのハラー・ダニヤー
(コリアンダーの葉)をぱらぱらかけてくださいね~
ほうれん草カレーやパニールカレー、何とでも合います。
日本のカレーをかけても美味しいよ。
インド料理パーティのときのご飯ものとしても活躍します。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
写真が横向いてますが、取り込み中につきあとから修正しま~す。ww
[PR]
by neelkamal | 2015-10-21 02:11 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

待ちに待ったインド料理本、キター!!

日本から、待ちに待った郵便物が届きました!
アマゾンで予約開始になった途端、エスニック料理部門で
トップランキングに躍り出た本。
インド&インド料理大好きな人達が待ち望んでいた
「南インド料理」に特化した本。

著者の香取薫先生のサイン入りですよー!!
c0338191_00392680.jpg
デリーでのお料理修行に無理矢理
「現地の弟子」として同行したのも
良い思い出です。

ビリヤーニーの名手のマダムの
広〜いキッチンで、同時進行で10種類近くのお料理を
作ったんですよ。マトンのビリヤーニーもね。
c0338191_00401163.jpg

「香取先生の本が出来たら、日本語でレシピがわかるから」と
メモすら取らなかった不肖の弟子、それはワタシ。ww

一番印象に残ったのは、トマトの辛いグレーヴィーカレーで
辛くて鼻水たらしながらも、その滋味深いあじわいに、思わず
お代わりしてしまったのでした。
c0338191_01095960.jpg
本を読んでいて、その名前が「タマータル・カ・カトゥ」
っちゅうもんだったと知りました。

普段は専らパンジャービー料理が登場する事の多い我が家ですが
「南インドのカレーとスパイス料理」を見て、さっそくあれこれ
作ってみようと思います。

今日も 応援クリック ポチッと↓↓↓お願いします


[PR]
by neelkamal | 2015-07-27 01:13 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

ビンディー(オクラ)カレーを作ろう

今日ご紹介するレシピは以前も載せたものですが
「お手軽バージョン」のビンディーカレー。
なんせビンディー(オクラ)のネバネバは滋養にも良い
さらにね、ビールのおつまみにもって来いなんですよ~

ちなみに本日使ったビンディーは卸価格で1キロ40ルピー

え~!1キロも使わないわよ~ってあなた、大丈夫。
蒸し煮してるうちに、嵩が半分になりますから。
残りはホットサンドにしてもおいしいし、
バターたっぷりのトーストに乗せてもいいですよ。

ま、作りやすい分量は500グラムってところでしょうか。

材料
オクラ 500グラム

サラダ油 大匙4杯
ダニヤー(コリアンダーパウダー) 大匙3
塩 小さじ2
アームチュール(乾燥未熟マンゴーパウダー) 小さじ1
ガラムマサーラー 小さじ1.5
ハルディ(ターメリックパウダー)小さじ1
お好みで ラールミルチーを少々

1)ビンディーの頭と尻尾(?)を切りおとし縦半分
(日本のものだと半分に切ってから縦割り
または長さ2センチくらいの輪切りでもOK。
お好みの食感で)に切る
c0338191_23530397.jpg
2)油をフライパンなどの厚手鍋に入れ、ビンディーを入れて
上記のマサラ&塩を全部パラパラふりかけて、蓋をして
中火でしんなりするまで置きます。
c0338191_23531623.jpg
(あっという間にしんなりするので、気を抜かないでね)

3)その後、蓋をしたまま弱火にして5分ほど。
上下を返して更に5分。蓋をして、蒸し焼きにする感じ。
(ぐるぐるかき混ぜないように注意!
ネバネバが<出すぎると仕上がりがイマイチです。)
c0338191_23532899.jpg
4)全体的にしっかり火が通って、
オクラが手ですいっとつぶせるようになったら、
蓋をはずし中火にしてちょこっと焦げ目をつけたらできあがり。

できたては下の写真のような感じですが、時間がたつともう少し黒っぽくなります。
夏野菜カレーの代表格、オクラのドライカレー。夏ばて防止にもなります。
c0338191_23533662.jpg
実はね、本当のレシピは
「ビンディーの真ん中にたてに切れ目を入れて、そこにマサーラーを詰める」
ってやつで、1キロ分のビンディーの下ごしらえが
そりゃもう根気のいる仕事なので、普段は↑↑この簡単バージョンで。

お客様のときなどはちゃんとオリジナルレシピ↓↓で作っています。
(横向きに入ってる緑色の細いのは、縦割りにした青唐辛子、
オトナ仕様で作ったビンディーカレーです。)
c0338191_00055470.jpg
コリアンダーパウダーと「酸味」が決め手なので、
アームチュール(未熟マンゴーの粉末=酸味を出す)がない場合には、
仕上げにレモンジュースを絞るなどしてみてね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2015-05-05 00:10 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

茄子とジャガイモの手間なしカレー

冷蔵庫にあるもので、ちゃちゃっとカレーを一品
・・・・と思ってゴソゴソ野菜室を探したら
小茄子が10個ほどありました。ジャガイモとトマトは
いつもあるので、茄子とジャガイモのドライカレーをば。

茄子には4~6等分になるように切れ目を入れまして↓↓
その間にスプーンでマサーラーをつめます。テキトーでOK
c0338191_00382862.jpg
油を熱してメッティー(粒)で香り付けし、そこに
茄子・いちょう切りのジャガイモ・みじん切りトマト
の順に重ね、マサーラーの残りをふりかけて
蓋をして蒸し煮風に。
c0338191_00383395.jpg
あまりゴシャゴシャ混ぜないように注意。
途中で一度上下を返して、ジャガイモが柔らかくなったら
出来上がり。
c0338191_00384436.jpg
作ってみようかな~、と言う方は
コチラの過去記事でレシピ詳細をご確認ください。
トーストにのせて食べても美味しいよ。

お料理ネタついでに。
友人のインスタで「はりはり漬け」の画像を見てから
もうどうにも”はりはり漬け”のイメージが頭から離れず
大根を無心に切りました。
c0338191_00431763.jpg
天日干しで4~5日、と書いてあるけど
今のデリーの暑さだと、1日でOKな気がする。
それから漬け汁にひたして2日・・・・・
う~~ん、週末には食べられるかな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


[PR]
by neelkamal | 2015-03-25 00:47 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

食欲の秋だもの。

日々試験勉強にいそしんでいる母ですが
ゲストのある日はせっせとお料理も作っています。

先日はマトンビリヤーニーを10人前。
え、10人前ってどのくらい???って私も目分量なもんで
テキトーですが、骨付きマトン1・5キロ使いました。
バスマティーライス、多分1升くらい??アバウトですんません。
玉ねぎはくし型切りで6個分。
炊き上がりはこんな感じで見た目イマイチですが、
お肉がゴロゴロ入ってますよ~
c0338191_02550482.jpg

マトン、と言ってもこちらでは「山羊」のことで
臭みはほとんどありません。これにお好みに応じて
ダヒー(ヨーグルト)をかけたり、グレーヴィー(ソース状の
香辛料の効いたもの)をかけたりして、頂きます。
c0338191_02550413.jpg

これを作り始めると、ジャッキー(うちの犬)が
ソワソワしだすので、観察してるとオモシロイですよ。笑

食欲の秋、インド料理好きな方にはぜひ
季節の材料で作っていただきたいものが。(それぞれ青字を
クリックするとレシピに飛びます)

かぼちゃのカレー

ダム・アールー(小粒の新ジャガで作るカレー)

サトイモのカレー

パーラク・パニール(ほうれん草と固形カッテージチーズのカレー)

秋とはいえまだまだ暑い日もあるので、のどごしひんやりな
「ヒヨコマメ豆腐」もいいですよ。これは離乳食にもピッタリ。
黄粉や黒蜜をかければオヤツにも変身しますよ~

というわけで、食欲の秋、ひとりで体重象化するのは忍びないので
みなさんをカレーで道連れに・・・・・・笑!!
カレーは「しあわせ中枢」を刺激して、
ハッピー度が高まるんですってよ、奥様!!

今日も 応援クリック ポチッと↓↓ お願いします。
c0338191_02550163.jpg

にほんブログ村
[PR]
by neelkamal | 2014-09-11 00:42 | インド料理青蓮レシピ | Comments(0)

最新の記事

パンランチ
at 2017-04-24 01:58
夏の結婚式・その1「婚約式」
at 2017-04-23 01:30
23日はデリー市局の選挙です
at 2017-04-22 04:02
自分の身を守る その3 女性..
at 2017-04-21 02:15
インド頭脳の流出
at 2017-04-20 00:33
日本の絵本がインドにも届く
at 2017-04-19 02:58
鍋ツアー
at 2017-04-18 00:46
マンゴー・ターリーふたたび
at 2017-04-17 00:39
鼻フガフガの季節
at 2017-04-16 01:30
大きな声では言えないけれど
at 2017-04-15 01:43

最新のコメント

ビンテージ仲間!!うれし..
by ジャスミン at 21:04
> ジャスミンさん♡♡ ..
by neelkamal at 16:04
はじめてコメントします。..
by ジャスミン at 11:30
> filmingind..
by neelkamal at 17:04
> Luntaさん わ..
by neelkamal at 17:01
お返事ありがとうございま..
by AZ at 14:59
> AZさま コメント..
by neelkamal at 01:52
> chipkhanaち..
by neelkamal at 01:50
はじめまして。これが直線..
by AZ at 15:53
やっぱりベージュも。 ..
by chipkhana at 09:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

カテゴリ

全体
旅行
青蓮日記
インドファッション
インド雑貨
デリー生活お役立ちネタ
芸術・文化
インドもの・これは使える!
インド料理青蓮レシピ
インドの祝祭日
インド教育事情&子育て
インドの布・手仕事
日本へ一時帰国
Works
インドの摩訶不思議
生き物万歳
インドの自然・植物
食文化
未分類

ブログジャンル

海外生活

お気に入りブログ

アンティーク・雑貨・アー...
猫ママの独り言
ジェット妻ストリーム2
YUKKESCRAP

メモ帳

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
過去に来日した作品も回顧..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング